FC2ブログ

4987> カイツブリが水面を走る

2019-06-25撮影

水面でカイツブリの鳴き声が聞こえる。
3羽。追いかけっこしたり。
喧嘩してるのか?
判らない。

見ると、1羽のカイツブリが飛び立とうとしている。
水面に足でけった後が残ていて面白い。

カイツブリ-2019-06-25no-M1250290




<おまけ>
蝶の少ない日だった(^_^;)
スジグロシロチョウ♀
スジグロシロチョウ♀A-2019-06-25no-M1250539 スジグロシロチョウ♀B-2019-06-25no-M1250500

小さなスジクワガタ
スジクワガタ17mm-2019-06-25no-P1400202

カタクリハムシ
カタクリハムシ-2019-06-25no-P1400207

オバボタル
オバボタル-2019-06-25no-P1400215

ウスジロトガリバ
ウスジロトガリバ-2019-06-25no-M1250595

モノサシトンボ♀
未同定イトトンボ-2019-06-25no-M1250464











スポンサーサイト



4980> キビタキが囀る

2019-06-18撮影

キビタキの囀りをきくと足が止まる。
キビタキ-2019-06-18mk-M1180881 キビタキ-2019-06-18mk-M1180932



<おまけ1> 蛾たち

シャクガの一種と思う。何度も見ている気がするが名前がでてこない(^_^;)
未同定-2019-06-18mk-M1180537

お馴染みのアカジママドガ
アカジママドガ-2019-06-18mk-M1180514

カバフオオフサキバガ
カバオオフサキバガ-2019-06-18mk-Tg584001

コナミスジヒメハマキかな?
コナミスジキヒメハマキ -2019-06-18mk-Tg584009

ヒメキホソバ
ヒメキホソバ -2019-06-18mk-Tg584006

ミダレカクモンハマキ
ミダレカクモンハマキ-2019-06-18mk-Tg583992



<おまけ2> 植物
少しづつだが、植物のお勉強........

ブタナ(タンポポモドキ):首のえらく長いタンポポ
ブタナ-2019-06-18mk-Tg584029 ブタナ-2019-06-18mk-Tg584027

コウリンタンポポ
コウリンタンポポ-2019-06-18mk-Tg584026 コウリンタンポポ-2019-06-18mk-Tg584025



<おまけ3>
カメムシの幼生だと思うけれど、名前がでてこない。調査中。
未同定カメムシ-2019-06-18mk-Tg584017









4942> カワガラスの幼鳥

2019年5月2日撮影

カワガラスといえば、模様なしのこげ茶色だが、幼鳥には少し模様がある。
カワガラス-2019-05-02mk-M1021054 カワガラス-2019-05-02mk-M1021216

カワガラス-2019-05-02mk-M1021364 カワガラス-2019-05-02mk-M1021392

カワガラス-2019-05-02mk-M1021413

<おまけ1>
ウグイス。
ウグイス-2019-05-02mk-M1021559 ウグイス-2019-05-02mk-M1021503

ウグイス-2019-05-02mk-M1021529

<おまけ2>
オオモンシロチョウ♀
飛んでいるとモンシロチョウに見えるが、少し大きい。
幸いいタンポポにとまってくれた。
e-オオモンシロチョウ♀A-2019-05-02mk-M1021320 e-オオモンシロチョウ♀B-2019-05-02mk-M1021323










4930> ゴジュウカラ営巣

2019年4月19日撮影

アカゲラの営巣場所になるのを期待していた穴はゴジュウカラ営巣場所になったらしい。
ゴジュウカラ-2019-04-19mk-M1190005 ゴジュウカラ-2019-04-19mk-M1190083
ゴジュウカラ-2019-04-19mk-M1190111
ちょっと残念な気持ちもあるが、楽しみが増えたともいえる。

実は他に4か所ほど、ヤマゲラ、オオアカゲラなどが穴に入る場面をみていた。しかし、その後の個体の動きは無いので営巣場所に選ばれなかったようだ。

<おまけ>
フクジュソウとエゾエンゴサク
フクジュソウ-2019-04-19mk-M1191362 e-エゾエンゴサク-2019-04-19mk-Tg591649









4920> キクイタダキのつがいか?

