4609> 感動の卵1ポイント

以前から、卵・幼虫・蛹のそれぞれについて、初撮りを1ポイントとして、年間の目標を設定している。
地元の普通種が撮影済みになってくるにつれ、ポイントゲットが難しくなってきている。

メスグロヒョウモンは、昨年産卵の現場に遭遇したが、卵を見つけることができなかった。
今回も同じ場所で母蝶を探す。時刻は10:00過ぎ。まだチョウは活性上がっていないらしく。何もいない。

他の場所を一回りして、同じ場所に戻ったが、何もいない。

別の場所に移動すると、メスグロヒョウモン♂がアザミに来ていた。しかし、♀の姿はない。

再度、最初の場所へ戻ってお握りを食べることにした。
ベンチに座ってじっくり待つことにした。
間もなく待望のメスグロヒョモンの♀がやってきた(12:15ころ)。
弱々しく飛んで、7~8m離れた下草にとまった。
間もなく飛び上がって、その上の桜の木の幹に停まった。
ここで撮影しようとすると、産卵場所が判らなくなる。
昨年の失敗から今回は双眼鏡で観察。
視野内で停まった場所を記憶したつもり。
10秒も立たないうちに飛び立って姿を消した。

停まった場所は下の画像のほぼ中央あたりだったはず。
メスグロヒョウモン産卵場所a-2016-10-07四季の森-P1000824
近づいてみる。高さは地面から190㎝ほど。手を伸ばせば何とか撮影も可能な位置ではあるが、身長が足りないのでルーペで探すこともできない。

やはり産卵しなかったのかと諦めかけたが、もう一度見てみた。
卵らしい点があった!中央部分を拡大してみると......卵は黄色↑の位置。判りますか?)。 
メスグロヒョウモン産卵場所b-2016-10-07四季の森-P1000824
図鑑によると直径0.7mm、高さ0.8mmである。
老眼にとってはかなり辛い。
192-メスグロヒョウモン卵0_7R-2016-10-07四季の森-P1000841 192-メスグロヒョウモン卵0_8H-2016-10-07四季の森-P1000829

これで卵ポイントが1つ増えた(^_^)v

撮影まで2年越しです。観察のヒントを与えてくれたfanseabさんの記事のお陰です。

上の事情により、母蝶は撮影できませんでした。




スポンサーサイト

4172> メスグロヒョウモン♀(緑区)

2014-10-14撮影

この日は、台風一過で晴れた。しかし、風が強い。
チョウの姿は少なかった。
ボロだったが、メスグロヒョウモン♀は嬉しい。
産卵の場面を観察したかったが、ダメだった。
メスグロヒョウモン♀-OMD00002

メスグロヒョウモン♀-OMD09999

3114> メスグロヒョウモン(北海道)

北海道遠征(43) 2013/07/09~26

変なチョウが突然飛んできて、頭上に止まりました。見ると交尾中のメスグロヒョウモンでした。
メスグロヒョウモン♂♀-7D2_6931

2896> メスグロヒョウモン幼虫27mm(山口県)

見島遠征(16) 2013-05-06~09
~ 珍鳥に会いたい(3日目) ~

96-メスグロヒョウモン幼虫27mm

地面を毛虫が這ってました。
なんとなくヒョウモン類の幼虫のように見えました。
角が長いのが特徴的です。
自宅後調べた結果、メスグロヒョウモンと思われます。
(1)体長27mm
メスグロヒョウモン幼虫27mm-R0018465

1334> メスグロヒョウモン(北海道)

2011-07-04~10 北海道遠征(その47)

temenosさんが見つけてくれました。この人は凄い(^^;)

(1)最初、オオウラギンスジヒョウモンだと思っていましたが、写真を調べたらメスグロヒョウモン♂でした。
メスグロヒョウモン-Im4_9778

(2)やっぱり♀が格好いい。
メスグロヒョウモン-Im4_9804

(3)裏面も渋くて好きです。
メスグロヒョウモン-Im4_9813



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1322> メスグロヒョウモン♂(北海道)

【訂正】
1年ほど前に「オオウラギンスジヒョウモン」としてアップしましたが、メスグロヒョウモン♂に訂正させていただきます(^_^;)
ちょっとした切欠で見直す機会が得られました。
謹んで訂正させていただきます(2012/7/9)。

2011-07-04~10 北海道遠征(その35)

(1)
オオウラギンスジヒョウモン-Im4_8647


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1311> メスグロヒョウモン♂(北海道)

2011-07-04~10 北海道遠征(その24)

(1)オオイチモンジ待ちのときに現れたぴかぴかの個体。
メスグロヒョウモン-Im4_8204


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1271> メスグロヒョウモン♂(山梨県)

2011-06-25 山梨遠征(その13)

天気が良く、気温が上がると、蝶たちは停まらなくなります。
この瞬間を随分待ちました。

(1)
メスグロヒョウモン-Im4_6146


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。興味深いサイトが見つかることもあります。

[731] メスグロヒョウモン♀(富士山麓)

2010-07-18 富士山麓(その15)

突然やってきて、目の前の木に停まりました。

メスグロヒョウモン-Im6_8659

メスグロヒョウモン-Im6_8669

[694] メスグロヒョウモン(富士山麓)

