[529] ルリシジミ♀の開翅(磯子区)

2010-04-24 磯子区氷取沢市民の森(その2)

いい天気。
短時間ながら、駆け足で春の蝶を見てきました。

rursjm-P4241608.jpg



(つづく)
スポンサーサイト

[530] トラフシジミ、やっと会えました(磯子区)

2010-04-24 磯子区氷取沢市民の森(その1)

何とか氷取沢で見つけたいと思っていたトラフシジミです。
やっと見つけました。この日、行った甲斐があったというものです。

torfsjm-P4241595.jpg

地べた&閉翅ですが、次回に期待します。

◆この日確認した蝶・野鳥
・モンシロチョウ4
・スジグロシロチョウ3
・テングチョウ1
・ルリシジミ6
・トラフシジミ1
・ツマキチョウ1
>センダイムシクイ(鳴き声)
>ウグイス(鳴き声)

[528] イボタガ科>イボタガ(戸塚区)

2010-04-18 舞岡(その4)

この場所に着く前に、他の方からも話を聞いていました。
現地に着くと、とっとこさんが停まっている場所を教えてくれました。
開帳100mmほど。桜の木の幹に停まっていました。
イボタガというそうです。何とも不気味です。

ibtg-Im5_6425.jpg

[527] ツマキチョウ

2010-04-18 舞岡(その3)
やっとチャンスが来ました

ツマキチョウは、沢山現れましたが停まりません。
飛翔もお手上げ状態でした。

ところが、♂がスミレにとまっているのを見つけました。
慌ててカメラを準備。
何とか撮れました。数枚撮ったところで飛んでいきました。
tsumkchu-Im5_6266.jpg


それ以降、また停まらない個体を何度も見送りました。
2度目のチャンスは10分後でした。今度は♀。
何枚かとって、別の向きから撮ろうとしたら、飛び去りました(T_T)
tsumkchu-Im5_6273.jpg


この日は、多数のツマキチョウに出会いましたが、撮影チャンスは結局この2回だけでした。

[526] 野鳥>ゴイザギ(ホシゴイ)(戸塚区)

2010-04-18 戸塚区舞岡(その2)
~ ここでは珍しい ~

アオゲラが行ってしまったので、散策を始めました。
途中、ツマキチョウを何度も見かけましたが、停まりません。
飛翔撮影にも挑戦しますが、全く手に負えません(^_^;)

古民家の近くまでくると、Akakokkoさんに会いました。
桜の木でホシゴイが寝てることの情報。桜に囲まれて気持ち良さそうでした。ひとまずパチリ。
goisg-Im5_6257.jpg


帰りにこの近くを通りかかりました。
今度は田圃の側の地面にいました。
かなり近くから撮らせてくれました。
goisg-Im5_6406.jpg



[525] 野鳥>アオゲラが穴掘り中(戸塚区)

2010-04-18 戸塚区舞岡(その1)
あ!人が集まっている!

ツマキチョウの写真が撮りたくて、舞岡に出かけました。
それとトラフシジミにも期待していきました。

駐車場から歩いていくと、何やら人が集まっている。
この場所なら、アオゲラか!?

当たりでした、いました。
推定距離30m(画像上の画素数と実物の大きさから推定)。
一所懸命穴掘り作業中のようでした。
近くでチラッと♂も見かけましたが、働いているのは♀だけでした。
そんな光景は、他でも見たような…(^_^;)

aogr-Im5_6158.jpg

後で調べたら191枚撮っていました。
ピンボケ、被写体ブレ、顔隠れなどを除いたら、残ったのは辛うじて数枚でした。
危なく全滅するところでした(^_^;)
一番の失敗原因はピンボケで、桜の幹のところにFousが盗られがちでした。
マニュアルFocusに切り替えたのが正解だったようです。
三脚が車の中に置いたまま。1脚での撮影は大苦戦でした。

追>トラフシジミには会えませんでした。

[524] ジョウカイボン科(磯子区)

