2509> ルーミス、やっと会えました(千葉県)

房総へ 2012-11-25
~ これがルーミスブルー ~

遅ればせながら、アップします。

「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさん、横浜のUさん、Mさん、私の4人でルーミス遠征に出かけました。天気予報は晴れ!期待が膨らみます。

8:30到着。ちょっと早すぎたか....。
でも、既に来ているひとが居ました(^_^;)

まだ、気温が低いので休眠個体を探します。
直ぐに見つかると思ったのですが、見つかりません(^_^;)
少し経つと、Akakokkoさんが、ムラシ2頭発見!流石です(^_^;)

陽が射し気温も徐々に上がってきた感じでしたが、遥か上の方を飛ぶ姿が見えただけ。
昼を過ぎても、チャンスは全くやってきません。
皆帰りはじめました。2人消え、また2人消え....。
残ったメンバーも既に諦めかけていました。

これが最後の捜索のつもりでした。
(1)アラカシの葉上で休んでいたのでしょう。6~7mの高さから、ハラハラと舞い降りました。
ルーミスシジミ-IMG_4715

(2)少しずつ翅を開き始めました。
ルーミスシジミ-IMG_4730

(3)カメラマン6名が取り囲んでいます。
ルーミスシジミ-IMG_4733

(4)惜しげもなく開翅。
ルーミスシジミ-IMG_4755

(5)来た甲斐がありました(^_^)/
ルーミスシジミ-IMG_4774

現地でご一緒させていただいた皆さん、お世話になり有難うございました。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。
スポンサーサイト

1663> ルーミスシジミ(千葉県)

2012-01-02 ルーミス詣で
~ ルーミス、み~っけ! ~

随分前のネタですみません。
昨年末行けなかった、ルーミス観察会。正月の2日に行ってきました。みんなで行くのは久しぶり。ワクワクしますね。
単細胞のごまは、興奮のためか2時半と4時に目が覚めました。
そして5時半には余裕をもって起床しました。横浜駅7:30の待ち合わせです。

今回のメンバーは、東京のShinさん、神奈川チームのAkakokkoさんmidoriさんdaronさんごまの五人。車はmidori号です。

9:10ころ現地到着。晴れの予報だったのに......曇り空で寒い。
これでは、ルーミスくんの飛び出しは全く期待できません。

ポイント到着と同時に各自休眠中の個体の探索開始です。
暫く探しても見つかりません......。このまま見つからないかも......。

(1)9:40「み~っけ!」。叫んじゃいました(^_^;)。とにかく嬉しい1頭目(ルーミス1号)。これで最悪の事態=ボーズは回避です。ほっとしますね(^_^;) 
ルーミスシジミ-Rimg0500

そして、2頭目を見つけました。よく見えなかったので、私より少し(?)背に高いAkakokkoさんを呼びました。ところが枝にちょっと触っただけで、ルーミス2号は眠ったまま、ひらひらと落ち葉の上に落下。懸命な捜索活動も空しく発見できませんでした(生還していることを祈るばかりです)。
(2)これと同じ葉っぱに、もう1頭いました(ルーミス3号)。これを見つけたときには葉に接するように横倒しになっていました。
ルーミスシジミ-Im7_8474

(3)ルーミス4号:名人daronさんが発見。
ルーミスシジミ-Rimg0513

(4)ルーミス3号のポイントは午後陽射しがあたりました。
Akakokkoさん、midoriさん、ごまの3人の必至の開翅祈祷の結果、体が温まってきたのか触角が上がり、後翅の間に畳み込んでいた前翅が少しずつ出てきました。開翅するかも......。
ルーミスシジミ-Im7_8556
そしてこの後、一瞬でしたが翅表を見せてくれました。そんな僅かなチャンスでもShin達人はバッチリいい写真を撮ってます。その場に居ながら、全く撮れなかったのはごまだけでした(^_^;)

<まとめ>
この日、6時間に亘って必死にルーミスを探し回りましたが、見つかったのは4頭。他に、ムラサキシジミ1頭、ウラギンシジミ2頭、ナナフシ1頭でした。
★独りで歩くことが多いごまですが、気のいい仲間と一緒の探蝶は最高に楽しいです。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[904] ルーミスシジミ(千葉県)

2010-11-21 房総にルーミスを求めて

今年もルーミス遠征してきました。
昨年一緒に行けなかったAkakokkoさんmidoriさんdaronさんと一緒です。
天気が一番重要です。晴れないと飛び出さないからです。
出発時は青空でしたが、到着したときは曇り、偶に雨ツブが落ちてきました。

