FC2ブログ

5228> ノドアカツグミが去った

2020-02-19~24撮影

長いあいだ楽しませてくれたノドアカ君は2/25を最後に見かけないくなった。
その後も、若干の目撃情報はあるが、もう何処にいるかはわからない。


2020-02-19撮影
g-ノドアカツグミ-2020-02-19mk-P2190071

g-ノドアカツグミ-2020-02-19mk-P2190264

g-ノドアカツグミ-2020-02-19mk-P2190456

g-ノドアカツグミ-2020-02-19mk-P2190695

g-ノドアカツグミ-2020-02-19mk-P2190697

g-ノドアカツグミ-2020-02-19mk-P2190934
陽ざしのない日は、いまひとつの写真になる(^_^;)



2020-02-21撮影
g-ノドアカツグミ-2020-02-21mk-P2210013

g-ノドアカツグミ-2020-02-21mk-P2210096



2020-02-24撮影
g-ノドアカツグミ-2020-02-24mk-P2240068

g-ノドアカツグミ-2020-02-24mk-P2240118



<参考>
比較用にツグミ(2020-02-16、18撮影)の写真も並べてみた。
g-ツグミ-2020-02-16mk-P2160311

g-ツグミ-2020-02-18mk-P2181793

g-ツグミ-2020-02-18mk-P2181818












スポンサーサイト



5218> ノドアカツグミ(その5)

2020-02-11~15撮影

ノドアカツグミは、2/25を最後に姿を消しました。
まだ、近くに居るかもしれませんが行方不明です。

それにしても、1か月以上も楽しませてもらいました。

g-ノドアカツグミ-2020-02-11mk-P2110854

g-ノドアカツグミ-2020-02-11mk-P2110935

g-ノドアカツグミ-2020-02-11mk-P2110972

g-ノドアカツグミ-2020-02-11mk-P2111105

g-ノドアカツグミ-2020-02-11mk-P2111106

g-ノドアカツグミ♂ -2020-02-13mk-P2130105

g-ノドアカツグミ♂ -2020-02-13mk-P2130163

A4-ノドアカツグミ-2020-02-14mk-P2141275

A4-ノドアカツグミ-2020-02-14mk-P2141802

g-ノドアカツグミ♂ -2020-02-15mk-P2150359

g-ノドアカツグミ♂ -2020-02-15mk-P2150806

g-ノドアカツグミ♂ -2020-02-15mk-P2150233

また、来てほしいものです。














5212> ノドアカツグミ(その4)

2020-02-09~10撮影

飛び立つ。
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-09mk-P2090016

実を咥える。
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-09mk-P2090215

飛び立つ。
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-09mk-P2090012

飛び立つ。
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-10mk-P2101649

飛び立つ。3枚連続。
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-10mk-P2101871
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-10mk-P2101876
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-10mk-P2101879

河原におりて水飲み。
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-10mk-P2102002
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-10mk-P2102154

飛び立つ。
g-ノドアカツグミ♂-2020-02-10mk-P2102678












5211> ノドアカツグミ(その3)

2020-02-07~08撮影

ノドアカツグミは毎日相手をしてくれる。
色々な場面を撮影しているが、決定打はない。

小雪が降り出していた。
g-ノドアカツグミ-2020-02-07mk-P2071788

g-ノドアカツグミ-2020-02-07mk-P2072267

連射した画像7枚をアニメ合成してみた。サイズが大きくなるので、画像を縮小せざるを得なかった。
400-Animation5.gif

ナナカマドの実をむしり取る。実に乗っていた雪が落ちる。
g-ノドアカツグミ-2020-02-08mk-P2080029

雪を食べる。
g-ノドアカツグミ-2020-02-08mk-P2080203

おっとっと。羽を開いてバランスをとる。
g-ノドアカツグミ-2020-02-08mk-P2080253
g-ノドアカツグミ-2020-02-08mk-P2080309












5205> ノドアカツグミ(その2)

