[459] 野鳥>オオジュリン(多摩川河口)

2010-02-20 多摩川河口(その1)

皇居を午前中に切り上げて、多摩川に移動しました。
この日は天気も良く、葦原にはオオジュリンが多数観察できました。

オオジュリンは実に表情が豊かだ。
柔らかな顔の表情にも好感がもてます。
しかし、葦につかまりながら動きまわっているので、撮影はかなり苦戦。
それでも、数えられないほど撮った中にはまともな写真がありました。

(a)オオジュリン(2010-02-20 多摩川河川敷)



(b)オオジュリン(2010-02-20 多摩川河川敷)



(c)オオジュリン(2010-02-20 多摩川河川敷)



(d)オオジュリン(2010-02-20 多摩川河川敷)





スポンサーサイト

[458] 野鳥>オオセグロカモメ(千代田区)

皇居外苑(その4/end)

カモメ類の識別は悩ましい。ウミネコとユリカモメはいいとして、課題はセグロカモメとオオセグロカモメの識別だ。今回、数羽のセグロカモメの中に1羽だけ少し色の濃い個体がいた。

オオセグロカモメ判定のポイントは、雨覆いの色が濃く、主翼の上面の色がほぼ一様に黒っぽいこと(セグロカモメの翼上面は灰色で初列風切の先端付近だけが黒い)。

(a)オオセグロカモメ(2010-02-20 千代田区)



(b)オオセグロカモメ(2010-02-20 千代田区)



(c)オオセグロカモメ(2010-02-20 千代田区)



◆【速報】2010-02-27 9:00過ぎから:金沢区T公園
レンジャクの飛来が待ち遠しい。昨年は3月上旬の2週間ほど滞在していたので、小雨の中調査に出かけた。結論は「まだ」らしい。
<出会った主な野鳥>
・シロハラ1、ツグミ2、コゲラ2。
・ハクセキレイ3、キセキレイ1。
・シメ:15羽くらいの群。
・オオカワラヒワ:50羽ほどの群:一羽飛ぶと一斉に飛んでしまうので近づけず。写真は撮れず。続いて、長浜公園へも。

◆2010-02-27 昼頃から:金沢区長浜公園
久し振りの長浜、ひと回りだけ。いつものアメリカコガモ♂1羽が近くに見えたので撮影。特にサプライズはなし。
<出会った主な野鳥>
・コガモ多数。アメリカコガモ。
・ヒドリガモ15、オカヨシガモ15、ハシビロガモ7、スズガモ多数。
・キンクロ、ホシハジロ共に数羽。カルガモ14、カイツブリ2。
・バン1、オオバン5。
・カワラヒワ3、ツグミ1。
・コサギ、アオサギ。

[457] 野鳥>ハシブトガラス(千代田区)

皇居外苑(その3)

ミコちゃんの証拠写真は確保できたが、近くに来てくれない。
ふと見ると、ハシブトガラスが目の前。
人馴れしているのか、カメラを向けても逃げません。
都心のカラスは違う?

(a)ハシブトガラス(2010-02-20 皇居)



★こうして見ると、結構愛嬌がある。
露出補正を忘れていたので、カラスが白っぽくなった。
致命傷に近い失敗写真ですが、PaintShopProで思い切り暗く補正したら、こんな写真に。

[456] 野鳥>ミコアイサ(千代田区)

皇居外苑(その2)
目的のミコアイサに会えました(初見)。


有楽町から日比谷濠の南端に到着すると北側遠方に複数の白い点が見えました。
♂4羽でした。初見に感激です。

(a)ミコアイサ♂(2010-02-20 千代田区)



(b)ミコアイサ♂(2010-02-20 千代田区)



(c)ミコアイサ♂(2010-02-20 千代田区)




日比谷濠の北隣の馬場下濠の北側には、♂1羽、♀2羽いました。
(その後、日比谷濠へ飛んでいきました。)

(d)ミコアイサ♀(2010-02-20 千代田区)



★確認個体数は、結局7羽(♂5羽、♀2羽)でした。
期待していたカワアイサには会えませんでした。


[455] 野鳥>コブハクチョウ(千代田区)

皇居外苑(その1)

