[789] タマムシ(磯子区)

2010-08-22 磯子区氷取沢市民の森

甲虫が飛んでいます。
緑色に光りました。
タマムシに違いありません。

止まってくれるか!
2,3回のフェイントの後、木に止まりました。
何度も見かけていますが、今回が初撮りです。
(実は、前日も別の場所で見つけました)
タマムシ-Im0_0961

数十枚も撮りましたが、みんなピンが甘い。
やっと使える写真が見つかりました。
スポンサーサイト

[788]クロコノマチョウ終令幼虫(神奈川県)

2010-08-21 神奈川県の林道

これもキリシマの登場待ち中に2頭見つけました。
長さが50mmくらいありましたので、終令幼虫だと思います。

クロコノマチョウ終令幼虫-P8212804

[787] コムラサキ(神奈川県)

2010-08-21 神奈川県の林道

キリシマの待ち伏せ中に飛んできたコムラサキ。
コムラサキ-Im0_0898

コムラサキ-Im0_0908

コムラサキ-Im0_0915

[786] ミヤマカラスアゲハ(神奈川県)

2010-08-21 神奈川県の林道

今回もキリシマミドリシジミ探索です。
姿は見えても見える場所に停まってくれません。
結局、全く撮影できませんでした。

という訳で、ミヤマカラスアゲハです。
綺麗な個体でした。
後翅裏面の淡黄色帯はちょっと薄めです。

ミヤマカラスアゲハ-Im0_0878
ミヤマカラスアゲハ-Im0_0887

[785] スミナガシ(神奈川県)

20101-08-14 神奈川県の林道(その7/end)

スミナガシ-Im0_0854

[784] コムラサキ(神奈川県)

20101-08-14 神奈川県の林道(その6)

コムラサキ-Im0_0817

[783] キリシマミドリシジミ(神奈川県)

2010-08-14 神奈川県の林道(その5)

これが、この日の本命です。
先日8/7、証拠にならない?写真を初撮りしたばかりの希少種キリシマミドリシジミです。
満足できず何度かアタックしてきました。今度の場所は、daronさんに教えていただいたマル秘の林道です。

6:50から探索開始です。
曇り空で若干の霧がでていました。
蝶の姿はなく、25分後、初めてイチモンジセセリに出会いました。
7:30ころにはキリシマミドリの最初のポイントにつきましたが、何もいません。まだ早すぎかもしれません。オナガアゲハやカラスアゲハが時々遊んでくれましたが、もう一つのポイントへ移動。ここでは多数見られると聞いていましたが、時間帯が早すぎ+曇り空のためか、確認できませんでした。

9:40ころ、また最初のポイントに戻りました。やはりキリシマらしき姿はありません。
吸水+放水中の黒いアゲハくんたちに遊んでもらいました(掲載済)。

10:00ころ、ふと見ると上の方でキラキラ飛んでるのが見えました。やっとでました。
しかし、動きが速い、停まらない、何処に行ったか判らなくなる、の連続です。独りではすぐに見失います。

結局、撮影チャンスは2回。
1回目は、アラカシの葉にとまりました(推定距離10m)。ちょっと位置が高すぎ&遠すぎ^^;)
すぐに開翅したので、顔と裏面の一部が僅かにみえるだけです。
20枚ほど撮影して、何とか証拠写真を確保です。

2回目のチャンスは、少し近い枝に停まりました(といっても、距離は推定7m)。残念ながらすぐに開翅して1回目と同じ状態。それでも必死に撮り続けます。すると一寸動いて、裏面のオレンジが見えました。そして、ちょっとの間、翅が半閉じになってくれました。

50枚ほどとった一連の写真の中にちゃんとピンの合っているショットがありました!
かなりのトリミングですが、これくらいシャープに撮れば大満足です。
(レンズは、300mF4×1.4倍)

キリシマミドリシジミ-Im0_0757

独特の銀色、極端に短い尾状突起が特徴的です。

◆11:30を過ぎると、もう姿は見えなくなりました。
至福の時間は1時間半ほどでした。


全てdaronさんのお陰です。

[782] ミヤマカラスアゲハ(神奈川県)

