FC2ブログ

5266> オジロワシ(再)

2020-04-10撮影

地元でもオジロワシは見かけるが、高い上空を通過するだけ。
近距離で撮影する機会はなかった。
しかし、ここではよく見られるし、距離も近い。

♂成鳥が飛んできた。
g-オジロワシ♂-2020-04-10ht-P4100488

♀若も飛んできた。両方とも前回と同じ個体らしい。
g-オジロワシ♀-2020-04-10ht-P4100066

♂成鳥の隣にとまった。
g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100522

後ろ向きにとまっているので、撮影位置を移動。
好位置に移動して暫くすると........。
連写、連写........。
g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100864

g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100876

g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100882

g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100887

g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100898

g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100934

g-オジロワシ♂+♀-2020-04-10ht-P4100940

この2羽、親子という説もあったが、違うようだ。



<おまけ>
トビ若くんだって凛々しいと思う。
g-トビ-2020-04-10ht-P4100099

g-トビ-2020-04-10ht-P4100198

g-トビ-2020-04-10ht-P4100251















スポンサーサイト



5264> オジロワシなど

2020-04-08撮影

オジロワシが鉄塔の天辺に見えた。
尾羽が真っ白でないのは若鳥♀だろう。
g-オジロワシ-2020-04-08ht-P4080838

g-オジロワシ-2020-04-08ht-P4080645

右は成鳥♂らしいが、若鳥の方が大きい。
g-オジロワシ-2020-04-08ht-P4080661

g-オジロワシ-2020-04-08ht-P4080664

g-オジロワシ-2020-04-08ht-P4080717

何を叫んでいるのだろう?
g-オジロワシ-2020-04-08ht-P4080744

g-オジロワシ-2020-04-08ht-P4080799




<おまけ>
ミサゴが魚を捕ったが、着水は撮れず。飛び去るところだけ。
g-ミサゴ-2020-04-08ht-P4080322












5251> オジロワシ、水鳥など

2020-03-28撮影

現地につくと、オジロワシが絶好の位置で飛んでいる。
慌ててカメラを準備したが間に合わず(T_T)

暫く散策していると、遠くで飛んだ。
またもや証拠写真だけに終わった。
g-オジロワシ-2020-03-28bt-P3280020

水辺にはヨシガモが。久しぶりである。
g-ヨシガモ-2020-03-28bt-P3280200

別の場所に移動すると、今度はミコアイサを見つけた。しかし、撮影する前に飛ばれた(^_^;)
g-ミコアイサ-2020-03-28bt-P3280367

ミコアイサの手前にはオシドリも。しかし、またもや飛ばれてしまった(^_^;)
g-オシドリ-2020-03-29bt-P3280551












5248> オジロワシなど

2020-03-25撮影

頭上をオジロワシ2羽+カラスが飛んだ。

g-オジロワシ-2020-03-25bt-P3250334

g-オジロワシ-2020-03-25bt-P3250336

g-オジロワシ-2020-03-25bt-P3250343

残念ながら、こちらには旋回してくれなかった。
なかなか近距離では撮影させてもらえない(^_^;)




<おまけ1>

河川敷で日向ぼっこしていたヒドリガモが、飛び立った。
 
g-ヒドリガモ-2020-03-25bt-P3250172

g-ヒドリガモ-2020-03-25bt-P3250174




<おまけ2>

カシワ林では、フユシャクが見られた。
f-シロフフユエダシャク-2020-03-25zb-TG550051

f-シロフフユエダシャク-2020-03-25zb-TG550040

シロフフユエダシャクと思われるが、自信無し。
















5176> オジロワシが飛ぶ

2020-01-15撮影(その3)

頭上をオジロワシが飛んだ。
f-オジロワシ-2020-01-15mk-M1156306

f-オジロワシ-2020-01-15mk-M1156261

f-オジロワシ-2020-01-15mk-M1156269

もう少し低いところを飛んでほしいものだ。












5165> オジロワシ2羽

2020-01-06撮影

公園を歩いていたら、上空に1羽の猛禽。
最初はトビかと思いました。近づいてきたら今季初のオジロワシと気が付きました。
g-オジロワシ-2020-01-06mk-M1060304

撮影中2羽になりました。幸い2羽が接近してくれたので、同一視やに入れることが出来ました。
g-オジロワシ-2020-01-06mk-M1060603
右が成鳥、左が幼鳥でしょうか。


<おまけ>
アカゲラ♀が木に空いた穴に頭を突っ込んでいました。穴の入口にとまったところを1枚。
g-アカゲラ-2020-01-06mk-M1060002












4339> 久々の冬の帰省

北海道(その1)
撮影:2015-02-04

久しぶりの冬の帰省。
2/4から2/18まで、札幌近郊を散策。
今日、北海道から戻りました。


初日(2/4)は、新千歳空港に荷物を預けて、ウトナイ湖に行ってみました。
冬鳥が色々見られると期待して.......。
気温はマイナス10℃ほど。寒い(^_^;)
散策路には、辛うじて足跡があった。時々埋まる(^_^;)
湖面は凍ってして、水鳥はゼロ。
森を散策しても、数羽のヒヨドリしかいませんでした。
そのほかはアカゲラが1羽。

諦めて帰ろうと思ったころ、頭上に1羽現れました。
オジロワシでしょう。写真はイマイチですが、初撮りは嬉しいものです。
オジロワシ-IMG_7544

オジロワシ-IMG_7549

今回の帰省では、散策したのは札幌の近郊だけですが、それなりに嬉しい出会いがありました。写真の整理を進めながら、ご紹介していきます。

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.7版):掲載写真枚数:3,954枚。成チョウ:309種、卵:179種、幼虫:192種、蛹:169種、食草・食樹:342種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示