FC2ブログ

5137> またもシマエナガ

2019-12-03撮影

この日は、シマエナガ以外の鳥はさっぱり現れず(^_^;)
ツグミ1羽を見ただけで、レンジャクもシメも見られなかった。

シマエナガは、5~10羽ほどの小群の3回遭遇。
相変わらず思うようには撮れなかったが、楽しめた。

g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1030222 g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1030241 g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1030390 g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1030635 g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1031060 g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1030145 g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1030162 g-シマエナガ-2019-12-03mk-M1030163












スポンサーサイト



5136> シメなど

2019-11-30撮影

ナナカマドの木には、レンジャクやツグミに混じって、シメが見られた。
シメは、地味な鳥と思われがちだが、羽を開くと美しい。
という訳で、飛び立ちを狙ってみた。

g-シメ-2019-11-30mk-M1300221

g-シメ-2019-11-30mk-M1300222



<おまけ> エナガの飛び立ち
なかなか思うようには撮れない(^_^;)
g-シマエナガ-2019-11-30mk-M1300021 g-シマエナガ-2019-11-30mk-M1300022 g-シマエナガ-2019-11-30mk-M1300023












5135> ヤマゲラ♂の飛び立ち

2019-11-30撮影

この日は、ヤマゲラに何度も遭遇。
白樺の幹にとまった。邪魔な枝のない好位置にとまったので、ProCapLモードで飛び立ちを狙った。
以下、連続の4コマ。

f-ヤマゲラ♂-2019-11-30mk-M1301361

f-ヤマゲラ♂-2019-11-30mk-M1301362

f-ヤマゲラ♂-2019-11-30mk-M1301363

f-ヤマゲラ♂-2019-11-30mk-M1301364

時刻は15:00過ぎ。シャッタースピード1/2000としたら、ISOが5000になっていた。
残念ながら、ちょっと荒れた写真になった。











5134> レンジャクがまだいた

2019-11-30撮影

群れが去った後は、殆ど見かけなかったレンジャク。この日は、キレンジャク3羽、ヒレンジャク2羽を確認した。

地面に降りて雪を食べたキレンジャク。飛び立ちを狙ったが、向こう側に飛ばれてしまった(^_^;)
f-キレンジャク-2019-11-30mk-M1300510 f-キレンジャク-2019-11-30mk-M1300511


ナナカマドの実を食べるキレンジャク
f-キレンジャク-2019-11-30mk-M1300394













tag : ヒレンジャク キレンジャク

5133> またまたシマエナガ

2019-11-29撮影

シマエナガの可愛らしさが堪りません。
この日も、シマエナガの群れに数回遭遇。
随分撮影しましたが、コレだ!というショットはなかなか撮れません。
f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290236 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290238 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290240 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290247 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290249 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290251 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290260 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290265
6枚目の尾羽が柔らかく広がったところが好きです。正面顔でないことと、ピンが甘いのが残念(^_^;)

f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290011 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290034 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290048 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290059 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290089 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290131 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290135 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290136 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290147 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290158 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290170 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290768

f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290607 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290610 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290676 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290695 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290703 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290754 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290910 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1290911 f-シマエナガ-2019-11-29mk-M1291018

できるだけ正面顔を撮影したいのですが、正面のようでも、上向きとした向きでは、雰囲気が随分違ってきます。
綺麗に尾羽と主翼が広がっているショットを狙っていますが、なかなか思うようにいきません。羽は良くても後ろ向きだったり、枝被りだったり。
カラマツに絡むショットは、枝が五月蝿くなってしまいます。













5132> 連日のシマエナガちゃん

2019-11-27撮影


この日も、シマエナガちゃん。
10~15羽ほどの群れに何度か遭遇。
一部は至近距離で撮れた。
f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1270073 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1270126 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271143 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271146 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271213 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271327 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271365 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271386 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271426 f-シマエナガ-2019-11-27mk-M1271405



<おまけ>
シメちゃん、口の周りを拭いてあげたい。
f-シメ-2019-11-27mk-M1271794 f-シメ-2019-11-27mk-M1271792


アカゲラくん。飛び立つ直前。
f-アカゲラ-2019-11-27mk-M1270349
飛び立ちのショットは、ピン外れになってしまった(^_^;)











