3809> ウラナミシジミ♂(与那国島)

沖縄遠征(17)
~ 与那国島(6/11) ~

それほど多くはありませんが、石垣島や与那国島でもウラナミシジミが見られます。
南方系のチョウですから当然ですね。ウスアオオナガウラナミシジミやクロマダラソテツシジミと一誌にいました。
ウラナミシジミ-IMG_9998

スポンサーサイト

3456> ウラナミシジミの飼育(その後)

既報[3410][3444]でご紹介済みのウラナミシジミですが、その後、一部は無事羽化しました。
もともと、4卵でしたが、餌として持ち込んだハギ、アカツメクサ、コマツナギなどに付いていたと思われる個体が加わったらしく、全部で14頭になりました。その後、半数近くは寒さなど?のため死んでしまいました。

(1)最初の個体(♀)が12/23に羽化(産卵から約6週間、蛹化から2週間後のことでした)、
ウラナミシジミ♀-IMG_7373

(2)翌日12/24に2頭目(♂)が羽化(蛹化から14日目)しました。
また12/27に2頭(♂、♀)が羽化(蛹化から16日目)しました。
これで最初の4卵は無事羽化したことになります(^_^)/
ウラナミシジミ♂-IMG_7389

現在、成虫が4頭、蛹が4頭(うち2頭はダメかも)、終齢幼虫が1頭です。
成虫にはセイタカアワダチソウ、アカツメクサ、ツワブキなど、幼虫には絹さやを食べさせています。
(3)成虫のおうち。女房のミニクリスマスツリーのガラスケースが役立ちました。
ウラナミシジミ-R0020184

(4)ガラスの内側にとまってることが多く、吸蜜してくれるか心配でしたが、陽射しがあたって暖かくなると吸蜜するようです(ケースを外して撮影)。外に逃がしてやりたいのですが、この気温ではどうにもなりません。
ウラナミシジミ-R0020188
いよいよ寒くなってきたけれど、これから大丈夫だろうか。

3444> ウラナミシジミ幼虫・蛹(金沢区)

自宅のウラナミシジミ

少し前の記事[3410]でご紹介した飼育中のウラナミシジミの続報です。

11/7に自宅の近くから持ち帰ったウラナミシジミの卵4個(少なくとも1つは11/7に産卵されたもの)は、その後順調に育ちました。その後、補充した餌についていたと思われる個体が加わり、本日12/13に数えたら13頭いました。内訳は、蛹4頭、前蛹2頭、幼虫(体長3mm~15mm)が7頭、
です。当初の餌は、萩(花)でしたが、コマツナギやアカツメクサの花も食べました。しかし、これらの花は入手が難しくなってきたため、現在の餌はスーパーで買った絹さやです。

(1)ウラナミシジミ幼虫。左から体長8㎜、15mm、前蛹。
ウラナミシジミ幼虫@15mmほか-IMG_7314

(2)ウラナミシジミ幼虫。体長15mm。体色のピンク色は、少し前まで萩などが主食だったためと思われる。
ウラナミシジミ終齢幼虫@15mm-IMG_7329

(3)最初に蛹化した個体(12/8蛹化)。産卵されて一ヶ月ちょっとと云うことになる。
ウラナミシジミ蛹-IMG_7317

(4)ウラナミシジミ幼虫13mm。この個体は緑色が強い。絹さや育ちだからだろうか?
ウラナミシジミ幼虫13mm-IMG_7334

春になったら、近所の野原に帰そうと思っているが、それまでどうなるか心配(^_^;)


3420> ウラナミシジミ(鎌倉市)

フラワーセンター大船植物園にて 2013-11-16

蝶の姿は? 少ない。
それでも、キバナコスモスの咲く一角には、ウラナミシジミ、キタキチョウ、ツマグロヒョウモンなどがいました。
ウラナミシジミ-IMG_7011
ウラナミシジミ-IMG_7050

3410> ウラナミシジミ卵・幼虫(金沢区)

自宅の近所にて 2013-11-07

自宅のそばの小さな公園の萩の咲くポイント。
毎年、ウラナミシジミが多くみられる場所です。

期待通り、数頭のウラナミシジミがいました。
そして、期待通り産卵の場面を見ることができた。
カメラがコンデジだけだったので、産卵シーンは撮りませんでしたが、卵は帰宅後に撮りました。
(1)ウラナミシジミ卵-7D2_8107

