3216> ゴマダラチョウ(戸塚区)

在庫より

ゴマダラチョウが産卵に来ている様でした。距離があったので卵は確認できませんでした。
ゴマダラチョウ-7D2_0026
スポンサーサイト

3148> ゴマダラチョウ卵>幼虫(戸塚区)

在庫より:ゴマダラチョウの卵
~ 2013年5月26日 ~

(1)エノキの葉表にゴマダラチョウの卵。(産卵の現場を観察した人から教えてもらいました)
ゴマダラチョウ卵-IMG_6160
(2)拡大して見ると....。
ゴマダラチョウ卵-IMG_6104



(3)約3週間後の2013-06-18、卵のあった小さなエノキに体長25mm、28mmの2頭の幼虫がいました。
ゴマダラチョウ幼虫25㎜-IMG_3467



(4)その後、2013-06-30、2頭とも40mmほどの立派な終齢幼虫になっていました。
ゴマダラチョウ幼虫40mm-7D2_2779


2599> ゴマダラチョウ幼虫(戸塚区)

近場を散策 2013-01-09
~ 他力本願です ~

ゴマダラチョウの幼虫を見つけたという情報をMrさんからもらいました。
有難いことです。ところが何処にいるか判らなくなったって(^_^;)

でも安心。もう1頭見つかったそうで......。(発見者はSMくんだとか)

(1)落ち葉についているのを見つけたそうです。エノキの葉ですね。
ゴマダラチョウ幼虫-R0016442

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

2459> ゴマダラチョウ(和歌山県)

【やや速報】南紀遠征(その1) 2012-11-08~10
~ 初日:熊野那智大社 ~

先週、サツマシジミに会いたくて南紀に遠征しました。

最初の訪問先は熊野三山ひとつ熊野那智大社。
まずは熊野古道(大門坂)の感触を踏みしめます。

(1)まだ気温が低く蝶も期待できないようでした。
道端にエノキがあったので、ちょっとチェック。
ゴマダラの幼虫が見つかりました。暗かったのでピンボケ、手振れです(^_^;)
ゴマダラチョウ幼虫22mm-R0014917

(2)少し進むと......熊野古道らしいこんな道になりました。
大門坂(熊野古道)-R0014926

(3)長い上り坂の上に那智大社がありました。右の木はクスノキの大木。アオスジアゲハを連想しましたが姿はありませんでした。途中、サツマシジミらしい蝶を見かけましたが確認できませんでした。
那智大社-R0014943

(4)那智大社の近くから那智大滝が臨めます。一段の滝としては落差日本1位(133m)だそうです。
那智大滝-R0014955


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[807] ゴマダラチョウ(山梨県笛吹市)

2010-08-28~29大菩薩周辺(その15/end)

このシリーズの最後です。
1日目は嬉しい出会いで一杯でしたが、2日目は空振りばかりでした。
最後は、ゴマダラチョウです。エノキに産卵していました。写真は、エノキの隣の木で休憩しているようでした。
ゴマダラチョウ-Img_1832


◆初めての場所は、初めての蝶との出会いのチャンスがあります。
今回は、2日間で、ツマジロウラジャノメ、アカセセリ、キベリタテハの初撮りがありました。
また、出かけたいと思います。

[175] ゴマダラチョウ(三浦市)

一面の畑。そんな所で、ゴマダラに出会うとは思いませんでした。調べて見ると、小さなエノキが数本ありました。

(a)ゴマダラチョウ(2009-09-05 三浦市)



(b)ゴマダラチョウ(2009-09-05 三浦市)

[011] ゴマダラチョウ(金沢区など)

凛々しく格好イイ蝶です。

高い木のうえを悠々と飛んでいたり、一瞬で飛び去っていくゴマダラらしい蝶を何度も見かけました。ちょっとした森があれば、どこにでもいるのかもしれませんが、なかなか確証が得られませんでした。しかし、この日、虫たちが集まる樹液ポイント(2ヶ所)で発見。やっとアップの写真が撮れました。こういう場所を見つけることが撮影のポイントですね。そういう場所では、クワガタや他の蝶にもめぐり会えます。




(2008-08-16 横浜市金沢区。最初の2枚は氷取沢市民の森、3枚目は金沢自然公園)

アカボシゴマダラが、比較的ゆったり飛んで低く降りてくるのに対して、ゴマダラは力強く木の上を飛ぶことが多い感じがします。個体数については、確認のし易さも影響していますが、外来種のアカボシの方が遥かに多く見られます。



プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示