2010-08-14 神奈川県の林道(その4)

最後は、県内では少ないミヤマカラスアゲハ。この日は3頭確認しました。

◆2頭が並びました。左がミヤマカラスアゲハ、そして多分右はカラスアゲハです。
通常、ミヤマカラスアゲハの方が明るく輝いている感じですが、この写真では、あまり違わないように感じます。
ミヤマカラスアゲハ-Im0_0627

◆右のカラスアゲハが飛んで、ミヤマカラスが残りました。
ミヤマカラスアゲハ-Im0_0633

◆裏面後翅の淡黄色の帯が特徴です。
北海道産では非常に明確に現れますが、関東産ではほとんど消えかかっている場合もあります。
ミヤマカラスアゲハ-Im0_0802

[781] クロアゲハ(神奈川県)

20101-08-14 神奈川県の林道(その3)

3つ目は、ちょっとご無沙汰のクロアゲハ。

◆クロアゲハの後で飛び立とうとしているのは、オナガアゲハ。
クロアゲハ-Im0_0556

◆やはりこの個体もちょっとひと休み。
クロアゲハ-Im0_0600

◆また吸水場にもどる。後ろ側はカラスアゲハ。実はここに黒いアゲハが集まっていました。8頭が並んだときもありました。
クロアゲハ-Im0_0663

[780] カラスアゲハ(神奈川県)

20101-08-14 神奈川県の林道(その2)

2つ目は、カラスアゲハ。これが一番多いようです。新鮮な個体からかなり擦れた個体まで、様々でした。

ストロボの光が反射しています。
カラスアゲハ-Img_0413

裏面の金粉も綺麗です。
カラスアゲハ-Im0_0646

[779] オナガアゲハ(神奈川県)

20101-08-14 神奈川県の林道(その1)

キリシマミドリシジミが目的でしたが、ここは黒いアゲハの宝庫でした。
出会った順に掲載します。最初はオナガアゲハ。

◆地面に停まって、吸水。観察していると時々、尻尾から水滴がポタポタ。おしっこ?
オナガアゲハ-Img_0443

◆少し飛んで道端の葉っぱに停まって開翅。
オナガアゲハ-Im0_0489

[778] クジャクチョウ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その15/end)

こちらは結局、開翅はお預けになりました。

クジャクチョウ-Img_0389

[777] トラフシジミ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その14)

昨年から、狙ってきたトラフの開翅。
チャンスは突然やってきました。
脈絡もなく、開いてくれました。

絶好の角度からは撮れませんでしたが、まずまずです。

トラフシジミ-Img_0304

トラフシジミ-Img_0312

[776] ヒメシロチョウ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その13)

ヒメシロチョウ-Img_0255

ヒメシロチョウ-Img_0324

[775] ミヤマシジミ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その12)
~ミヤマシジミ(2/2)~


ミヤマシジミ-Img_0229


ミヤマシジミ-Img_0347


ミヤマシジミ-Img_0333

[774] ミヤマシジミ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その11)
~ミヤマシジミ(1/2)~

交尾中の2頭に、♂1頭が割り込んできました。
ミヤマシジミ-Img_0206

ミヤマシジミ-Img_0225

[773] アサギマダラ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その10)

やっぱりアサギマダラは優美。

どちらかというと、裏面(↓これ)の方が好きです。
アサギマダラ-Img_0176

アサギマダラ-Img_0188

[772] ミヤマチャバネセセリ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その9)
~朝霧高原~

予想外でした。

ミヤマチャバネセセリ-Img_0124

[771] ウラギンスジヒョウモン(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その8)
~朝霧高原にて~

ウラギンスジヒョウモン-Img_0120

ウラギンスジヒョウモン-Img_0123

[770] クロスジギンヤンマ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その7)

停まっているクロスジギンヤンマなんて! 初めて見ました。

クロスジギンヤンマ-Img_0102



[769] ゴマシジミ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その6)

ゴマシジミ-Img_0081

ゴマシジミ-Img_0278

[768] クロシジミ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その5)

なんとなく愛嬌があります。
この1週間前と同じポイントです。

クロシジミ-Img_0057

[764] ホソバセセリ(富士山麓)