2013-11-21撮影。持ち帰った卵のその後......
ちょっと忘れてました。
プラケースに入れた萩の葉は枯れ始め、餌となる花はもう残っていません。
しかし、ケースの底に糞が落ちてました。
何と!居ました!8mmほどの幼虫が2頭。
慌てて餌を採りにいきました。幸い花もありました。
新しい餌を入れた別のケースに移動させました。

古いケースの糞を掃除して継続観察(まだ幼虫がいるかも....)。
翌日、古い方のケースの底には、また糞が落ちてました。
探してみると2頭見つかりました。これで4頭、多分全員です。
(2)ウラナミシジミ幼虫8mm(初撮り)可愛い(^_^)/
ウラナミシジミ幼虫8mm-IMG_7147
今後の餌の調達が心配です。その後も、この辺りでは殆ど越冬できないらしいので、蛹になった後はどうしよう。羽化しても困るし(^_^;)

2350> ウラナミシジミ(東京都)

自然教育園 2012-10-03

都内の用事のあと、港区目白台の自然教育園に行くことにしました。
現地につくと、ここの生き字引のShinが迎えてくれました。

早速散策開始です。Shinさんが一緒なら園内のどこに何があるか全てが判ります。
曇り空で陽射しはなく、蝶の出はよくありませんでしたが、イモムシ探しには問題ありません。

最初の出会いは、ウラナミシジミでした。

(1)ウラナミシジミ♀@ミゾソバ
ウラナミシジミ♀-R0013999

(2)(1)ウラナミシジミ♀@ミゾソバ
ウラナミシジミ♀-R0014004


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

2325> ウラナミシジミ卵+成虫(金沢区)

近所へ(その1)2012-09-26
~ 葛の花の咲くポイント ~

(1)葛の花には沢山の小さな卵がついていました。最初はウラギンシジミの卵かと思ってましたが、沢山飛び回っていたウラナミシジミの卵のようです。小さいのでなかなかピンが合いません(^_^;) 後ろの卵は孵化済みのようです。
ウラナミシジミ卵-R0013710

(2)なかなか停まってくれない成虫も撮れました。卵も見えます。
ウラナミシジミ-R0013756



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1598> ウラナミシジミ(磯子区)

2011-11-13 久しぶりの地元

久しぶりでもないですが、八重山から戻った翌日なので、そんな感じもしたわけで・・・。
畑の道を歩いていると、ウラナミシジミが出てきました。
ウラナミの飛翔は撮ってなかったことに気がつきました。

(1)
ウラナミシジミ-Img_3973

(2)
ウラナミシジミ-Img_3983

(3)
ウラナミシジミ-Img_3995

(4)
ウラナミシジミ-Img_4002

残念ながら、うるさい背景になってしまいました。
次回は何とかしたいところです。



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1502> ウラナミシジミ(神奈川県)

2011-10-23 逗子市にて

クマソ探索中に見つけました。
新鮮な個体だったので、コンデジで接写しました。

(1)
ウラナミシジミ-Pa230321


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[843] ウラナミシジミの季節(横須賀市)

2010-10-02 横須賀で3度目の鷹見(その9/end)
~おまけ(3)~

これが最後です。
この蝶は、南からだんだん北上してきて、毎年この季節に横浜にやってくるそうです。

ウラナミシジミ♀
ウラナミシジミ-Im0_3759

ウラナミシジミ-Im0_3760

[823] ウラナミシジミのカップル(三浦市)

2010-09-18 三浦市三崎町諸磯

ウラナミシジミのカップルを見つけました。
一瞬だけ、半開翅してくれました。
ウラナミシジミ-Im6_9745

[222] ウラナミシジミ(横浜市西区)

またも。ウラナミシジミ。この時期の主役ですから…。

珍しく至近距離で接写できました。
カメラはコンデジです。西区みなとみらいのパシフィコ横浜の裏手(2階)の植栽に10頭ほどいました。


(a)ウラナミシジミ♂(2009-10-01 横浜市西区みなとみらい)
綺麗な個体でした。



(b)ウラナミシジミ♂(2009-10-01 横浜市西区みなとみらい)
開翅。(a)と同じ個体です。表面には一面うぶ毛が生えています。背中が濡れているように見えるので、羽化直後かも知れません。



