4750> 石垣島遠征(19):リュウキュウミスジ

<撮影課題> リュウキュウミスジの全ステージ撮影

簡単に思えたリュウキュウミスジであるが、幼虫が見つかったのは6月に入ってから。
石垣入りしてから20日ほど経った6/4だった。

この日は、イワカワシジミを探していた。
この日も、タイワンクズを見つけたので習慣的にリュウキュウミスジの幼虫の食痕を探す。
何が食痕らしいものが......。そして葉の先端付近の主脈が太くなっているような......。

1脚を車からだして、蔓を下げる。
いた! 感動!
384-リュウキュウミスジ2齢幼虫6mm-2018-06-04P1100642

更にその日は、別の場所のタイワンクズの葉上に卵を発見。
192-リュウキュウミスジ卵s-2018-06-04-P1100667
(この卵は孵化しなかった)

飼育を開始した。幼虫はコミスジのそっくりさん。
384-リュウキュウミスジ終齢幼虫27mm-2018-06-15-P1110049

蛹もコミスジと同じに見える(^_^)v
384-リュウキュウミスジ蛹b-17_5mm-2018-06-19-P1110080


というわけで、課題クリアーである。

リュウキュウミスジ、ヤエヤマイチモンジは、コミスジと同じ独特の食痕を残すので比較的易しい課題であったが苦戦した。
まだまだ、力不足である。















スポンサーサイト

4749> 石垣島遠征(18):ヤエヤマイチモンジ

<撮影課題> ヤエヤマイチモンジの全ステージ撮影

初めてこの蝶を見たときの感動は忘れない。7年前。
西表島で帰りの船の時間が近づいていた。
黒くて素早いというのがその時に印象だった。

今回、何とヤエヤマイチモンジの多いことか!
普通種だったんだ!と改めて思う。

さて、卵・幼虫の探索を始める。
食樹は、アカミズキとヤエヤマコンロンカ。
石垣の森のどこでも見られる。
しかし、幼虫は見つからない。
....................

於茂登林道で幼虫を探していると、♀が目の前に飛んできて産卵を始めた。
これが卵の初見・初撮り。
192-ヤエヤマイチモンジ卵s-2018-05-24-@YDM-P1090988

持ち帰って飼育をスタート。

その後も幼虫探しは続き、幾つか見つかった。

あるとき気がついた。幼虫は暗いところで見つかる。明るいところでは見つからないことがわかった。
力不足を痛感した。これ以降は、次々と見つかった。若齢、中齢、終齢と見つかるようになった。

初齢
384-ヤエヤマイチモンジ初齢1_8mm-2018-05-29-P1100283

4齢
384-ヤエヤマイチモンジ幼虫25mm-2018-06-06-P1100736

終齢
384-ヤエヤマイチモンジ終齢40mm-2018-06-05-P1100680

飼育中の個体は蛹になった。
384-ヤエヤマイチモンジ蛹b-25mm-2018-06-07-P1100884
普通なら羽化を待つところだが、石垣島を去る前に全てフィールドに戻した。

という訳で、本課題はクリアーできた。







4705> 石垣島レポート(その31)

11/19最終日(翌11/20は移動日)。
生憎の暑い曇り空。
気温も下がった。

今日は蝶はあまり期待できそうにないので、気になっていた場所に行ってみた。
オオイワガネがあったのでながめていると、ヤエヤマムラサキが停まっていた。
やはり卵を守っていた。

卵が天敵にやられないように守っているのである。
何日も守り続けるのだそうだ。健気なものでだ。
ヤエヤマムラサキ母蝶+卵塊-2017-11-19石垣島-P1070308
この個体が産んだものかは判らないが、下側の葉にも多数の卵が見える。

この後に行った場所。先日もヤエヤマムラサキの産卵を確認した場所であるが、ここでも母蝶を2頭見つけた。
1頭目は卵を見守り中だった。
ヤエヤマムラサキ母蝶+卵塊-2017-1-19石垣島-P1070356