2019年4月11日撮影

思いがけない遭遇はあるものだ。

散策中、針葉樹にカメラを向けている!
キクイタダキに違いない。
早速、一緒に撮らせていただいた。

撮影は苦戦の連続、シャッターを押す寸前に移動してしまう。
それでも数打ちゃ当たることも。
キクイタダキ-2019-04-11mk-M1110452
この角度は珍しい。

キクイタダキ-2019-04-11mk-M1110719
シャープに撮れたが、頭の黄色が少ししか見えない。

キクイタダキ-2019-04-11mk-M1110724
背面が撮れたが、背景がうるさくて、顔の向きが悪い(^_^;)

キクイタダキ-2019-04-11mk-M1110887
背景は綺麗に抜けたが、顔の向きに不満が........。

大満足とはいかないけれど、楽しめた。











4918> キバシリくん

2019年4月10日撮影

近ごろは、ヤマセミの出が悪い(^_^;)
それでも何かしら面白い出来事がある。
この日は、キバシリが近くで撮れた。

キバシリ-2019-04-10mk-M1100706
距離が近いのでクリアーな写真になった。

キバシリ-2019-04-10mk-M1100948
珍しく、正面顔が撮れた。

キバシリ-2019-04-10mk-M1100965
更にふり向きも撮れた。
背中が幹と同じような色でるため地味な印象が強いが、決してそんなことはない様だ。


<おまけ> コゲラくん
コゲラ-2019-04-10mk-M1100248
地面の枯れえたにコゲラ、2mほどの距離。そっとカメラを向けて撮影。

コゲラ-2019-04-10mk-M1100027
直ぐ上のシラカバにとまった。
この直後の飛び出しを狙ったが失敗(^_^;)









4909> キクイタダキ激写

2019年4月3日撮影

ヤマセミは不在。

散策を始める。
友人たちが、針葉樹にカメラを向けている。
これはキクイタダキ!?
予想通りだった。
数羽のキクイタダキがトドマツに絡んでいる。
早速、撮影開始。

動き回るキクイタダキを必死にファインダーの中心に入れる。
中心に入ったら、とにかく連写。
設定は♥連鎖L(18コマ/秒)、C-AF。視野の中心にフォーカスが合うはず。
キクイタダキ-2019-04-03mk-M1031134 キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030071

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030079 キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030289

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030362 キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030396

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030452

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030463 キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030540

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030611 キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030641

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030678

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030727 キクイタダキ-2019-04-03mk-M1030890

キクイタダキ-2019-04-03mk-M1031070

これまでで一番いい条件で撮影できた。
1000枚くらいは撮っただろうか。
ホバリングはピンボケだったが、まあ、上出来だろう













4902> キバシリくん

2019年3月28日撮影

カラ類を撮影していたら、目の前にキバシリがやってきた。
キバシリ-2019-03-28mk-M1280347

キバシリ-2019-03-28mk-M1280255 キバシリ-2019-03-28mk-M1280256 キバシリ-2019-03-28mk-M1280257
3枚目の拡大:SS=1/2000だったが、ブレている。
キバシリ-2019-03-28mk-M1280257
キバシリと言えば、幹を這うように動き回る地味な小鳥と思ってきたが、意外にも、こんなに綺麗な鳥だった。次回は、SSを速くしてクリアーなショットを撮りたい。

