FC2ブログ

4630> やっと会えたヘラサギとクロツラヘラサギ(東京都)

クロツラヘラサギを求めて、東京湾奥に行ってきた。

干潮の14:00ころに合わせて、昼ころから干潟で待機。
13:00を過ぎたころには、十分低水位になっていたがショーは始まらない(^_^;)

干潮の14:00になっても、ショーは始まらない。
風も強まってきて寒くなった。少しずつカメラマンが帰っていく。
今日はダメかなと思いつつ、横を見ると残っているカメラマンは5人くらい。

14:45ころだった、テトラポットの陰に一瞬大き目の白い鳥が見えた。
今のは何だったのかと思いつつ、ショーの始まりを期待する。
それから5分ほど経っただろうか。
突然2羽の白い鳥が視界に入った。そして干潟に舞い降りた。
ショーの始まりである。

大き目の1羽はヘラサギ。もう1羽はクロツラヘラサギ。
夢中でシャッターを押す。

未撮だったクロツラヘラサギ。
クロツラヘラサギ-2017-02-16葛西-Omd09946
寄り添って移動するクロツラヘラサギ(左)とヘラサギ(右)。
クロツラヘラサギ+ヘラサギ-2017-02-16葛西-Omd00010
ヘラサギが飛ぶ。
ヘラサギ-2017-02-16葛西-Omd00138
ヘラサギ。
ヘラサギ-2017-02-16葛西-Omd00291

3時間ほど待ったが、至福の時は40分も続いた。
撮影枚数は1000数百枚。

撮影できたのは色々と教えていただいた地元の方のお陰。感謝です。

(撮影:2017-02-16葛西臨海公園)









スポンサーサイト



プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示