2020-02-03~05撮影

当初、数日でいなくなると思ったいたノドアカツグミであるが、連日の大サービス。有難いことだ。
といっても、2か所目に移動してから数日は、午前か午後の半日だけだった。おそらく、もう1か所と掛け持ちだった。

g-ノドアカツグミ-2020-02-03mk-P2033357
雪の降った後は、チャンスであるが、直ぐに雪を落としてしまう。

g-ノドアカツグミ-2020-02-04mk-P2040240
飛び出しの瞬間、綺麗に尾羽を開いてくれた。ピン甘なのが残念。

g-ノドアカツグミ-2020-02-04mk-P2040570g-ノドアカツグミ-2020-02-04mk-P2040763
細い枝にとまったときがチャンス。実を食べる際にバランスが崩れて、翼や尾羽を開いてくれる。

g-ノドアカツグミ-2020-02-05mk-P2050781
翼の下面には、オレンジ色の部分がある。

g-ノドアカツグミ-2020-02-05mk-P2050668
沢山のご馳走に囲まれてご満悦。












5204> ノドアカツグミ(その1)

2020-01-17~今日

住宅地の中で珍鳥が見つかりました。
ノドグロツグミ(亜種ノドアカツグミ)です。

初認(1/5だそうです)から1か月以上経過したので、このBLOGにもアップすることにしました。
個人的には、1/17に初めて撮影できました。

お腹が白くて、喉のあたりが赤茶色なのが特徴。
鳴き声は、ほぼツグミと同じでした。
これまで膨大な枚数を撮りましたが、なかなか良い写真は撮れないものです(^_^;)

時系列でご紹介。


2020-01-17撮影
g-ノドアカツグミ-2020-01-17mk-M1171402g-ノドアカツグミ-2020-01-17mk-M1171700


2020-01-18撮影
g-ノドアカツグミ-2020-01-18mk-M1181875g-ノドアカツグミ-2020-01-18mk-M1181880
g-ノドアカツグミ-2020-01-18mk-M1182679g-ノドアカツグミ-2020-01-18mk-M1183181


2日連続で見かけないと思っていたら、この日別の場所で見つけました。

2020-01-29撮影
g-ノドアカツグミ-2020-01-29mk-P1290612g-ノドアカツグミ-2020-01-29mk-P1290843
この場所は、人目に付きやすい場所だったので、その後は直ぐに多くのカメラマンに知られることになりました。




(続く)













5077> ノスリが頭上を旋回する

2019-09-24撮影

頭上を猛禽がゆったりと飛んでいる。
トビ!と思ったがちょっと違う?

ファインダーに映ったのはノスリだった。
比較的低かったのでまずまず撮影できた。
f-ノスリ-2019-09-24ik-M1241158f-ノスリ-2019-09-24ik-M1241166
f-ノスリ-2019-09-24ik-M1241169f-ノスリ-2019-09-24ik-M1241172
f-ノスリ-2019-09-24ik-M1241198




<おまけ>
モズが現れた。アカモズでは!と期待したが、普通のモズだった(^_^;)
f-モズ-2019-09-24ik-M1241310f-モズ-2019-09-24ik-M1241598












tag : ノスリ モズ

4978> ニュウナイスズメ営巣中

2019-06-16撮影

公園を歩いていたら、鳴き声が近い。
ニュウナイスズメの子供だった。

少し待っていると、親がやってきた。何とかこどもたちが撮れた。
ニュウナイスズメ-2019-06-16mk-M1160335

ニュウナイスズメ-2019-06-16mk-M1160344



<おまけ>
昨年の秋から飼育してきた沖縄産のリュウキュウウラナミジャノメ3頭が6/11~16に羽化した。

幼虫たちは、当初13頭。札幌で容易に入手できるクマイザサを食べてくれたので、餌には困らなかった。
最初の2頭は年末に羽化したが、残りの11頭は寒くなると餌を食べなくなり越冬に入った。南のチョウが札幌の室温環境に耐えられるか心配した。結果は、7頭は越冬できなかったが、4頭は4月になると冬眠から覚め餌を食べ始めた。残り1頭は現在蛹であるが問題なさそうだ。
e-リュウキュウウラナミジャノメ♂A-2019-06-16-Tg563941 e-リュウキュウウラナミジャノメ♂B-2019-06-16-Tg563934
リュウキュウウラナミジャノメは、札幌でも良く見かけるヒメウラナミジャノメの近縁だが、ヒメウラナミジャノメよりも一回り大きい。
写真の個体を含め今回羽化した3頭は全て♂で、前翅表面の眼状紋が♀に比べて小さめ。一緒に育てても、♀の方が遅れて羽化する傾向があるので、残っている個体(蛹)は♀ではないかと思っている。












