FC2ブログ

4963> ハムシたち

2019-05-31撮影


ドロノキに体長10mmほどの沢山の虫がついている。ドロノキハムシらしい。葉裏に卵が。
ドロノキハムシ-2019-05-31mk-Tg513354 ドロノキハムシ卵(ドロノキ)-2019-05-31mk-Tg513371


ニセアカシアにも体長5mmほどの別の虫が........。
フジハムシと思われる。葉裏には卵も。
フジハムシ-2019-05-31mk-Tg513365 フジハムシ卵(ニセアカシア)-2019-05-31mk-Tg513367


<おまけ> モンキチョウ♀
e-モンキチョウ♀A-2019-05-31mk-M1310049


 色々な場所で見かける雑草。名前を調査中。花とロゼット状の葉。
001-2019-05-31mk- Tg513350 001-2019-05-31mk-Tg513349.jpg
KKさんから、 これはキバナコウリンタンポポと教えていただいた。(6/11追記)













スポンサーサイト



tag : ドロノキハムシ フジハムシ

4764> 石垣島滞在(29):カメムシと甲虫

久し振りの石垣島シリーズです。まだ終わっていません。

チョウ以外は、あまり撮影してませんが、こんな虫たちも。

ズグロナガカメムシ。沢山いました。葉裏に卵がうつっていますが、おそらくウスコモンマダラの卵です。
ズグロナガカメムシ-2018-05-30石垣島-P1100389

2つ目は、アカギカメムシ。何度も見かけました。
アカギカメムシ-2018-06-06石垣島-P1100743

3つ目は、ベニボシカミキリ。甲虫マニア垂涎のカミキリだそうです。石垣島では採集禁止。友人が西表から持ち帰ったものを撮影させてもらいました。色は違うけれど、ルリボシカミキリと模様が似ていますね。逃げられると大変なので、室内で撮りました。
ベニボシカミキリ-2018-05-28西表島-P1100250






4562> 格好いい甲虫(戸塚区)

立派な触角は何て格好いいのでしょう。
ヒゲコメツキの♂です。
ヒゲコメツキ-2016-04-30舞岡-OMD07594

4550> タテジマカミキリ越冬中(緑区)

越冬中のタテジマカミキリがいるというので、案内していただきました。

最初は何処にいるのかわかりませんでしたが、よく見ると長い触角が目に入りました。
タテジマカミキリ-2016-03-26新治-P1250030
ハリギリの幼木に下向きにしがみついていました。
胴体がどこまでか良くわかりませんでしたが、横から見てやっと判りました。
タテジマカミキリ-2016-03-26新治-P1250037

噂には聞いていたタテジマカミキリ。初めて見ました。
こんなのを見つける人は凄い(^_^;)





4466> イシガキゴマフカミキリ(石垣島)

八重山遠征(その36)
2015-05-17撮影

小さいけれど存在感のあるカミキリ。
同定に自信はないけれど、イシガキゴマフカミキリとした。
イシガキゴマフカミキリ-2015-05-17石垣島-7D2_0342

4290> カブトムシ幼虫(町田市)

2014-12-30撮影

地面に置かれた丸太の下を調べると、沢山の幼虫が現れました。
カブトムシ幼虫-OMD03243

4186> ハネカクシの仲間(戸塚区)

2014-11-05撮影

最初、ハサミムシかと思いましたが、飛びました。飛ぶときには翅がでてきます。
蜂のようにも見えますが、甲虫目のハネカクシの仲間だそうです。

色の感じからアカバハネカクシに似ています。
アカバハネカクシ?-OMD01496

4183> ヤホシゴミムシ(山梨県)

2014-10-27撮影

知人邸には色々な昆虫がやってくる。
寒い季節に入ったが、それでも色々と収穫がある。
これはゴミ虫と思われる綺麗な虫。
調べて見たらヤホシゴミムシらしい。
ヤホシゴミムシ-OMD01156

4179> ナミテントウ(戸塚区)

2014-10-19撮影

ナミテントウには色々あるのは知っているが、本当に色々ある。

二紋型だが紋が輪になっている。
ナミテントウ-OMD00371
紋が19あるが、ジュウクホシテントウではなく、ナミテントウらしい。
ナミテントウ-OMD00382
四紋型。
ナミテントウ-OMD00789

4124> カブトムシ(戸塚区)

2014-09-04撮影
全長70mmもある立派な♂だった。
カブトムシ♂70mm-OMD05179

2014-09-06撮影
カブトムシ♀
カブトムシ♀-OMD05312

4123> ハンミョウ(栄区)

