4442> テングチョウ(与那国)

八重山遠征(その12)
2015-05-14撮影

赤黒いチョウが飛ぶ、何かと思ったらテングチョウだった。
幾分赤色が強いように見える。
テングチョウには、本土亜種のほかに琉球亜種と台湾亜種がある。
これはどれだろう。
384-テングチョウ-2015-05-14与那国-7D2_7902

2015-05-15撮影
384-テングチョウ?表-2015-05-15与那国-7D2_9117
スポンサーサイト

4395> テングチョウ(栄区)

2015-03-05撮影
気温が上がったかなと思ったら、テングチョウが多数見られた。
テングチョウ-OMD05553

4214> テングチョウ(平塚市)

2014-11-22撮影

寒くなってチョウにはなかなか会えない。
会えるととても嬉しくなる。
この日の収穫はテングチョウ。
テングチョウ-IMG_0116

3807> テングチョウ(与那国島)

沖縄遠征(15)
~ 与那国島(6/10~12) ~

与那国島で見られるテングチョウは、本州のものとは別亜種(琉球亜種か台湾亜種)のようです。
確かに少し違うような気もしますがよく判りません。
テングチョウ-IMG_9849


3635> テングチョウ(相模原市)

2014-04-05撮影
~ ギフチョウの里 ~

コツバメの他にも、出てきたチョウがいた。
冬をのりこえたテングチョウ。
お疲れさんといいたい。

テングチョウ-7D2_6258

テングチョウ-7D2_6263

2014-04-09撮影。梅にやってきたテングチョウ。
テングチョウ-7D2_7185



3629> テングチョウ(緑区)

2014-03-31撮影

冬をのりこえたテングチョウも春の陽射しを浴びて出てきました。
テングチョウ-OMD50630

テングチョウ-OMD50636

3594> テングチョウ(磯子区)

2014-02-28撮影

陽射しがでてくると、テングチョウが起きだし、翅を開いてとまります。

(1)素早く飛ぶチョウを見つけたが見失う。辺りを探すと、いました。
落ち葉にとまって開翅しました。
テングチョウ-7D2_3248

(2)別の場所には2頭いました。
テングチョウ-7D2_3263

3422> テングチョウ(栄区)

舞岡周辺を歩く 2013-11-17

この時期の一番の楽しみは、ムラサキツバメです。
ムラサキツバメが降りてくるのを待っていると、茶色の小さな蝶がやってきました。
テングチョウでした。これから長い冬ですね。
テングチョウ-7D2_8409

3258> テングチョウ(八重山)

八重山を歩く(9) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 与那国島 ~

小さめの蝶が飛び立って、緊張が走った。
止まったのを見てテングチョウと判った。予想外だった。
沖縄では初撮りである。

テングチョウ-IMG_9606

3181> テングチョウ幼虫(戸塚区)

在庫より:

(1)小さなエノキの葉に食痕があった。
探してみるとテングチョウの幼虫(体長17mm)が見つかった。
テングチョウ幼虫17mm-IMG_3754

(2)テングチョウ幼虫17mm-IMG_3748

(3)テングチョウ幼虫17mm-IMG_3759

3164> テングチョウ(神奈川県)

在庫より:空中に静止するテングチョウ

(1)飛翔写真ではありません。
テングチョウ-IMG_8341

(2)反対側からみると蜘蛛の糸に止まっているのが判ります。引っかかったわけではなく、このあと普通に飛んで行きました。
テングチョウ-IMG_8354


2740> テングチョウの交尾初見(栄区)

近場を探索 2013-03-16

いつもの場所。
到着してUさんに電話すると、テングチョウが交尾していいるとの情報。
途中Akakokkoさんとも合流して、そこへ急ぎます。

20分後到着。
まだ居ました。テングチョウの交尾を見るのは初めて。
感動です。随分沢山撮りましたが、1枚だけ貼ります。
テングチョウ交尾-IMG_9440

実際には、我々が到着する前に交尾ペアはいなくなったそうです。
ところが別の2頭が絡んでいると思ったら、すぐに交尾になったとのこと。
幸運でした(^_^)/

2540> テングチョウが寝てる!(栄区)

