FC2ブログ

5242> イスカ再び

2020-03-22撮影

イスカの餌渡し? ♂が後ろ向きだったので、実際は良く判らなかった。
g-イスカ♂+♀-2020-03-22mk-P3223077

g-イスカ♂+♀-2020-03-22mk-P3223103

g-イスカ♂-2020-03-22mk-P3222720

イスカ♀。距離2~3m。
g-イスカ♀-2020-03-22mk-P3221513

イスカ♂の飛び立ち4枚をアニメ合成してみた。
f-イスカ-2020-03-22mk-Animation2












スポンサーサイト



5241> イスカたち

2020-03-15撮影

イスカがハイマツにやってきた。低い位置で撮れるので最高の条件のはず。

まず♀。

g-イスカ♀-2020-03-15mk-P3152587

g-イスカ♀-2020-03-15mk-P3154219

実際、どうしても色の鮮やかな♂中心の撮影になってしまう。

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3151908

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3151980

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3152791

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3152943

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3152975

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3153452

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3153612

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3153736

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3153845

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3154114

g-イスカ♂-2020-03-15mk-P3154307


<おまけ>
ホオジロガモのつがいがいたが、撮影を始める前に飛ばれてしまった。

g-ホオシロガモ-2020-03-15mk-P3150125

50mほど上流側に進むと、遠くに確認できた。
g-ホオシロガモ-2020-03-15mk-P3150261

g-ホオシロガモ-2020-03-15mk-P3150282












5222> ウソくん

2020-02-17撮影

桜の木にウソが。
g-ウソ♂-2020-02-17mk-P2170777

g-ウソ♂-2020-02-17mk-P2170749










5209> アカゲラの飛び立ち

2020-02-08撮影

アカゲラを見つけた。♀。
g-アカゲラ♀-2020-02-08mk-P2080692
少しづつ登って、先端まできたので、飛び立ちを狙う。
g-アカゲラ♀-2020-02-08mk-P2080748

まずまず(^_^)



帰り道、ま~るい月が出ていた。
g-moon-2020-02-08mk-P2081407.jpg













5208> ウソくん

2020-02-07撮影

この日も、ウソが雪の中で撮影させてくれた。
g-ウソ♂-2020-02-07mk-P2071692g-ウソ♂-2020-02-07mk-P2070818g-ウソ♂-2020-02-07mk-P2071137g-ウソ♂-2020-02-07mk-P2071565g-ウソ♂-2020-02-07mk-P2071657












5207> エゾフクロウくん久し振り

2020-02-06撮影

この日は、雪が積もった。
公園内の主要な道も、細い道だけ、小道はラッセル必須。
そんな日は、散歩の人も少ない。

新雪が降ると、音の反響もなくなるので、公園内はひっそりしている。
そんな条件が幸運をもたらしてくれた。

いつも洞の入口は、黒く見えるのに、白っぽい!
もしや! と思って双眼鏡で覗くと。
いた!
まずは遠くから1枚。近づきながら、また1枚。
g-エゾフクロウ-2020-02-06mk-P2060052

近くまできて1枚。久しぶりの昼間の撮影である。
g-エゾフクロウ-2020-02-06mk-P2060070
やった!
しかし、後から来た方と話をしているうちに洞の中に隠れてしまった(^_^;)

やはりこのフクロウは神経質。
音を嫌うようだ。

後で聞いた話だが、この日はこの後も姿を見せてくれたらしい。



<おまけ>
ウソ♂。雪の降った日は、背景が白くなって鳥が綺麗に撮れる。
g-ウソ♂-2020-02-06mk-P2060124

g-ウソ♂-2020-02-06mk-P2060128
出来れは太陽がでて、ちらつく雪が光っている状態で撮りたいもの。












5206> ウソなど

2020-02-04~05撮影

ウソがナナカマドにきていた。
g-ウソ♀-2020-02-04mk-P2040053g-ウソ♂-2020-02-04mk-P2040026g-ウソ-2020-02-05mk-P2051451
毎回、飛翔を狙うが、なかなか綺麗に撮れない。



