FC2ブログ

5023> ヒョウモンチョウの仲間が沢山

2019-07-30撮影

ヨツバヒヨドリなどの花にヒョウモンチョウの仲間が沢山集まっていた。

一番多いのが、ミドリヒョウモン。
e-ミドリヒョウモン♂A-2019-07-30tn-M1300244 e-ミドリヒョウモン♀B-2019-07-30TN-M1300003
ミドリヒョウモン♂(左)、ミドリヒョウモン♀(右)

そして、ウラギンスジヒョウモン。多分、ヤマウラギンヒョウモン。
e-ヤマウラギンヒョウモン-2019-07-30tn-M1300648

嬉しかったのが、クモガタヒョウモン。♂・♀それぞれ裏表を撮ることができた。
e-クモガタヒョウモン♂A-2019-07-30TN-M1301336 e-クモガタヒョウモン♂B-2019-07-30TN-M1300920
クモガタヒョウモン♂

e-クモガタヒョウモン♀A-2019-07-30TN-M1302079 e-クモガタヒョウモン♀B-2019-07-30TN-M1300420
クモガタヒョウモン♀

ギンボシヒョウモン(今季73種目)も見られた。
e-ギンボシヒョウモンB-2019-07-30TN-M1301218


ミドリシジミも見られた。
e-ミドリシジミ♀B-2019-07-30TN-M1300056


トンボも。

名前は別途調査
未同定のトンボ-2019-07-30tn-M1301589


オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ-2019-07-30tn-M1301700












スポンサーサイト



3101> ギンボシヒョウモン(北海道)

北海道遠征(30) 2013/07/09~26

道東で目立ったヒョウモンと言えば、ギンボシヒョウモン、メスグロヒョウモン、コヒョウモン、ミドリヒョウモンです。この他に北海道固有種のホソバヒョウモンとカラフトヒョウモンです。

(1)ギンボシヒョウモン-7D2_5104

(2)ギンボシヒョウモン-7D2_5116

(3)ギンボシヒョウモン-7D2_5417

2213> ギンボシヒョウモン(山梨県)

山梨で探蝶(その4)2012-08-17

ヒョウモン類も多く見られた。
一番多いのはウラギンヒョウモンだったが、擦れた個体ばかりだった。
そんな中で、綺麗な個体はギンボシヒョウモンのようだった。

(1)
ギンボシヒョウモン-IMG_7810

(2)
ギンボシヒョウモン-IMG_7813


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

2052> ギンボシヒョウモン(北海道)

2012-06-27~07-04 北海道遠征(その2)
~ まずはリンゴシジミのポイント ~

最初のポイントは、リンゴシジミのポイント。
スモモの木はすぐにわかりました。
しかし......いません(^_^;)

周辺も探しました。スモモらしい木もありましたが、いません(^_^;)
結局見つかりませんでした。どうやら根こそぎ採集されてしまったようです。

(1)慰めるようにでてきたギンボシヒョウモン。
ギンボシヒョウモン-IMG_1495

(2)翅表だけでは同定が難しいですが、上の写真と同一個体です。
ギンボシヒョウモン-IMG_1497



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1307> ギンボシヒョウモン(北海道)

2011-07-04~10 北海道遠征(その20)
~ オオイチモンジの林道 ~

最初に出てきてくれたのが、ギンボシヒョウモンでした。

(1)
ギンボシヒョウモン-Im4_8121

(2)
ギンボシヒョウモン-Im4_8152

(3)
ギンボシヒョウモン-Im4_8176



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[797] ギンボシヒョウモン(山梨県甲州市)

2010-08-28~29大菩薩周辺(その5)

ここでは多くのヒョウモンが見られ、ミドリヒョウモン、ギンボシヒョウモン、ウラギンヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモンの4種の確認ができました。

ギンボシヒョウモンとウラギンヒョウモンは、注意しないと間違いやすいです。

ギンボシヒョウモン-Im0_1244

ギンボシヒョウモン-Im0_1259

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示