[795] 2010年のふりかえり(蝶編)

◆ ◆ ◆
今月で、蝶撮開始から2年4ヶ月が過ぎました。
今年は、ますます楽しくなった1年でした。

今年を振り返ってみると、一気に探索地域が広がったのが特徴です。
神奈川県の西部、北部、山梨県の富士山麓にも随分足を運びました。また、11月には待望の沖縄遠征も実現しました。その結果、初撮りが45種、合計が127種に伸びました([LIST0] 蝶List(TOP))。

【3月】蝶の探索は3月から開始。早春の蝶、ミヤマセセリ(初撮り)とコツバメに会えました。
64-miymssr.jpg 64-コツバメ

【4月】昨年から計画していたギフチョウの石砂山へ。なかなか会えず、結果的に何度も通うことになりました。ギフチョウ(初撮り)、スギタニルリシジミ(初撮り)、トラフシジミ(春型)、コツバメの出会いがありました。
64-gifchu.jpg 64-sugtnrrsjm.jpg 64-トラフシジミ

【5月】ウスバシロチョウ(初撮り)とクモガタヒョウモン
64-usbsr.jpg 64-kumgthyumn.jpg

【6月】今年も舞岡公園で平地性のゼフ6種(アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミ、ミドリシジミ、オオミドリシジミ)が揃いました。憧れのウラクロシジミ、キマダラルリツバメを求めて数回のミニ遠征を試みましたが、空振りに終わりました。来年再チャレンジです。
64-aksjm.jpg 64-urnmaks.jpg 64-mzirong.jpg 64-urgmdr.jpg 64-mdrs1.jpg 64-oomdr1.jpg

【7月】昨年に続いてオオムラサキ(高尾山)。
富士山麓など通った成果):ホシミスジ(初撮り)、アサマイチモンジ(初撮り)、スジボソヤマキ(初撮り)、ウラギンスジヒョウモン(初撮り)、ミヤマシジミ(初撮り)、ヒメシジミ(初撮り)、オナガシジミ(初撮り)、ホシチャバネセセリ(初撮り)、ホソバセセリ(初撮り)など。7月の初撮りは12種になりました。
64-oomrsk.jpg 64-ホシミスジ 64-アサマイチモンジ 64-ウラギンスジヒョウモン 64-ミヤマシジミ 64-オナガシジミ 64-ホシチャバネセセリ 64-ホソバセセリ

【8月】富士山麓にて、ヤマキチョウ(初撮り)、キマダラモドキ(初撮り)、ミヤマカラスシジミ(初撮り)、クロシジミ(初撮り)、ゴマシジミ(初撮り)。神奈川県西部にて、キリシマミドリシジミ(初撮り)、ヒメキマダラヒカゲ(初撮り)。大菩薩にて、ツマジロウラジャノメ(初撮り)、キベリタテハ(初撮り)。8月の初撮りは10種になりました。
64-ヤマキチョウ 64-ミヤマカラスシジミ 64-クロシジミ 64-ゴマシジミ 64-キリシマミドリシジミ2 64-ツマジロウラジャノメ 64-キベリタテハ

【9月】目立った収獲はありませんでした。鷹見が始まりました。

【10月】三浦半島で発生したカバマダラに会えました。山梨ではクロツバメシジミに初対面。シルビアシジミとツマグロキチョウには会えませんでした。
64-カバマダラ 64-クロツバメシジミ

【11月】Akakokkoさんが私の目の前でムラサキツバメの集団越冬塒を発見。
沖縄に初蝶遠征、沢山の感動をもらいました(ツマベニチョウ、ナミエシロチョウ、ウスキシロチョウ、ウラナミシロチョウ、ツマムラサキマダラオオゴマダラリュウキュウムラサキアオタテハモドキタテハモドキ、リュウキュウミスジ、イシガケチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、ルリウラナミシジミ、ヒメシルビアシジミ、クロボシセセリ、ユウレイセセリなど16種初撮り)。今年もルーミス遠征に。
64-ムラサキツバメ塒 64-ツマベニチョウ 64-ツマムラサキマダラ 64-オオゴマダラ 64-リュウキュウムラサキ 64-アオタテハモドキ 64-タテハモドキ 64-リーミスシジミ2

【12月】この時期といえば、ムラサキツバメムラサキシジミ
64-ムラサキシジミ♀ 64-ムラサキツバメ♀

◆来年は...
栃木・群馬方面や長野方面にも足を伸ばしたいです。
また2度目の沖縄も計画中です。
遠い目標ながら200種目指して、一歩ずつ前進させたいと思います。