地面に近い位置にもう1頭いた。卵は無かったが、すぐ近くの葉裏には6~7mmの若齢幼虫がいた。
384-ヤエヤマムラサキ幼虫6mm-2017-11-19石垣島-P1070350

更に少し上には、20頭ほどの終齢幼虫も見られた。体長は50mmくらいあったので蛹化も近いだろう。
384-ヤエヤマムラサキ終齢幼虫50mm-2017-11-19-P1070365

これで、今回の遠征のレポートはお終いであるが、写真の整理を進めながら、補足していくつもりである。






続きを読む

4692> 石垣島レポート(その18)

石垣島滞在18日目(11/6)
竹富島に行くことにした。

風は強かったが、天気は良かった。
しかし、いつもよりチョウが少ない。

リュウキュウムラサキ♂A-2017-11-06竹富島-M1m28636

リュウキュウムラサキは、黒い翅に白い斑紋。
ブルーの斑紋が見える位置に回り込んで撮影した。

<追記>
同じ個体の別の写真
リュウキュウムラサキ♂-2017-11-06竹富島-M1m28556

シーサーを見ながら歩くのも悪くない。
シーサー竹富島-2017-11-06-M1m28499
シーサー竹富島-2017-11-06-M1m28495
シーサー竹富島-2017-11-06-M1m28501
個性があって面白い。




4678> 石垣島レポート(その4)


台風21号が通過して、チョウの数が増えました。
今回は3枚だけ。

リュウキュウムラサキ♂。ブルーの斑紋が浮き上がりました。
撮影角度によっては、白と黒に見えます。この角度でやっとブルーが浮き出ました。
リュウキュウムラサキ♂A-2017-10-23石垣島-M1m27358

ヤエヤマムラサキ♂。渋い(^_^;)
ヤエヤマムラサキ♂A-2017-10-23石垣島-M1m27667


ヤエヤマムラサキ♀。
ヤエヤマムラサキ♀A-2017-10-23石垣島-M1m27433





4609> 感動の卵1ポイント

以前から、卵・幼虫・蛹のそれぞれについて、初撮りを1ポイントとして、年間の目標を設定している。
地元の普通種が撮影済みになってくるにつれ、ポイントゲットが難しくなってきている。

メスグロヒョウモンは、昨年産卵の現場に遭遇したが、卵を見つけることができなかった。
今回も同じ場所で母蝶を探す。時刻は10:00過ぎ。まだチョウは活性上がっていないらしく。何もいない。

他の場所を一回りして、同じ場所に戻ったが、何もいない。

別の場所に移動すると、メスグロヒョウモン♂がアザミに来ていた。しかし、♀の姿はない。

再度、最初の場所へ戻ってお握りを食べることにした。
ベンチに座ってじっくり待つことにした。
間もなく待望のメスグロヒョモンの♀がやってきた(12:15ころ)。
弱々しく飛んで、7~8m離れた下草にとまった。
間もなく飛び上がって、その上の桜の木の幹に停まった。
ここで撮影しようとすると、産卵場所が判らなくなる。
昨年の失敗から今回は双眼鏡で観察。
視野内で停まった場所を記憶したつもり。
10秒も立たないうちに飛び立って姿を消した。

停まった場所は下の画像のほぼ中央あたりだったはず。
メスグロヒョウモン産卵場所a-2016-10-07四季の森-P1000824
近づいてみる。高さは地面から190㎝ほど。手を伸ばせば何とか撮影も可能な位置ではあるが、身長が足りないのでルーペで探すこともできない。

やはり産卵しなかったのかと諦めかけたが、もう一度見てみた。
卵らしい点があった!中央部分を拡大してみると......卵は黄色↑の位置。判りますか?)。 
メスグロヒョウモン産卵場所b-2016-10-07四季の森-P1000824
図鑑によると直径0.7mm、高さ0.8mmである。
老眼にとってはかなり辛い。
192-メスグロヒョウモン卵0_7R-2016-10-07四季の森-P1000841 192-メスグロヒョウモン卵0_8H-2016-10-07四季の森-P1000829

