4635> エナガちゃん

エナガの可愛らしさは格別。

富士吉田で絶好の撮影チャンスをもらいました(^_^)v

低い木にやってきてサービス満点。
といっても、動き回っているので、なかなか、顔が撮れません。

この目を見ると堪りませんね。

エナガ-2017-02-26富士吉田-Omd03112

エナガ-2017-02-26富士吉田-Omd03280

エナガ-2017-02-26富士吉田-Omd03246

エナガ-2017-02-26富士吉田-Omd03319

エナガ-2017-02-26富士吉田-Omd03206


2/26撮影(富士吉田)





スポンサーサイト

4634> アリスイくんサービス満点

久し振りにアリスイくんがサービスしてくれました(^_^)v
アリスイ-2017-03-01舞岡-Omd03671

アリスイ-2017-03-01舞岡-Omd03705

アリスイ-2017-03-01舞岡-Omd03787

アリスイ-2017-03-01舞岡-Omd03829

アリスイ-2017-03-01舞岡-Omd03990

サービスは満点でしたが、ちょっと距離がありました。


3月1日撮影(横浜市内)

続きを読む

4623> 札幌で出会ったアトリ

年末年始は1ヵ月ほど札幌に帰省しました。
毎日のようにゼフ卵と野鳥を求めて散策をしていましたが、なかなか成果がでませんでした。

野鳥は1月中旬に入ってから、アトリの群れがやってきました。
最初の1羽を見たのは1月14日でした。翌日は、市内の街路樹になっているナナカマドに数十羽。
実を食べにやってきてました。

アトリ-2017-01-18真駒内-Omd04894

アトリ-2017-01-18真駒内-Omd04816

アトリ-2017-01-18真駒内-Omd05172

アトリ-2017-01-18真駒内-Omd05210

アトリ-2017-01-18真駒内-Omd05360

アトリは、ナナカマドの実を夢中になって食べているので近づいても逃げません。





4622 アカゲラくん

近所を散策。近くで鳴き声が。
慌てて背中からカメラを引っ張り出して撮影。

2017010420342044a.jpg

2017010420513130d.jpg

20170104203417379.jpg

4523> アオジくん

道端にアオジくん。
逃げない。とても親近感をおぼえる。

カメラを取り出す。
マクロにするか、望遠にするか迷ったが、望遠にした。
カメラを向けるが近すぎる。
アオジ-2016-01-13舞岡-OMD03440

アオジ-2016-01-13舞岡-OMD03465

2016/1/13撮影



4517> 年末年始の北海道(その4)

今回はあまりアカゲラを見かけなかった。
それでも一応撮影してきた。

地元の人はあまりカメラを向けないようだが、やはり赤・白・黒の配色は魅力的だ。
最初に撮影した個体。
アカゲラ-2016-01-04札幌-OMD02362

別の日に撮った個体は撮影に協力的だった(以降同一個体)
アカゲラ-2016-01-06札幌-OMD02521

アカゲラ-2016-01-06札幌-OMD02544

アカゲラ-2016-01-06札幌-OMD02587

アカゲラ-2016-01-06札幌-OMD02592




4498> エゾビタキ(戸塚区)

一度サボると癖になってしまう。
気がついてみると1ヶ月振りの更新になってしまった。

先月撮ったエゾビタキです。可愛い。
エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06716

エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06691

エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06652

エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06718
大サービスしてくれたので、ミラーレスでも撮影できた。
(全て同一個体)


4485> タカネヒカゲに会いに(その2:長野県)

2015-07-22撮影
~ 2日目 ~

この日は、白馬大池からのスタートです。
6:10大池山荘を出発。天候はほぼ快晴。
期待が膨らみます。

前日雲の切れ目から微かに見えていた雪倉岳が、この日ははっきり見えていた。
雪倉岳(2611m)-OMD08936
振り返ると、大池が神秘的に美しい。
白馬大池-OMD08939

8時を過ぎると暖かくなってきた。そろそろチョウの姿がほしい。
大きめのチョウが視野に入った。
アサギマダラだった。何頭かを見送った。
次にヒョウモン類が通過。
そして、クジャクチョウ。

しかし本命は現れない。
焦りが......。

1頭目は9:00ころだった。
登山道脇をチラチラとぶチョウを発見。
間もなくとまってくれた。
タカネヒカゲくんだった。
やっと会えた。
証拠写真だけで見失った。

更に登っていくと、2頭目。
あっという間に飛び去った。
更に3頭目。
これもすぐに見失った。

この辺りに来ると、白馬岳(2932m)が見える。
白馬岳-OMD09018
少し進むと、小蓮華山の頂上(標高2766m)に着いた。
山頂では、嬉しいイワヒバリくんのお出迎えがあった(初撮り)。
イワヒバリ-2015-07-22-7D2_0224
イワヒバリ-2015-07-22-7D2_0258
イワヒバリ-2015-07-22-7D2_0281
(つづく)

