FC2ブログ

5105> 久しぶりのアメリカヒドリ

2019-10-27撮影

以前から気になっていた長都沼に行きました。
オオハクチョウが沢山。
f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270082f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270088f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270187f-オオハクチョウ-2019-10-27長都沼-M1270068


ヒドリガモ沢山、マガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オオバン、バンなどがいました。
珍しい野鳥はいない。と、思ったらヒドリガモに混じってアメリカヒドリが1羽いた。
なかなか見られない鳥です。
f-アメリカヒドリ-2019-10-27長都沼-M1270158
後で撮りなおそうと思っていたら、見失ってしまった(^_^;)















スポンサーサイト



tag : オオハクチョウ アメリカヒドリ

[321] 野鳥>アメリカヒドリ(湘南方面)

2009-12-12 湘南方面(その3)
(大和市は湘南ではないかも…)

実はこの日の第一の目的は、アメリカヒドリでした(これも先週、その存在を教えていただきました。)。
8:00に現地到着。マガモ、カルガモ、ホシハジロはいたのですが…。
常連らしき方にお聞きしたところ、居るのは1羽のみ、寝坊介なのでまだ寝ているっじゃなか、ということでした。

実はムラサキツバメの越冬集団を見つける目的もありましたので、周りを捜索することにしました。
ひと回りして戻ってみると、今度はいました。嬉しい初見初撮りです。

ヒドリガモなどと似ているので、一度目を離すと、判らなくなります。
特に逆光だと識別困難です。
実際、見つけてからも何度も見失いました。


(a)アメリカヒドリ(2009-12-12 大和市)
目の後の部分は、光のあたり方で緑に見えたり、黒くみえたりします。



(b)アメリカヒドリ(2009-12-12 大和市)



プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示