2010-04-17磯子区氷取沢市民の森

4月の中旬だというのに寒い。この日の最低気温は1.6℃、最高気温12.9℃。
これでは蝶の姿は期待出来ないが、野鳥を期待して氷取沢~瀬上池をひと回り。


エノキにアカボシゴマダラの幼虫がいなかと思って探していたら、写真のジョウカイボンがいた。大きさは10mmほどだ。
joukibn-P4171551.jpg


更に、シダの葉に、別のジョウカイボンのペアがいた。これも大きさは、大きい方で10mm、小さいほうで8mmほど。
joukibn-P4171554.jpg



結局、蝶の姿は全くなかった。
野鳥は、ウグイス、センダイムシクイ(一瞬だけ)、アオジに会えた。
期待していたオオルリは確認できなかった。

氷取沢の谷戸は、無用と思われる人の手が入り草木が伐採されていた。
横浜市の意図が理解できない。

[523] スノーフレーク(戸塚区)

2010-04-11 戸塚区舞岡公園(その6/end)
(これで最後)

帰ろうと思ったら、スズランのような花。
ただし、スズランより随分大きい。
自分にとっては珍しい。

後日、Akakokkoさんに名前を教えていただきました。

?花-Im5_5980

[522] シオヤトンボ、らしい(戸塚区)

2010-04-11 戸塚区舞岡公園(その5)

何やらカメラを向けている方がいました。
聞いてみるとトンボが停まっているそうだ。
羽化したばかりという感じで、動かない。
私も撮らせてもらった。
こんな時期にトンボとは!
大きさは、ナツアカネくらいの小型サイズ。
シオカラトンボにも似ている。
手元の図鑑を一通り見てみましたが、良く判らない。
是非とも諸先生方のご見解を伺いたい。

→ どうやら、「シオヤトンボ」らしいということになりました。

?トンボ-Img_5962

?トンボ-Img_5978

[521] ベニシジミ(戸塚区)

2010-04-11 戸塚区舞岡公園(その4)

ベニシジミだって綺麗です。
bensjm-Im5_5906.jpg

bensjm-Im5_5940.jpg

bensjm-Im5_5953.jpg

[520] 野鳥>キジバトと蓮華(戸塚区)

2010-04-11 戸塚区舞岡公園(その3)

蓮華が咲いているところに、キジバトが降りていました。
kijbt-Im5_5881.jpg

[519] 野鳥>アオジくんの大サービス(戸塚区)

2010-04-11 戸塚区舞岡公園(その2)

すぐ足元にアオジくんを見つけました。
地面の草の実?を盛んに食べていました。
だんだん遠ざかっていくと思ってみていたら、草に隠れながらもどんどん前に出てきました。
とっとこさんと私がカメラを構えているのに気がつかないはずはありません。
目の前に居るのですから…。
きっと我々を、無害だと判断したのでしょう。友達に見えたのかもしれません^^)

2人とも十分満足、疲れるまで撮らせてもらいました。
私は150枚ほど撮りました。
aoj-Im5_5767.jpg


こんなポーズが大好きです。
aoj-Im5_5824.jpg

[518] 野鳥>コゲラくん(戸塚区)

2010-04-11 戸塚区舞岡公園(その1)

この日、初めてとっとこさんにお会いしました。Web上では以前から接触がありましたが、待望の初対面です。

談笑しながら歩いていたら、コゲラくんが姿を現しました。
二人並んで撮るというのは、また楽しいものです。

コゲラは、動きがお茶目で可愛らしい。
kogr-Im5_5682.jpg

kogr-Im5_5686.jpg

kogr-Im5_5693.jpg



随分沢山撮ったんですけどね…。

[517] スギタニルリシジミ、花に停まった(藤野町)

2010-04-10藤野町(その12/end)
このシリーズの最後です。
(15:30ころ)


スギタニルリシジミが花に停まってくれました。
何という花でしょう? 
→ 「アマナ」だそうです(by Akakokkoさん
sugtnrrsjm-Im5_5605.jpg


sugtnrrsjm-Im5_5610.jpg


これは、すももの花らしいです。
sugtnrrsjm-Im5_5615.jpg


このシリーズは、これでお終いです。
今年は天候不順。6回目のこの日やっと好条件に恵まれました。
撮影枚数は700枚以上。ギフチョウをはじめ春の蝶たちを満喫しました。