近場を散策 2012-12-12
~ この日のサプライズ ~

ムラサキシジミやムラサキツバメは、北風を受けないところで越冬します。日中日の当たる大きめの葉が塒になります。葉が屋根になって雨のあたりにくい場所を選ぶように思います。天敵からも見えにくいという利点もありそうです。背の低いアオキにムラサキシジミの小集団を探していました。

(1)ムラサキシジミは時々こんな枯葉でみつかります。実は少し前にムラサキシジミが3頭いた場所です。しかし、いません。...と思ったのですが妙な枯葉が目に入りました。写真中央の少し右の枯葉が...です。
テングチョウ冬眠-R0016013
(2)向きを変えて接写しました。判りにくいですがテングチョウが寝ていました。こんなところで越冬するんですね。初めてみました。
テングチョウ冬眠-R0016008


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1894> テングチョウの終齢幼虫25mm(磯子区)

2012-05-09 近場を散策(その4)
~ 傘から芋虫がぶら下がって ~

小雨が降っていました。
せせらぎに沿って歩いていると、傘から芋虫がぶら下がっていました。
実は芋虫はちょっと......。

ところがどうやら蝶の幼虫に見えました。
ミドリ色に黄色線がはいっているので、モンキチョウかと思いました(少し似てますよね)。
モンキチョウの幼虫が上から降りてきて、傘に乗るとは不自然だとは思いました。
自宅で調べてみると、やはりモンキチョウとはちょっと違います。
困ってしまいました。

緑色ということでテングチョウも頭に浮かびました。
しかしテングチョウの幼虫の下側半分は黒っぽいので違う。
そう思いつつネットで調べてみました。
すると......そっくりな写真がありました。
こういう色のものもあるのですね。

(1)体長25mmほどでした。
テングチョウの幼虫か?25mm-R0011403



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1783> テングチョウが飛ぶ(神奈川県)

2012-03-25 春はもうすぐ
~ 新生蝶を求めて(その4) ~

3/20に続いて、再アタックです。
今度は、Akakokkoさんが一緒です。


最初のポイントは、コツバメ探索です。
ここでは、暖かかった3/22には、コツバメ1頭が確認させています。
既にdaronさんが来てました。3人で2時間隈なく探しましたが、見つかりませんでした。

やはり、気さくに相手をしてくれたのはテングチョウでした。

(1)何とか背景に緑をいれました。
テングチョウ-Im8_7146

11時過ぎに諦めて、次の場所に移動です。ギフチョウの下見、2回目です(^_^;)
40分後到着。

お天気はfine!
途中の温度表示は11℃でした。ちょっと寒いか......。

咲いているのは、オオイヌノフグリばかり。
スミレの花は見当たりません。
ここでも、相手をしてくれるのはテングチョウばかり。

(2)せっかくなので飛翔撮影にトライ。最初、「連写開始+枝で飛ばす」方式を試しました。しかし、これでは驚いて瞬間的に飛ぶので視野内に入るのは1枚だけで、2枚目以降は視野外になります。そこで、「連写しながらゆっくり接近」方式に切り替えました。このほうが、飛び方も比較的ゆっくりになり、何枚か連続して視野に収まりました。
テングチョウ-Im8_7240

(3)とは言っても、なかなか上手くいかないものです。
テングチョウ-Im8_7247

(4)すこし大きめにトリミング。
テングチョウ-Im8_7249

(5)背景がうるさいですが、裏面が撮れたのはこれだけ。
テングチョウ-Im8_7261

(6)オオイヌノフグリが咲いていて合ピンですが....背景がうるさい。
テングチョウ-Im8_7292

(7)これは? Akakokkoさんの背中が写りました。
テングチョウ-Im8_7302

なかなか思うように撮れません(^_^;)
今回は200枚近く撮ったかな?