2010-08-08 またも富士山麓(その1)

朝8:00前に現地到着。
早速の出迎えは、ホソバセセリくんでした。

実は、このショットが新しいカメラ(EOS 7D)での初撮りです。
ホソバセセリ-Img_0001

他の場所でも...。
ホソバセセリ-IMG_0012

[763] オニヤンマ(箱根)

2010-08-07 箱根:長尾峠~丸岳

丸岳からの下り道でオニヤンマ(←多分)が停まっているのを発見。
オニヤンマ?-P8072779

オニヤンマ?-P8072781

[762] 富士山と芦ノ湖(箱根)

2010-08-07 箱根:長尾峠~丸岳

736号線の長尾峠から緩やかな山道を上っていくと尾根に出ました。
急に視界が開け富士山と芦ノ湖の両方が見えました(ここが富士見台)。
ここまでの道すがら、ヒメキマダラヒカゲに出会いました。

<富士見台からの富士山>
富士山-P8072747

ここで、道は車も通れる緩やかな山道と直線的に尾根をすすむ道に分かれました。
尾根道の上のほうにはアンテナ見えました。
後で、そこが丸岳の頂上1156mであることが判りました。
登りがきつそうなので引き返すつもりでしたが、結局頂上まで登ってしまいました。
頂上につくと、ツマグロヒョウモンが迎えてくれました。

<丸岳頂上からの芦ノ湖>
芦ノ湖-P8072758

<おまけ>
実は、ヒメキマダラヒカゲの撮影の少し前に、カメラ(Canon EOS Kiss X2)が壊れました(修理依頼中)。電源入れなおしのメッセージでしたが、入れなおしても復旧しませんでした。
ぶつけた訳でも、濡らしたわけでもありません。熱中症でしょうね。
使用期間2年弱、撮影枚数が7万枚のちょい手前でした。
コンデジを持ってきていたので大丈夫でした^^;)

[761] ヒメキマダラヒカゲ(箱根方面)

2010-08-07箱根方面

札幌にはとても沢山いて、全く注目されない存在でしたが、こちらでは初めて見つけました。
少ないと自然と価値が上がるものですね。

実は、開翅写真を撮った記憶がありませんでした。
どうやら、ストロボに反応して、撮影直前に一瞬翅を開いたらしいです。類似のショットがもう一枚あったので、偶然ではないようです(8/13追記)。
ヒメキマダラヒカゲ-P8072746

ヒメキマダラヒカゲ-P8072769

[759] キリシマミドリシジミ♂(箱根方面)

2010-08-07 箱根方面(希少種につき場所は非公開)

3度目のアタックでやっと、会えました。
最初、葉っぱが光っているように見えました。
双眼鏡で覗くと、触角が見えました。

証拠不十分ながら、なんとか写真が撮れました。
嬉しい初見・初撮りです。
こんな写真でも感激。

この写真だけでは、キリシマミドリと特定はできませんが、
・裏面が白く、飛翔しているときに緑色に輝いていたこと、
・この時期、他のゼフはほぼ終わっていること、
・アカガシの周りを飛び、アカガシの葉に停まっていたこと、
からキリシマミドリシジミでしょう。

今年、もう一度トライしたい。

キリシマミドリシジミ-IMG_9670b

[758] アオジ(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その13)

帰りに箱根に寄りました。
どうやらアオジのようですが、夏の時期にアオジを撮るのは初めてです。

アオジ-Im6_9646

[757] モズ(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その12)

この時期、殆ど気持ちは「蝶」に行ってますが、野鳥も近くにくれば撮ります。
目がちゃんと撮れたのはこれだけでした。
8/1富士山麓の標高1250m付近です。

モズ-Im6_9289

[756] クロシジミ(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その11)

生息場所が局所的なため、なかなか会えないと思っていました。
この日も会えたらラッキーくらいに思っていましたが、偶然にも、捜索開始直後に見つけました。

最初、地面近くを飛んでいるのが目に入りました。
飛び方はゆっくりで、ヒメウラナミジャノメのように見えました。
ちょっと色が違うのと、ひと回り大きく感じました。

ファインダーの中に見えたのはクロシジミでした。
感激の初見・初撮りです。

クロシジミ-Im6_9571

クロシジミ-Img_9607

クロシジミ-Img_9618

この日、ほぼ同じ場所で4頭確認しました。

[754] オオウラギンスジヒョウモン♀(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その9)