<おまけ>
イスカが針葉樹のてっぺんに!
しかし、この直後飛び去った。
g-イスカ♂-2020-02-05mk-P2050206


キバシリくん。ねずみの様に動き回る(^_^;)
g-キバシリ-2020-02-05mk-P2052431












5203> ウソ+アカウソ

2020-02-03撮影

最近は、ウソをよく見かける。
数は、3~6程度で多くないが、ナナカマドの実を食べに来ていると撮りやすい。

ウソ♂
g-ウソ-2020-02-03mk-P2030187

こちらはアカウソ♂の様だ。
g-アカウソ-2020-02-03mk-P2030757




<おまけ>
河川敷のススキにホオジロ。
f-who-2020-02-03mk-P2031563.jpgf-who-2020-02-03mk-P2031581.jpg













5201> ウソくんたち

2020-02-02撮影

この日は、ウソが3羽。
カツラの木とナナカマドの木を行き来してました。

g-ウソ-2020-02-02mk-P2020618

g-ウソ-2020-02-02mk-P2020632

g-ウソ-2020-02-02mk-P2020892

g-ウソ-2020-02-02mk-P2021061












5197> 今季3回目のイスカ

2020-01-28撮影

カラマツにイスカの群れ10羽ほど。

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-28-P1280292

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-28-P1280465

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-28-P1280869

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-28-P1280903

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-28-P1280908

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-28-P1281154

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-28-P1281389

イスカ♀
g-イスカ♀-2020-01-28-P1281439

撮影しながらナキイスカを探したが、居ないようだった。



<おまけ>
20羽ほどの群れが飛んできた。
g-キレンジャク-2020-01-28-P1280707
キレンジャクだった。
もうナナカマドの実が僅かしか残っていないので、ここでの撮影は難しくなった。











5193> 今季2度目のイスカ

2020-01-24撮影

イスカの情報をいただいて3日目にして、やっと会えました(^_^)v
滅多にない好条件で撮影できました。

高い木の上にとまるイスカ♂。
g-イスカ♂-2020-01-24mk-M1240167

松ぼっくりを咥えたイスカ♀。
g-イスカ♀-2020-01-24mk-M1240359

低い松(ハイマツ?)にとまるイスカ♂。
g-イスカ♂-2020-01-24mk-M1240333

g-イスカ♂-2020-01-24mk-M1240582

高い松(ヨーロッパトウヒ?)にとまるイスカ♂。赤色が美しい。
g-イスカ♂-2020-01-24mk-M1240738

g-イスカ♂-2020-01-24mk-M1240774

再び低いハイマツに降りたイスカ♂。雪もちらほら。
g-イスカ♂-2020-01-24mk-P1241388

g-イスカ♂-2020-01-24mk-P1241684

g-イスカ♂-2020-01-24mk-P1241740














5189> ウソ♂

2020-01-23撮影

桂の木の上の方にウソを見つけた。しかし、撮りにくい。
そのうち飛びたった。

飛んだ方に歩いていくと、ナナカマドにいた。

g-ウソ♂-2020-01-23mk-M1230007

g-ウソ♂-2020-01-23mk-M1230012

g-ウソ♂-2020-01-23mk-M1230036

翼の背面狙いだったが、ヒヨドリの乱入で行ってしまった(^_^;)












5186> 飛び立つアカゲラ

2020-01-22撮影

ヌルデの実をたべにきたアカゲラを見つけた。
いつもの事ながら、飛び立ちを狙う。

g-アカゲラ-2020-01-22mk-M1220399

g-アカゲラ-2020-01-22mk-M1220400












5180> ウソ♀

2020-01-17撮影

ナナカマドにウソ♀が1羽いました。
g-ウソ-2020-01-17mk-M1170749
もう少し群れでやってこないかな~。

頭上を10羽ほどのイスカの群れが通過しましたが、撮れませんでした。
オジロワシも通過しましたが、証拠写真だけ(^_^;)











5179> ウソ♀

2020-01-16撮影

この日は、前日見られたギンザンマシコやイスカも何処へいってしまったのか、何もいない。
ナナカマドの実を食べに来ていたのは1羽のウソ♀だけだった。

g-ウソ♀-2020-01-16mk-M1160287

g-ウソ♀-2020-01-16mk-M1160433

なかなか期待通りにはいかないものである。













5176> オジロワシが飛ぶ

2020-01-15撮影(その3)

頭上をオジロワシが飛んだ。
f-オジロワシ-2020-01-15mk-M1156306

f-オジロワシ-2020-01-15mk-M1156261

f-オジロワシ-2020-01-15mk-M1156269

もう少し低いところを飛んでほしいものだ。












5175> イスカも!

