FC2ブログ

5005> ミドリヒョウモンとオナガシジミ

2019-07-14撮影

オカトラノオにヒョウモンが吸蜜に来ていた。
見るとミドリヒョウモン♀。今季58種目。
e-ミドリヒョウモン♀A-2019-07-14JG-M1140043 e-ミドリヒョウモン♀B-2019-07-14JG-M1140009
真横から裏面を撮影したかったが、協力してもらえなかった。


オニグルミのポイントにいって、オナガシジミを探す。
オニグルミやその周りの葉上に何かとまっていないかを探す。
まだ未発生と判断して諦めかけた時、オニグルミの低い位置に何かとまっている!
それは冬に卵を見つけたオニグルミ。期待通り、羽化したばかりと思われるオナガシジミだった。今季59種目。
e-オナガシジミ-2019-07-14JG-M1140065











スポンサーサイト



tag : ミドリヒョウモン オナガシジミ

3916> オナガシジミ(北海道)

北海道遠征(22)
~ 4日目(5/26) ~

オナガシジミの幼虫を探してみた。オニグルミの新芽を探してみると、4~8mmの幼虫6頭が見つかった。
写真は唯一枝にいたもので、最大の8mmのだった。
オナガシジミ幼虫-OMD07950
卵もさがしたが抜け殻ばかり。これが唯一孵化前と思われるもの。
オナガシジミ卵-OMD07967

3131> オナガシジミ(北海道)

北海道遠征(60) 2013/07/09~26

(1)オナガシジミは、時期的に難しいと思っていましたが、この日(7/21)見ることができました。
オナガシジミ-IMG_7737


(2)この日(7/26)はオナガシジミが多数確認されました。
オナガシジミ-IMG_8789

2173> オナガシジミ(山梨県)

長野遠征(その14)
~ 3度目のアタック(2012-08-04) ~

3週連続の長野になりました。今回は、山梨>長野>群馬>再び長野の4か所です。
まずは、山梨です。

朝、5:30ころから探しました。なかなかポイントが発見できず苦戦。
諦めかけたころ見つけました。何頭かいましたが、モデルになってくれたのは1個体だけでした。

(1)
オナガシジミ-IMG_6358

(2)
オナガシジミ-IMG_6407


(3)
オナガシジミ-IMG_6486

(4)
オナガシジミ-IMG_6524


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[709] オナガシジミ(相模原市)

2010-07-10 相模原市緑区

思っても見なかった蝶がいました。
食樹のオニグルミに停まっていました。
昔は沢山見てきましたが、感動の初撮りです。
尻尾の愛らしさが堪りません。
(同行のAkakokkoさんが発見 ←感謝)

オナガシジミ-Im6_7681

オナガシジミ-Im6_7716
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示