ミコアイサを見たいと思って、皇居に行ってきました。
有楽町から日比谷壕につくと、まず2羽のコブハクチョウが出迎えてくれました。デカイ。近くにやってくると420mmではフレームからはみ出してしまいます。

(a)コブハクチョウ(2010-02-20 千代田区)



(b)コブハクチョウ(2010-02-20 千代田区)




[454] 野鳥>カケス(津久井郡)

2010-02-14 津久井方面(その4/end)

この日の最大のサプライズは、最後に出会ったカケス(初撮り)です。
数十m先の路上に見えました。まずはその場で証拠写真。
そぉ~っと5m前進して撮影。
更にゆっっっっくり5m進んで撮影。
これを飛び去るまで繰り返しました。
(そんなおじさん3人組み、滑稽だったに違いありませんね)

(a)カケス(2010-02-14 津久井郡)



(b)カケス(2010-02-14 津久井郡)



★甘々の写真しか撮れませんでしたが、初見・初撮りに大満足です。


[453] 野鳥>アカウソ(津久井郡)

2010-02-14 津久井方面(その3)

「ウソ」の目撃情報は聞いていなかったので、全く想定外でした。
林道を歩き始めてから、「ウソ、いたよ!」の情報をもらいました。

最初の場所では、アカウソ♂2羽が木の芽を夢中で食べていました。
じっくり撮影の時間をもらったのですが、高い木の上なので、お腹ばかりで顔がうまく入らない、曇り空バックの露出補正に苦戦、枝被りでピン外れなど、撮っても撮ってもダメの連続でした。辛うじて掲載できる写真…。

次に見つけた場所では、アカウソ♂2羽、♀1羽がカワラヒワの群れと一緒でした。ところが、間もなくカワラヒワが飛び立ち、一緒に行っちゃいましたTT)

(a)アカウソ(2010-02-14 津久井郡)



(b)アカウソ(2010-02-14 津久井郡)



◆昨年は横浜市内で20羽(ウソ+アカウソ)ほど確認できました。今年も地元を探し回っていますが、殆どゼロになりそうだす。

[452] 野鳥>ベニマシコ(津久井郡)

2010-02-14 津久井方面(その2)

やっぱり、ここの1番の出し物は、ベニマシコでしょう。これまで、なかなか接近させてもらえず苦戦してきました。何とか可愛く撮りたいというのが、今回の目的。

結局のところ、少し改善できただろうか…?

(a)ベニマシコ♀(2010-02-14 津久井郡)
3回目にして、やっと♀の写真が撮れました。



(b)ベニマシコ♂(2010-02-14 津久井郡)
地面に降りると枯葉の色と殆ど変わらない。



(c)ベニマシコ♂(2010-02-14 津久井郡)
胸元は綺麗なピンクです。
枝被りのショットは殆どがピンボケ。こんなショットは極稀でした。MFにすべきかもしれませんね。


―――――――――――――
◆【速報】2010-02-20 皇居
目的のミコアイサに会えました。Birderの記事を見て、期待していたカワアイサとヨシガモには会えませんでした。
・ミコアイサ♂5、♀2 ←★初撮り
・コブハクチョウ10~ ←★初撮り
・ユリカモメ10~、セグロカモメ~10、オオセグロカモメ1?
・キンクロハジロ、カイツブリ2、ハシビロガモ~10、カルガモ、オカヨシガモ~20、オオバン、オナガガモ。
―――――――――――――
◆【速報】2010-02-20 多摩川河口
サプライズを求めて、河川敷を散策
・オオジュリン20~
・ヒバリ5
・タヒバリ2
・ホオジロ2
・ツグミ
―――――――――――――
◆【速報】2010-02-21 舞岡
ヤマシギの撮影のため
・ヤマシギ2
・アオシギ1
・ジョウビタキ♀1、アオジ2
―――――――――――――
◆【速報】2010-02-21 横浜観察の森
ウソの調査に行きました。いませんでした。今年はダメですね。
・ベニマシコ♀ ←いました! ★サプライズ!
・ホオジロ♂♀、ジョウビタキ♀
・カワラヒワ10~
・コジュケイ2
―――――――――――――


[451] 野鳥>ルリビタキ(厚木市、津久井郡)

