FC2ブログ

4988> カバイロシジミ♀を見つけた

2019-06-26撮影

クサフジの群落のある場所でカバイロシジミ探し。
なかなか見つからなかったが、クサフジに絡む個体を発見。
産卵を期待して追跡。
セイヨウミヤコグサにとまって吸蜜を始めた。

カバイロシジミ♀裏
e-カバイロシジミ♀B-2019-06-26mk-M1261041

一応の写真は撮れた。開翅と産卵を期待........。
しかしこの後すぐに見失った。



<おまけ>
この日羽化したキバネセセリ♀をリリース。

リリース時に撮影
e-キバネセセリ♀B-2019-06-26mk-M1260874

キアゲハ。やっとまともに撮影できた。
e-キアゲハ♂B-2019-06-26mk-M1260947 e-キアゲハ♂A-2019-06-26mk-M1260921

カラスシジミ。同じ場所に4頭も現れてくれた(^_^)v
e-カラスシジミ-2019-06-26mk-M1261113 e-カラスシジミ-2019-06-26mk-M1261153

e-カラスシジミ-2019-06-26mk-P1400239
カラスシジミは、♂と♀で翅の模様の違いはない。表面を撮影すれば、性標で判定できるが、通常表面は見られない。それでも無理に♂♀の判定するには、前翅が尖っていれば♂、丸みがあれば♀であるが、生態写真ではかなり微妙。3枚目の様に翅の下から腹端が見えていれば確実に♂とわかる。

シモツケに沢山ついていた、何かの幼虫16mm。
シモツケマルハバチ幼虫-2019-06-26-P1400232
調べてみたら、シモツケマルハバチの幼虫らしい。









スポンサーサイト



4983> 今季30種目はカバイロシジミ

2019₋06₋21撮影

実は、6/18と6/20に、カバイロシジミと思われる個体を何度かみていた。
しかし、探雌行動中だったようで全く制止せず、撮影チャンスがなかった。
そこでこの日は、時間帯を早めてみた。

しかし、曇り空で気温もやや低め。1時間ほど探し回って、やっと1頭発見。
幸にも、すぐに下草にとまってくれた。
e-カバイロシジミ♂A-2019-06-21mk-M1210589 e-カバイロシジミ♂B-2019-06-21mk-M1210600



カラスシジミ♂も登場。飛び立ち撮影を再トライした。
e-カラスシジミ♂B-2019-06-21mk-M1210757
吸蜜中の個体にピントを合わせて、じっと飛び立つのを待つ................。
じっと待つが飛ばない................。
10分以上は待っただろうか。

白い花びらに移動した! 
これが飛び立ちのサイン。緊張して待つ。
飛んだのを確認して、シャッターを押す。
ProCapHモード、60コマ/秒、SS=1/2000。
連写の中に何コマか写っていた。
その中のベストはこれ。
e-カラスシジミ♂A-2019-06-21mk-M1210825
前日のショットより少しイイ。SSはもう少し速くしても良かったか。



<おまけ1>
壁面についていた蛹。一応モンシロチョウの蛹としておきます。

蛹1:体長21mm
e-モンシロ1蛹a-21mm-2019-06-21-Tg514143 e-モンシロ1蛹b-21mm-2019-06-21-Tg514137 e-モンシロ1蛹c-21mm-2019-06-21-Tg514147

蛹2:体長17.5mm
e-モンシロ2蛹a-17_5mm-2019-06-21-Tg514154 e-モンシロ2蛹b-17_5mm-2019-06-21-Tg514152 e-モンシロ2蛹c-17_5mm-2019-06-21-Tg514161

蛹1のほうが少しスリム。色も違うが、蛹化場所で色が変わるので何とも言えない。
モンシロチョウ以外のチョウが羽化したら嬉しいのだけど................。
飼育して結果を確認します。



<おまけ2>
クローバヒメハマキ-2019-06-21mk-Tg514115 自信は無いけれど、クローバヒメハマキかと。

セマダラコガネ-2019-06-21mk-Tg514120 触角が素敵なセマダラコガネ

















tag : カバイロシジミ カラスシジミ クローバヒメハマキ セマダラコガネ

3080> カバイロシジミ(北海道)

北海道遠征(9) 2013/07/09~26

同行のUさんがカバイロ初撮りなので、必死に探しました。
数ヶ所で見つけましたが、撮影チャンスは多くありませんでした。

(1)7/9 カバイロシジミ(札幌)。独特のデザインです。
カバイロシジミ-IMG_6094

2110> カバイロシジミ(北海道)

2012-06-27~07-04 北海道遠征(その20)
~ なんとか見つけました ~

三日目の朝、昨年行ったカバイロシジミのポイントに行きました。
随分探しましたが、発見できませんでした。

これで諦めたのですが、この日
(1)たまたま立ち寄った旭川のポイントで見つけました。想定外でした。
カバイロシジミ-IMG_3355


(2)札幌に戻って、小樽市のポイントでまた見つけました。
カバイロシジミ-IMG_2797

(3)
カバイロシジミ-IMG_2807



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。

1304> カバイロシジミ、初撮り(北海道)

2011-07-04~10 北海道遠征(その17)

ヒメシジミだと思ったら……。
嬉しいカバイロでした。

(1)
カバイロシジミ-Im4_7857

(2)
カバイロシジミ-Im4_7892

(3)
カバイロシジミ-Im4_7906

(4)
カバイロシジミ-Im4_7910

(5)
カバイロシジミ-Im4_7930


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示