スポンサーサイト

[796] 2010年のふりかえり(野鳥編)

野鳥の撮影を始めて、ほぼ2年です。
今年は、その楽しさが判ってきた1年でした。

【1月】散策フィールドを宮ヶ瀬や東京湾奥まで拡大。多くの嬉しい出会いがありました。
この月、23種の初撮りがありました。
◆野山の鳥:オオジュリン、ルリビタキ、カヤクグリ、ミソサザイ、トラツグミ、セッカ、ソウシチョウ
64-oojrn2.jpg 64-rrbtk2.jpg 64-kaykgr.jpg 64-missze.jpg 64-tortgm.jpg 64-sekk.jpg 64-souscu.jpg
◆水辺の鳥:ダイシャクシギ、シロチドリ、ミユビシギ、ミヤコドリ
64-daisksg.jpg 64-shircdr.jpg 64-miybsg.jpg 64-miykdr.jpg

【2月】アトリ(宮ヶ瀬)、カケス(宮ヶ瀬)、ミコアイサ(皇居)、ヤマシギ(舞岡)
2009年に栄区で20羽ほど確認したウソ、アカウソは、地元では観察できませんでした。
64-アトリ 64-カケス 64-ミコアイサ 64-ヤマシギ

【3月】2009年に金沢区で50羽ほど確認したヒレンジャクは、観察できませんでした。

【4月】ヤマセミの写真が撮れました(相模原市)
連休の前半、オオソリハシシギ、オバシギ、コオバシギが観察できました(東京湾奥)。
64-ヤマセミ3 64-オオソリハシシギ 64-オバシギ 64-コオバシギ

【5月】地元の磯子区でセンダイムシクイ、箱根でアオゲラ、イカル、富士山麓でノビタキ。
64-センダイムシクイ 64-アオゲラ 64-イカル2 64-ノビタキ

【6月】~【8月】蝶の探索に忙しく、野鳥はお休み。

【9月】鷹の渡り情報を戴き、9月下旬横須賀にてサシバ、オオタカなどが観察できました。
64-サシバ 64-オオタカ

【10月】上旬は鷹の渡りの観察。サシバ、オオタカ、チゴハヤブサのほか、珍鳥アカアシチョウゲンボウも撮影できました。その他、エゾビタキ、コサメビタキ、オオミズナギドリ。
64-サシバa 64-オオタカa 64-チゴハヤブサ 64-アカアシチョウゲンボウ 64-エゾビタキ 64-コサメビタキ 64-オオミズナギドリ

【11月】ノスリ、ハイタカが撮れました。白いジョウビタキが話題になりました。
沖縄では、リュウキュウツバメ、シロガシラ、クロサギが撮れました。
64-ノスリ 64-hitk.jpg 64-ジョウビタキ白


【12月】横須賀でワシカモメ、クロサギが撮れました。地元でマヒワ♂♀、ビンズイが撮れました。県内のポイントにハギマシコを撮りに行きました。年末最後、湘南でトラフズク、カワアイサ、トモエガモに会えました。
64-ワシカモメ 64-クロサギ2 64-マヒワ♂ 64-マヒワ♀ 64-ビンズイ 64-ハギマシコ 


◆この1年、嬉しい出会いが沢山ありました。今年の初撮りは58種、合計で175種になりました([LIST0] 野鳥List(TOP)参照)。



[893] 野鳥の図鑑(その2)

野鳥識別のためのハンドブック
◆2010年10月、鷹見に向けて購入。買った直後から大活躍している。
少しは識別できるようになってきたかも知れない。
新訂 ワシタカ類飛翔ハンドブック新訂 ワシタカ類飛翔ハンドブック
(2008/09/13)
山形 則男

商品詳細を見る


◆2010年10月、冬のシギ・チドリに備えて購入。
シギチドリ類ハンドブックシギチドリ類ハンドブック
(2004/04/27)
氏原 巨雄氏原 道昭

商品詳細を見る


◆2010年11月、カモメの識別のため購入。
カモメ識別ハンドブックカモメ識別ハンドブック
(2010/10)
氏原 巨雄氏原 道昭

商品詳細を見る

[892] 野鳥の図鑑(その1)

◆2008年の年末、最初に買った野鳥図鑑。
コンパクトで、ページめくりし易い紙質なので取扱い易い。
野鳥―日本で見られる287種判別のポイント野鳥―日本で見られる287種判別のポイント
(1998/06)
真木 広造