2番目に重要なのは同業者です。陽のめぐみはなくてもみんなで探せばなんとかなるからです。
到着すると、昨年もここでお会いしたYさん、それとYODAさんご夫妻が来ていました。
かなりホットしました。その後、ヒメオオさんなつさんご夫妻も加わって、独特の一体感で楽しい時を過ごすことが出来ました。

★肝心のルーミスですが、皆さんに見つけていただきました^^)v
しかし曇り空ではなかなか表面を見せてくず、私には撮れませんでした。
それでも午前中の確認個体数は4です。渋い裏面も魅力です。
ルーミスシジミ-Img_9167

★昼ころには、皆さんお帰りになりましたが、当方4名は諦めきれず...延長戦に突入。
小雨が落ちてきたりしましたが、僅かながら陽が射した時にはルーミスが飛び、次々に開翅!
至福の時をもらいました。
ただし、木の上から降りてくれなかったので、撮影は苦戦でした。
以下は、無理やり搾り出した写真です。

独特の淡いブルーです。大きなお尻は♀でしょうか?
ルーミスシジミ-Im0_9224

宙に浮いているように見えます。
ルーミスシジミ-Im0_9270

いい角度でしたが、日陰が出来ていました。
ルーミスシジミ-Im0_9286

こういう葉の枯れたところが大好きらしく、何度もここに停まりました。
ルーミスシジミ-Im0_9304

久し振りのルーミスに感動をもらいました。


[283] ルーミスシジミ(房総)その3

2009-11-21 房総(その4)
またまた、ルーミスの続編(これでおしまい)


午後になると、木の上に2頭のルーミスが見えていた。時々下に降りてきてはモデルになってくれた。以下の5枚の写真は、同じ場所で12:30~14:20の間に撮影したもの。驚いたことに、写真個体の翅の欠損位置などを良く調べて見ると、全て同一個体のように見える。ということは、同じ個体が飛び去っても、何度も戻ってきていたことになる。


(h)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
美人さんでした。



(i)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
角度によって、黒っぽい部分が茶色に反射します。



(j)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
翅を閉じた姿も格好イイ。



(k)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)



(l)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)



(m)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)



◆今回の遠征は、目的のルーミスを堪能でき、大満足でした(完)

[281] ルーミスシジミ(房総)その2

2009-11-21 房総(その2)
more ルーミス

(c)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
日溜まりで待っていると、昼過ぎ、やっと足元まで降りてきてくれました。
綺麗な水色です。右側前翅の傷が残念です。Olympusのコンデジで撮影(コバルトブルーに写りました)。



(d)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
木の上から降りてくると、すぐに開翅するので、裏面の写真を撮るのに苦労しました。



(e)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
ルーミスシジミ(左)のすぐ右にムラサキシジミが停まる!
待っていたその瞬間でしたが、僅か1、2秒で飛び立ちました。
撮影できたものの、甘い^^;)
6時間粘って、こんなシーンはこれ1度だけでした。



(f)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
(e)の連写の次のコマです。この直後に2頭とも飛びました。惜しい^^;)



(g)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
裏面も魅力的です。高い木の上を飛んでいるときは、白い裏面が輝いて小型のウラギンシジミに見えます。


◆ここに写っているルーミスは、全て同一個体。



<続く>

[280] ルーミスシジミ(房総)その1

2009-11-21 房総(その1)
初めてのルーミス

宝石のようなルーミスを求めて、房総に行ってきました。数日前までの週間予報では絶望的でしたが、前日の予報で晴れに変わりました。当日は、興奮のためか早く目が醒めました。薄暗いうちに家を出発、8:30には目的に着きました。同業者らしき方々が数人。行先は、結局同じポイントでした。早くも陽射しが当たっていましたが、まだ気温は低く、蝶の姿はありません。

(a)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
期待が高まる中、「居た!」との情報をいただき、早速そちらへ移動。ムラサキシジミに比べて、明かに白っぽい裏面。間違いなくルーミスです。感激の対面に、まずは証拠写真。9:10ころでした。翅の裏面と似た色の葉っぱに停まることが多いそうです。



(b)ルーミスシジミ(2009-11-21 房総)
その後間もなく、またもや、開翅しているとの情報に、早速そちらへ。お陰さまで確り写真が撮れました。ルーミス特有の淡いブルーです。



◆その後も高い木の上で白く輝く宝石が見えるものの、下には降りて来ませんでした。

<続く>
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示