<おまけ>:トビ
トビ-2019-03-28mk-M1280103









4895> キバシリほか

2019年3月22日撮影

この日も、ヤマセミの飛来を待つが、いつまでたってもやって来ない。

近くにやってきたのは、キバシリ。観察を続けていると、確り虫を捕っていた。
キバシリ-2019-03-22mk-M1220059

キバシリ-2019-03-22mk-M1220065
時々とり逃していることもあった。

<おまけ1> どこかに行ってしまったと思っていたマヒワ。まだ、4羽いた。
マヒワ-2019-03-22mk-M1220188

<おまけ2> 最近見かけないと思っていたシマエナガ。
シマエナガ-2019-03-22mk-M1220150
シマエナガ-2019-03-22mk-M1220243 シマエナガ-2019-03-22mk-M1220411 シマエナガ-2019-03-22mk-M1220464
シマエナガ-2019-03-22mk-M1220045
4~5羽確認したが、低い位置に降りてくることはなく、満足な写真は撮れなかった(^_^;)











4894> カワアイサが魚を捕る

2019年3月20日撮影

ヤマセミの飛来を待ちましたが、やってきません。
そこへ、2羽のカワアイサが飛んできました。
カワアイサが魚を捕るところを狙ってみました。

カワアイサは、水に潜って魚を捕ります。しかし................。
カワアイサ-2019-03-20mk-M1200836 カワアイサ-2019-03-20mk-M1200887

♀がパタパタ。
カワアイサ-2019-03-20mk-M1200819

カワアイサ-2019-03-20mk-M1200864

カワアイサ-2019-03-20mk-M1200887 カワアイサ-2019-03-20mk-M1200970
♀が水面に平になっているのは交尾の姿勢らしいのですが、♂は何ら反応しませんでした。

カワアイサ-2019-03-20mk-M1200789 カワアイサ-2019-03-20mk-M1200795
頻繁に潜って魚を捕ろうとしていましたが、意外にも魚を捕るのは容易ではないらしい。

カワアイサ-2019-03-20mk-M1201024
やっと魚を捕りました。
しかし、甘い写真になりました。
残念。再トライします(^_^;)

<おまけ>:ハシブトガラ
ハシブトガラ-2019-03-20 MK-M1200086 ハシブトガラ-2019-03-20 MK-M1200127 ハシブトガラ-2019-03-20 MK-M1200131










4893> キバシリくん

2019年3月19日撮影

この日は、ヤマセミの飛来は無かった。
相手をしてくれたのは、キバシリくんだけ。

キバシリがカラマツの幹を登りながら、何かを食べている。
キバシリ-2019-03-19mk-M1190145
何か虫を咥えている。

キバシリ-2019-03-19mk-M1190199
咥えているのは蜘蛛だろうか。

キバシリ-2019-03-19mk-M1190229

幹の色と似ているので目立たないが、面白い鳥である。











4892> カワアイサ

2019年3月18日撮影

カワアイサの♂と♀がやってきたので、なるべく2羽が並んだところを狙ってみた。
カワアイサ-2019-03-18mk-M1180304 カワアイサ-2019-03-18mk-M1180324
カワアイサ-2019-03-18mk-M1180369 カワアイサ-2019-03-18mk-M1180389
カワアイサ-2019-03-18mk-M1180410 カワアイサ-2019-03-18mk-M1180429
カワアイサ-2019-03-18mk-M1180540










4882> キバシリくん

2019年3月8日撮影

時々出会うキバシリ。
ちょこまか動き回るので撮影しにくい(^_^;)
この日は、たまたま飛翔が撮れた。
キバシリ-2019-03-11mk-M1081994 キバシリ-2019-03-11mk-M1081995

2019年3月12日撮影
キバシリ-2019-03-12mk-M1122253








4869> カワアイサ♂+♀

2019年2月26日撮影

ヤマサミが飛び込むのを待っていると、2羽のカワアイサがやってきた。
何と1羽は♂。♂は今季初!
嬉しくなって激写、激写!