2010-02-14 津久井方面(その1)

midoriさんAkakokkoさん、私、の鳥○○トリオが、
サプライズを期待して、1週間前と同じルートで野鳥散策です。
私にとっては、3回目の津久井遠征です。

まず、途中の厚木の公園。
ここでの最初は再三登場している(a)ルリ男でした。
これにちょっかいをかけるようにジョウビタキくんも出ました。

(a)ルリビタキ♂(2010-02-14 厚木市)
灰色がちょっと目立ちます。若い個体なのでしょうね。



津久井についてからも、やはり(b)ルリ男、(c)ルリ子1、(d)ルリ子2が出てきてくれました。
(b)ルリビタキ♂(2010-02-14 津久井郡)
この個体も灰色が入っています。真っ青な個体にはなかなか会えません。



(c)ルリビタキ♀(2010-02-14 津久井郡)



(d)ルリビタキ♀(2010-02-14 津久井郡)



[450] 野鳥>カヤクグリ(津久井郡)

津久井遠征の最後は、カヤクグリです。
アトリと一緒に道路に出てきてくれました。
一緒のショットもあるのですが、どちらもボケでした。
夕方に近づき、撮影には厳しい時間帯になっていました。
まともなショットは、これ1枚だけ。

(a)カヤクグリ(2010-02-07 津久井郡)





[449] 野鳥>アトリ(津久井郡)

Akakokkoさんが40mほど先の地面にアトリを見つけてくれました。
2人ともじっと動かずカメラを構えて、待ちます。
木の実かなにかを拾いながら、少しずつ少しずつ近づいてきます。
この間、写真を撮り続けていたのは言うまでもありません。

結局、すぐ目の前、3mほどの近くまで来てくれました^^)v。


(a)アトリ(2010-02-07 津久井郡)
白い部分は路面に残った雪です。



(b)アトリ(2010-02-07 津久井郡)
随分ふっくらしてます。



(c)アトリ(2010-02-07 津久井郡)
(b)の部分拡大(画素等倍の1/2)。ん~百枚撮った中で最もシャープなショットです。いつもこれくらいシャープに撮れたらいいんですけど…。



(d)アトリ(2010-02-07 津久井郡)
なんとか雪背景になりました。



(e)アトリ(2010-02-07 津久井郡)
このポーズが一番好きですが、背景をもっと暈さないとだめですね。
やっぱり、枝に停まっているのを撮りたいです。



◆この間、我々はじっと動かず40分撮り続け。
とても疲れましたが、至福の時間でした。

[448] 野鳥>ベニマシコ(津久井郡)

ベニマシコを求めて、2度目の津久井遠征。
辛うじて♂は撮れました。♀は目撃だけでしたが、今回はそれでも満足です。

(a)ベニマシコ(2010-02-07 津久井郡)
枝被りやピンボケだらけ。使える写真は僅かでした。



(b)ベニマシコ(2010-02-07 津久井郡)
枝被りは軽傷でしたが、ちょっとブレてます。



◆(a)(b)は同一個体。この日の出会いは♂1羽、♀2羽でした。


[447] 野鳥>ルリビタキ(厚木市、津久井郡)

魅力的なルリビタキ。
何とか、今日も会えました。

まずは朝の厚木市の公園で。

(a)ルリビタキ♂(2010-02-07 厚木市)



(b)ルリビタキ♀(2010-02-07 厚木市)



その後、行った津久井郡でも、会えました。
(c)ルリビタキ♀(2010-02-07 津久井郡)





[446] 野鳥>イカル(厚木市)

イカルの情報をもらって、Akakokkoさんと厚木に遠征。
到着してまもなく、高い木の上に黄色い嘴の数羽発見。
取り敢えず、確保した証拠写真=初見です。
その後、多数の個体を見つけましたが、写真は全く撮れませんでした。

(a)イカル(2010-02-07 厚木市)初見、初撮り

[445] 野鳥>トラツグミ(栄区)

2010-02-06 横浜自然観察の森

鳥の出が悪く収獲のない一日でしたが、最後にサプライズがやってきました!