[516]ギフチョウと桜の若葉など(藤野町)

2010-04-10藤野町(その11)
(15:00ころ)

ギフチョウが、僅かに残った桜の花の吸蜜に来ていました。
桜の若葉の色にも合っていると感じました。
gifchu-Im5_5473.jpg

gifchu-Im5_5486.jpg

gifchu-Im5_5496.jpg

gifchu-Im5_5501.jpg

gifchu-Im5_5515.jpg


最後に、待望のカタクリの花にも来てくれたのですが、停まった場所は萎れかかった方の花でした。また突然だったので、背景がごちゃごちゃ五月蠅くなってしまいました。失敗です。
gifchu-Im5_5569.jpg



これで、ギフチョウの写真はお終いです。
(最終回へ、つづく)

[515] センチコガネ?(藤野町)

2010-04-10藤野町(その10)
(14:30ころ)

陽が隠れると、蝶の姿が消えまましたが、こんな脇役が現れました。
カブト虫ではありません。大きく拡大すると、逞しくみえますね。
実際の大きさは10~15mmくらいです。
コンデジで撮りました。接写はコンデジに限ります。
sentkgn-P4101534.jpg

sentkgn-P4101547.jpg

[514] ギフチョウ+つつじ(藤野町)

2010-04-10藤野町(その9)
(13:40ころ)

陽射しが強まると、ギフチョウの乱舞が始まります。
ツツジの花の周りを盛んに飛び始めました。
gifchu-Im5_5335.jpg


♂がやってきて、交尾を迫ります。
gifchu-Im5_5358.jpg


アタックは15秒ほど続きましたが、不成功だったようです。
gifchu-Im5_5368.jpg


いい形で写真に納まってくれました。
この個体、表後翅の青斑列の内側に小さな赤斑があります。
良く判りませんが、この個体は石砂山の固有種とは違うかも知れません。
gifchu-Im5_5417.jpg


ギフチョウは、この後まだ登場します。
(つづく)

[513] コツバメも桜に(藤野町)

2010-04-10藤野町(その8)
(12:50ころ)

トラフシジミが来ていた桜の花に、コツバメもやってきました。
ただし、ちょっと距離もあり、ちょこまか動き回っていたのでチャンスは束の間でした。

kotsbm-Im5_5286.jpg

kotsbm-Im5_5298a.jpg



この個体以外にも、1、2度見つけましたが、黒っぽくて小さく、動きも速いのですぐに見失いました。

(つづく)

[512] イカリモンガ科>イカリモンガ亜科>イカリモンガ(藤野町)

2010-04-10藤野町(その7)
(12:15ころ)

ギフチョウの乱舞が途絶えても、こんな出会いがありました。
蝶にそっくりな蛾、イカリモンガ。
クローズアップしてみてもチョウに見えます。
このように写真を撮るのは初めてです。
正直なところ、なぜこれが蛾なのかは知りませんが、昔から蛾と教えられてきました(^_^;)

ikrmng-Im5_5272.jpg


上と同じ個体ですが、前翅を後翅のほうに仕舞うと、こうなります。
ikrmng-P4101533.jpg

(更につづく)

[511] トラフシジミが桜に(藤野町)

2010-04-10藤野町(その6)
(11:50ころ)

桜の花に停まるギフチョウを狙おうと思ったら、
何と!トラフシジミが来ているではありませんか!
春型のトラフは、トラ模様が特に綺麗です。
かなり嬉しいサプライズでした。


桜の控えめな色と良く調和していると思いました。(←自己満足)
最初は枝被り、花被りで苦戦しましたが、やっといいところに出てきてくれました。

torf-Im5_5244.jpg


20枚ほど撮りましたが甘ピンだらけ^^;) 
これがベストショットかな? 右にちっちゃな虫がいます。
torf-Im5_5254.jpg


開翅してくれたら最高だったんですが、それは欲張りすぎですね(^^;)
(つづく)

[510] ギフチョウが陽が射すたびに現れる(藤野町)

2010-04-10藤野町(その5)
(11:40ころ)