(c)ウラナミシジミ♂♀(2009-10-01 横浜市西区みなとみらい)
♂♀のペア。普通は大きい方が♀ですが、(a)と似ているの右が♂かも知れません? 開翅してくれなかったので、確認できませんでした。


[207] ウラナミシジミ(東京>自然教育園)

2009-09-27 東京都目黒区教育園(その4/end)

最近掲示したばかりですが、いい色がでたので、またも…。

(a)ウラナミシジミ♂(2009-09-27 東京都目黒区自然教育園)



(b)ウラナミシジミ♂(2009-09-27 東京都目黒区自然教育園)



(c)ウラナミシジミ♂(2009-09-27 東京都目黒区自然教育園)

[202] ウラナミシジミ♂(逗子)

ここでも、萩の花の咲いているところにいました。
なかなか開翅してもらえず、苦戦しました。
最大でも45度くらいしか開いてくれません。


(a)ウラナミシジミ♂(2009-09-23 逗子)



(b)ウラナミシジミ♂(2009-09-23 逗子)



(c)ウラナミシジミ♂(2009-09-23 逗子)
うぶ毛がはいているんですね。

[199] ウラナミシジミ♀(金沢区)

近所の公園にハギが何箇所かにあります。
昨年に続いて、今年もウラナミシジミが沢山いました。

ヤマトシジミよりも、ひとまわり大きく、飛ぶスピードが明かに速い。色も若干ちがいます。♂の場合は、裏面の肌色+紫がかった色の表面、♀の場合は肌色+濁った色という感じで飛んでいても大体判別できます。♀は、ハギに停まって、産卵動作のようなことをやっていました。図鑑によると食草はマメ類ですが、ハギも食草として出ていました。

天気の良かった9月20日には、ハギの周りを乱舞していました。確認数は20頭ほど。活性が高すぎて十分に撮影できませんでした。1頭が停まっても、他の個体の到来でまた直ぐに飛んでしまいます。

◆そこで、翌日7:30ころ行ってみました。ヤマトシジミやツバメシジミの姿はありましたが、ウラナミシジミの姿は全くありませんでした。曇り空だったことが原因でしょうか? 

◆10:30ころもう一度見に行きました。曇り空でしたが少しだけ陽がさしていました。6頭ほど確認できました。ウラナミシジミは陽射しがあたっていないと行動しないのかも知れません。

(a)ウラナミシジミ♀(2009-09-20 金沢区の公園)



(b)ウラナミシジミ(2009-09-20 金沢区の公園)



(c)ウラナミシジミ(2009-09-21 金沢区の公園)
産卵中?



(d)ウラナミシジミ(2009-09-21 金沢区の公園)


[024] ウラナミシジミ

2008-10-04
横浜市金沢区

やっとウラナミシジミに出会えました。Web上で横浜で撮影された写真を見ていたので、前から気になっていました。この前週に舞岡公園で探しましたが曇り空だったためか遭遇できませんでした。意外にもこの日、金沢区の自宅の近所に沢山いました(^_^;)
夏の間には一度も確認できませんでしたので、この時期が最盛期なのですね。この日はヤマトシジミに混ざって一箇所で10を超える個体を確認できました。ヤマトシジミよりもひと回り大きく、力強く飛翔するので比較的判別しやすいです。
この日は午後から葉山を散策しましたが、そこにも居ました。セイタカアワダチソウに来ていました。そこでは、アサギマダラも撮影できました(←次回)。


(a)ウラナミシジミ 2008/10/4 8:48 横浜市金沢区


(b)ウラナミシジミ 2008/10/4 13:10 三浦郡葉山町


(c)ウラナミシジミ 2008/10/4 15:11 三浦郡葉山町


★2009-11-20追記
寒くなってきましたが、陽が照れば蝶に会えますね。学生時代まで過ごしていた北海道は既に冬。次に蝶に会えるのは、周りの雪が解けたころ。エゾシロやエゾヒメシロ、クジャクチョウが春を告げてくれます。懐かしいです。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示