そろそろ17時近い。
休憩場所の地面に何か影が目に入って、消えました。
小綬鶏だろうと思いながら、そお~っと辺りを探しました。
が…、何も見えない…。
いえ、15m左奥の地面に何かが動きました。
咄嗟にカメラを構える。
ファインダーの中に映ったのはトラツ!でした。
先月初撮りしたトラツですが、この場所では初見。
嬉しいサプライズが最後にやってきました。



◆甘い写真になりましたが、SS=1/50だったので仕方ありません。

――――――――――――――――――――――――――――――
◆【速報】2010-02-14 津久井郡
寒さが緩み、多くの鳥たちが姿を見せてくれました。目撃した主な野鳥:
・ルリビタキ9
・ジョウビタキ7
・ベニマシコ9
・カヤクグリ7
・アカウソ5
・カケス1
・アカゲラ1
・ミサゴ?2

[444] 野鳥>ジョウビタキ♀(栄区、津久井郡)

(a)ジョウビタキ♀(2010-02-06 横浜自然観察の森)
野鳥の出が悪く、寂しい一日だったが、ジョウビが慰めてくれた。
気さくなお嬢さん。




翌日、津久井でも、ジョウビに会えました。

(b)ジョウビタキ♂(2010-02-07 津久井郡)
背景が五月蝿いが…。



(c)ジョウビタキ♂(2010-02-07 津久井郡)



[443] 野鳥>エナガ(栄区)

2010-02-06 横浜自然観察の森にて。

良く見かける。
チャンスは多いが、動きが速いので、撮っても撮っても当りは少ない。







◆【速報】2010-02-13 栄区自然観察の森
朝、小雪のちらつく中、自然観察の森へ。
注目ポイントをひと回りしました。確認した野鳥は、
★ウソらしき鳴き声+飛び去る姿1.
・ウグイス1
・シメ1
・シロハラ1
・ヒヨドリ7
・コジュケイ11
でした。雪でも鳥はでてきますね。風が弱かったのもプラスでしょう。雪が降り止まないので、一度もカメラを出さずに早めの撤退になりました(7:40~9:00)。あした晴れたらいいなぁ~。

[442] 野鳥>コゲラ(栄区)

2010-02-06 横浜自然観察の森

随分カメラを向けてきたが、なかなか思うようには撮れない(^^;)


[441] 野鳥>ノスリ(栄区)

2010-02-06 横浜自然観察の森

今年は、ノスリとの遭遇が随分多い。
ついつい撮ってしまうが、なかなかきまらない。
比較的低く飛んでくれたが、目が映らなかった。


[440] 野鳥>カワラヒワ(栄区)

2010-02-06 横浜自然観察の森にて。

可愛く撮れました。

[439] 野鳥>セッカ(栄区)

2010-02-06 横浜市栄区

何羽かいるようでしたが、かなかな姿を見せてくれません。
辛うじて撮れました。


[438] 野鳥>コアジサシ(相模川河川敷)

<過去のストックより>
(まだ整理が追いつかない)

(a)コアジサシ(2009-05-15 相模川河川敷)

白い鳥が颯爽と飛んでいます。
咄嗟にカメラを構えて連写しました。幸運にも写っているショットがありました。この日が初見初撮りです。

[437] 野鳥>ノスリ(江戸川区)

東京湾奥(その16/end)

木の上に停まっているノスリを見つけました。
ちょっと遠いと思いましたが、何とか目の輝きも見えました。
こちらで撮っているのを察したのか、間もなく飛んでいきました。

(a)ノスリ(2010-01-1 葛西臨海公園)
地図でみたら、距離は80mくらい。
カメラを観察窓に押し付けて固定して撮りました。





[436] 野鳥>タシギ(江戸川区)

東京湾奥(その15)

(a)タシギ(2010-01-31 葛西臨海公園)

この日、5羽確認できました。
この個体は観察窓に近いところにいました。

[435] 野鳥>オオジュリン(江戸川区)

東京湾奥(その14)

風も無く、暖かだったせいか多数のオオジュリンに会えました。
恐らく10羽以上だと思います。

(a)オオジュリン(2010-01-31 葛西臨海公園)



(b)オオジュリン(2010-01-31 葛西臨海公園)



(c)オオジュリン(2010-01-31 葛西臨海公園)






[434] 野鳥>ジョウビタキ(江戸川区)

東京湾奥(その13)

この日、ジョウビタキは5羽ほど確認できました。
みんな、サービス精神旺盛でした。


(a)ジョウビタキ(2010-01-31 葛西臨海公園)



(b)ジョウビタキ(2010-01-31 葛西臨海公園)