tag : ニュウナイスズメ リュウキュウウラナミジャノメ

4934> ニュウナイスズメ今期初見

2019年4月28日撮影

少し久しぶりの散策。開始早々鳥の鳴き声。何か判らない。
ニュウナイスズメだった。
ニュウナイスズメ-2019-04-28mk-M1280221


<おまけ>
メジロも今季初撮り。関東では年中無休で見られるが、こちらでは冬はいない。
メジロ-2019-04-28mk-M1280381

サクラが咲き始めた。ソメイヨシノだろうか。
さくら-2019-04-28mk-M1280401 さくら-2019-04-28mk-M1280404









4345> ノスリ(栄区)

2015-01-27撮影

カラスがいたら要注意。
この時は、仲良く一緒に飛んでいた感じだった。
ノスリ-OMD03405
ノスリ-OMD03406
ノスリ-OMD03407

4292> ノスリ(横浜市・横須賀市)

いいチャンスを貰ったのに、失敗でした(^_^;)

2014-12-30撮影
ノスリ-OMD03199

2015-01-09撮影
ノスリ-IMG_8418

4263> ノスリ(栄区)

2014-12-13撮影

ノスリがカラスに絡まれている。
被写体を視野に入れて連写する。

ピンが来ていない(^_^;)
ノスリ・ハシブトガラス-IMG_2477
カラスは諦めたようだ。
ノスリ-IMG_2493
別の場所でもノスリが見られた。右翼に欠損があるので上と同じ個体かもしれない。
ノスリ-IMG_2767

3593> ノスリ(東京都)

2014-02-26撮影

(1)この日、ノスリは3羽いました。1羽は、近くの木の上にとまって何かを食べていました。足が随分太い。
ノスリ-7D2_3158
(2)ノスリ-7D2_3170
(3)そろそろ帰ろうと歩き始めた時、3羽のノスリが頭上を舞った。慌ててカメラを構えたが、木に遮られたり....結局、撮れたのは1羽だけ。ノスリ-7D2_3241

3137> ノビタキ(北海道)

北海道遠征(66) 2013/07/09~26

(1)ノビタキ♀-IMG_7902
(2)ノビタキ♂-IMG_7957
(3)ノビタキ♀-IMG_8115

3134> ノゴマ初撮り(北海道)

北海道遠征(63) 2013/07/09~26

この日は、従兄弟のバーダーに案内してもらって、探鳥です。
野鳥探しも楽しい(^_^)/

巣が近くにあるらしく、つがいがいました。
(1)ノゴマ♀
ノゴマ♀-IMG_7867

(2)ノゴマ♀
ノゴマ♀-IMG_7967

(3)ノゴマ♂。
ノゴマ♂-IMG_7886

(4)ノゴマ♂。ノゴマ♂-IMG_7920

2709> ノハラツグミ(東京都)

珍しい野鳥 2013-03-02

64-ノハラツグミ
情報をいただいたので見にいってきました。
到着すると広場の真ん中にいました。カメラマンは10人ほど。

まずは証拠確保から。
(1)ノハラツグミ-IMG_7559
(2)ノハラツグミ-IMG_7604
(3)ノハラツグミ-IMG_7632
(4)ノハラツグミ-IMG_7639
(5)ツグミ+ノハラツグミ-IMG_7659
その後、カメラマンが多くなって制御不能になったので撤退しました(^_^;)
なかなか思うように撮れませんが、撮れただけで満足です(^_^)/



2706> ノスリくん(神奈川県)

