FC2ブログ

5106> タンチョウが2羽

2019-10-27撮影

長都沼の次は舞鶴遊水地。
ここにもオオハクチョウが沢山。
オオヒシクイも沢山。
f-オオヒシクイ-2019-10-27舞鶴遊水地-M1270208f-オオヒシクイ-2019-10-27舞鶴遊水地-M1270352
f-オオヒシクイ-2019-10-27舞鶴遊水地-M1270241



タンチョウは遊水地の東側にいるとの情報で見にいくことにした。
遊水地の東側に進んでいくが、タンチョウの姿はない。
先に進んでいくと、車が1台とまっている。
その車とすれ違ったあたりで2羽のタンチョウがいた。
藪のなかなので、見えたり見えなくなったり。
辛うじて証拠写真だけ。
f-タンチョウ-2019-10-27舞鶴遊水地-M1270412












スポンサーサイト



5064> ツメナガセキレイ

2019-09-10撮影(その6)

ここでツメナガセキレイに会えるとは思っていなかった。

昼頃到着すると、朝ツメナガセキレイがいたと聞いた。
ハクセキレイは、沢山みられたが、見つからない。

もう16:30を過ぎていた。カメラマンが何かを撮っている。
聞いてみると、ツメナガセキレイだという。

何とか証拠写真が撮れた。
g-ツメナガセキレイ-2019-09-10is-M1102602g-ツメナガセキレイ-2019-09-10is-M1102704



続いて、ヒバリシギがいると教えていただいた。
距離は150mくらいあるだろうか。
証拠だけ(^_^;)
f-ヒバリシギ-2019-09-10is-M1103188f-ヒバリシギ-2019-09-10is-M1103228
f-ヒバリシギ-2019-09-10is-M1103242f-ヒバリシギ-2019-09-10is-M1103158
それらしいのが2羽見えた。距離が遠すぎて良くわからないがヒバリシギらしい。











tag : ツメナガセキレイ ヒバリシギ

5063> タカブシギとタシギ

2019-09-10撮影(その5)

タカブシギ
g-タカブシギ-2019-09-10is-M1100736g-タカブシギ-2019-09-10is-M1101479
g-タカブシギ-2019-09-10is-M1100300

タシギ
g-タシギ-2019-09-10is-M1100238g-タシギ-2019-09-10is-M1101064

タシギといえば、田んぼの脇にいる感じだけれど、こんな環境にも居るには意外だった。











tag : タカブシギ タシギ

5054> タカブシギ

2019-09-05撮影

久しぶりに小樽に行ってきた。
港では、オオセグロカモメとウミネコが沢山。
f-オオセグロカモメ-2019-09-05小樽-M1050145f-オオセグロカモメ-2019-09-05小樽-M1050270
f-オオセグロカモメ-2019-09-05小樽-M1050500f-ウミネコ-2019-09-05小樽-M1050293


そんな中に小さなシギが混じっていた。
タカブシギと思われます。
f-タカブシギ-2019-09-05小樽-M1050159f-タカブシギ-2019-09-05小樽-M1050164
f-タカブシギ-2019-09-05小樽-M1050228f-タカブシギ-2019-09-05小樽-M1050363
f-タカブシギ-2019-09-05小樽-M1050129











5052> 石狩灯台にてシギ

2019-09-03撮影

久しぶりに石狩の灯台に行ってきた。
少し風があったが、天気は晴れ。

チョウが沢山飛んでいることを期待したが、2時間ほどの散策でモンキチョウ1、キアゲハ1、ツバメシジミ5つ、他に白いチョウが若干数だけ(^_^;)

カワラヒワは沢山いたが、敏感な個体が飛ぶと、みんな行ってしまう。

浜にでると、シギが1つ。よくわからないが、嘴が長めなのでハマシギのようだ。
f-ハマシギ-2019-09-03IK-M1030062f-ハマシギ-2019-09-03IK-M1030121

