4494> チョウの羽化は感動的。

狭山丘陵から持ち帰ったスミナガシの幼虫が羽化した。
スミナガシは、和を連想させる独特の模様が美しい。
1頭目が9/14、2頭目が9/16羽化した。


時間をさかのぼって、8/22に見つけた幼虫(3齢?、10mmほど)。小さな角がある。
192-スミナガシ幼虫10mm顔-2015-08-23-OMD01478384-スミナガシ幼虫10mm-2015-08-22狭山-OMD01284

その4日後(8/26)、脱皮して写真の様に少し長い角になった。
192-スミナガシ幼虫(頭)23mm-2015-08-22狭山-OMD01322384-スミナガシ幼虫23mm-2015-08-22狭山-OMD01318

更に4日後(8/30)、脱皮して立派な角になった。大人に変身した感じ。
384-スミナガシ幼虫26mm(顔)-2015-08-23-OMD01344384-スミナガシ幼虫26mm-2015-08-23武蔵村山-OMD01364

終齢期間7日を経て、9/6蛹化した。
384-スミナガシ蛹30mm側-2015-09-07-OMD02959384-スミナガシ蛹30mm背-2015-09-07-OMD02961384-スミナガシ蛹30mm腹-2015-09-07-OMD02956

そして、9/14、1頭目が羽化。実はそのまま越冬に入ると思っていた。羽化前日、全体的に幾分黒ぽくはなっていたが、羽化の前兆とは思わなかった。翌朝、羽化していたので驚いた(前翅長32mm)。窓に停まって開翅したところを撮影。
スミナガシ1羽化-2019-09-14- OMD03585
2頭目の羽化は2日後だった。蛹期は1頭目と同じ8日間だった。2頭目は1頭目よりも一回り大きい個体だった(前翅長38mm)。
スミナガシ2羽化-2015-09-16-OMD03862
スポンサーサイト

4456> スミナガシのお出迎え(石垣島)

八重山遠征(その26)
2015-05-16撮影

与那国島の探チョウを終えて、5月15日の夜の石垣島に戻った。
東京のMさん、Nさん、YODAさん、案山子さんと合流です。
13日から一緒に行動してきたTさんを含め総勢6名の調査隊(^_^;)

まずは、この時期の本命のアサヒナキマダラを狙う。
最初のポイントでは、
................
................
いない。予想もしていなかった事態に、不安がよぎる。

第2ポイントに移動するも................、
いない。
不安から焦りに変わってきた。
そもそもこの時期を選んだのは、アサヒナキマダラセセリを撮影を優先したからである。
(つづく)

最初のポイントで出迎えてくれたスミナガシ。
384-スミナガシ♂裏-2015-05-16石垣-7D2_9491
384-スミナガシ♂表-2015-05-16石垣-7D2_9539
スミナガシは、確か本土のものとは別亜種だったはずだが、何処が違うのか判らない。

3875> スミナガシ(石垣島)

沖縄遠征(83)
~ 石垣島 ~

スミナガシ-IMG_3536

スミナガシ-IMG_3540


3049> スミナガシ(石垣島)

八重山を探索(38) 2013-06-24~29
~ 5日目(6/28) ~

スミナガシは沖縄では初見。林道の地面にいました。
2枚撮影しただけで、消えてしましました。
スミナガシ-IMG_2099
* ただいま北海道遠征中です。コメントにはお答えできませんのでご了承ください。

2222> スミナガシ(山梨県)

山梨で探蝶(その13/end)2012-08-18

この日、初めて見つけたポイントでは、スミナガシに出会いました。数枚撮ったところで飛ばれてしまいました。スミナガシは掲載回数が少ないので、もっとじっくり撮りたいところです。

(1)後翅に欠損がありました。
スミナガシ-IMG_8048
このポイントを見つけたのが今回の収穫です。
ここではオオムラサキも多く、時期を変えて是非また訪れたいと思います。

この後、雨になったため早めの撤収になりました。
お蔭で酷い渋滞には巻き込まれませんでした。

結局、2日間とも午前中は晴れで、午後は雨となりました。
目論んでいた初撮りは無しに終わりましたが、それなに楽しめた遠征になりました。
Uさんお疲れ様でした。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[785] スミナガシ(神奈川県)

20101-08-14 神奈川県の林道(その7/end)

スミナガシ-Im0_0854

[708] スミナガシ(八王子市)

2010-07-10 八王子市高尾山

この日は、1頭だけ顔を見せてくれました。
スミナガシ-Im6_7640

[101] スミナガシ(高尾山)

高尾山にて(その2)

オオムラサキと一緒に、樹液を吸いにきていたのは、
スズメバチ、クワガタ、カナブン、ルリタテハ、アカタテハ、ヒカゲチョウ、クロヒカゲ、そして、スミナガシでした。スミナガシは、翅を開いて停まるので、開翅シーンは容易に撮れました。むしろ、閉じた写真がなかなか撮れませんでした。

(a)スミナガシ(2009-07-19 高尾山)
特徴的な赤い口吻。



(b)スミナガシ(2009-07-19 高尾山)
左右から攻められても…。



(c)スミナガシ(2009-07-19 高尾山)
クワガタ接近で、翅を動かして応戦。



(d)スミナガシ(2009-07-19 高尾山)
今度は、大スズメバチ接近。

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示