商品詳細を見る


◆その2ヶ月後の2009年2月。女房が買ってくれた。掲載種が479種。今のところこれで十分だ。
日本の野鳥 (山渓ハンディ図鑑)日本の野鳥 (山渓ハンディ図鑑)
(1998/04/01)
叶内 拓哉安部 直哉

商品詳細を見る


◆2010年1月。これまた女房が買ってくれた。同定に困ったとき、随分役に立ってきた。
絵解きで野鳥が識別できる本 (BIRDER SPECIAL)絵解きで野鳥が識別できる本 (BIRDER SPECIAL)
(2006/03)
叶内 拓哉

商品詳細を見る


[961] マヒワ♂(金沢区)

2010-12-19 金沢区の公園

次は♂ですが...。なかなか思うように撮らせてくれません。
この日、40羽ほどの群が入りましたが、逆に落ち着いてくれません。
おろおろしてるうちに、チャンスが消えました。

◆辛うじて撮った1枚です。梅の木に停まったのですが、まだ花がありません。
マヒワ♂-Im1_1791

◆飛翔にも挑戦。
チャンスは一瞬でしたが、無理やり撮った中にたまたま合ピンのショットがありました。
カメラのAF性能にびっくりしました(EF 300mmF4 + 1.4倍テレコン)。
両方とも♂のようです。
マヒワ♂飛翔-Im1_1795

◆翌週にはもう会えないかもしれません。
実は、この後、12月26日にも再会できました(別途掲載します)。

[960] マヒワ♀、撮りなおし(金沢区)

2010-12-19 金沢区の公園

マヒワ。なかなか思うように撮れないので、前日に続いて2回目の挑戦。
まず、♀が暫らくの間停まってくれました。
マヒワ♀-Im1_1656

マヒワ♀-Im1_1721

この日は、40羽ほど確認しましたが、撮影チャンスにはあまり恵まれませんでした。
(つぎは、♂)

[959] カワセミ(金沢区)

2010-12-18 金沢区の公園(その7)

この日の最初のモデルさんでした。
水路沿いの柵に停まっては、漁をしてました。
比較的近くから撮影できたので、アップします。

◆「位置に付いて! ヨーイ!...」
飛び込む時の姿勢です。
ここで連写しましたが、タイミングがずれて視野からはみ出しました。
カワセミ-Im1_0976


◆「ドン!」
次のチャンスで撮った飛び出しの写真ですが、イマイチ。高速&ポスト連写が欲しくなりますね。しかし、必要なのは忍耐なのかも知れません。
カワセミ-Im1_1008

◆これも近かったので、貼ります。
カワセミ-Im1_1026

◆この日は、100mほど離れた別な場所でもみかけました。あとで写真を調べたら、同一個体のようでした。

この後、マヒワの群が現れたので、カワセミはお終いになりました。

[958] ムラサキツバメ(金沢区)

2010-12-18 金沢区の公園(その6)

マヒワ、ビンズイを求めて、住宅地を歩いていたら、黒っぽいシジミ。
もしや、ムラツ?と思って後を追う。
幸い道の向かい側のマテバシイ?に停まったようだ。
車が通り過ぎるのを待って、行ってみると、居ました。

尾状突起が上手く入らない。
ムラサキツバメ♀-Im1_1067

四苦八苦していると、開翅しました。
ムラサキツバメ♀-Im1_1075

ここは、住宅地の中にある小さな公園。マテバシイがあちこちに植えられている。
普段あまり散策しない住宅地でも、ムラツが見られることを再確認した次第。


[957] メジロくん(金沢区)

2010-12-18 金沢区の公園(その5)

最近カメラを向けなくなりました。
マヒワ待ちのときに撮りました。
一瞬、マヒワかと...。
まずまずクリアに撮れたので、貼ります。
梅の木ですが、残念ながらまだ花は早いですね。
メジロ-Im1_1045

[956] ビンズイ初撮り(金沢区)

2010-12-18 金沢区の公園(その4)

この日の一番の目的はビンズイでした。
はやり無理かと思いはじめ、そろそろ引き上げようと思ったころ、出ました。
しかも4羽です。

撮れました。胸の縦縞がとても綺麗です。タヒバリに似てると思っていましたが、タヒバリよりも胸の色が白っぽくて綺麗です。また、耳のあたりに白点、その下に黒点があるので識別できますね。
ビンズイ-Im1_1296