カワアイサ-2019-02-26mk-M1263025 カワアイサ-2019-02-26mk-M1263034
カワアイサ-2019-02-26mk-M1263061 カワアイサ-2019-02-26mk-M1263082
カワアイサ-2019-02-26mk-M1263276 カワアイサ-2019-02-26mk-M1262875
カワアイサ-2019-02-26mk-M1262998
有難いことに距離が近い。
これまでカワアイサは、遠くからの撮影だけだったので嬉しい出会いになった。

<おまけ1> ツグミ
ツグミ-2019-02-26mk-M1260957 ツグミ-2019-02-26mk-M1260971 ツグミ-2019-02-26mk-M1261011

<おまけ2> ヤマガラの飛翔連写
ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260771 ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260772 ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260773
ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260774 ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260775 ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260776
ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260777 ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260778 ヤマガラ-2019-02-26mk-M1260779


















4859> カワアイサのパタパタ

2019年2月20日撮影

ヤマセミは、この日もやって来ない。
相手をしてくれるのは、時々姿を見せるカワガラス、ハクセキレイ、カワアイサ、マガモくらいだろうか。

という訳で、カワアイサ。パタパタのサービスがあった。

カワアイサ-2019-02-20mk-M1200296 カワアイサ-2019-02-20mk-M1200297 カワアイサ-2019-02-20mk-M1200302
何故かここでは♂の姿を見ていない。

<おまけ> カラスの行水と飛び立ち
ハシボソガラス-2019-02-20mk-M1201220 ハシボソガラス-2019-02-20mk-M1201221
ハシボソガラス-2019-02-20mk-M1201126 ハシボソガラス-2019-02-20mk-M1201150
ハシボソガラス-2019-02-20mk-M1201172 ハシボソガラス-2019-02-20mk-M1201173
確かに行水は一瞬だった(^_^;)











4847> キバシリが水浴び

2019年2月11日撮影

水場に何かいないかと........。
一見いないようだったが、鳥の声!
ヤマガラが降りた。手前の枝が被って撮りにくい。
ヤマガラ-2019-02-11mk-M1110385 ヤマガラ-2019-02-11mk-M1110401 ヤマガラ-2019-02-11mk-M1110404

もう一羽いることに気がついた。後姿が見えたが何か判らない。
横顔が見えてキバシリと判った。
キバシリ-2019-02-11mk-M1110525 キバシリ-2019-02-11mk-M1110548 キバシリ-2019-02-11mk-M1110560
もっとじっくり撮影したいところだったが、飛ばれてしまった(^_^;)
幸いにもすぐ近くの樹の幹にとまった。そして羽繕い。
キバシリ-2019-02-11mk-M1110575 キバシリ-2019-02-11mk-M1110714 キバシリ-2019-02-11mk-M1110720
キバシリ-2019-02-11mk-M1110822 キバシリ-2019-02-11mk-M1110890
風切の模様が美しい。背中のキツネ色の部分も撮れた。
これまでキバシリは、地味で魅力に欠ける鳥と思っていたが、なかなかセンスのあるデザインで魅力的だ。
やはり野鳥は、羽を広げてるところを撮りたい。








4845> カワガラスに遊んでもらう

2019年2月9日撮影

2月5日にヤマセミを撮影して以来、まだ見ていない。
2月6日は昼過ぎまでは居たらしいが、既に飛び去った後だった。
2月7日、2月8日は、16:00まで待ったが飛来しなかった。
そして、2月9日も。4日連続の空振りとなった。

そんな訳で、カワガラスくんが遊び相手になった。
カワガラスは、忙しく水に潜っては顔を出す。真っ黒でいまひとつ綺麗とは言い難いが、その動きはお茶目で魅力的。
もっと綺麗なら、間違いなく人気者になるはず。

まずは、氷の上に乗ったので、飛び立ちを狙う。
ProCapLモードに設定。18コマ/秒でAF追従のはず。
幸いファインダーでとらえて間もなく飛び立った。
以下連続の6コマ:
カワガラス-2019-02-09mk-M1090022 カワガラス-2019-02-09mk-M1090023 カワガラス-2019-02-09mk-M1090024
カワガラス-2019-02-09mk-M1090025 カワガラス-2019-02-09mk-M1090026 カワガラス-2019-02-09mk-M1090027