YODAさんの雌雄識別法でみると、全て♂のように見えます。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1779> テングチョウ(神奈川県)

【やや速報】2012-03-20 春はもうすぐ
~ 新生蝶を求めて(その1) ~

地元M公園で知り合ったUさん、Mさんをと一緒に新生蝶の探索に行ってきました。
一番の目的はコツバメ。

ちょっと気温が低いけれど、天候には恵まれた。
期待が高まります。

何かが飛んだ!

(1)テングチョウでした。今年初です。本命じゃないけど嬉しい。
テングチョウ-Im8_7001

(2)裏面も撮らせてくれた。
テングチョウ-Im8_7029

(3)満開のアセビの花にも。
テングチョウ-Im8_7050

結局、期待のコツバメには会えませんでした。
春が遅れてるので仕方ありませんね。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[651] テングチョウが多数(相模原市緑区)

2010-06-19 相模原市I林道(その2)

林道3.5kmの区間を1往復して、テングチョウが見られたのは、たった2ヵ所。
ともに、開けた場所でした。
ここはではまだ、生まれたての個体ばかりでした。

テングチョウ-Im6_5685

[474] テングチョウ(津久井町)

2010-03-13 津久井郡(その1)
~早戸川林道(以降、H林道)~

春を探しに。
midoriさんと、津久井方面へ遠征。
一番の目的は、石砂山のギフチョウの下見です。
時期的に2週間くらい早いので、会えないとは思いつつ、淡い期待も少し。

まず、最初にH林道に寄りました。狙いは野鳥です。
9:00前に現地到着。
1時間半ほど散策しましたが、耳を澄ましても殆ど野鳥の声がない。
結局会えたのは、ジョウビ、ヒガラ、ヤマガラなどでした。
前回、沢山いたルリビタキ、ベニマシコ、アトリなどは全くいませんでした。
春を感じて、北へ旅立ったのでしょうか?

最後に道端で、今年初めてテングチョウに会いました。
という訳で、本シリーズのその1はテングチョウです。

tengcu-Im5_3257.jpg

tengcu-Im5_3259.jpg

◆冬を乗り越えた彼らに、「頑張ったね」といってあげたいきもちになりました。
(どこかで見かけた温度計の表示は19℃を示していました)
(つづく)

[102] テングチョウ(瀬上)

氷取沢~瀬上シリーズ(その4)

この日は、テングチョウをよく見かけました。
特に瀬上の池の上の漆窪付近に多数いました。
飛び方はタテハ類とほぼ同じ、一度飛び去ってもまた元の場所に戻ってくるという性質も似ています。

(a)テングチョウ(2009-07-12 瀬上市民の森)



(b)テングチョウ(2009-07-12 瀬上市民の森)

[019] テングチョウ

2008-09-28横浜市の氷取沢へ。生憎の曇り空で気温も低下。あまり期待せずに出かけました。

森の中の小道を歩いていると、小さなタテハ風の蝶が飛び立ちました。遊歩道の地面に止まっていたのでしょう。色はキタテハですが少し小さい。テングチョウでしょうか。間もなく、同じ場所に戻ってきました。テングでした。翅を拡げても5cm程度の小さくて可愛いらしいチョウです。

飛び去っても、また直ぐに次の個体がやってきました。私の周りに同時に4頭来ました。色々な角度からバッチリ写真が撮れました。「テング」の名の通り、頭のてっぺんが突き出しています。

↓(a)~(c)2008-09-28 横浜市氷取沢




夏の間、数回見かけただけのテングチョウですが、この日は結局10数個体を確認することができました。こんなに沢山いるとは驚きです。札幌近郊でも採ったことがありますが、かなり稀でした。

◆2008-10-25追記
今朝の自宅の近所の散歩では、ウラナミシジミ2、ヤマトシジミ2、キチョウ2、ベニシジミ1を確認できました。その後、昼頃から曇り空の下、金沢区の市民の森を散策しましたが、森の中では全くチョウの姿は見られませんでした。そろそろシーズンも終わり。寂しくなってきました。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示