4381> アオゲラくん再び(戸塚区)

2015-02-22撮影
何時もの場所。
ヒヨドリとは違う鳥が飛んできた。
アオゲラだった!
アオゲラ-7D2_2350
アオゲラ-7D2_2435
アオゲラ-7D2_2513

4377> 動きについていけない(^_^;)(戸塚区・磯子区)

ウグイスは鳴き声は良く聞く。
この時期は藪の中で動き回っているのでなかなか撮れない(^_^;)

2015-02-21撮影(戸塚区):藪の隙間から。
ウグイス-7D2_2224
ウグイス-7D2_2235

2015-02-24撮影(磯子区):一瞬だけコクサギに停まった。
ウグイス-7D2_2545

ウグイス色
クレヨンにウグイス色というのがあったのを思い出した。くすんだ緑色だったと思う。もしかして、メジロと混同したのかと思った。Wikipediaを調べてみたら、以下の記載があった。
「鶯色(うぐいすいろ)とは灰色がかった緑褐色を言う。また、抹茶色に近い柔らかな黄緑色を連想する人もいる。
前者はウグイスの羽に忠実に取材した色であり、英語のオリーヴグリーン(olive-green未成熟のオリーブの果実の色)に近いが、後者はウグイスと同じく春先によく見かけられる野鳥のメジロの羽の色と混同されている。」

4374> 亜種エゾフクロウ(北海道)

北海道(その21)
2015-02-12撮影
従兄のS氏の案内でフクロウを見に行った。
現地に到着すると、カメラマンが一人だけ。
関東では考えられない。
幸運にも目の前に2羽並んでいた。
2羽出ていることは少ないそうだ。
2羽は目を閉じたまま。

時々もぞもぞ動く。
エゾフクロウ-7D2_0813
1時間ほど待っていると、ちょっとだけ目を開けてくれた。
エゾフクロウ-7D2_0875
何だかラブラブ。
エゾフクロウ-7D2_0901
また目をつぶってしまうが、時々目を開く。
エゾフクロウ-7D2_0955

2015-02-17
別の場所でもフクロウに出会った。ここにも2羽いるらしいが、出ていたのは1羽だけ。もう一羽は洞の中らしい。
ここでもカメラマンは1名だけ。暫くすると2~3人がやってきた。


★エゾフクロウは、今回の2週間の最大の収穫。2回も出会いがあるとは思っても見なかった。

4371> 亜種エゾアカゲラ(北海道)

北海道(その18)
2015-02-11撮影
赤・黒・白の配色が美しい。
撮影チャンス何度もあったが、これが一番長いチャンスだった。
エゾアカゲラ♀-7D2_0311
エゾアカゲラ♀-7D2_0384
エゾアカゲラ♀-7D2_0446
エゾアカゲラ♀-7D2_0454

2015-02-12撮影
白樺の木を登って行き、頭を右に向けたので連写。
亜種エゾアカゲラ♀-7D2_1161
1枚だけ飛翔が撮れた。
亜種エゾアカゲラ♀-7D2_1162

4364> ウミウ(北海道)

北海道(その11)
2015-02-07撮影

小樽港に見切りをつけ、銭函で途中下車した。
来る途中で電車の中から海鳥がみえたからだ。
まずは、ウミウ。ちょっと距離があったが......。
ウミウ-IMG_9236
ウミウ-IMG_9411
ウミウ-IMG_9415

4363> ウミアイサ(北海道)

北海道(その10)
2015-02-07撮影
海鳥を探しに、小樽へ行った。
期待の小樽港についたが、何もいない。オオセグロカモメが数羽いるだけ。
暫く捜し歩いていると、湾内に白黒のはっきりした水鳥が見えた。
潜ったタイミングで距離を詰める。
ウミアイサ♂だった。徐々に距離を詰め、どうにか満足の写真が撮れた。
ウミアイサ♂-IMG_8939
ウミアイサ♂-IMG_8953
ウミアイサ♂-IMG_9012
♀も見つけたが、距離があった。
ウミアイサ♀-IMG_9032
ウミアイサ♀-IMG_9073
ウミアイサ♀-IMG_9095
ウミアイサ♂は近くから撮れた。

4356> ウソ♂が美しい(北海道)

北海道(その3)

2015-02-05撮影:ナナカマドの実を食べにやってくる。
ウソ♂-IMG_7785

2015-02-09撮影:ナナカマドの実を食べにやってくる。
ウソ♂-IMG_9578

5455> アカウソ(北海道)