1度いなくなったギフチョウが、陽が射すとまた次々と現れます。
なかなか停まってくれず、苦戦が続きましたが、時々花にも停まってくれました。

ツツジとギフチョウ
gifchu-Im5_5083.jpg


カキドオシに停まるギフチョウ
gifchu-Im5_5144.jpg


タチツボスミレに来たギフチョウ
gifchu-Img_5153.jpg


これもカキドオシに停まりました。上と同じ個体ですね。
gifchu-Img_5226.jpg


ギフチョウは、後でまた登場します。
(つづく)

[509] スギタニルリシジミの飛翔(藤野町)

2010-04-10藤野町(その4)
ギフチョウの出番を待っていると、またもやスギルリが登場。
(~9:45ころ)

どうしても翅を開いてくれないので。
ちょっとだけですが、飛翔撮影に挑戦をしてみました。
結果は、ご覧の通りピンボケばかりですが、少しずつ技術を磨いていきたいと思います。
地面に停まっている個体にピントを合わせていたのが誤り。
特に3枚目は、少し上にピントを合わせておく、または低い位置から水平に狙うべきだったかと思います。
(後は運任せですけど)

普通のルリシジミよりも濃い青色です。ルリシジミも一緒に飛んでいましたが、色の濃さで大体識別できました。
sugtnrrsjm-Im5_5021~26~45

[508] ミヤマセセリも時々登場(藤野町)

2010-04-10藤野町(その3)


ギフチョウの飛翔が途絶えたかと思うと、ミヤマセセリがやってきて地面に停まります。
まだ、綺麗な個体が多い。
miymssr-Im5_5013.jpg
これが、9:40ころでした。

◆この日は16:00近くまで楽しみましたから、まだまだつづきます。
(時間順に掲載しています)

[507] ギフチョウが現れた(藤野町)

2010-04-10 藤野町(その2)

この日の予報は、曇り時々晴れ。
蝶には、陽射しがとても重要だ。
幸い8:00過ぎから陽が射し始めた。
9:10ころ、一頭目のギフチョウが現れた。

★カキドオシの花がお好みのようだ。まずは、パシャ。
gifchu-Im5_4985.jpg


★タチツボスミレ?にも。
gifchu-Im5_5004.jpg


ギフチョウは、また登場します。
(つづく)

[506] スギタニルリシジミ(藤野町)

2010-04-10 藤野町(その1)
ギフチョウを求めて、今年6回目、ファイナルアタックです。

朝6:30自宅を出発。保土ヶ谷バイパスを経由、橋本から413号に入る。自宅を出たときの曇り空は、だんだん陽が射してきて、期待が膨らむ。約2時間で到着。

早速、散策開始。
まだ、ギフチョウが飛ぶには、少し早いか…。
歩いていくと、小さなシジミチョウが道端を飛んでいる。
ルリシジミよりも少し青が濃い。
スギタニルリシジミだ。
早速、写真を撮る。初撮り。

比較的すぐに停まってくれたが、停まる場所はみんな地べた...。
微かに表面のブルーが見える。
sugtnrrsjm-Im5_4958.jpg


暫らくすると、オオイヌノフグリに停まってくれた。
この個体の後翅の斑紋は「ハ」の字だ。
sugtnrrsjm-Im5_4975.jpg


◆そんなことをしていると、早くも、ギフチョウが現れた(9:10ころ)
(つづく)以降、撮影順に掲載していきます。

[504] 野鳥>コゲラ(磯子区)

2010-04-03磯子区氷取沢

この時期になると、殆ど蝶モードになりますが、それでも、装備は野鳥も撮れる300mmf/4+1.4Xを持ち歩いています。

目の前の太い幹に何かが飛んできました。しかし、見えません。
間もなく幹の裏側から顔をみせてくれたのは、コゲラでした。
随分撮りましたが、まずまずのショットはこれくらいでした(^^;)

kogr-Im5_4854.jpg


(基本的に撮影順に掲載しています。掲載時期は、撮影日よりもだいたい1週間程度後になります)

続きを読む

[502] ルリシジミ♀(磯子区)

