4247> ジャノメチョウが孵化

2014-12-04撮影

8月31日に産卵を確認して持ち帰った卵がこの日孵化した。
卵期は2ヵ月程度と思っていたが、95日だった。
もうダメだと思っていたので、少し待って廃棄するつもりだった。

この日、卵を入れていた小さなシャーレを覗くと、卵が空になっていた。
ジャノメチョウ卵(抜け殻)-OMD02849
更に探すと、体長2.5mmほどの幼虫がいた。
ジャノメチョウ初齢幼虫2_5mm-OMD02872
慌ててススキを採りにいてきたが、餌を食べる様子はなく、糞も見当たらない。結局そのまま越冬に入ったようだ。無事に越冬できるか心配だ。






スポンサーサイト

4213> ジャノメチョウ孵化

8/31に産卵されたジャノメチョウ卵は、何も変化なく2ヶ月が過ぎた。原色日本蝶類幼虫大図鑑〈第2巻〉 (1962年) によるとジャノメチョウの卵期は約2ヶ月との記載があったので、果たして正常に孵化するか心配になっていた。11/15、卵に変化が見られた。どうやら目と口と思われる模様が透けて見えてきた。当初顔かどうか判らなかったが、数日後、顔らしく見えてきた(写真は11/20撮影)。ちょっと不機嫌そうな顔に見える。
ジャノメチョウ卵-OMD02663
いよいよ孵化が近いと思って、毎日期待していたが、2週間が過ぎても孵化しない。期待が落胆に変わってきた。もう少し待って処分しようと思っていた。ところが、12/4卵は殻になっていた。感動!
ジャノメチョウ卵(抜け殻)-OMD02849
シャーレの中を探すと、幼虫(体長2.5mm)がみつかった(^_^)/
ジャノメチョウ幼虫(初齢)2_5mm-OMD02874
その後、この幼虫は餌を食べている様子はなく、糞も見当たらない。どうやら越冬に入ったようだ。上記幼虫大図鑑によると、自然状態でも1~2齢で越冬するらしい。

これからも大変だ(^_^;)

4112> ジャノメチョウの産卵(栄区)

2014-08-31撮影

ジャノメチョウは、卵を食草などに産み付けるのではなく、産み落とすという、特異な性質を持つ。
これを観察したくて、近ごろジャノメチョウ♀を追いかけてきた。
しかし、なかなか産卵の場面に出会えずこの日まできた。

今日もまた、ジャノメチョウを見つけると後をつけ、停まったところにゆっくり近づいて産卵を待つ。
地面から10cmほどの草に停まったジャノメチョウ♀は特に動きが無くかったが、待っていると翅を開いた。
その時、白いものが下に落ちたような気がした。産み落としたのかもしれない。
ジャノメチョウ♀-OMD04503
母チョウが移動した後、真下を調べて見ると白い点があった。
ジャノメチョウ卵-OMD04509
拡大してみるて、歪な球形の卵だった。
ジャノメチョウ卵-OMD04507
探し始めて3週間、やっとみつけたジャノメチョウの卵だ。
(残念ながら産卵の瞬間は撮影できなかったが、次回の課題としたい。)

(この記事は、日本チョウ類保全協会のBLOGに掲載した記事とほぼ同じです)



4105> ジャノメチョウ交尾(山梨県)

2014-08-24撮影

これも「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさん「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんが見つけてくれました。
ジャノメチョウ交尾-OMD04160

そういえば、今年の課題:ジャノメチョウの産卵の観察できないなぁ~。卵も撮りたいけれど........。
来年かな。

4077> ジャノメチョウ(栄区)

舞岡公園ではジャノメチョウは殆どみられなくなった。今年も確認できなかった。
栄区の森に行ってみると、ジャノメチョウはまだ健在。
時期的に♀だけだったが、嬉しくなって撮影した。
この環境がいつまでも維持されることを祈りたい。

2014-08-08撮影
ジャノメチョウ♀-OMD02786
ジャノメチョウ♀-OMD02792

2014-08-14撮影
ジャノメチョウ♀-OMD03121

ジャノメチョウは、卵を食草に産み付けるのではなく、産み落とすという変わった習性があるらしいい。
これを観察したくて♀を追い回してきたが、その瞬間を見ないまま来期になりそうだ。


3126> ジャノメチョウ(北海道)