次の飛び立ちを狙ったが、演技拒否。
仕方なく氷の上でちょっと翅を開きかけたり、冷たい水に潜ったりの様子を撮ることになった。
カワガラス-2019-02-09mk-M1090184 カワガラス-2019-02-09mk-M1090048 カワガラス-2019-02-09mk-M1090146
カワガラス-2019-02-09mk-M1090113 カワガラス-2019-02-09mk-M1090095 カワガラス-2019-02-09mk-M1090100

最後の2枚は、まるでオットセイ。
この後、ProCapHモードで60コマ/秒を試そうと思ったが、下流に行ってしまった。


<おまけ> 2/4撮影
手前の一羽の飛翔を狙っていたら、もう一羽が視野の中に入った。
カワガラス-2019-02-04mk-M1047773 カワガラス-2019-02-04mk-M1047776
奥の一羽も飛ぶところが撮れた。ラッキーなショットだけれど、もう少しクリアーに撮れていたらなぁ........。









4839> ゴジュウカラの飛び出し

2019年2月3日撮影

ゴジュウカラが枯れ枝の先まで進んだ。
飛び出すと思ったので、カメラを構える。

ゴジュウカラ-2019-02-03mk-M1036881 ゴジュウカラ-2019-02-03mk-M1036882
ゴジュウカラ-2019-02-03mk-M1036883 ゴジュウカラ-2019-02-03mk-M1036884

SSが1/1250になっていた。
被写体ブレがでてしまった。1/1600か1/2000にしておきたかった。













4838> カワガラスくん

2019年2月3日撮影

ヤマセミ待ち。
なかなかやって来ない。
暇なのでカワガラスに遊んでもらう。

突然のエンゼルポーズ。羽が小さい?
カワガラス-2019-02-03mk-M1037598

飛翔撮影は後姿。羽が綺麗だが顔が写ってない......。
カワガラス-2019-02-03mk-M1037631











4836> コゲラくん

2019年2月1日撮影

シマエナガを待つ間、コゲラくんの飛翔を狙ってみた。
なかなか望む方向に飛んでくれず苦戦の連続だった。

<その1> 顔が良く見えない。
コゲラ-2019-02-01mk-M1014985 コゲラ-2019-02-01mk-M1014987

<その2> こちらも顔が写っていない(^_^;)
コゲラ-2019-02-01mk-M1015184 コゲラ-2019-02-01mk-M1015185
コゲラ-2019-02-01mk-M1015186 コゲラ-2019-02-01mk-M1015187
コゲラ-2019-02-01mk-M1015188 コゲラ-2019-02-01mk-M1015189

<その3>
カラマツの幹にとまった個体は飛びそうで飛ばずの連続で、半押しのままの待機が長くなり、飛翔が撮れないまま1個目のバッテリーがあっという間に無くなった。
コゲラ-2019-02-01mk-M1015350 コゲラ-2019-02-01mk-M1015356

チャンスは、少なくないので近日中にリベンジしたい。










4832> カワガラスが遊んでくれた

2019年1月27日撮影

ヤマセミくんがやってこない(^_^;)
待ちぼうけの一日も、カワガラスくんが遊び相手になってくれる。

カワガラス-2019-01-27mk-M1273350 カワガラス-2019-01-27mk-M1273349 カワガラス-2019-01-27mk-M1273348
カワガラス-2019-01-27mk-M1273353 カワガラス-2019-01-27mk-M1273352 カワガラス-2019-01-27mk-M1273351
カワガラス-2019-01-27mk-M1273356 カワガラス-2019-01-27mk-M1273355 カワガラス-2019-01-27mk-M1273354
カワガラス-2019-01-27mk-M1273359 カワガラス-2019-01-27mk-M1273358 カワガラス-2019-01-27mk-M1273357

シャッタースピードをもう少し速くしたかった。
それと、もう少し近距離で撮影したい。









4817> キクイタダキ。動きが早い(^_^;)

