[546] コオバシギが写ってた!(東京湾奥)

2010/04/29~05/01東京湾奥干潟(その9)
~ 2010-04-29 谷津干潟 ~

「今、コオバシギがいますよ」
すれ違った方から教えていただいた。
急いでそこに移動。皆さん撮影中。
緊張した雰囲気(→聞けません)。
潮が満ちてきて、干潟は僅かしか残っていない。
そこに数100羽の野鳥が並んでいる。
必死に探すも、見つからない。
もう少し潮が高くなると、飛び去るに違いありません。
しかし、見つからない。

仕方なく、視野を少しずつ変えながら数10枚撮影しました。
結局、コオバシギは見つからないまま、10分と経たないうちに野鳥たちは飛び去りました。

★最終日、電車に乗る駅直前、駅の喫茶でカメラ内の写真のチェック中に、撮り損ねたはずのコオバシギを発見しました。思いがけず、歓喜のサプライズでした。
これが、そのショッです(トリミングなし)。
写真前列にはハマシギ、中列にはダイゼン、後列にはオオソリハシシギが見えます。キョウジョシギも4羽ほど見えます。
koobsg-Im5_8908a.jpg


さて、この写真の中央手前付近を拡大すると、真ん中にコオバシギが見えます。手前のハマシギよりも少し大きく、後列のダイゼンよりは明らかに小さい。
夏羽に変わり、頬から胸部にかけてオレンジ色になっているのが特徴だそうです。
koobsg-Im5_8908b.jpg


◆実は、その翌々日もコオバシギに会えました。といっても200~300m先。デジスコの方がご親切にも教えてくれましたが、とても写真にはなりませんでした。
スポンサーサイト
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示