5131> シマエナガちゃん

2019-11-26撮影

この日は、シマエナガちゃんに何度も出会った。
小群でなかなか撮らせてくれない(^_^;)
g-シマエナガ-2019-11-26mk-M1260019 g-シマエナガ-2019-11-26mk-M1260087 g-シマエナガ-2019-11-26mk-M1260119 g-シマエナガ-2019-11-26mk-M1260392 g-シマエナガ-2019-11-26mk-M1260650

今回も消化不良に終わった。
まだまだチャンスはあるでしょう。


<おまけ>
今月は、随分レンジャクの撮影を楽しめた。しかし、11/22に40羽ほどの群れをに確認後、11/24、11/25は姿を見かけなかった。
移動してしまったらしい。












5130> ヤマセミ♂くん

2019‐11‐24撮影


今日のヤマセミくんは、午前中まったりしていた。
f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240002


仕方なく、公園を一回りすることに。
しかし、何もいない。
レンジャクの群れも、ウソも、ツグミもいない。
一体どこに行ってしまったのだろう。


ご愛嬌にエナガが現れたが、取り付く島もない感じで通りすぎていった(^_^;)
f-シマエナガ-2019-11-24mk-M1240028 f-シマエナガ-2019-11-24mk-M1240056
ファインダーで捉えた瞬間に移動されてしまって、撮れない。下手くそを実感(^_^;)


一回りして12:30ころ戻ってみると、ヤマセミくんが動き出したようだ。
まず、小さめのハナカジカを捕った。次いでハナカジカ。餌を飲み込んだ後は、水浴び、水浴び、水浴び。少し時間をあけて小さなヤマメを捕った。水浴び、水浴び。久しぶりの大サービスだった。ところが..........
f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240260 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240298 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240367 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240368 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240369 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240401 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240451 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240484 f-ヤマセミ♂-2019-11-24mk-M1240502

撮影はどうかというと、失敗の連続(^_^;) 
最後の着水はバッチリ!のはずだったが、シャッタースピードが遅くなっていて全滅した。

次回また頑張ります(^_^)v



<おまけ>
ヤマセミくんの飛び込みを待っていると、目の前をクマゲラが通過。
何とか証拠写真を確保。
f-クマゲラ♂-2019-11-24mk-M1240349


マガモのカップル
f-マガモ-2019-11-24mk-M1240206 f-マガモ-2019-11-24mk-M1240219
f-マガモ-2019-11-24mk-M1240231












5129> ウソが美しい

2019-11-22撮影

この日のもう一つの収穫はウソ。
ナナカマドの実を食べるのに夢中で、近距離から撮影できた。
確認個体は、2♂・1♀だった。

f-ウソ♂-2019-11-22mk-M1221619 f-ウソ♂-2019-11-22mk-M1221634 f-ウソ♀-2019-11-22mk-M1221845 f-ウソ♀-2019-11-22mk-M1221440



<おまけ>
ウソくんたちの横には、シメちゃんも
f-シメ-2019-11-22mk-M1221133 f-シメ-2019-11-22mk-M1221245


散策中、黒い鳥が横切りました。カラスかと思ったら、木の幹に縦にとまった。
f-クマゲラ♂-2019-11-22mk-M1220910 f-クマゲラ♂-2019-11-22mk-M1220926


スズメちゃんだって可愛い。
f-スズメ-2019-11-22edw-M1220018 f-スズメ-2019-11-22edw-M1220030












5128> 近所のレンジャク(その11)

2019-11-22撮影

相変わらずレンジャクの群れのいる場所が定まらない。
前日撮影した場所にもいない。
ナナカマドの木のある場所を見ながら歩くが、群れが見つからない。
二周目にやっと、群れを見つけた。

前日の場所から500mほど離れた場所のナナカマド。
ときおり地面に降りて、雪を食べる
f-ヒレンジャク-2019-11-22mk-M1220728 f-ヒレンジャク-2019-11-22mk-M1221077 f-キレンジャク-2019-11-22mk-M1220092 f-キレンジャク-2019-11-22mk-M1220691

