1294> ゴイシツバメシジミ(熊本県)

【その1】2011-07-16 九州遠征
~ ゴイシツバメシジミを求めて ~

九州出張が入りました。
蝶鳥ウォッチングのYODAさんに相談すると、ゴイシツバメシジミとオオウラギンヒョウモンの2種を紹介してくれました。折角の機会なのでこれら希少種を探してみることにしました。

ゴイシツバメシジミは、1973年に発見された珍蝶、天然記念物です。
ごく限られた場所にしかいない。食草は、シシンラン。

現地に到着して、捜索を開始するも何処を探したら良いか判らない。
地元の方にお聞きすると、保護活動されている方々が来られているとのこと。
早速、そちらに行ってみました。暫く歩いていくと、数名の方がいらっしゃいました。
お話を伺うと光栄にも九州大学名誉教授の三枝先生でした。
食草のこと、ゴイシツバメシジミの特徴など色々と教えていただきました、

(1)食草のシシンラン:遥か頭上にあります。
シシンラン-Im4_4495


◆一所懸命に探しましたが、見つかりません。別のポイントに移動してみると...。
私同様に撮影にこられた方が、ゴイシツバメシジミの場所を教えてくれました。感謝です。
ただし、
(2)ずっと上! 300mmの望遠でもトリミングなしでは豆粒。いえ米粒です(^^;)
ゴイシツバメシジミ-Im4_4473

(3)そのトリミングです(多数撮りましたがピントが合いません。一番まともなショットがコレ)。
ゴイシツバメシジミ-Im4_4473p


証拠レベルですが、感動です! 遥々行った甲斐がありました。

と言いつつ、写真がイマイチ。
翌日、別の場所を散策した後、
2時間半かけて再アタックしました。
しかし、途中は晴れていたものの到着すると雨......。
ダメでした(TT)

◆まだ、北海道遠征の写真も整理ができていません。
【その2】は少し先になると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示