2020-01-15撮影(その2)

ギンザンマシコを撮っていたら、イスカの情報も。
アカマツを見に行くと、上のほうに赤い鳥がいました(^_^)v

イスカ♂
g-イスカ♂-2020-01-15mk-M1150305

g-イスカ♂-2020-01-15mk-M1150876

g-イスカ♂-2020-01-15mk-M1151171


イスカ♀
g-イスカ♀-2020-01-15mk-M1150702

g-イスカ♀-2020-01-15mk-M1150713

g-イスカ♀-2020-01-15mk-M1150794

確認したのは15羽ほど。
♂♀とも飛翔も狙いましたが、ダメでした(^_^;)

翌日、リベンジに行きましたが、もう姿はありませんでした。










5172> アカゲラの飛び立ち

2020-01-13撮影

公園内には、見回り対象の木があちこちにある。
ナナカマド、カエデ類、シラカンバ、キハダ、ヌルデ、ハンノキ類、カラマツ、ヨーロッパトウヒなどなど。

この日は、ヌルデの木にアカゲラが来ていた。
撮りやすそうな枝にとまったので、飛び立ちを狙ってみた。
幸運にも少し待つと、飛びたった。
g-アカゲラ♀-2020-1-03mk-M1130114

g-アカゲラ♀-2020-1-03mk-M1130115

g-アカゲラ♀-2020-1-03mk-M1130116




<おまけ>
近くのナナカマドには、ツグミも来ていた。
g-ツグミ-2020-1-03mk-M1130010











5163> 嬉しい > フクロウくん健在

2020-01-04撮影

少し前のことですが、フクロウくんの話題。

昨年の12月にフクロウが入ったという情報があった。
しかし、地元の知り合いの誰も見ていない。
今期はもうダメかもしれないと思っていた。

ところが、この日情報があった。
この日の午後、フクロウがいたというのである。

急いで行ってみたが、やはり居ない。
洞の中にいるなら、顔を出すかもしれない。
待ったがでてこない。
最悪でも暗くなれば........。

結局、暗くなるまで待つことになった。
もの好きな3人。

洞の中かな顔を出したのは時刻は16:41。
暗くて殆ど見えなくなっていた。
f-エゾフクロウ-2020-01-04mk-M1041596

1分ほど撮影できたが、闇の中に消えた。
(ISO=6400・絞りF4・SS=1/3秒。自然光だけの撮影なので、WBオートでは色が青くなった。大幅に色補正したが少々色が不自然かも。)

個人的には、最後に見たのが昨年1月だったので、約1年ぶりになります。
感動でした。寒さに震えながら待った甲斐がありました(^_^)v

昨シーズンは、カラスに虐められて生きているかも含めて心配していましたが、戻って来てくれてほっとしました。
ただし、昨年よりも洞の中に入っている時間が長いので、別の個体と入れ替わっているかもしれない。



2020-01-06撮影
この日の最初の見回りは昼過ぎ。
しかし、洞の中に入った直後でした(^_^;)

2度目の見回りもで洞の中らしくダメ。

3度目もダメ。
時刻は15:30過ぎ。あと1時間ほどならと待とうということになった。
この日も物好きは3人(^_^;)

暗くてよく見えなくなってきた。
2日前とほぼ同じ時刻に洞の入口に現れた。
撮影を始めるが、暗い。
ISO6400・SS=1/2.5秒。ひどい写真であるが.........。
8分ほど洞の入口にとまっていた後、狩りに出かけた。
g-エゾフクロウ-2020-01-06mk-M1060712