北海道(その2)
ナナカマドの実を求めて、ウソ・アカウソがあちらこちらで見られた。
近づいても逃げないので、じっくり撮れた。

撮影:2015-02-05
アカウソ♂-IMG_7675
アカウソ♂-IMG_7730


撮影:2015-02-06
アカウソ♂-IMG_8740
アカウソ♂-IMG_8884

4346> アオジくん(磯子区)

2015-01-24撮影(磯子区)
アオジ-IMG_5085

2015-02-24撮影(磯子区)
アオジ-7D2_2759
アオジ-7D2_2782


2015-03-05撮影(栄区)
少し前まではあちらこちらで見られたが、だんだん減ってきた。
道端の葉影にアオジくんが居るのに気がついた。
しゃがんでカメラを構える。手前に出てきた(^_^)/
距離1m以内。
Olympus 60mmマクロで撮影。アオジ♀。
アオジ接写@macro60mm-OMD05545

4331> アオジ(磯子区)

2015-01-19撮影
一番多くみられる冬鳥はアオジだろうか。
アオジ-IMG_4117

4322> アカゲラ(栄区)

2015-01-14撮影
地元ではあまり遭遇機会はない。久々に見た。
何度かチャンスはあったが、なかなか上手く撮れないものだ。
アカゲラ-IMG_0956
アカゲラ-IMG_1051
アカゲラ-IMG_1065

4321> アオジ(栄区)

2015-01-14撮影
人懐っこい(^_^)/
逃げない。
アオジ-IMG_0939
アオジ-IMG_0943
アオジ-IMG_1086
アオジ-IMG_1103
アオジ-IMG_1115

4317> アオゲラ(戸塚区)

2015-01-12撮影
到着すると、間もなくアオゲラの声。
声のする方を追跡する。
2度、3度と移動した後、見失ったが、予想外の場所にまた現れた。
そして、撮影チャンスがやってきた。
撮影チャンスではあったが、なかなか思うように撮れないものだ。
アオゲラ-IMG_9928
アオゲラ-IMG_9965
アオゲラ-IMG_0064

4311> 懲りずにまたエナガ(戸塚区・栄区)

2015-01-11撮影(戸塚区)
エナガ-IMG_8895
エナガ-IMG_8932

2015-01-18撮影(栄区)
エナガ-IMG_2840
エナガ-IMG_2845
エナガ-IMG_2884
エナガ-IMG_3038
エナガ-IMG_3134


4307> こんな所にアリスイ(横須賀市)

2015-01-09撮影アリスイ-IMG_8557
ジョウビタキでもいないか、湘南国際村に行ってみました。
ジョウビタキには会えず(^_^;)
以外にもアリスイに会えました。
写真は酷いですが........。

4304> エナガちゃんたち<その2>(栄区)

2015-01-05撮影

飛翔の場面はなかなか上手くいかない(^_^;)
エナガ-IMG_7337
エナガ-IMG_7366
エナガ-IMG_7370
エナガ-IMG_7386
エナガ-IMG_7393

4302> エナガちゃんたち<その1>(栄区)

2015-01-05撮影

突然エナガの群がやってきた。撮りまくって数百枚。なかなか思うようにはいきません。
エナガ-IMG_7275
エナガ-IMG_7197
エナガ-IMG_7227
エナガ-IMG_7235
エナガ-IMG_7253
エナガ-IMG_7283

4339> 久々の冬の帰省

北海道(その1)
撮影:2015-02-04

久しぶりの冬の帰省。
2/4から2/18まで、札幌近郊を散策。
今日、北海道から戻りました。


初日(2/4)は、新千歳空港に荷物を預けて、ウトナイ湖に行ってみました。
冬鳥が色々見られると期待して.......。
気温はマイナス10℃ほど。寒い(^_^;)
散策路には、辛うじて足跡があった。時々埋まる(^_^;)
湖面は凍ってして、水鳥はゼロ。
森を散策しても、数羽のヒヨドリしかいませんでした。
そのほかはアカゲラが1羽。

諦めて帰ろうと思ったころ、頭上に1羽現れました。
オジロワシでしょう。写真はイマイチですが、初撮りは嬉しいものです。
オジロワシ-IMG_7544

オジロワシ-IMG_7549

今回の帰省では、散策したのは札幌の近郊だけですが、それなりに嬉しい出会いがありました。写真の整理を進めながら、ご紹介していきます。

4276> ウソ(戸塚区)

2014-12-24撮影
ウソ♂-IMG_4263
ウソ♂-IMG_4255

2014-12-26撮影
ウソ♀-IMG_4543
ウソ♂-IMG_4555
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示