これで卵ポイントが1つ増えた(^_^)v

撮影まで2年越しです。観察のヒントを与えてくれたfanseabさんの記事のお陰です。

上の事情により、母蝶は撮影できませんでした。




4586> ウラギンヒョウモン(長野県)

先週末、長野に行ってきた。

◆今年は雪解けが早かったので、そろそろベニヒカゲが出るころかと思ったからだ。
結果は、数頭確認できただけで、まったく撮影できなかった。
お握りを食べてるときに撮影チャンスがあったけれど.....(^_^;)

◆同じ場所で時期は過ぎたと思っていたミヤマモンキは、まだ多く見られた。

◆コヒョウモン、ウラギンヒョウモンは破損が目立つ個体が多かった。

ウラギンヒョウモン♂表:
ウラギンヒョウモン-2016-07-30長野県-P1340315
ウラギンヒョウモン♂裏:
ウラギンヒョウモン-2016-07-30長野県-P1340309
ウラギンヒョウモン♀裏: これが唯一の新鮮個体。表面は撮影できなかった。
ウラギンヒョウモン-2016-07-30長野県-P1340279






4494> チョウの羽化は感動的。

狭山丘陵から持ち帰ったスミナガシの幼虫が羽化した。
スミナガシは、和を連想させる独特の模様が美しい。
1頭目が9/14、2頭目が9/16羽化した。


時間をさかのぼって、8/22に見つけた幼虫(3齢?、10mmほど)。小さな角がある。
192-スミナガシ幼虫10mm顔-2015-08-23-OMD01478384-スミナガシ幼虫10mm-2015-08-22狭山-OMD01284

その4日後(8/26)、脱皮して写真の様に少し長い角になった。
192-スミナガシ幼虫(頭)23mm-2015-08-22狭山-OMD01322384-スミナガシ幼虫23mm-2015-08-22狭山-OMD01318

更に4日後(8/30)、脱皮して立派な角になった。大人に変身した感じ。
384-スミナガシ幼虫26mm(顔)-2015-08-23-OMD01344384-スミナガシ幼虫26mm-2015-08-23武蔵村山-OMD01364

終齢期間7日を経て、9/6蛹化した。
384-スミナガシ蛹30mm側-2015-09-07-OMD02959384-スミナガシ蛹30mm背-2015-09-07-OMD02961384-スミナガシ蛹30mm腹-2015-09-07-OMD02956

そして、9/14、1頭目が羽化。実はそのまま越冬に入ると思っていた。羽化前日、全体的に幾分黒ぽくはなっていたが、羽化の前兆とは思わなかった。翌朝、羽化していたので驚いた(前翅長32mm)。窓に停まって開翅したところを撮影。
スミナガシ1羽化-2019-09-14- OMD03585
2頭目の羽化は2日後だった。蛹期は1頭目と同じ8日間だった。2頭目は1頭目よりも一回り大きい個体だった(前翅長38mm)。
スミナガシ2羽化-2015-09-16-OMD03862

4482> リュウキュウミスジ(石垣島)

八重山遠征(その51/end)
2015-05-20撮影

普通種ながら、新鮮個体は美しい。
以下の2枚は同一個体。
後翅前縁部の翅脈が細いことから♀と判定できる。
384-リュウキュウミスジ♀裏-2015-05-20石垣-7D2_2473
384-リュウキュウミスジ♀表-2015-05-20石垣-7D2_2460

4478> イワサキタテハモドキ♂(石垣島)

八重山遠征(その47)
2015-05-20撮影

初めてこのチョウを見た時には、手が震えるほどの感動を思えたが、最近はカメラも向けなくなってきている。
今回は、♂♀裏表の撮影を意識して、カメラを向けた。
多分これまでは、♂の裏面の写真はなかった。

イワサキタテハモドキ♂裏:♀に比べて、黒っぽく見える。占有行動中だったので♂に違いない。
384-イワサキタテハモドキ♂裏-2015-05-20石垣-7D2_2705

4459> キミスジ(石垣島)