暗いので、目が真んまる。
昼間は、こんなに丸く目を開いた写真はなかなか撮れません。
殆ど闇の中でも、撮れるものです。
今のカメラはすごいです。
上の2枚の写真は明るい時の写真に見えますが、実際には闇の中で辛うじてフクロウの位置がわかる程度の明るさです(^_^;)


その後も、フクロウは殆ど洞の中にいるようだ。日中見たという人は皆無ではないが、少ない。私もほぼ毎日確認に行っているが、まだお目にかかれない。



















5166> 久しぶりのウソ

2020-01-08撮影

鳥の姿がない日って、あります。
最初に見つけたのがアカゲラ。
その次が、シジュウカラが1羽。

その次がコレでした。
g-ウソ-2020-01-08mk-M1080061
g-ウソ-2020-01-08mk-M1080177
ウソのつがいのようでした。
近くに群れがいないか探しましたが、いませんでした。

お腹が少しピンクがかっているので、アカウソでしょうか?















5165> オジロワシ2羽

2020-01-06撮影

公園を歩いていたら、上空に1羽の猛禽。
最初はトビかと思いました。近づいてきたら今季初のオジロワシと気が付きました。
g-オジロワシ-2020-01-06mk-M1060304

撮影中2羽になりました。幸い2羽が接近してくれたので、同一視やに入れることが出来ました。
g-オジロワシ-2020-01-06mk-M1060603
右が成鳥、左が幼鳥でしょうか。


<おまけ>
アカゲラ♀が木に空いた穴に頭を突っ込んでいました。穴の入口にとまったところを1枚。
g-アカゲラ-2020-01-06mk-M1060002












5145> 良くない日もある

2019-12-11撮影


期待して出掛けたが..........

ヤマゲラの声が聞こえたが見つからず。
現れたのは、アカゲラ。飛び出しを狙ったが、枝被り(^_^;)
g-アカゲラ-2019-12-11AY-M1110159


エゾリスも現れてくれたが、林の中では撮れない。
g-エゾリス-2019-12-11AY-M1110016

クマゲラの声がしたが、見つけられなかった。
良くない日もあるな~。












5129> ウソが美しい

2019-11-22撮影

この日のもう一つの収穫はウソ。
ナナカマドの実を食べるのに夢中で、近距離から撮影できた。
確認個体は、2♂・1♀だった。

f-ウソ♂-2019-11-22mk-M1221619 f-ウソ♂-2019-11-22mk-M1221634 f-ウソ♀-2019-11-22mk-M1221845 f-ウソ♀-2019-11-22mk-M1221440



<おまけ>
ウソくんたちの横には、シメちゃんも
f-シメ-2019-11-22mk-M1221133 f-シメ-2019-11-22mk-M1221245


散策中、黒い鳥が横切りました。カラスかと思ったら、木の幹に縦にとまった。
f-クマゲラ♂-2019-11-22mk-M1220910 f-クマゲラ♂-2019-11-22mk-M1220926


スズメちゃんだって可愛い。
f-スズメ-2019-11-22edw-M1220018 f-スズメ-2019-11-22edw-M1220030












5127> ウソ今季初

2019-11-21撮影

今季初めてのウソ。公園のナナカマドで5羽確認した。♂3羽、♀2羽。このうち♂1羽はアカウソのようだった。
g-ウソ-2019-11-21mk-M1210533 g-ウソ-2019-11-21mk-M1210509 g-ウソ-2019-11-21mk-M1210559 g-ウソ-2019-11-21mk-M1210406

ウソ♂のグレー・黒・淡いピンクの配色は、控えめで好きである。
しかし、嘴の周りににつけているナナカマドの実にはちょっと興覚め(^_^;)











tag : ウソ アカウソ

5110> コゲラ(亜種エゾコゲラ)

2019-11-01撮影

イマイチの天気だったが、初めてハヤブサのポイントに行ってみた。
駐車場の位置と生息場所がだいたい判った。

コゲラくんが目の前に飛んできて、相手をしてくれた。
g-エゾコゲラ-2019-11-01藻南-M1010925

g-エゾコゲラ-2019-11-01藻南-M1010948

コゲラは、悪戯っ子のような感じが何とも言えない。
ついついカメラを向けてしまう。

公園内を一回りしてみたが、ハヤブサの姿はなし。
青空の時に、また行ってみたい。




















5107> アトリくんたち

2019-10-29撮影

風が強くて、鳥の姿はほとんどなし。
エゾリスやキタキツネも出てこない。
敷地内を一回りしたが、何もいない。
駐車場付近まで、戻った時、カメラマンが低い位置を狙っている!