2010-04-03 磯子区氷取沢
天気:晴れ時々曇り

氷取沢の谷戸から、瀬上池周辺まで行ってきました。
狙いは、(1)ツマキチョウ、(2)ルリシジミ♀の開翅です。
幸運にも(2)はすぐに達成できました。ルリシジミの♀の開翅は数回観察できました。

rursjm-Im5_4761.jpg

rursjm-Im5_4839.jpg


◆この日会えた蝶
・モンキチョウ
・ルリシジミ
・テングチョウ
・スジグロシロチョウ
・モンシロチョウ
・ルリタテハ
・ベニシジミ
・キタテハ

ツマキチョウには会えませんでした。

[503] ジョウカイボン科(磯子区)

2010-04-03 磯子区氷取沢

こんな小さな虫は、あまり注意してみたことがありません。
花にいました。長さは10mmほど。
ハナカミキリの一種でしょうか?

◆2010-04-09追記-------->
「ジョウカイボンの仲間」ということを教えていただきました(←Akakokkoさんより
引き続き、調べて名前が判ったら、タイトルを変更します。
<--------


コンデジで撮りましたが、結構ちゃんと撮れます。
Olympus SP-570uz

名前不明の虫


[505] 野鳥>ヤマセミの写真のノイズ補正(相模原市)

2010-04-01 相模原市:ヤマセミの写真のノイズ抑制。
* [通番]と[記事番号]を一致させるため番号[1016]をふりました。

ISO1600で撮影した[483]のノイズをPaintShopPro7.0J(以降PSP)を使った手作業で抑制してみました。

まず、[483]の画像を暈して背景ノイズを目立たなくしました。
次に暈していないヤマセミの部分を、PaintShopPro7.0J(以降PSP)のスマートエッジを利用して切り出して、暈した画像に貼り付けました。一応の効果はでたと思いますが、皆さんのご判断にお任せです。

<ノイズ抑制後の画像>
ヤマセミの画像の雑音を抑制
2010-04-01 相模原市

[501] 野鳥>ヤマセミが何とか撮れました(相模原市)

2010-04-01 相模原市

Akakokkoさんmidoriさんから、この前日のヤマセミ情報を戴いていました。
そこで、石砂山の帰りに寄ることにしました。

暫らく待っていると、現れました。
初めのうちは、酷い枝被り、距離が遠すぎでしたが、いい場所に出てきてくれました。

1~3枚目は、頬の下に茶色っぽい斑があるので♂の様です。撮影に夢中になり、ISO1600のままだったことに暫らく気がつきませんでした。また、やっちゃいました(^_^;)
4枚目は甘いですが、帰宅後に交尾の場面らしいことに気がつきました。いずれも、イマイチなので、控えめの大きさにしました。
> これまでの豆ツブ写真よりは、かなりの進歩です。
> お二人に感謝です。
yamsm-Im5_4519~4601
Lens: Canon 300mmF4 + Teleconverter1.4x
推定距離:1~3枚目70m、4枚目90m(画像上のターゲットサイズから算出)


[500] ギフチョウ(相模原市藤野町)

2010-04-01 石砂山。

ギフチョウを求めて今年3連敗中。
気温上昇の予報に期待して、4度目の登頂です。
しかし、空は厚い雲に覆われ、すごい強風。仕方なく11:00過ぎに頂上を断念し、山を下りました。
これで4連敗がほぼ確定でした。

ほぼ諦めの気持ちでしたが、僅かな望みをかけて途中のポイントに寄ってみました。
そこに着くと、たまたま陽が射してきました。
間もなくヒオドシチョウが現れて、翅を拡げました。
それを眺めていると、どこからともなく突然クリーム色の蝶が現れました。
探し回ってきた、ギフチョウです。
遂に会えました^^)v 
思わず「やったぁ~!」(周りには誰も居ません)

しかし、なかなか停まってくれません。「停まってぇ~! お願い」と呟きながら後を追いますが、なかなか停まりません(T_T) 何度か見失い、再発見を繰り返したのち、撮影チャンスがやって来ました(地面に停まりました)。

その後、陽射が消えると、再び現れることはなく、至福の時間は30分ほどで終わりました。
更に他のポイントも回りましたが、姿は全く確認できませんでした。
(気温は19度くらいありましたが、陽射しが必須のようです)