八重山遠征(その29)
2015-05-16撮影

今回はキミスジが少なかった。端境期だったのだろう。
確認したのは、この個体を含めて2頭か?
占有行動中だったので♂だろう。
384-キミスジ♂裏-2015-0516石垣-7D2_0066

4456> スミナガシのお出迎え(石垣島)

八重山遠征(その26)
2015-05-16撮影

与那国島の探チョウを終えて、5月15日の夜の石垣島に戻った。
東京のMさん、Nさん、YODAさん、案山子さんと合流です。
13日から一緒に行動してきたTさんを含め総勢6名の調査隊(^_^;)

まずは、この時期の本命のアサヒナキマダラを狙う。
最初のポイントでは、
................
................
いない。予想もしていなかった事態に、不安がよぎる。

第2ポイントに移動するも................、
いない。
不安から焦りに変わってきた。
そもそもこの時期を選んだのは、アサヒナキマダラセセリを撮影を優先したからである。
(つづく)

最初のポイントで出迎えてくれたスミナガシ。
384-スミナガシ♂裏-2015-05-16石垣-7D2_9491
384-スミナガシ♂表-2015-05-16石垣-7D2_9539
スミナガシは、確か本土のものとは別亜種だったはずだが、何処が違うのか判らない。

4455> リュウキュウムラサキ(与那国島)

八重山遠征(その25)
2015-05-15撮影
今回は端境期だったのか、リュウキュウムラサキを見なかった。
これが8日間で見た唯一の個体。
リュウキュウムラサキ♂-2015-05-15与那国-7D2_8659

4449> タテハモドキ(与那国島)

八重山遠征(その19)
2015-05-15撮影

タテハモドキ♀表
384-タテハモドキ♀表-2015-05-15与那国-7D2_8922

タテハモドキ♀裏
384-タテハモドキ♀裏-2015-05-15与那国-7D2_8867

4445> シロミスジ(与那国島)

八重山遠征(その15)
2015-05-15撮影

与那国に行ったら押さえておきたいチョウが、シロミスジ、タイワンモンシロ、タイワンシロチョウの3種だ。
今回は、タイワンモンシロには会えなかった。
シロミスジ♀裏。(交尾写真から切り出し)
384-シロミスジ♀裏-2015-05-15与那国-7D2_8717
シロミスジ♂裏。占有行動をしていたので、♂とわかる。また、前翅の先端の尖り具合も♂であることを示している。
384-シロミスジ♂裏-2015-05-15与那国-7D2_8778

2頭が低く絡んで飛んでいて、地面近くに落ちたように見えた。辺りをさがすと繋がっていた。
♂の翅が傷んでいるのが残念。
シロミスジ交尾-2015-05-15与那国-7D2_8706

4433> イシガケチョウ♂?(沖縄)

八重山遠征(その3)
2015-05-13撮影

同一個体の裏と表を撮るのは結構手間がかかる。
384-イシガケチョウ♂表-OMD02437
384-イシガケチョウ♂裏-OMD02394

4429> ルリタテハ♂(栄区・磯子区)

2015-04-06撮影(栄区)
前翅が細目で占有行動をしていたので♂。
ルリタテハ♂裏-2015-04-06-OMD08977

2015-04-12撮影(磯子区)
同じく前翅が細目で占有行動をしていたので♂。表面に微かにスバル斑がある。
384-ルリタテハ♂-2015-04-12-OMD09597
384-ルリタテハ♂裏-2015-04-12-OMD09617

4420> ヒオドシチョウ(横浜市緑区)

2015-03-28撮影

少し大きめのオレンジ色が見えた。
ヒオドシを期待して、その場所に近づいた。
地面に停まってるヒオドシが見えた。
ヒオドシチョウ♀表-7D2_4391
腹部が短めでふっふらしている感じは♀でしょうか。

4415> キタテハ♀(戸塚区)

2015-03-26撮影

産卵しているらしいキタテハを見つけた。追跡して表面と裏面を撮影した。
キタテハ♀-2015-03-26-7D2_3996
キタテハ♀裏-2015-03-26-7D2_4028