ちょっと珍鳥さがし 2013―02-27

朝から雨降りだったので、遅めの出発。
現地到着は11:30ころでした。

早速、珍鳥を探します。カメラマンは10~20人ほど。
さすがに、平日の小雨模様ではこの程度です。良かった。
しかし、珍鳥が現れている気配はありません。
(珍鳥とは、セアカモズです。まだ、日本での確認は数例しかないそうです。)

出ていないとすれば、自分で周囲を探索します。
スズメが沢山。カワラヒワ沢山。ホオアカ、カシラダカ...。
一回りして戻ってくると、カメラマンが殆どいなくなっている。

更に一回りして戻ってくると、今度はカメラマンが沢山。
急いでそこに行ってみると、「あっちに飛んでった」そうで(T_T)

やっぱ、じっと待たないといけないです。
チョウゲンボウが飛びましたが、珍モズくんは出てきません。
じっと待つのは辛く、また、ちょっと一回りしようと歩き始めました。
そこへ、また猛禽が飛びました。

(1)ノスリでした。
ノスリ-IMG_7319

(続く)

2120> ニュウナイスズメ♀(北海道)

2012-06-27~07-04 北海道遠征(その29)
~ 美瑛の朝(6月30日) ~

少し遡りますが、美瑛の朝、早起きして近くを散策しました。

(1)2羽いました。まだ鳴き声も憶えていないので、なかなか何なのか判りませんでした。未見種を期待しましたが、ニュウナイスズメ♀と思われます。♂はスズメにそっくりですが、♀はご覧の通り眉線がはっきりしています。
ニュウナイスズメ-IMG_2446


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1919> ノグチゲラ、初撮り(沖縄島)

2012-05-18~26 沖縄遠征(その19)
~ ノグチゲラ(国指定特別天然記念物)に会えるとは! ~

この貴重な鳥に会えたのは、1ヶ月も前から、やんばるに滞在して事前調査してくれた友人Uさんのお陰です。その場所には何度か行きましたが、毎回現れてくれました。
イマイチの写真しか撮れませんでしたが、大満足です。

(1)デイゴの木に来たノグチゲラ♀。
ノグチゲラ-IMG_7028

(2)ノグチゲラ♀。
ノグチゲラ-IMG_7049

♂の写真も撮りましたが、ピンボケでした(^_^;)

◆デイゴは、デイゴヒメバチという蜂に脅かされているそうです。たまたま往きの機内誌の記事でそれを知りました。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1745> ノスリくんは非協力的(埼玉県)

2012-02-26 コミミを求めて埼玉へ(その1)
~ 最初は.... ~

Akakokkoさん、Soccer-Boyさんと埼玉遠征です。
目的は、コミミズク。

到着して間もなく、電柱になにかが停まりました。
ノスリでした。

近づいていくと、飛んで数十m先に停まりました。
また、近づくと、更に数十m先へ。
思うように撮れません。

(1)撮る前に飛ばれました。
ノスリ-Im8_5905

(2)今度は何故か地面に下りました。
ノスリ-Im8_5914

(3)別の個体が頭上を飛びました。なんか非協力的......。
ノスリ-Im8_5929


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1709> ノスリくん(神奈川県)

2012-01-29 コウライアイサ探しの後
~ daronフィールドにて(その1)~

daronさんのお庭にお邪魔することにしました。
車を走らせていると、猛禽がホバリングしてました。チョウゲンボウ......?
車を停めて確認すると、小さく見えましたがノスリでした。

(1)近づいても飛ばない。
ノスリ-Im8_3564

(2)すぐ横に飛び移ったが逃げない。精悍な顔。
ノスリ-Im8_3609

その後、飛んできたのはチョウゲンボウでした。
チョウゲンを撮っていると、ジョウビ♂、モズなど次々と......。
(つづく)

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1669> ノスリが飛ぶ(神奈川県)

2012-01-07 猛禽にあいたくて
~ 目的の猛禽は現れない ~

最初のポイントの車に戻ると頭上で猛禽が旋回。
慌てて臨戦態勢。
Akakokkoさんが軽快に連写!連写!連写! 焦る(^_^;)
絶好のチャンスでしたが、最初のつまづきが致命傷。
段々上昇して、条件が悪くなる> こんな写真だけ。

