4699> 石垣島レポート(その25)

11/13の朝、青空が見えた。
この日は石垣島北部に行くことにした。

もしかして! と思った。
センダングサにとまったことでウスアオオナガウラナミシジミと確認できた。
384-ウスアオオナガウラナミシジミ♀B-2017-11-13石垣島-M1m22866

♀のいい写真が無いので、開翅を待った。曇り空ではなかなか開かない。
20分くらい待っただろうか。少し空が明るくなったところで開いた。
384-ウスアオオナガウラナミシジミ♀A-2017-11-13平久保-M1m22799
残念ながら完ぺきではなかった。

現在、ウスアオオナガウラナミシジミは、食草のタイワンクズがあるところなら何処でも発生ししている可能性がある。





スポンサーサイト

4693> 石垣島レポート(その19)

石垣島滞在も19日目。
あっという間に時間が流れている。

この日のトピックスは、ウスアオオナガウラナミシジミ。
これあでとは別のポイントを見に行った。

暫く探していると、ルリウラナミシジミよりも一回り大きくて、うすい青色のシジミチョウが飛んだ。しかし、とまらないので確認できない。
昼食を食べながら次の出現をまつ。

暫くして、チャンスがやってきた。ヤマトシジミかもしれないと思いつつ、後を追う。
とまった!

ウスアオオナガウラナミシジミ♀だった。
開翅した。ちょっと欠損があるのが残念。
384-ウスアオオナガウラナミシジミ♀A-2017-11-07石垣島-M1m29623

♂も開翅。欠損が目立つ。
384-ウスアオオナガウラナミシジミ♂A-2017-11-07石垣島-M1m29559

結局、♀2個体、♂は4個体くらいいただろう。
恐らくタイワンクズで発生したのだろう。
暫く観察できそうだ。今後も楽しみ。








4690> 石垣島レポート(その16)

11月4日、朝起きると雨が降っていた。
バナナセセリを見に行こうとも思っていたが、テンション低下。

まずは、イモムシくんたちの世話。成長記録に撮影。これだけで2時間。
朝食後は、写真の整理を始める。
雨は止んでいるようだったが、作業が停まらない。
結局、出かけたのは12:00ころ。
小雨が降っていて、イマイチ気分が乗らない。

まずは、ウスアオオナガウラナミシジミを確認した場所に行く。シジミ類なら小雨といでなら出てくるはず。
ポイントについて待っていると、間もなく♂が飛んだ。風に煽られてなかなか止まらなかったが、風当たりの弱い低い位置にとまった。
ウスアオオナガウラナミシジミ♂B-2017-11-04石垣島-M1m27798
確かに尾状突起が長い。
今日の写真はコレだけ。


<おまけ> 前日撮影した写真

ヤクシマルリシジミ♀の飛び立ち
ヤクシマルリシジミ♀A-2017-11-03石垣島-M1m26640

ヤクシマルリシジミ♀A-2017-11-03石垣島-M1m26642





4688> 石垣島レポート(その14)

石垣島14日目(11/2)

風は強くないが、朝から雨。
少し遅めの出陣。

僅かに明るくなった瞬間もあったが、結局雨はやまず。
15:30の撤退のなった。

とはいうものの嬉しい収穫があった。
未撮だったウスアオオナガウラナミシジミ♀が撮影できたのだ。

ウスアオオナガウラナミシジミは、台湾からの迷チョウであるが、与那国島では毎年観察されている。しかし、石垣島ではこれまで見たことがなかった。
ウラナミシジミくらいの大きさで、飛び方も似ている。ただ飛んでいると白っぽくみえる。♂は名前のとおり薄青色に見える。
色はシロウラナミシジミに似ているが、シロウラナミシジミよりも一回り小さい。
今回、何度も見ているうちに、大体分かるようになってきた。

今日の狙いは♀。昨日も確認した場所で、持つこと1時間半。
飛んできても殆どとまらずに通過する。
撮影チャンスは2回。
1回目はタイワンクズの花芽?にとまって産卵しているように見えた。
384-ウスアオアナガウラナミシジミ♀B-2017-11-02石垣島-M1m26001