2019年1月16日撮影

小さい鳥は、動きが早くてなかなか上手く撮れません。

カラマツに小さな鳥が絡まるように動き回っている。

ヒガラでした。なかなか手強い。カメラを向けてもすぐ移動。
イライラしながらも連写を続ける。
辛うじて撮れたのがこの2枚(^_^;)

ヒガラ-2019-01-16mk-M1168182 ヒガラ-2019-01-16mk-M1168280

ヒガラが隣の木に移動した。
見失ったが、見つかった!
しかし、キクイタダキと入替わっていた。まともや必死に連写。1000枚くらい撮っただろうか。
キクイタダキ-2019-01-16mk-M1168749 キクイタダキ-2019-01-16mk-M1168862 キクイタダキ-2019-01-16mk-M1168891
キクイタダキ-2019-01-16mk-M1168506 キクイタダキ-2019-01-16mk-M1168562 キクイタダキ-2019-01-16mk-M1168661
ピンボケ、フレームアウトの連続。歩留まりは1%にも届いていない(^_^;)

<おまけ>
時間になったのでヤマセミのポイントに行ったが、この日もヤマセミは来なかった。
目の前にいたマガモのペアを撮って撤収になった。
マガモのカップル-2019-01-16mk-M1169332
なかなか同時に首をあげてくれないので、ここでも苦戦した。









4805> 久し振りにキバシリ

キバシリに出会うのは本当に久しぶり。
樹の幹を這いまわるので背中の写真ばかり。
幹の横に回ってチャンスと思ったら、シャッターを押そうとする瞬間に幹の裏側に隠れてしまう。

今回も300枚ほど撮ったけれど........同じ様な写真になってしまった。
キバシリ-2019-01-03mk-M1m28402 キバシリ-2019-01-03mk-M1m28410 キバシリ-2019-01-03mk-M1m28416
キバシリ-2019-01-03mk-M1m28513 キバシリ-2019-01-03mk-M1m28517 キバシリ-2019-01-03mk-M1m28550
キバシリ-2019-01-03mk-M1m28559 キバシリ-2019-01-03mk-M1m28718

それでも、久し振りのキバシリは嬉しい。















4803> カワアイサ♀かな

2019年元旦撮影:

なんだか鳥がいない。公園を一回りして、見かけたのがヒヨドリとハシブトガラスだけ(^_^;)

何やら、カメラマンが数人。上を向いている。
急いで近づくもカメラが異常。
電源スイッチを入れ直し、バッテリーを入れ直し、一旦レンズを外してみる、...........ダメ(^_^;)

レンズキャップをしたままでした(^_^;)
そういえば、まだ1枚も撮ってない。

シマエナガが数羽いたらしいけれど、カメラの故障ではないことが判ったときにはもう遅かった。
とぼとぼとヤマセミのポイントに行く。
しかしヤマセミも居ない。

ふと見ると水鳥が雪の上にいる!
近づいても逃げない。
カワアイサ♀だ。
足まで写せるチャンスはあまりないので、絶好のチャンス。

頭が痒いのか、首を捻ったポーズをとってくれる。
カワアイサ♀-2019-01-01mk-M1m27759 カワアイサ♀-2019-01-01mk-M1m27761 カワアイサ♀-2019-01-01mk-M1m27765

髪型が素晴らしい。
カワアイサ♀-2019-01-01mk-M1m27768 カワアイサ♀-2019-01-01mk-M1m27750










4802> 野鳥たち

今年の札幌、野鳥が少ないように思う。
それでも贅沢を言わなければ、毎回それなりの収穫がある。

アカゲラ-2018-12-28my-M1m26618 ゴジュウカラ-2018-12-28my-M1m26785 ゴジュウカラ-2018-12-28my-M1m26781

ハシブトガラ-2018-12-28my-M1m26829 ミソサザイ-2018-12-28my-M1m26903

<end>



(12/28撮影)








