4502> サツマシジミを満喫(^_^)/

これまで満足な写真が撮れていなかったサツマシジミ・ヤクシマルリシジミを撮影に出かけた。

「蝶鳥ウォッチング」のYODAさんも同行してくれた。初日午前中は生憎の雨模様。しかし極端に気温が低くなければ問題ない。
散策を初めて間もなく、1頭目が姿を見せた。
まだ小雨が降っていたが、時々停まっている姿が目に入る。
13:00ころになると、雨があがった。天気の割には個体数も少なくない。
結局この日は、開翅は撮れなかった。

翌日は、朝から快晴。絶好のサツマ日和。
あちらこちらでサツマシジミが乱舞。気温が上がってくると開翅撮影のチャンスがやってきた。

まずは♀の開翅・閉翅。
384-サツマシジミ♀表-2015-11-03和歌山-OMD07299 384-サツマシジミ♀裏-2015-11-03和歌山-OMD07147

♂も開翅・閉翅。
384-サツマシジミ♂表-201511-03和歌山-OMD07319 384-サツマシジミ♂裏-2015-11-03和歌山-OMD07179

この日の個体数は凄かった。産卵の場面も容易に撮れると思っていたが、全くだめ。
植樹のバクチノキ
384-サツマシジミ植樹バクチノキ-2015-11-03和歌山-OMD07169
やハマヒサカキ
384-サツマシジミ植樹ハマヒサカキ-2015-11-03和歌山-OMD07696

も調べたが卵すら発見できなかった。何れもまだ蕾にもなっていない感じであった。時期的な問題か時間的な問題かは判らない。
スポンサーサイト

2460> サツマシジミ(和歌山県)

南紀遠征(その2) 2012-11-08~10
~ サツマシジミ初撮り ~

那智大社を参拝し、いよいよ今回の目標のサツマシジミのポイントに移動です。

移動途中でヤクシマルリシジミに出会いました。
残念ながら、擦れが著しくご紹介できる写真がありません。

サツマシジミのポイントに着くと、現れました。
初見はいつも感激です。

(1)このドキドキ感が堪りません。
サツマシジミ-IMG_3532
(2)開翅してくれました。擦れた個体でした。残念。
サツマシジミ-IMG_3536
(3)ごま妻が交尾カップルを見つけてくれました。しかも2カップル! これでますます頭が上がりません(^_^;)
サツマシジミ-R0015016


翌日2012-11-09の朝
(4)前日は不完全燃焼でした。朝食の前にもう一度見に行きました。しかし寒い。
サツマシジミ-IMG_3628
(5)飛び出す蝶はありませんでした。前日のカップルが停まっていた場所を探すと、同じ場所にいまいした。ツワブキの花が入るように撮影しました。
サツマシジミ-R0015045
今年は発生が早かったようです。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示