ビンズイ-Im1_1572

ビンズイ-Im1_1584

◆初撮りは、いつでも感動です。他でも探しましたが未遭遇でした。こんな近くで見れるとは驚きです。

[955] マヒワ♀(金沢区)

2010-12-18 金沢区の公園(その3)

♀も撮れました。
マヒワ♀-Im1_1177

マヒワ♀-Im1_1162

マヒワは、やってきてからもう1週間ほど経つそうです。そろそろ移動していなくなるかもしれないとのことでした。

◆さて、この日のもう1つのターゲットは、ビンズイです。ビンズイは、未撮りの野鳥なので何としても撮りたいところです。(つづく)



[954] マヒワ♂?(金沢区)

2010-12-18 金沢区の公園(その2)

少し前(12/19)の飛んでいるマヒワ(メダカの様な写真)[930]の続編です。

教えていただいたポイントに到着すると、すぐにやってきました。
20羽くらいの群です。

★マヒワ♂
マヒワ♂-Im1_1270

★マヒワ♂?
マヒワ♂-Im1_1281

★マヒワ♂?
マヒワ♂-Im1_1142

(つづく)

[951] タイワンリス(栄区)

2010-12-12 磯子区氷取沢市民の森~金沢自然公園~横浜自然観察の森(その5)

◆この穴はアオゲラが彫ったと思われます。その穴に何かが入りました。
穴の中をよく見ると目玉が…。
タイワンリス-Im1_0718

◆そして顔が見えました。どうやらタイワンリスの子供?
タイワンリス-Im1_0844

◆口元や目が幼くみえます。
タイワンリス-Im1_0928

◆次に顔を出したのは、恐らく親リス。
タイワンリス-Im1_0799

◆驚いたことに、その下からもう一つの頭が出てきました。
タイワンリス-Im1_0819

◆近年タイワンリスは、横浜では増えすぎ。
木が齧られて枯れるなどの被害も聞かれます。
微笑ましい親子の姿についつい夢中でシャッターを押しました。
結局、かなり長い間、観察させて貰いました。

[950] ウラギンシジミ(金沢区)

2010-12-12 磯子区氷取沢市民の森~金沢自然公園~横浜自然観察の森(その4)

ちょっと陽が照ってくると出てきます。
ウラギンシジミ♂-Img_0708

[949] キセキレイ(金沢区)

2010-12-12 磯子区氷取沢市民の森~金沢自然公園~横浜自然観察の森(その3)

キセキレイ-Im1_0703

[948] ツグミ(金沢区)

2010-12-12 磯子区氷取沢市民の森~金沢自然公園~横浜自然観察の森(その2)

久し振りです。
ヌルデの実を食べに来ていました。
ツグミ-Im1_0673

[947] ムラサキツバメ♀(磯子区)

2010-12-12 氷取沢市民の森~金沢自然公園~横浜自然観察の森(その1)

この季節の常連は、ムラツ、ムラシ、ウラギンの3種です。
どれに会っても嬉しくなります。
ムラサキツバメ-Img_0649

上と同一個体です。
ムラサキツバメ-Img_0653


[946] シロハラ♀幼鳥?だそうです(静岡県)

2010-12-11 静岡県伊東市

林の中で鳥の動きが目に入りました。
密集した枝の隙間から、辛うじて確認できました。
幸いにも3分以上停まっていてくれたので、証拠写真を確保できました。

◆帰宅後、図鑑を調べましたが、類似の写真は見つからず、お手上げ。
嘴の形から大型のツグミ類、胸の色や模様からシロハラの様に見えるのですが、
・白い顎線
・薄っすらと細くて白い眉線
があり、もしかして珍しい鳥かも!?

◆そこでMaCONEYさんに数枚の写真を添えて同定をお願いしました。
他の上級者の方にも問い合わせていただいた結果、
 「シロハラ雌で今年生まれの若っぽい感じです。」
というご返答いただきました。これで、すっきりしました。ありがとうございました。
??-Im1_0619

◆難しいです。

[953] ハクセキレイ(静岡県)

2010-12-11 静岡県伊東市

目的の野鳥には会えず、サプライズもないイマイチな一日になりました。
そんな中で、この子は愛嬌振りまいてサービスしてくれました。

ハクセキレイ-Im1_0574

ハクセキレイ-Im1_0584




[952] マヒワの群(金沢区)

【速報】2010-12-18 金沢区の公園(その1)