2014-09-03撮影

沢沿いの道を進んでいくと、足もとから次々と虫が飛び出す。
いつものハンミョウである。
ゆっくり近づいて接写を試みた。
ハンミョウ-OMD04923

ハンミョウ-OMD04938

ハンミョウ-OMD04941

ハンミョウ-OMD04945

4111> ヤサイゾウムシ(戸塚区)

2014-08-31撮影

クズの葉にいたゾウムシ。ヤサイゾウムシというそうだ。
ヤサイゾウムシ-OMD04687


4106> 名前の判らないオトシブミ(山梨県)

2014-08-24撮影

赤い体に黒くて長い首。格好いい!(クリックで拡大します)
96-未同定のオトシブミ-OMD04166

4101> ヨツボシオオキスイ(栄区)

2014-08-23撮影

小雨のなかちょっとひと回り。チョウの姿はない。

暫くして、茶色の蛾が飛んだ。
と思ったが、停まったところをみると、サトキマダラヒカゲだった。もう2頭見つけた。
クロコノマもいた。樹液がでていた。

見慣れない甲虫が2つ。図鑑を見て名前が判った。
96-ヨツボシオオキスイ-OMD03883

4096> コクワガタ(戸塚区)

2014-08-18撮影

久しぶりのクワガタ。立派な角だ。
探さないからか、なかなか出会う機会はない。
コクワガタ-OMD03521

4091> カブトムシ♀(栄区)

2014-08-18撮影

カブトムシを久しぶりに見た。
今年初かもしれない。
夜電灯にやってきたのだろう。
カブトムシ♀-OMD03456

4085> ヒロオビジョウカイモドキ(戸塚区)

2014-08-14撮影

体長3mmほどの小さな虫だが、赤い色が目を惹いた。
偉そうな触角が面白い。
ヒロオビジョウカイモドキ3mm-OMD03166

4076> ヒメカメノコテントウ(栄区)

2014-08-03撮影

ちょっと小さなてんとう虫。
アカボシゴマダラの幼虫がいないかと見ていたエノキの葉にいた。
ヒメカメノコテントウ@エノキ-OMD02377
動き回るので、撮影には苦戦する。

4075> ナミテントウ(戸塚区)

2014-08-03撮影

ナミテントウには色々な模様があるので戸惑ってしまう。
この個体は二紋型。
ナミテントウ(二紋型)-OMD02268

2014-09-03撮影
これもナミテントウらしい。
ナミテントウ-OMD05190

4072> コフキコガネ(戸塚区)

2014-08-02撮影

大きくて存在感のあるコガネムシ。コフキコガネだそうだ。
コフキコガネ-OMD02256
コフキコガネ-OMD02257

4067> エゴヒゲナガゾウムシ(戸塚区)

2014-07-30撮影
エゴノキを調べると、この虫が見つかる。
可愛いというよりは強面のユニークな面構え。
エゴヒゲナガゾウムシ-OMD01841


2014-08-02撮影
エゴヒゲナガゾウムシ-OMD02192

エゴヒゲナガゾウムシ-OMD02189

交尾中だろうか?
エゴヒゲナガゾウムシ-OMD02198

4053> ミヤマハンミョウ(長野県)

甲信を歩く(15)
(7/23~24)

次にミヤマシロチョウのポイントに行きました。
間もなくミヤマシロチョウを見つけましたが、通過するだけで停まってくれません。
そのうちチャンスが来るだろうと、昼飯にしました。
そこに飛んできたのは、ミヤマハンミョウでした。
ミヤマハンミョウ-IMG_8198

4036> シロコブゾウムシ(戸塚区)

2014-07-22撮影

何となく愛嬌がある。
シロコブゾウムシ-OMD01142

4029> ルリオオキノコ(戸塚区)

2014-07-17撮影

キノコの上に乗っていた。ルリオオキノコだそうだ。
ルリオオキノコ-OMD00546

4027> シロホシテントウ(戸塚区)

2014-07-16撮影

小さな昆虫も接写する楽しみがある。
シロホシテントウ-OMD00452

4025> ナガヒラタムシ(戸塚区)

2014-07-15撮影

ちょっと地味ですが、初見の昆虫です。
ナガヒラタムシ-OMD00278

4021> ハンノキカミキリ(山梨県)

2014-07-13撮影

始めてみる赤と黒のカミキリ。ドキドキしながら撮影した。
この葉はヤマハンノキだろうか。
ハンノキカミキリ-OMD00040

4019> ドロハマチョッキリ(山梨県)

2014-07-13撮影

光沢があって綺麗な色でした。
ゾウムシの仲間?-OMD00147


4011> トウキョウヒメハンミョウ(戸塚区)

2014-07-11撮影

地元にもいるのを最近知った。
目を向けていなかっただけらしい。

トウキョウヒメハンミョウ-OMD09796
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示