4797> カワガラス

カワガラスは、ほぼ真っ黒なので、AFが合いずらい。
今回は幾分近距離だったので、幾分良好。

カワガラスb-2018-12-24jg-M1m21898

カワガラスb-2018-12-24jg-M1m21955

カワガラスb-2018-12-24jg-M1m21999

カワガラスb-2018-12-24jg-M1m22145

カワガラスb-2018-12-24jg-M1m22245

(12/24撮影)









4794> クマゲラくんのサービス

12/20近くの森を歩く。

色々な野鳥が見られることを期待して歩くけれど、何もいない。
ヒヨドリの声が聞こえる程度。

途中で出会った方に、さっきクマゲラがいたという場所を教えていただいた。
まだ居るかもしれないというので、行ってみることに。

途中、ミソザザイらしき小鳥がいたが、撮影のチャンスはなかった。
その後も、何度かミソらしきが現れた。
尾羽を上げているのを見たので、ミソで良さそう。

暫く進むと先ほどの方に再会。クマゲラのいたという場所に案内していただいた。
感謝です。

居ました!
林の奥、木の隙間から黒ものが動いている。
まずは証拠写真。

次に少しずつ近づいてみることに。
逃げない(^_^)
針葉樹の皮を剥がす作業に夢中だった。
トリミング不要の位置まで接近したが、作業を続けている。


結局、撮影は45分間で打ち切った。
クマゲラ-2018-12-20NO-M1m29692 クマゲラ-2018-12-20NO-M1m29806 クマゲラ-2018-12-20NO-M1m29898 クマゲラ-2018-12-20NO-M1m20142









4791> 久し振りのキクイタダキ

12/17撮影

ヤマセミのポイントに行ったが、ヤマセミの姿はない。
移動中にカワガラスを見つけた。
カワガラス-2018-12-17-MK公園-M1m28254 カワガラス-2018-12-17-MK公園-M1m28366

次にカラマツにやってくるカラ類を狙う。
ヒガラ-2018-12-17-MK公園-M1m28671 ヒガラ-2018-12-17-MK公園-M1m28699
ハシブトガラ、ヒガラを撮っていたら、視野に小さくて動き回る小鳥が入った。
キクイタダキ-2018-12-17-MK公園-M1m28933 シマエナガ-2018-12-17-MK公園-M1m28852
キクイタダキは、必死に撮ったがピンボケや顔なし写真ばかりになった。エナガもやって来た。







4788> 札幌の野鳥:カワアイサ・ヤマゲラ・エゾフクロウ

野鳥探しもなかなか狙った出会いが無い。
ヤマセミくんはやってこなかった。

ヤマセミくんを待っていると、カワアイサ♀が2つ。
カワアイサ-2018-12-15MK-M1m25956 カワアイサ-2018-12-15MK-M1m25902

エゾフクロウくんはいました。
エゾフクロウ-2018-12-15MK-M1m26063

早めに切り上げて、買い物に。
引き上げる途中、ヤマゲラがいた。
ヤマゲラ-2018-12-15MK-M1m26169

スーパーに行く途中の橋の上でヤマセミと出会った。
カメラは仕舞った後(^_^;)

(12/15撮影)









4754> 石垣島滞在(23):カンムリワシ

カンムリワシも良く見かける。
比較逃げないので撮りやすいかも。

車で林道を進んでいると、飛び立った後姿をよく見る。
幸い近くの枝にとまると撮影できる。

この時は、歩いているときに見つけた。光が強すぎてイマイチな写真になった。
カンムリワシ-2018-05-28於茂登-M1m27851

その後は撮影チャンスは無かったが、ある日林道を歩いているとカラスに虐められている鳥を見つけた。
カンムリワシ-2018-06-04屋良部-M1m20992

気の毒なほど、羽がボロボロ。
拡大してみると、目が怯えている。
気の毒なカンムリワシくんだった。







プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.2版):掲載写真枚数:3,804枚。成チョウ:309種、卵:175種、幼虫:186種、蛹:161種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示