マヒワとビンズイが来ているという情報をいただきました。
マヒワは、2年前に札幌で見ただけで、地元では未見です。

実は具体的な場所は判りませんが、近くなので徒歩で出かけました。
途中8:30ころ、高い木の上を、20~30羽の小鳥の群。
何か判りませんでしたが、マヒワかも、と思いました。

暫らくして、別の場所でも高い位置に小鳥の群が見えました。
飛ぶ鳥モード、フォーカスをMFに切り替えて必死で30枚ほど撮影しました。
殆どピンボケ。合ピンは、たった1枚だけ(^_^;)
しかも飛ぶ鳥モード(+1補正)のため露出オーバー(^_^;)

★写真を良く見ると、メダカのようなのが10匹見えます。
マヒワ-Img_0992

★この写真をトリミング、明るさ補正すると何とか、こんな感じす。
カワラヒワとも違いますし、この黄色はマヒワでしょう。
マヒワ-Img_0992p

しかしここでは、これ以上の写真は撮れそうにありません。
そこで常連の方に具体的な場所をお聞きしました。早速そこへ移動です。
(つづく)




[945] イソヒヨドリ(静岡県)

2010-12-11 静岡県伊東市

実は、この日のターゲットはカワガラスでした。
歩き始めて間もなくチャンスがやってきました。
撮れた!と思ったら、イソヒヨドリでした。

イソヒヨドリ-Im1_0533

イソヒヨドリ-Im1_0545

◆この後も、沢沿いの林道をかなり歩きましたが、カワガラスには会えませんでした。

[944] セグロセキレイ(静岡県)

2010-12-11 静岡県伊東市

地面を素早く動くので、上手く撮れません。
時々立ち止まる時がチャンスです。
セグロセキレイ-Im1_0463

セグロセキレイ-Im1_0505





[943] タヒバリがいっぱい(静岡県)

2010-12-09 静岡県田方郡

歩いていくと、地面から小鳥が飛び立ちます。
一体何なのか判りません。
少し待つと、戻ってきました。
タヒバリでした。気がつくと10羽位いました。

タヒバリ-Im1_0345

タヒバリ-Im1_0373

タヒバリ-Im1_0391

★いつもタヒバリを見ると、ビンズイじゃないかと期待してしまいます。
(実は今日、ビンズイを初撮りしました

[942] ムラサキシジミ♀(大和市)

2010-12-05 大和市にて(その7)

ムラサキシジミもムラツに混じって飛んでいました。
ムラツ♀が紫であるのに対し、ムラシはブルーに見えるので、だいたい区別できそうです。
ムラサキシジミ-Im1_0227

ムラサキシジミ-Im1_0230

ムラサキシジミ-Im1_0257

ムラサキシジミ-Im1_0267

駐車場にもとる途中で見つけました。3頭だけでしたがムラサキシジミの越冬塒です。
ムラサキシジミ-Im1_0324

[941] ムラサキツバメ♂(大和市)

2010-12-05 大和市にて(その6)

下に降りて、開翅するのは♀ばかりでしたが、やっと♂も来てくれました。
ムラサキツバメ♂-Im1_0250

ムラサキツバメ♂-Im1_0297

随分待ちましたが、待望の蒼色は見せてくれませんでした。
♂の蒼色を出すには、角度が微妙です。

待ち時間中、紅葉も楽しめました。
同じ場所から同じレンズのまま撮りました。
もみじ-Img_0251

もみじ-Img_0318

赤い紅葉にムラツやムラシが停まらないかと思いましたが、そう上手くは行きませんね(^_^;)


[940] ムラサキツバメ♀(大和市)

2010-12-05 大和市にて(その5)

実は、ムラサキツバメの越冬集団を観察・撮影するのが目的でした。
しかし、強風で葉っぱが落ちてしまったらしく、ムラツくんたちは当惑しているようでした。塒のあったらしい場所まで何度も降りてくるのですが、とまることなくまた上の方に戻っていきました。事前に聞いていた情報では、1枚の葉に40頭以上の個体がとまっていたそうです。

残念ながら塒の観察は叶いませんでしたが、何度も開翅して見せてくれました。まずは♀から。
ムラサキツバメ♀-Im1_0215

ムラサキツバメ♀-Im1_0241

ムラサキツバメ♀-Im1_0285

1頭が舞い降りて開翅したと思ったら、すぐ横にもう1頭が停まりました。
ムラサキツバメ♀-Im1_0310

もう1頭も開翅してくれました。得した気分です。でもピンが甘い(^_^;)
ムラサキツバメ♀-Im1_0317

[939] ヤマガラくん、サービス満点(大和市)