綺麗です。撮りやすい場所に停まってくれました。

オオウラギンスジヒョウモン-Im6_9485

オオウラギンスジヒョウモン-Im6_9496

[752] ミヤマカラスシジミ(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その7)

初撮りしました。
ここにはmクロツバラの木が沢山ありました。
その近くにあったサンショの花の吸蜜中でした(1,2枚目)。


ミヤマカラスシジミ-Im6_9516
ミヤマカラスシジミ-Im6_9621
ミヤマカラスシジミ-Img_9592

[751] キマダラセセリ(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その6)

2日目の朝、富士山麓の北側に移動しました。
交尾していたので撮りました。

キマダラセセリ-Im6_9399

[748] ミヤマシジミ♂(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その2)

ミヤマシジミ-Im6_9106

ミヤマシジミ-Img_9131

羽化直後らしく、風に吹かれた翅はふにゃふにゃでした。
ミヤマシジミ-Im6_9142

左が♀、右が♂です。
ミヤマシジミ-Im6_9113

[747] ミヤマシジミ♀(富士山麓)

2010-08-01~02 富士山麓(その1)

今回は、嬉しくなるほど多数見ることができました。

ミヤマシジミ-Im6_9087

ミヤマシジミ-Im6_9089

ミヤマシジミ-Im6_9096

[601] ウシガエルらしい(金沢区)

2010-05-08 金沢自然公園

10cmくらいの大きなカエル。
古いネタですが、名前が判らず、困っていた写真です。

どうやらウシガエルらしいです。目の後の鼓膜が特徴だそうです。

?カエル-Im6_1124

[745] ツノトンボ♀(栄区)

2010-07-25 栄区横浜自然観察の森

存在は知ってましたが、初見初撮りです。
名前に「トンボ」の文字がついていますが、トンボではなくウスバカゲロウの仲間のようです。

ツノトンボ-Img_9021
ツノトンボ-Img_9031


[744] アゲハモドキガ科>キンモンガ(箱根)

2010-07-24 箱根仙石原(その6)

初めて見る蛾です。
黄色が鮮やかだったので撮りました。

名前は・・・?
今回は自分で見つけました。
ネット上の蛾類図鑑のサムネールの中に似たものがないか虱潰しに探しました。
兎に角種類が多いので、見つけるのは大変でした^^;)
蛾の分類がわかっていれば簡単だったんでしょうけれど...。
やっぱり、エキスパートに聞くのが早道ですね。

?が-Im6_8903

[743] キジ(箱根)

2010-07-24 箱根仙石原(その5)

車道から森に入ったら目の前にいました。
距離5m。300m×1.4倍、ほぼノートリです。
警戒はしているようでしたが、慌てて逃げる様子はありませんでした。
繁みの中を動き回っていたので、シャープな写真は撮れませんでした。
キジ-Im6_8886

[742] カラスアゲハ♂(箱根)

2010-07-24 箱根仙石原(その4)

ネムノキの花にカラスアゲハが来ていました。
沢山とったにも拘わらず、輝きのショットは撮れませんでした。

カラスアゲハ-Im6_8939
カラスアゲハ-Im6_8959

◆この日、多数のカラスアゲハを確認しましたが、ミヤマカラスアゲハはいませんでした。ミヤマの写真も撮りたい。

[741] サカハチチョウ(箱根)

2010-07-24 箱根仙石原(その3)

本当に暑い一日でした。
そのせいか、2キロ半の林道を往復して出合った蝶は、サカハチ2、ツマグロヒョウモン1だけ。
暑さが体に堪えます。
サカハチチョウ-Im6_8829
サカハチチョウ-Img_8846

[740] アカハナカミキリ(箱根)

2010-07-24 箱根仙石原(その2)

気温が上がり過ぎなのか、蝶の姿がほとんどありませんでしたが、アカハナカミキリは、花に来ていました。

アカハナカミキリ-Img_8812
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示