(c)ジョウビタキ(2010-01-31 葛西臨海公園)



(d)ジョウビタキ(2010-01-31 葛西臨海公園)

[433] 野鳥>アカハラ(江戸川区)

東京湾奥(その12)


この日は、アカハラが結構目立っていました。
といっても、接近できないため撮影には苦労しました。

(a)アカハラ(2010-01-31 葛西臨海公園)




[432] 野鳥>ツグミ(金沢区、戸塚区、栄区)

こちらは、過去のスタックからのツグミです。


(a)ツグミ(2009-03-21 金沢区長浜公園)



(b)ツグミ(2008-12-27 戸塚区舞岡公園)



(c)ツグミ(2008-12-29 栄区自然観察の森)




◆こうしてみると、以前のものは甘さが目立ちます^^;)

[431] 野鳥>ツグミ(江戸川区)

東京湾奥(その11)

ここからは、翌日の葛西臨海公園の記録です。Akakokkoさんも同行してくれました。

何故か近くにやってきて逃げなかったので、至近距離から撮れました。
実は、拡大すると粗の目立ちます。ピンが甘いんですかね。

(a)ツグミ(2010-01-31 葛西臨海公園)



(b)ツグミ(2010-01-31 葛西臨海公園)






[430] 野鳥>ズグロカモメ(習志野市)

東京湾奥(その10)

ズグロカモメを見るために谷津干潟に寄りました。

(a)ズグロカモメ(2010-01-30 谷津干潟)(初)

何とか一羽見つけました。一見、ユリカモメと同じです。一番の違いは幾分太目の黒い嘴。また、風切が白黒白黒になっていることと、少し小型であることが識別のポイントのようです。



――――――――――――――――
◆【速報】2010-02-06(栄区横浜自然観察の森)
ウソが目的で自然観察の森へ。結局未確認に終わった(去年より遅れている)。上空は風が強く小鳥の姿は少なかった。その中で、ここでは初めてのトラツグミに出会えたのが収獲。
【主な野鳥】セッカ2(栄区の別の場所)、コジュケイ8、ホオジロ4、ツグミ1、シロハラ1、カワラヒワ10、ノスリ2、コゲラ4、エナガ10、メジロ2、シジュウカラ7、アオジ2、ジョウビタキ1、トラツグミ1(!)

[429] 野鳥>ホオジロガモ(船橋市)

東京湾奥(その9)

続いて現れてくれたのが、これでした。
例によって、随分撮りましたが、この程度です。

もともと離れた群れの中にいたと思いますが、双眼鏡では判りませんね。
なんとも不思議な顔…。
激甘ですが証拠としては充分でしょう^^;)

(a)ホオジロガモ(2010-01-30 船橋市三番瀬)(初撮り)


[428] 野鳥>シノリガモ(船橋市)

東京湾奥(その8)

東側の防波堤では、遠くにカモ類が見えました。ざっと見たところ、スズガモ、オナガガモ、オオバン、ヒドリガモなどで、珍しい種類は見当たりませんでした。駄目そうです。

ところが、横にいたスコープの方が、遥か300mくらい先の水面に浮いている群の中にいる
ウミアイサ♂(双眼鏡でもやっと判る程度)(初見)
次に、
ビロードキンクロ♂ 双眼鏡でも判らない(^^;)(初見)

を見つけて教えてくれました(証拠不十分ですかね?)。
その次はシノリガモ。シノリガモは肉眼でも確認できるところまで泳いできました。そして、腰を落ち着けて長い時間モデルになってくれました。ただし、少し距離があったため、どれもシャープには撮れませんでした。

(a)シノリガモ(2010-01-30 船橋市三番瀬)(初見)





[427] 野鳥>タヒバリ(船橋市)

東京湾奥(その7)

東側の防波堤に2~3羽いました。近くから撮らせてもらったのですが、動き回ったまま停まらないので、この程度の写真になりました(^^;)

(a)タヒバリ(2010-01-30 船橋市三番瀬)



(b)タヒバリ(2010-01-30 船橋市三番瀬)

[426] 野鳥>セグロカモメ(船橋市)

東京湾奥(その6)

下嘴の先端近くに赤斑、初列風切の先が黒いのが特徴。


(a)セグロカモメ(2010-01-30 船橋三番瀬)



