4490>ベニモンカラスシジミ(長野県)

2015-06-02撮影

かなり時間が経ってしまいましたが、未掲載だったベニモンカラスシジミの話題です。

ベニモンカララスシジミは、今年の最重要の撮影対象でした。これまで、本種の生息場所の情報はなかなか得られず。
遠征の計画すら立てられませんでした。
それでも今年こそは撮影したいと、長野の当てのない生息場所に出かけることにしました。
幸運にもSさんのご厚意で生息地の情報をいただき、ここに感動の写真をご紹介することができます。

6/1横浜のTさんと共に出かけました。
まずは、第1ポイント。10時過ぎから探索開始。
良いポイントです。ワクワクしながら1時間ほど。

しかし、見つからず。第2ポイントに移動。
第2ポイントも雰囲気は素晴らしいが、結局は全く見つからず。
次に当りをつけておいた場所に転戦。更に別の場所へと移動しますが、結局なんら収穫の無いままこの日は終わりました(T_T)

2日目も早朝から探索。というか朝の散歩。
朝食を済ませて、前日の場所2ヵ所を再チェック。
10時半の時点で全くダメ。また来年と思い始めていました。
現地でお会いしたHさんもまだ見つからないそうでした。

この日2度目のポイントに戻ってくると、黒い小さなチョウがいます。
一見、カラスシジミ。
これだ!
384-ベニモンカラスシジミ♂裏-2015-06-02南信-7D2_4826

撮影開始。Tさんを呼びます。Hさんを呼ぼうとしますが距離があります。
こちらを向くのを待って手を振ろう思いましたが、こちらを見てくれません(^_^;)

一体何枚撮ったでしょう。興奮のため手が震えたのかピンボケばかり。
辛うじて幾分まともなショットも(^_^;)
飛んだ時にベニ紋が見えました。♂のようです。
長い時間サービスしてくれましたが、そのうち姿を消しました。

Hさんにこのことを伝え、再び探索していると、Hさんが手を振っています。
急いで行ってみると、ベニモン♀でした。
384-ベニモンカラスシジミ♀裏-2015-06-02南信-7D2_5100

この個体はサービス満点でした。飛ばせて表面の撮影にもトライできました。
暗かったのと技術不足でイマイチですが、表面も撮れました。
384-ベニモンカラスシジミ表-2015-06-02-P1100701

こうして今年の最大の課題が達成できました。

なお、今年の2つ目の課題は、ヒョウモンモドキでしたが、スケジュール的に行けませんでした。
3つ目の課題は掲載済みのタカネヒカゲでした。




スポンサーサイト
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示