FC2ブログ

5029> ゴマシジミと遊ぶ

2019-08-04撮影

ゴマシジミの撮影に出かけた。

現地に着くと、最初に現れたのは、サトキマダラヒカゲ(今季77種目)。
e-サトキマダラヒカゲ-2019-08-04ut-M1040032

次に現れたのは、キタヒョウモン♀。
f-キタヒョウモン♀B-M1040093
枯れ葉に産卵した様だったので、卵を期待したが見つからなかった。ガッカリ。

フタスジチョウがゆっくり飛んでいる。
ホザキシモツケの先端にとまった。
産卵した?
e-フタスジチョウ卵T-R0_75mm-2019-08-04ut-Tg540127e-フタスジチョウ卵S-H0_8mm-2019-08-04ut-Tg540140
産卵してました(^_^)v
持ち帰って、現在飼育中です。

ゴマシジミが飛び始めた。しかしとまらない。動きが早くて、望遠飛翔では撮れそうにない。
とまるのをひたすら待つことになった。とまったら飛ぶのを待つ。
ProCapモードで表面を撮影するためだ。
1000枚以上は撮っただろう。
♂・♀ともに表面が撮影できた(^_^)v

ゴマシジミ♀。今季78種目。
e-ゴマシジミ♀B-2019-08-04ut-M1040661e-ゴマシジミ♀A-2019-08-04ut-M1040539
e-ゴマシジミ♀A-2019-08-04ut-M1041593e-ゴマシジミ♀A-2019-08-04ut-M1041626
♀は、食草のナガボノシロワレモコウにとまって産卵するので、比較的撮りやすかった。

ゴマシジミ♂。
e-ゴマシジミ♂B-2019-08-04ut-M1041247e-ゴマシジミ♂A-2019-08-04ut-M1041357

♂は♀を追ってばかり。吸蜜しないので、止まらない。苦戦した(^_^;)




<おまけ>
林の中でオオヒカゲを見つけた。
e-オオヒカゲ-2019-08-04ut-M1042534
しかし、撮れたのはコレだけ。
林の中に姿を消した。
♀表の撮影は、次回に期待。















スポンサーサイト



tag : ゴマシジミ キタヒョウモン サトキマダラヒカゲ オオヒカゲ

4136> ゴマシジミ幼虫(山梨県>飼育)

2014-09-13撮影

飼育中のゴマシジミ幼虫を撮らせてもらった。
体長4mmほど。
この後、山梨のフィールドに返すそうだ。
ゴマシジミ幼虫4mm-OMD06672

4102> ゴマシジミ(山梨県)

2014-08-24撮影

「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんからのお誘いがあって、山梨のゴマシジミを見に行ってきた。

現地について、少し探すと黒っぽい姿を見つけた。
久し振りにゴマシジミを見て嬉しくなる。
やっと停まってくれた最初の個体。
ゴマシジミ-IMG_8627
ゴマシジミ-OMD03906
ゴマシジミ-OMD03932

恐らく別の個体。近寄っても飛ばずにポーズをとってくれた。
ゴマシジミ-OMD03986
おまじないを唱えると?、開き始めた。この後、流石に飛ばれてしまった。
ゴマシジミ-OMD04014
それでも直ぐそばに、また停まりました。おまじないの効果が持続していたのか、まもなく開翅した。そして撮り放題に(^_^)/
ゴマシジミ-OMD04029
黒ゴマながら、僅かに青色(灰色)の鱗粉も見えた。
ゴマシジミ-OMD04042
ゴマシジミ-OMD04064
ゴマシジミ-OMD04113

少し移動して、産卵の場面も観察できた。
ゴマシジミ♀産卵-IMG_9195
ゴマシジミの卵は新芽の奥に産むので判りにくい。
何とか2卵見つかった。初撮り(^_^)/
ゴマシジミ卵@ワレモコウ-OMD04210
ゴマシジミ卵@ワレモコウ-OMD04216
ゴマシジミ卵@ワレモコウ-OMD04263

1394> ゴマシジミ(山梨県)

2011-08-15 富士山麓を散策
~ 観察会その5 ~

アカガシのポイントから、富士山麓に移動です。
最初のポイントは、ゴマシジミのポイントです。
暫く探し回って、やっと何とか2頭見つけました(^^;)。

(1)ゴマシジミ♀:ワレモコウに産卵。
ゴマシジミ-Im5_7951

ここでは、ゴマシジミの開翅/飛翔撮影を狙ってましたがダメでした(ここのゴマシジミの翅表はこげ茶色)。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

[769] ゴマシジミ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その6)

ゴマシジミ-Img_0081

ゴマシジミ-Img_0278

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示