(b)セグロカモメ(2010-01-30 船橋三番瀬)



[425] 野鳥>ミヤコドリ(船橋市)

東京湾奥(その5)

(a)ミヤコドリ(2010-01-30 三番瀬)(初)
なんとユニークなんでしょう。
これなら、私にも見分けがつきます。
干潟に20~30羽いました。

[424] 野鳥>ダイゼン(船橋市)

東京湾奥(その4)

これも、他のシギと模様はそっくり。
しかし、明らかに他のシギよりも大きいので、その場では区別しやすいです。
ただし、写真でみると大きさが判らないので識別に困ります^^;)

(a)ダイゼン(2010-01-30 三番瀬)(初)





[423] 野鳥>ミユビシギ(船橋市)

東京湾奥(その3)


(a)ミユビシギ(2010-01-30 三番瀬)(初)ですかね?
なんて可愛いんでしょう。
ハマシギと混ざっていましたが、嘴が短いので何とか区別できました。
しかし、トウネン、ニシトウネンなども加わると、今の私には識別困難です。




<つぶやき> あれほど沢山撮って、目が光ってピンが合ってすのは僅か数ショット^^;) 腕が悪いというか、何かがダメなんでしょうね。

[422] 野鳥>ハマシギ(船橋市)

東京湾奥(その2)
続いてハマシギ。沢山いました。


(a)ハマシギ(2010-01-30 船橋市三番瀬)



(a)ハマシギ(2010-01-30 船橋市三番瀬)




[421] 野鳥>シロチドリ(船橋市)

東京湾奥(その1)
~三番瀬~

1月30日と31日と二日連続で東京湾奥に行ってきました。主に水鳥が目的です。

初日の30日は、船橋海浜公園、通称「三番瀬」です。
8:30に現地到着。砂浜にでるとすぐに、シギやチドリたにが出迎えてくれました。

(a)シロチドリ(2010-01-30 三番瀬)(初)



(b)シロチドリ(2010-01-30 三番瀬)(初)



[420] 野鳥>コサギ(東京港野鳥公園)

<過去のストックより>
整理が追いつかないため^^;)

(a)コサギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)
セイタカシギと一緒に並んでくれました。随分待ちました^^;)。



(b)コサギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)
なにやらバトルが勃発。



(c)コサギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)



(d)コサギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)



(e)コサギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)
こら! 仲良く遊びなさい!!

[419] 野鳥>セイタカシギ(東京港野鳥公園)

<過去のストックより>
撮った写真は沢山ありますが、整理が追いつきません。


(a)セイタカシギ♂(2009-09-18 東京港野鳥公園)
白、黒、赤の配色が素晴らしい。



(b)セイタカシギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)
この♂♀2羽が並ぶまで随分待ちました。
ただし、右は♀じゃなくて幼鳥かも知れません。



(c)セイタカシギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)
そして更に3羽並ぶ瞬間がやってきました。一体何枚撮ったやら…。
真ん中の個体の脚に足環がついている?



(d)セイタカシギ(2009-09-18 東京港野鳥公園)
枠外にはみ出した白色は、コサギ。


[418] 野鳥>ホオジロ(栄区)

横浜自然観察の森(その5)


(a)ホオジロ♂(2010-01-24 横浜自然観察の森)



(b)ホオジロ♂(2010-01-24 横浜自然観察の森)




[417] 野鳥>アオジ(栄区)

横浜自然観察の森(その4)


(a)アオジ(2010-01-24 横浜自然観察の森)

散策路上でアオジが葉っぱをひっくり返していました。
歩いていくと一旦道路脇に逃げましたが、見ているとまた出てきました。そしてまた夢中で葉っぱをひっくり返し始めました。
見ている前で平気で近づいてきます。
結局、距離3mほどで、じっくり撮らせてもらいました。
かなりの数撮りましたが、動き続けてるのでどれも僅かにピンが外れていました。その中で一番シャープな1枚を掲示します。
(私には珍しく、ノートリです)





(b)アオジ(2010-01-24 横浜自然観察の森)

上の写真の部分拡大(これでもピクセル等倍の半分に縮小)です。これほど、羽毛のみえる写真は初めてです。




◆Lens Canon 300mmF4 + Teleconverter1.4x = 420mm F5.6
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示