こんなに毛深いんですね。


やっぱり、春の妖精ですね。



gifchu-P4011475.jpg山道脇のカントウカンアオイ。ギフチョウの食草ですね。





[499] 野鳥>モズ(栄区)

2010-03-28 栄区瀬上市民の森
気温が10℃以下に下がって曇り空。
これでは蝶には出会えない。
それでも、何か居ないかと…。

2箇所で、ルリビタキか、ジョウビタキらしき鳴き声が聞こえたが、結局確認できなかった。
そんな寂しい日でしたが、茶色い小鳥が目に入りました。
ジョウビタキかとも思いましたが、モズ雄くんでした。
目で追いかけていると、もう1羽いました。モズ美ちゃんでした。
こっちの方が、表情が優しいですね。

どうやらカップル。
それぞれ写真を撮らせてくれました。感謝です。

moz-Im5_4347.jpg


moz-Im5_4329.jpg


◆2010-04-03 栄区瀬上市民の森
同じ場所にまたいました。
♂もいましたが、写真が撮れたのは♀だけです。
moz-Im5_4900.jpg

[498] ミヤマセセリ(藤野町)

2010--03-27 石砂山

ギフチョウ狙いの石砂山でしたが、御出ましはありませんでした。
そんな中で相手をしてくれたのが、ミヤマセセリくんたち。

頂上近くで咲いていた「キランソウ」。ミヤマセセリが何度もやってきていました。
miymssr-Im5_4272.jpg


「キランソウ」を吸蜜するミヤマセセリ♂
miymssr-Im5_4269.jpg


その20分後に撮影したものだが、翅の欠損位置から、2枚目と同一個体らしい。
miymssr-Im5_4287.jpg

[497] 虫>ツチハンミョウ?(藤野町)

2010-03-27 石砂山にて。

もちろん、狙いはギフチョウでした。

山頂に9:00ころ到着しましたが、曇り空。微かに白いものが落ちてくる状況。寒い~。
10:00ころになると陽も射してきましたが、まだ蝶の姿はありません。
そんな中、メタリック光沢の虫が気を紛らわせてくれました。
良く判りませんが、ネットで調べたところ「ツチハンミョウ」のようです。
後で聞いたのですが、毒を持っているので、触ってはいけないそうです(^_^;)

むし-P3271380~89


◆最初のヒオドシチョウが現れたのは、11:30ころでした。
結局、この日ギフチョウには会えませんでした。


[496] 野鳥>ベニマシコ(藤野町)

2010-03-22 石砂山の麓にて

恐らく前回(3/13)も登場した同じベニマシコくん。
この日も、丁度同じ場所で、私に声を掛けてくれました。
首を傾げた表情は、親近感の表現?かも。
もう少し、色々な表情を見せて欲しかった。

benmsk-Im5_4253.jpg

[495] 植物>シュンラン(春蘭)(藤野町)

2010-02-22 石砂山にて

山道の傍らにひっそり咲いていました。
シュンラン(春蘭)というそうです(教えていただきました)。
もう少し右側から撮りたかったのですが、周りを踏み潰すことになるので諦めました。

shunrn-Im5_4249.jpg


その翌週も同じ場所で撮影することになりました。
2010-03-27 石砂山にて
今回はコンデジで撮りました。

shunrn-P3271406.jpg


◆【速報】2010-04-01 石砂山+α
気温上昇の予報に期待して、休みをとりました。
3連敗からの脱出を目指して今季4度目の石砂山アタック。
4度目でやっと春の女神(ギフチョウ)に会えました^^)v

10:00過ぎに山頂に到着しましたが、曇り空に強風でした。
いつも居るヒオドシやミヤマセセリの姿も全くありませんでした。
仕方なく、早めに頂上を諦め山を下りました。
幸運が帰る途中にやってきました。
30分間限定で陽射しがあり、2頭の女神さまが出てきてくれました。
空振りが続いていただけに、感激もひとしおです。
写真は、後日アップします。

◆【速報】2010-04-01 その帰り道、ヤマセミのポイントに寄りました。
会えました^^)v
写真は、後日アップします。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示