更に進んでいくと、1羽だけだが小さなシギがいた。小さいのでトウネンと思われる。
f-トウネン-2019-09-03石狩-M1030482f-トウネン-2019-09-03石狩-M1030594
f-トウネン-2019-09-03石狩-M1030644f-トウネン-2019-09-03石狩-M1030847

1羽だけだと、トウネンかミユビシギか迷う。ミユビシギは一回り大きいので、この2種が混じっていればすぐに違いが判るが、1羽だとつらい。ネットを調べてみると、迷うのは私だけではないことがわかった。











tag : トウネン ハマシギ

4830> ツグミちゃん

2019年1月26日撮影

今年は、ツグミが少ない。従って、異例の好待遇。
飛翔を狙ってみた。

ツグミ-2019-01-26mk-M1262407

ツグミ-2019-01-26mk-M1262409

若干ピン甘orブレだが、背景の抜けもいいので悪くない。









4525> 雪の中のトラちゃん(札幌)

公園の中を歩いていくと、カメラマン発見。
聞いてみると、トラツグミを待っているとのこと。
次の場所に移動しようと思ったら、目の前にトラちゃんが出てきた。

関東では、トラツグミはたいてい地べたで、背景がスッキリ抜けた写真はなかなか撮れない。
目の前のトラは枝どまり。早速カメラを用意する。

随分撮ったけど、後で見てみるとピンボケが多い(^_^;)
トラツグミ-2017-01-18真駒内-Omd06012

トラツグミ-2017-01-18真駒内-Omd05860

これもナナカマドかな?
空気の冷たさが伝わるだろうか......。




4577> ツミくん

ツミは、これまであまり撮影していない。
営巣中の情報があったので、今年は雛と一緒に撮影したいと思っていた。
なんとなくタイミングが合わず先延ばしになってしまっていた。
聞くところによるともう巣立っているかもしれないという話。
雨の日が続いて、さらに日にちがたってしまった。

この日、やっと重い腰を上げた。
現地に着いたが、誰もいない。やっぱダメか。

ところが、現場で作業をされている方が話しかけてくれた。
もう巣立ったけど、別の場所で見かけたとのこと。
早速その場所に移動。
オナガが数羽いるだけ......。

そのとき、鳴き声が!
見上げると猛禽が飛び去った。

周りを捜し歩いていると、大きめの鳥が目に入った。近くにとまった。ファインダーで覗くと。
ツミのようだ。何かを食べている。
こちらに気づいているようだが、食事に忙しく、近寄っても飛ばない。

ツミ-2016-06-26-Omd01695

ツミ-2016-06-26-Omd01756

ツミ-2016-06-26-Omd01823

ツミ-2016-06-26-Omd02012

ツミ-2016-06-26-Omd02105

胸元に縦斑があるので幼鳥らしい。
来年は2~3週間早く観察したい。

6月26撮影

4570> トビくん営巣

我が家のベランダから見える位置にトビが営巣した。

この日(5/16)、雛が見えるところに出ていたので親子を撮影することができた。
トビ親子-2016-05-16能見台東-OMD00054

100mほど距離があるがこちらを見ている。きっと向こうからははっきり見えているのだろう。
手があるように見えるのは何だろう。
トビ親子-2016-05-16能見台東-OMD00206

トビ親子-2016-05-16能見台東-OMD00218

トビ親子-2016-05-16能見台東-OMD00256

トビ親子-2016-05-16能見台東-OMD00275

この後、毎朝のトビの観察が女房の日課になった。

後でわかったのだけれど、雛は2羽いた。
今日あたりから、雛が見当たらない。巣立ったのだろうか?




