1906ンバルクイナ(沖縄島)

2012-05-18~26 沖縄遠征(その2)
~ やんばるの森 ~

やんばるに行くので、どうしても「ヤンバルクイナ」を見たいと思っていました。
沖縄に出発する少し前にNHKでヤンバルクイナの番組があり、興味深く思っていました。
ヤンバルクイナは基本的に飛ばないので、夕方になると比較的低い斜めの木に登って寝ると紹介していました。

さて、今回は横浜のU氏が1ヶ月以上前から「やんばる」に滞在して、色々と調べていただいたお陰で、散策1日目からヤンバルクイナに出会うことができました。ただし、車で走りながら見つけても、すぐに藪の中に逃げてしまうので写真を撮るのは容易でありません。撮影した写真は全てボツになりました。

ところが、夜、やんばるアドベンチャー・フィールド「ぶくすんだった」のオーナーが食事のあと、窓の外に何かいるという。松の木の上である。ライトを照らすと......ヤンバルクイナだった。
TVの紹介の通りだ! 感激でした。

(1)木の上のヤンバルクイナ。どうやって登ったんだろう? どうやってここから下りるのか?
ヤンバルクイナ-IMG_6757
このヤンバルくん、翌朝、真っ暗な闇の中を落ちるように下に降りたそうです。
私も起きてましたが、オーナーだけが、その瞬間を目撃しました。

(2)上の写真のヤンバルクイナが夜を過ごした松の木。ヤンバルクイナがいた場所は左側の下から2つ目の枝の付け根です。オーナーの話では、そこは地上から10数mの高さ(TVの紹介とは違う)。聞いた話では、松の様に表面がごつごつした木なら、垂直でも登れるそうです。
ヤンバルクイナが停まった松の木-R0011624

★やんばる滞在中は、上記「ぶくすんだった」でお世話になりました。
ここには、他にも「ノグチゲラ」や「アカヒゲ」など興奮のサプライズがありました(別途紹介予定)。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。
スポンサーサイト
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示