[148] ホソオチョウ(狭山丘陵)

2009-08-22 狭山丘陵(その1)

AkakokkoさんShinさんにも同行していただき、狭山丘陵に行ってきました。
以前から計画していたホソオチョウの観察が目的です。

教えていただいていた場所に到着すると、いきなり♀が目に入りました。証拠写真を撮った直後、また飛び立ったので、3人であとを追うと、ホソオチョウだったはずの個体がシオカラトンボに変わりました。見失ったようです。と思ったら、シオカラトンボがホソオチョウを咥えていました(^^;)

その後、次々とホソオチョウが現れましたが、どれも色の黒っぽい♀です。そんな時、現地でお会いした方が♂を見つけてくれました。みんなそちらへと移動しました。ひらひらとゆっくり飛んで、停まりそうで停まらない。停まれ!と思っていたら、またもやホソオチョウがシオカラトンボに変身しました。(折角見つけた♂の個体はシオカラトンボにつかまってしまいましたTT)

放蝶行為は自然界のバランスを崩すことになりますから、やってはいけないと思います(それを見て喜んでいる我々にも罪はあるかもしれません…)。人為的に外来種が持ち込まれ、局所的にその勢力を拡大する。それを在来種であるシオカラトンボが食べる。こんな食物連鎖によって、人為的に崩されたバランスを少しずつ適切な均衡状態へと変化して欲しいと思いました。ちょっと複雑な思いです…。ジャコウアゲハへの影響も懸念されるところですが、ジャコウアゲハも多数飛んでいましたので、まだ心配はなさそうです。ただし、ウマノスズクサには、多数のホソオチョウの幼虫・蛹(20頭くらい)、同時にジャコウアゲハの幼虫・蛹(数頭)も観察できましたので食草を取り合っているのは事実です。

有害外来種といわれているものの、ゆったりと緩やかに飛ぶその姿は妖精のように見えました。


(a)ホソオチョウ♀(2009-08-22 狭山丘陵)
飛び方は弱々しくゆったり。大きさはモンシロチョウくらい。



(b)ホソオチョウ♀(2009-08-22 狭山丘陵)
細長い尾が風で動きました。



(c)ホソオチョウ♂(2009-08-22 狭山丘陵)
オスは、全体的に白っぽい。



(d)ホソオチョウ♂(2009-08-22 狭山丘陵)



(e)ホソオチョウ(2009-08-22 狭山丘陵)
ウマノスズクサを食べる幼虫。



(f)ホソオチョウ♂(2009-08-22 狭山丘陵)
シオカラトンボが捕食。頭から食べているようです。そういえば、1ヶ月ほど前にも、ムラサキシジミがトンボに捕食されていました。



★結局、ホソオチョウ、ジャコウアゲハとも、10頭以上の個体が確認できました。

★実はこの場所は、舞岡(ゼフの観察が目的)で6月にお会いした三鷹在住の方に、教えていただきました。改めて感謝いたします。ホソオチョウは極限られた場所にしか居ないため、ポイントを知らないと観察不可能でした。
スポンサーサイト
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示