近郊ミニ遠征:その17
2010-07-04 富士山麓

いきなり飛んできて、停まりました。
メスグロヒョウモン-Im6_7280

[639] メスグロヒョウモンにも会えました(町田市)

2010-06-12 寺家ふるさと村

ウラナミアカシジミの撮影が終わって、間もなく次のショーの始まりです。

オレンジ色の蝶が力なく飛んできて、近くに停まりました。
もしや! 
雑草の隙間から何とか見える程度。
そのもしや!嬉しいメスグロヒョウモンでした。

その後の暫らくの間、オジサン3人が取り囲ん、モデル撮影会になりました。
実のところ、羽化直後と思われる個体で、まだまともに飛べないようでした。
手乗り撮影のあと→ ハルジオンに掴まってもらいました。
まだ、ぶら下りしか出来ない様でした。 
mesgrhyumn-Img_5298.jpg

Shinさんは、開翅ポーズもバッチリ撮られました。もう一人のメンバーは、Akakokkoさんです。

2つのサプライズに大満足のミニ遠征になりました。

[201] メスグロヒョウモン♀(寺家ふるさと村)

2009-09-26 寺家ふるさと村(その1)

先週に続いて、ヒョウモンに再挑戦。
メスグロヒョウモンの♀の撮影が目的です。

朝の環状2号と保土ヶ谷バイパスは渋滞していました。
それでも晴天に恵まれ、気持ちは高まります。
陽が射すか、射さないかで、蝶の出は大きく変わりますから…。

自宅から1時間40分かかって到着。10時ころから散策開始です。

最初に出会ったヒョウモンは、やはりツマグロヒョウモンでした。その次は、ボロボロのミドリヒョウモン。あとは、ほとんど、この二種の繰り返しでした。

キバナコスモス、アザミ、ヒヨドリバナなどに注意しながら、あちこち探し回りました。もう、散策を開始して3時間くらい経っていました。メスグロの♂も見かけないし、ダメかと思い始めていました。

離れた日当りに黒っぽいものが動いて葉にとまったように見えました。
双眼鏡で確認。今日の本命かも…^^)v
飛ばないことを祈りながら急いで近づきます。
近くまでいって見上げると、本命でした。この季節としてはまずまずの個体です。
しかし、拙いことに間もなく飛び立ちました。
祈る気持ちで見ていると、幸運にも数m飛んでアザミに停まりました。
そして、色々なポーズを見せてくれました。

(a)メスグロヒョウモン♀(2009-09-26 寺家ふるさと村)
遂に見つけました。



(b)メスグロヒョウモン♀(2009-09-26 寺家ふるさと村)
裏面の淡い緑色もいいですね。



(c)メスグロヒョウモン♀(2009-09-26 寺家ふるさと村)
表面は青く光ります。




(d)メスグロヒョウモン♀(2009-09-26 寺家ふるさと村)



(e)メスグロヒョウモン♀(2009-09-26 寺家ふるさと村)



(f)メスグロヒョウモン♀(2009-09-26 寺家ふるさと村)
翅に若干の破損がみられますが、この時期、これ以上は望めません。





◆この日確認したヒョウモン類
・ツマグロヒョウモン♂10、♀3、<比較的きれいな個体が居ます。
・ミドリヒョウモン♂7、♀3、<すべてボロボロ。
・メスグロヒョウモン♂1、♀1、<♂はボロボロ。
・オオウラギンヒョウモン♀1 <ボロでしたが初撮り。

[197] メスグロヒョウモン(寺家)

2009-09-22 寺家ふるさと村(青葉区)(その1)

夏眠明けのヒョウモンを見にいってきました。
昼過ぎから4時間ほどの散策です。
その結果は、
・メスグロヒョウモン♂3頭、♀なし
・ミドリヒョウモン♂5頭、♀1頭
・ツマグロヒョウモン♂6頭、♀5頭
でした。ツマグロヒョウモン以外は、翅の破損した固体ばかりでした。破損の著しいミドリヒョウモンとメスグロヒョウモン♂の個体識別は写真判定になりました。幸い多数撮影したので、識別に問題はありませんでした。お陰様で両者の違いが良く判りました。相違箇所は、表面では、前翅中室の細長い小斑紋の形状、後翅の中央部の黒曲線がメスグロでは周囲の黒班と離れているのが特徴。

以下、数十枚撮った中で破損の目立たないショットを選びました(^^;)


(a)メスグロヒョウモン♂(2009-09-22 寺家ふるさと村)



(b)メスグロヒョウモン♂(2009-09-22 寺家ふるさと村)



(c)メスグロヒョウモン♂(2009-09-22 寺家ふるさと村)



この日確認した蝶は23種、個体数は105でした。ヒョウモン類以外の主な確認種は以下の通りです。()内は確認個体数。
・ヒメアカタテハ(1)
・ルリタテハ(1)
・アカボシゴマダラ(1)
・クロコノマ(1)
・ゴイシシジミ(1) <まだ居ました!
・クロヒカゲ(2)
・ヒメジャノメ(16)
・イチモンジセセリ(28)

ちょっと気になっていた第2化のオオチャバネセセリは時期が合っていないのか確認できませんでした。

心配された天気でしたが、時々陽も射して満足な散策になりました。ただ、メスグロヒョウモンの♀に出会えなかったのが残念です。来年は、夏眠前の個体を撮影したいと思います。





プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示