2回目は突然やってきて翅を開いた。もう少し角度を変えて撮影したかったが、飛び去った。
384-ウスアオアナガウラナミシジミ♀A-2017-11-02石垣島-M1m26113

雨降りの1日になったが、大満足。





4682> 石垣島レポート(その8)

10/27 石垣島8日目。

朝から小雨模様で風も強い。
台風接近の影響だろうか。

こんな日は休日にしてもいいのだが、イモムシくんの餌が足りない。

買い物を済ませて、第一ポイントに行く。
丘の上は風が強くて傘も使えそうにない。

第2ポイントに移動。
蝶の姿はないので、植物をみながら歩く。
モダマを探すが、見つからない。
聞いたところによると、道端のモダマは弦ごと持っていく人がいるので目立つところでは見られなくなっているという。
結局、見つからなかった。

そろそろ昼にしようと思いながら、くらい散策路を歩いていると、シジミチョウ。
薄いブルーでやや素早い。
もしかして! 迷蝶のウスアオオナガウラナミシジミ?
幸い下草にとまった。

期待が的中。
384-ウスアオオナガウラナミシジミ♂-2017-10-27バンナ公園-P1060282
ほぼ完ぺきなウスアオオナガウラナミシジミ♂だった。
今回、これが3頭目(何れも♂)。
石垣島で発生しているに違いありません。

未見の♀を是非とも撮影したい。




4676> 石垣島レポート(その2)

石垣島の2日目。

まだ台風が近いので、強風+雨。
でも、若干陽射しもあった。

雨の中でもホリイコシジミが沢山いる。大き目のシジミを選んで撮影してみた。
まずは、アマミウラナミシジミ。
アマミウラナミシジミ-2017-10-21石垣島-M1m24238
ヒメウラナミシジミ。
ヒメウラナミシジミ-2017-10-21石垣島-M1m24273
前日に続いて、今日も会えた。
ウスアオオナガウラナミシジミ♂B-2017-10-21石垣島-M1m24649
ツマムラサキマダラ。綺麗な個体だとついついカメラを向ける。
ツマムラサキマダラ♀-2017-10-21石垣島-M1m24312
タイワンオガタマノキにいた。やっぱりアオスジアゲハの幼虫に似ている。何だか変な顔。
192-ミカドアゲハ幼虫20mm顔-2017-10-21石垣島-M1m25117 384-ミカドアゲハ幼虫20mm-2017-10-21石垣島-M1m25108
明日の午後は晴れそう。期待が膨らむ。





4675> 石垣島レポート(その1)

今日から石垣島です。

石垣空港は雨(^_^;)

少し小降りになったので、傘をさしてちょっとだけ散策。
明るくなったと思ったら、スジグロカバマダラが飛び始めた。
続いてツマベニチョウ、ホリイコシジミ、ヒメウラナミシジミ。

次に白っぽいシジミ。今年豊作というシロウラナミシジミかと思ったら、
とまったところを見てビックリ!
384-ウスアオオナガウラナミシジミ♂B-2017-10-20石垣島-M1m23249

ウスアオオナガウラナミシジミ♂だった。
384-ウスアオオナガウラナミシジミ♂A-2017-10-20石垣島-M1m23755

明日も雨模様だけれど、何かいい出会いがあることを祈る。



3805> ウスアオオナガウラナミシジミ(与那国島)

沖縄遠征(13)
~ 与那国島(6/11~12) ~

今回の遠征中の初撮り1号は、ウスアオオナガウラナミシジミでした。
飛んでいるのを見て直ぐに判りました。名前の通り薄い青色で、クロマダラソテツシジミなどとは違って見えました。
(1)と(2)は6/11撮影。(3)と(4)は翌日6/12同じ場所で撮影したもの。確認個体数は2頭。
(1)
ウスアオオナガウラナミシジミ-IMG_0026
(2)
ウスアオオナガウラナミシジミ-IMG_9975
(3)
ウスアオオナガウラナミシジミ-IMG_0864
(4)色の違いはOlympusで撮影したためか、光線の関係か。
ウスアオオナガウラナミシジミ-OMD08600
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示