レンジャクの写真は、とっくに10000枚を超えているが決定打がない。
どんな写真を撮るか、きちんとした作戦が必要と思うが..........。
今回は、雪をバックに飛び立ちを撮影したかったが、雪が解けてしまってイマイチな写真になった。











tag : ヒレンジャク キレンジャク

5127> ウソ今季初

2019-11-21撮影

今季初めてのウソ。公園のナナカマドで5羽確認した。♂3羽、♀2羽。このうち♂1羽はアカウソのようだった。
g-ウソ-2019-11-21mk-M1210533 g-ウソ-2019-11-21mk-M1210509 g-ウソ-2019-11-21mk-M1210559 g-ウソ-2019-11-21mk-M1210406

ウソ♂のグレー・黒・淡いピンクの配色は、控えめで好きである。
しかし、嘴の周りににつけているナナカマドの実にはちょっと興覚め(^_^;)











tag : ウソ アカウソ

5126> 近所のレンジャク(その10)

2019-11-21撮影

この日のレンジャクは50羽ほど。
黄色も2羽確認した。
g-ヒレンジャク-2019-11-21mk-M1210073 g-ヒレンジャク-2019-11-21mk-M1210132 g-ヒレンジャク-2019-11-21mk-M1210304 g-キレンジャク-2019-11-21mk-M1210099 g-キレンジャク-2019-11-21mk-M1210157 g-ツグミ-2019-11-21mk-M1210215













5125> シマエナガちゃん、手強い(^_^;)

2019-11-17撮影

帰り道、エナガの小群に遭遇した。
忙しく動き回って、撮影に非協力的(^_^;)

必死に追いかけて、20枚ほど撮影できた。
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171539 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171543
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171395 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171403
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171404 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171407
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171441 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171442
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171485 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171487
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171491 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171495
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171497 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171498
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171505 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171508
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171509 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171511
g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171521 g-シマエナガ-2019-11-17mk-M1171529












5124> 近所のレンジャク(その9)

2019-11-17撮影

レンジャクの群れが、これまで撮影していた公園から移動した。
といっても近所である。

ただ、群れのいる場所が流動的で毎日探すことになる。
この日は、3kmほどの範囲の探索2周目に100羽ほどの群れを見つけた。

g-ヒレンジャク-2019-11-17mk-M1171123

g-ヒレンジャク-2019-11-17mk-M1171246

青空を背景にすると赤いナナカマドの実とヒレンジャクが鮮やかだった。

キレンジャクも少数見かけたが、上手く撮影できなかった。











5123> クマゲラくん

2019-11-16撮影

散策中、クマゲラの声。
声の方へ進んでいくと、藪の中にいました。

込み入った枝の間から、辛うじて撮影。
g-クマゲラ♂-2019-11-16mk-M1160461 g-クマゲラ♂-2019-11-16mk-M1160577

これ以上は撮れないと思っていたら、藪から出てきてモデルになってくれた。
最初は枯れ木に、そしてヌルデの木の実を食べ始めた。
g-クマゲラ♂-2019-11-16mk-M1160637 g-クマゲラ♂-2019-11-16mk-M1160988

という訳で、久し振りにクマゲラが撮影できた。












5122> 近所のレンジャク(その8)

2019-11-15撮影

遂にこの場所の餌を食べつくした。
最初は、ヤドリギの赤い実、次にキハダの黒い実、イチイの赤い実。
これらを食べてしまうと、ナナカマドの赤い実を食べ始めた。

この日の食物は、専らナナカマド。
この日も、レンジャクは100羽ほど。殆どがヒレンジャクだが少数のキレンジャクも混じっていた。
g-ヒレンジャク-2019-11-15edw-M1151347 g-キレンジャク-2019-11-15edw-M1151447 g-キレンジャク-2019-11-15edw-M1151450 g-キレンジャク-2019-11-15edw-M1151506 g-ヒレンジャク-2019-11-15edw-M1150657 g-ヒレンジャク-2019-11-15edw-M1150661 g-ヒレンジャク-2019-11-15edw-M1150890 g-ヒレンジャク-2019-11-15edw-M1150991 g-ヒレンジャク-2019-11-15edw-M1151311

ナナカマドの実に乗った雪とレンジャクを撮影したかったが、レンジャクの動きで雪が殆ど落ちてしまった(^_^;)

この日で餌となる木の実が殆ど食べられてしまった。
翌日も、レンジャクの姿はあったが数が激減。このため、翌日からは隣の公園で撮影することになった。












tag : ヒレンジャク キレンジャク

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示