4410> ルリタテハ(栄区)

気温も上がり、ルリタテハが元気よく飛び出した。
2015-03-24撮影
ルリタテハ-OMD07434

2015-03-26撮影
ルリタテハ-7D2_4136
ルリタテハ-7D2_4300

4394> キタテハも飛び出す(戸塚区)

2015-03-05撮影
暖かさに誘われ、チョウが飛び始める。
キタテハ-OMD05532

4303> ルリタテハ(栄区)

2015-01-5撮影

暖かい陽射しを浴びて、現れました。久し振りです。
ルリタテハ-IMG_6998

4283> オオムラサキ越冬幼虫(神奈川県)

2014-12-27、日本チョウ類保全協会のオオムラサキの幼虫調査(神奈川県西部)に出かけました。
現地9時に集合し、与えられた区域を3人で15:00過ぎまで必死に探しました。急斜面の藪を漕いでエノキを次々に探しましたが、幼虫が見つかったのは数本のエノキだけ。成果は、オオムラサキ幼虫12頭とアカボシ1頭に終わりました。

この木では10頭のオオムラサキ幼虫が見つかりました(見つかった幼虫をまとめて撮ってます)。
オオムラサキ越冬幼虫-OMD03109
その部分
オオムラサキ越冬幼虫-OMD03111

4222> コミスジ幼虫(戸塚区・栄区)

2014-11-27撮影

継続観察中のコミスジ幼虫。枯葉の中に潜り込んで、越冬態勢に入った。無事に春を迎えて欲しい。
コミスジ終齢幼虫-OMD02753
こちらも継続観察中のコミスジ幼虫。まだ摂食中のようだった。
コミスジ終齢幼虫-OMD02756
その拡大。
コミスジ終齢幼虫-OMD02763

4216> コミスジ幼虫

2014-11-24撮影

今季6頭目のコミスジ(幼虫)。成チョウが少なくなってくると、幼虫探しになってしまいます。この日も道端のクズに怪しい食痕が目に入った。直ぐに幼虫が見つかった(垂れ下がったところに)。
コミスジ幼虫-OMD02688
拡大して見ると。
コミスジ幼虫-OMD02695

4207> アカタテハ♂(横須賀市)

2014-11-19撮影

この子も大楠山山頂にいました。時折りヒメアカタテハと絡んでいました。
これだけ寒くなると、主役は越冬タテハ類です。
アカタテハ-IMG_9846

4206> ヒメアカタテハ(横須賀市)

2014-11-19撮影

大楠山の山頂に着くと、この子がお出迎え。テリハリしていたので♂でしょうか。
ヒメアカタテハ-IMG_9838

4202> コミスジ終齢幼虫(戸塚区)

2014-11-15撮影

成チョウの姿を見る頻度が減ってくると、気がつくと幼虫を探している(^_^;)。
コミスジは、何度か登場しているが再登場。

クズの3枚の葉のうち、中央と右の葉の付け根が噛まれていて、垂れ下がった感じになっている。良く見ると幼虫がいた。
コミスジ終齢幼虫-OMD02465
上の写真の部分を拡大。
コミスジ終齢幼虫(拡大)-OMD02465
この場所は、小川の上にある。葉っぱが落ちるとまずい。心配........。

4196> イシガケチョウ幼虫(生物園)

撮影日:2014年11月中旬
場所:足立区生物園

大温室の中でイシガケチョウの幼虫27mmを見つけた。
何とも不思議な形(^_^;)
イシガケチョウ幼虫27mm-OMD01731

4191> コミスジ幼虫(戸塚区)

2014-11-08撮影

コミスジの幼虫はしばしば、クズの葉の根元を噛む。
この結果、葉が根元から折れ曲がるように垂れ下がる。

この場合も、怪しいと感じた。枯葉そっくりな見事な擬態を見破れるだろうか。
コミスジ幼虫-OMD01625
中央部を拡大してみると2頭ならんでいるのがわかる。
コミスジ幼虫-OMD01628


プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示