4532> タゲリを見に行く(神奈川県)

2016-02-12撮影
久しぶりにタゲリを見に行ってきた。
なかなか見つからない。
もう移動したのかと思い始めたころ現れた。
15羽ほどの群だった。
タゲリ-2016-02-12平塚-OMD01610

タゲリ-2016-02-12平塚-OMD01746

タゲリ-2016-02-12平塚-OMD01669

タゲリ-2016-02-12平塚-OMD01437
くりくり目玉とちょんまげが堪りません。

4518> タシギくん

いつも撮影に協力的で可愛いタシギくん。
ついついカメラを向けてしまう。

これまで2羽確認ずみ。
2016/1/9
タシギ-2016-01-09舞岡-OMD02747
2016/1/11
タシギ-2016-01-11舞岡-OMD03216
2016/1/13
タシギ-2016-01-13舞岡-OMD03506
2016/1/13
タシギ-2016-01-13舞岡-OMD03503

4390> ツグミちゃん(戸塚区)

2015-02-27撮影
もうそろそろお帰りの時期だ。
まもなく見られなくなる、寂しくなる。
ツグミ-7D2_2943

4378> タシギくんが羽を広げた(戸塚区)

2015-02-21撮影
この日は、タシギくんの万歳ポーズを狙ってみた。1時間くらい待って何とか。なかなか協力してくれない(^_^;)
タシギ-7D2_1944
タシギ-7D2_1981
タシギ-7D2_1988
タシギ-7D2_2034
タシギ-7D2_2102
タシギ-7D2_2120
タシギ-7D2_2121
タシギ-7D2_2161
タシギ-7D2_2100

4334>ツグミ(戸塚区)

2015-01-21撮影
表情が優しくて、なんとなく愛らしい。
ツグミ-IMG_4465

4308> トビくん(横須賀市・金沢区)

2015-01-09撮影(横須賀市)
トビ-IMG_8332
トビ-IMG_8346
トビ-IMG_8358

2015-01-10撮影(金沢区)
トビ-IMG_8766

4296> タシギくん(戸塚区)

2015-01-02撮影
タシギ-IMG_5259
タシギ-IMG_5301
タシギ-IMG_5316

2015-01-05撮影 尾羽が少し見えた。
タシギ-IMG_6917

2015-01-13撮影
タシギ-IMG_0419
綺麗な波紋が撮れました。
タシギ-IMG_0700
水面が波立って、逆さタシギは撮れません。
タシギ-IMG_0727

4273> トラちゃん(平塚市)

この日は、何度かトラツグミを見つけたが、撮影できなかった。
暫くの間散策して、同じ場所に戻ってきたが見当たらない。
ダメと思いつつも近くを散策して戻ると、目の前に何かが飛んできた。近くの枝に停まったようだ。
位置を変えて覗き込むと........トラツグミだった!

トラツグミは目の前。
飛ばないで、と祈りつつ。カメラを構える。
何とか枝どまりが撮れた。数枚撮ったところで飛んだ。
トラツグミ-IMG_3639
幸い少し移動しただけ。
ファインダーを覗くと、視野からはみ出していた。近すぎる。2歩ほど後ろにさがる。
枯葉を踏みしめる音が出てしまったが、飛ばない。
トラツグミ-IMG_3682
バシャバシャ連写するも逃げない。
トラツグミ-IMG_3692
結局、100枚以上撮影した。
トラツグミ-IMG_3737
背面からの振り返りは撮れなかったが、これ以上、撮りようがないくなるまで撮影できた。
トラツグミ-IMG_3771

こんな幸運が突然やってくるなんて!
判らないものです。

4268> ツグミくん

何となく絵になる。

ツグミ:2014-12-19撮影(戸塚区)
ツグミ-IMG_2945
ツグミ:2014-12-19撮影(戸塚区)
ツグミ-IMG_3040
ツグミ:2014-12-24撮影(戸塚区)
ツグミ-IMG_3773
ツグミ:2015-01-02撮影(戸塚区)
ツグミ-IMG_5255

4248> タシギくん今季初(戸塚区)

2014-12-07撮影
この日、今季初めてタシギが姿を見せてくれた。
タシギ-IMG_1683
タシギ-IMG_1697


2014-12-12撮影
タシギ-IMG_2328


4245> トビ(横須賀市)