(1)好きなポーズですが、これ以上の拡大はできません。
ノスリ-Im7_8809

(2)羽の形がハヤブサみたいに写った。このポーズも好きです。
ノスリ-Im7_8810

(3)
ノスリ-Im7_8817

(4)
ノスリ-Im7_8828

◆大サービスしてくれたのですが残念です。
Akakokkoさんの写真が見たい。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1635> ノスリが直ぐ上を通過(神奈川県)

正月2日の写真は、
縁起ものの鷹類から、昨年12月にたまたま撮れたノスリです。

2011-12-11 青空だから猛禽狙い(その2/end)
ハイタカを待っているとき、見上げた逆光の空に黒い影かみえました。
咄嗟に構えてシャッターを切りました。枠からはみだしたコマを含めて10枚ほど撮影。

(1)こんなに近距離で撮れることは珍しいです。ほぼノートリ。画像をクリックすると1280×960に拡大します。
ノスリ-Im7_6236

何時もこれくらいクリアーな写真が撮れたら気持ちいいでしょうね。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1290> ニュウナイスズメ(北海道)

2011-07-04~10 北海道遠征(その4)

スズメのようだけれど、聞きなれない泣き声。
もしかして……。
そうでした。初見初撮りです

(1)♂ 7/4夕方。
ニュウナイスズメ-Im4_7275

(2)こっちは♀でしょう。7/4夕方。
ニュウナイスズメ-Im4_7295

(3)♂ 7/5朝。
ニュウナイスズメ-Im4_7439


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[1082] ノスリが飛ぶ(栃木県)

2011-03-05 猛禽ショー(その2)

続いて、また白っぽいのが飛びました。
今度はノスリでした。ケアシも期待しましたが、違いました。

(1)
ノスリ-Im2_9590

(2)
ノスリ-Im2_9601

◆実は、猛禽類の飛翔を数百枚撮ったのですが、距離のある場合は全てピンボケ。
大きなショックを受けました。
自分の技量、カメラの設定方法などに悩み始めました。

[1050] ノスリ(東京都江戸川区)

2011-02-12 葛西臨海公園(その3)

ウォッチングセンターの近くにノスリが飛んできて停まりました。
ちょっと距離もあって、なかなか綺麗には撮れませんね。
ノスリ-Im2_4010



[1016] ノスリくん(厚木市)

2011-01-22 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その1)

コウライアイサが目撃されている。
何処に現れるかは判らないながらもSoccer-Boyさんと探しに行きました。

そろそろ諦めかけたところで、ノスリがでました。
ノスリ-Im1_9631

ノスリ-Im1_9632

◆このノスリ、チョウゲンボウにちょっかいをかけていたようで、モビングを受けていました。

[994] ノスリが飛ぶ(栄区)

2011-01-08 栄区横浜自然観察の森

この日もお約束どおり姿を見せてくれました。
ついついカメラを向けてしまします。

ノスリ-Im1_6681

ノスリ-Im1_6720


[970] ノスリ(栄区)

2010-12-25 横浜市栄区横浜自然観察の森(その2)

ノスリが何度かチャンスをくれたのですが、これが精一杯でした。
ノスリ-Im1_3225

[878] ノスリ、低空でハンギング(磯子区)

2010-11-03 氷取沢~瀬上池~氷取沢(その4)

一緒にいた方が見つけて教えてくれました。
そのまま通過するかと思ったら、何と!
頭上の低い位置で尾羽を開きハンギングしてくれました。
最高の大サービスでした。
一気に連写、70枚ほど撮りました。
ポンボケも量産しましたが、中には合ピンもありました。
ノスリ-Im0_6216

ノスリ-Im0_6231

ノスリ-Im0_6256

半逆光だったので、明るさ・コントラストを変更しました。
順光だったら言うことなしでしたが、贅沢ですね。
(今回の撮影距離を推定したところ、最短40mになりました)

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示