北海道遠征(55) 2013/07/09~26

ひょっこり出てきました。
これが北海道滞在中に見た唯一のジャノメチョウです。

(1)ジャノメチョウ♂(7/20札幌)
ジャノメチョウ-IMG_7516

2266> ジャノメチョウ(山梨県)

富士山麓へ(その7)2012-09-02

(1)愛らしいジャノメチョウ♀@ヒヨドリバナで吸蜜。このソフトな配色が好きです。
ジャノメチョウ-IMG_0113
またしても、開翅は撮れませんでした。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

2212> ジャノメチョウ♀(山梨県)

山梨で探蝶(その3)2012-08-17

草原に出ると、ジャノメチョウが沢山飛んでいた。
あまり撮影していない♀の姿も結構見られた。

(1)ジャノメチョウ♀
ジャノメチョウ♀-IMG_7805

(2)ジャノメチョウ♀
ジャノメチョウ♀-IMG_7824


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

2189> ジャノメチョウ(山梨県)

ジャノメチョウ-IMG_7132
富士山麓(その3)2012-08-11

(1)沢山いたジャノメチョウですが、結構敏感、あまり撮影できませんでした。確認したのはすべて♂、♀は確認で見ませんでした。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1398> ジャノメチョウ♀(山梨県)

2011-08-15 富士山麓を散策
~ 観察会その9 ~

ジャノメチョウが最盛期でした。
草原に分け入ると、次々と出てきました。
しかし、撮影となると敏感なので結構大変。

(1)
ジャノメチョウ-Im5_8651

(2)上の(1)と同一個体。
ジャノメチョウ-Im5_8652



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[716] ジャノメチョウ、今年初見(金沢区)

2010-07-17 氷取沢市民の森~金沢自然公園(その3)

今日の一番の目的はジャノメチョウの確認でした。
期待通り多数の個体を確認できました。
しかし、撮り易い場所に停まらないので、苦戦しました。

ジャノメチョウ-Im6_7884

[086] ジャノメチョウ(平塚)

ジャノメチョウ科の代表選手「ジャノメチョウ」。
昨年8月から散策を開始した私にとって、8月に舞岡で1度だけ見かけただけで、それ以降はゼロでした。

今回最初に立ち寄った、平塚の北西部でジャノメチョウに遭遇しました(今年初)。たぁ~くさんいました。新鮮な個体が多く、畑の横の空き地で次々に出てきました。

(a)ジャノメチョウ(2009/07/04 平塚市)朝の時間帯は、停まるとすぐに翅を広げました。むしろ閉じるのを待って撮影してました。ところが、開いた写真はこれだけでした。失敗でした。


(b)ジャノメチョウ(2009/07/04 平塚市)裏面。


(c)ジャノメチョウ(2009/07/04 平塚市)裏面。



◆本日、東丹沢地区へプチ遠征にでかけ、19:00ころ帰ってきました。
遠征の目的は、オオムラサキでした。

家を7:00前に出発したので、1時間半ほどで第1ポイント(平塚)に到着。初めての場所なので、まずは駐車場が問題。一応解決。幸い陽が射して来ました。2時間ほど散策するも、エノキやクヌギ類があまり見当たらない。結局、探すべきポイントも判りませんでした。ジャノメ(多数)、アカタテハ、ツマグロヒョウモンがいたくらいで、収獲無し。ホトトギスが道端にいました(写真は撮れず)。

第2ポイント(伊勢原:車で30分ほど移動)。ここは最も期待していた場所(ここも初めて)だったのですが…。天気がちょっと怪しくなってきました。蝶は殆ど飛んでいません。それと適当な駐車場所がない。ちょっと散策しただけで、切り上げました。収獲なし。ガックリです。

更に30分。第3ポイントは丹沢の広沢寺温泉(ここも初)。ここは駐車場がありました。しかし、湿度が高く天気が心配な空模様。ポンチョを持って出発。天候のせいか蝶がほとんどいない。2時間半ほど山道を散策しましたが、トラフらしき(1)、アカタテハ(1)、あとは、スジグロシロとキチョウとヤマトシジミくらいでした。ジャノメ類がなぜかいませんでした。

結局、オオムラサキの影も形もなしのボーズでした。それ以外にもスミナガシやメスグロヒョウモンくらいは期待できると思っていたのですが…、これも全く収獲なしに終りました

いえ、ジャノメチョウが収獲でした
雨が降らなかっただけでも幸運でしたね
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示