4483> キマダラルリツバメの続き(福島県)

2015-06-20撮影

一旦止んだ雨がまた降り出した。
車に戻って、暫く待つ。
今度はなかなかやまない。
車の中で暫く待っていると、少し明るくなってきた。

まだ雨は降っていたが、数名の皆さんは外に出ている。
どうやらキマルリ♂の活動が始まったらしい。
出動開始だ。(13:50ころだった)
なんとか証拠は撮影できたものの見失った。

本格的に活動が始まったのは、15:20ころだった。
最初は、みんなで取り囲み、「近づき過ぎては飛ばれる」の連続だったが、
徐々にキマルリも協力的なって、撮り放題になった。
384-キマダラルリツバメ♂裏-2015-06-20-OMD05636
384-キマダラルリツバメ♂表-2015-06-20-OMD05989
384-キマダラルリツバメ♂表-2015-06-20-OMD05739
スポンサーサイト

4474> キマダラルリツバメに感動(福島県)

2015-06-20撮影

「美撮りに夢中!」のmidoriさんに案内をお願いして、キマダラルリツバメの撮影に出かけることにした。

案山子さんも同行してくれたので、2人で出かけた。初日は、山形のチョウセンアカシジミの産地に行き、2日目が福島となった。順序は逆になるが、最初にキマルリをご紹介。

この日のキマルリ探索は9時ころから。
必死に吸蜜個体を探すが見つからない。
そのうち、同好者が次々と到着。10人くらいになっただろうか。

こんなに探しても見つからないとは!
ちょっと焦りがでてきた。

昼食タイムになったが、一人お握り片手に探索を続けた。
12:50ころだった、ふと見るとシダの上に何かいる!
いた!
お握りをゆっくり袋に戻し、カメラを構える。♀のようだ。
384-キマダラルリツバメ♀裏-2015-06-20-OMD05565
幸運にも、まもなく開いた。♀の開翅はもちろん初撮り。
384-キマダラルリツバメ♀表-2015-06-20-OMD05603
ここでmidoriさんに電話。..........でない。
撮影を継続していると、まもなくmidoriさんと案山子さんがやってきた。状況を推察したのだろう。
3人でひと通り撮影したところで、他のみなさを呼んだ。

いうまでもなく、この子を皆で取り囲むモデル撮影会になった。
LEDを当てると、再び翅を開いた。撮影したつもりだったが、近すぎて痛恨のピンボケ。チャンスを逃した(^_^;)
概ね皆さんの撮影が終わったころ、何らかの理由で飛ばれてお終い。
周りを探すも見つからず、まもなく雨がつり始めた。
一時車に退避。
少し待つと雨が止んだ。濡れた草を掻き分けて探索するも、キマルリは現れ無い。
(後編につづく)


2135> キマダラルリツバメ(兵庫県)

2012-07-14~16 兵庫に遠征(その5)
~ サプライズ5 ~

こんな出会いがあるとは思いませんでした。
神奈川では絶滅寸前のキマダラルリツバメですが、ここにつくといきなり現れました。
(1)摺れが目立つものの、大満足の写真が撮れました。
キマダラルリツバメ-IMG_4191

(2)上とは別の個体。
キマダラルリツバメ-R0012413

(3)上の(2)と同一個体。
キマダラルリツバメ-R0012416


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1286> キマダラルリツバメ(神奈川県)

2011-07-02 前週に続いて山梨遠征(その10/end)

希少種のキマダラルリツバメ。
神奈川県内にも見られる(可能性がある)場所があります。
昨年も何度か訪れましたが、証拠写真すら撮れませんでした。
小さくて、高いところを飛んでいて、なかなか停まらないので、確認も難しい。
従って、キマルリの撮影は今年の重要課題でした。

この日は、15:00ころ現地入り、一通り探したが影も形もなし。
最初にそれらしい蝶影が見たのは16:00少し前でした。
木の上を小さな2つの黒い影が高速で飛ぶ。何度も見え隠れするが見えるところには停まらない。

★少しして停まった! 撮影してみると、トラフシジミでした。

★2度目。ほぼ天辺に停まったようだ。何処にいるか判らない......。
いた! 逆光なので何だか判らない。
数枚シャッターを切ったところで、飛んでしまった。
モニタで確認。キマルリでした。

(1)逆光で酷い露出不足ですが、これでも遂に撮れた証拠写真です(^_^;)
初撮りなのでご容赦ください。
キマダラルリツバメ-Im4_7123

★更にカメラの設定を変更して待ちます。
現われても停まりません。飛翔も狙いましたが、確認できるショットは殆どありませんでした。
そんな中で1枚だけ...。梢のあたりで、卍飛びしたときのショットです。

(2)期待を込めて、画像を確認すると
トラフシジミ卍-Im4_7158
両方とも、トラフシジミでした。残念です。

更に待ちます。じっと待ちます。
......。

結局、次のチャンスはきませんでした。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示