2014-12-03撮影

空は快晴。風は強いが、トビが気持ちよさそうに浮かんでいる。
トビ-IMG_1446
トビ-IMG_1472

4234> お正月は鷹:チュウヒ(茨城県)

2014-11-28撮影

葦原を見渡すと、遠くでチュウヒが飛んでいる。対岸の街並みも写った。
チュウヒ-IMG_0629

おまけ:湘南国際村から富士山を望む。写真をクリックすると大きな画像が開きます。
富士山from湘南国際村-OMD02834

4209> チョウゲンボウ(横須賀市)

2014-11-19撮影

ハイタカを撮り損ねたあと、歩いていると突然目の前にアオバトが現れた。
あ~と思ったら、それを追ってもう一羽飛び出した!
またハイタカかと思ったが、チョウゲンボウだった。

アオバトは直ぐに姿を消したが、チョウゲンボウは近くで何度もホバリング。
地面に降りたり、木に停まったり。
楽しませてくれた。
チョウゲンボウ♀-IMG_9963
チョウゲンボウ♀-IMG_0021
チョウゲンボウ♀-IMG_0053

3902> ツツドリ(北海道)

北海道遠征(8)
~ 初日(5/23) ~

近くからツツドリの声 「ぽぽっ、ぽぽっ、ぽぽっ」 が聞こえていた。
耳を澄ませていると、近くの枝に何かが停まった。
ファインダーで覗くと、お腹の横縞がみえた。
間もなく飛び去ったが、何とか数枚撮れた。

ツツドリ-IMG_2977

ツツドリ-IMG_2989

3832> チュウダイズアカアオバト(西表島)

沖縄遠征(40)
~ 西表島は雨 ~

リュウキュウキジバトより一回り大きい。
西表島では何度も見かけた。
チュウダイズアカアオバト-IMG_1515

チュウダイズアカアオバト-IMG_1508

3690> ツグミ(戸塚区)

2014-04-23撮影

もうツグミは帰ったと思っていたが、まだ居た。
逃げないので、近くから撮れた。ツグミ-IMG_0030
ツグミ-IMG_0065

3608> トラツグミ(戸塚区)

2014-03-10撮影

この日も、トラちゃんが現れてくれました。

トラツグミ-7D2_5419

一瞬のエンゼルポーズ。折角のチャンスだったのに、モノにできませんでした。
トラツグミ-7D2_5438

3606> タヒバリ(栄区)

2014-03-07撮影

これもアリスイのいる遊水地。
タヒバリ-7D2_5217

タヒバリ-7D2_5220

3600> トラちゃんも(相模原市)

2014-03-04撮影

ウタツグミが撮れたので、公園内の散策を始めた。
暫く歩いていると、ごま妻が広場の片隅にトラツグミを見つけた。
ゆっくり接近。逃げない(^_^)/

(1)目が可愛い。
トラツグミ-7D2_4127
(2)ツグミが視界に入ってきた。
トラツグミ-7D2_4131
(3)マウンドの上に上がってくれたので、背景が上手くボケてくれた。
トラツグミ-7D2_4155
(4)
トラツグミ-7D2_4242
(5)
トラツグミ-7D2_4264
(6)
トラツグミ-7D2_4268

3589> ツグミもサービス(戸塚区)

2014-02-25撮影

ツグミが3羽いた。それぞれ色に特徴があって、この個体が一番黒と茶色が鮮やかで眉もはっきりしていた。
他の個体も比較のために撮っておくべきだった。失敗(^_^;)
ツグミ-7D2_2729

3588> タシギくんたち(戸塚区)

2014-02-25撮影

(1)タシギが3羽、大サービス。しかし、なかなか3羽が並んでくれない。2羽が精一杯だった。
タシギ-7D2_2560
(2)
タシギ-7D2_2573
(3)ミミズを引っ張り出した。
タシギ-7D2_2609
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示