見るとアトリだった。ケヤキの幹についている無数の虫の死骸をたべているようだ。
早速参戦。食べるのに夢中で、近づいても逃げない。
g-アトリ-2019-10-29森林総研-M1290126g-アトリ-2019-10-29森林総研-M1290158
g-アトリ-2019-10-29森林総研-M1290359
g-アトリ-2019-10-29森林総研-M1290446
g-アトリ-2019-10-29森林総研-M1290486

g-アトリd-2019-10-29森林総研-M1290577g-アトリc-2019-10-29森林総研-M1290576
g-アトリb-2019-10-29森林総研-M1290575g-アトリa-2019-10-29森林総研-M1290574
飛び立ちを狙ったが、ちょっと甘い。再トライのチャンスはなかった(^_^;)













5105> 久しぶりのアメリカヒドリ

2019-10-27撮影

以前から気になっていた長都沼に行きました。
オオハクチョウが沢山。
f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270082f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270088f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270187f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270068


ヒドリガモ沢山、マガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オオバン、バンなどがいました。
珍しい野鳥はいない。と、思ったらヒドリガモに混じってアメリカヒドリが1羽いた。
なかなか見られない鳥です。
f-アメリカヒドリ-2019-10-27長都沼-M1270158
後で撮りなおそうと思っていたら、見失ってしまった(^_^;)















tag : オオハクチョウ アメリカヒドリ

5101> アトリなど

2019-10-24撮影

今季初のアトリ。
10羽ほどが、ケヤキに来ていた。
e-アトリ-2019-10-24森林総研-M1241836e-アトリ-2019-10-24森林総研-M1241933
なかなか下に降りてくれない(^_^;)


メジロも、マユミ、マンサクやムラサキシキブの実を食べにきていた。
e-メジロ-2019-10-24森林総研-M1241428e-メジロ-2019-10-24森林総研-M1242158
e-メジロ-2019-10-24森林総研-M1242111e-メジロ-2019-10-24森林総研-M1242007
なかなか思うように撮れず(^_^;)












5098> ウグイスも水浴び

2019-10-23撮影

カラ類の水浴びを撮っていたら、ウグイスがやってきた。
なかなか撮りにくいウグイスであるが、絶好のチャンスをもらった。
f-ウグイス-2019-10-23支笏湖-M1231179f-ウグイス-2019-10-23支笏湖-M1231208
f-ウグイス-2019-10-23支笏湖-M1231189

f-ウグイス-2019-10-23支笏湖-M1231360g-ウグイス-2019-10-23支笏湖-M1231361
f-ウグイス-2019-10-23支笏湖-M1231236












5090> 宮島沼へ(その1)

2019-10-17撮影
宮島沼

BLOGに場所は書くべきではないと思いますが、今回は有名な場所ですから特別に書きます。

本来なら、10日くらい早く行くべきでしたが、この日になってしまいました。
マガンの数は随分減っているとの情報でした。

自宅を出発して約1時間40分、9時50分ころ、宮島沼に着きました。
この時間帯だと、マガンたちは餌場にお出かけ中かもしれないと思いましたが、結構いました。
ただし、オオヒシクイが目立っていました。あとは、マガン少しとカモ類か。距離があるので、確認は難しい。
やっぱりスコープで確認が必要です。
f-オオヒシクイ-2019-10-17宮島沼-M1172294

時々飛び立ってはまた戻ってきているようでした。
f-オオヒシクイ-2019-10-17宮島沼-M1171852














プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示