2010-12-05 大和市にて(その4)

独特の声。
私には「ミー」と聞こえます。
すぐ近くにやってきて、盛んに何かを食べていました。
ヤマガラ-Im1_0207

ヤマガラ-Im1_0209

[938] ワカケホンセイインコ(大和市)

2010-12-05 大和市にて(その3)

1年前に続いて、2度目の登場です。
今回も会えないかと探しながら歩きました。
途中、地元の方にお聞きしたら場所を教えてくれました。
その場所に行ってみると、聞きなれない鳴き声が聞こえました。
声の方を探すと、居ました。比較的撮りやすい場所です。
ワカケホウセイインコ-Im1_0151

ワカケホウセイインコ-Im1_0189

前回掲載したときに、首の輪がないのは♀とのコメントをいただきました。
これは首に輪があるので♂ですね。

[937] ホシハジロ♀(大和市)

2010-12-05 大和市にて(その2)

池には、多数のカモがいました。
ホシハジロは、あまり撮ったとこがないので、掲載します。
多分、♀はここでは初登場です。

♂は赤い目をしていますが、♀の目は黒だったんですね。
ホシハジロ♀-Im1_0131

手前は、ヒドリガモです。
ホシハジロ♀-Im1_0138

[936] ハイタカ、成鳥でしょう!(大和市)

2010-12-05 大和市にて(その1)

この日の目的は、ムラサキツバメの越冬集団を見ることでした。
Akakokkoさんに同行をお願いしました。

まずは、野鳥からです。頭上高く飛んでくれました。

当初、オオタカとしていました。2014-03-10に「あ」さんから「ハイタカです」とのコメントをいただきました。下面の横縞や色がオオタカとは異なるため、ハイタカに訂正しました。あさん、ありがとうございました。
ハイタカ-Im1_0094

[935] クロサギがいました!(横須賀市)

2010-12-04 横須賀にて

前回空振りしたクロサギに会えました。
沖縄で出会ったクロサギは色が白かったけれど、今度は黒い。
ちょっと甘いですが、何とか確保できました。
クロサギ-Im0_9967

クロサギ-Im0_9968

◆ちょっと顔が恐いかな...。

[934] ワシカモメ初見初撮り(横須賀市)

2010-12-04 横須賀にて

知り合いからの情報で行ってきました。

期待して到着。
まず双眼鏡で探す。
ユリカモメだけ...。
悪い予感が脳裏をよぎる。

◆そこへ、1羽が飛んできました。
ちょっと白っぽい! もしや!
ワシカモメ-Im0_9885

◆停まったけれど逆光なので、初列風切の色がよく判らない。
黒ならハズレ(セグロorオオセグロ)、灰色ならワシカモメ...。
逆光では微妙...。
ちょっと向きを変えたとき、一瞬だけ灰色の初列風切が見えました(^_^)v
ワシカモメ-Im0_9933

情報を聞いていなかったら、見落としてますね(^_^;)
結局、1羽だけでしたが、初見初撮りです。

[933] 沖縄の蝶の記録(まとめ)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その30/end)
 ~ 沖縄本島の蝶索記録のまとめ ~

<場所>
  沖縄本島:南部~中部~北部
<期間>
  2010/11/15~18(11/15は沖縄に夕方着。小雨模様で蝶の確認なし)
<実質3日間の成果>
 ----< 修正2011/10/26 > 以下、キチョウ(15)を、*ミナミキチョウ(1)とキタキチョウ(14)に分離しました。
 ・確認種数:32 ←31
 ・確認個体数:294
 以下、その内訳(アイウエオ順)です。( )内は確認個体数。は、ごまにとっての初撮り種。

[1] アオスジアゲハ(8)
[2] アオタテハモドキ(5)
[3] アカタテハ(4)
[4] アサギマダラ(5)
[5] イシガケチョウ(12)
[6] ウスキシロチョウ(14)
[7] ウラナミシジミ(3)
[8] ウラナミシロチョウ(2)
[9] オオゴマダラ(7)
[10] カバマダラ(7)
[11] キタキチョウ(14 ←15)
[12] クロボシセセリ(1)
[13] クロマダラソテツシジミ(17)
[14] シロオビアゲハ(12)
[15] タテハモドキ(2)
[16] チャバネセセリ(16)
[17] ツマグロヒョウモン(13)
[18] ツマベニチョウ(17)
[19] ツマムラサキマダラ(25)
[20] ナガサキアゲハ(7)
[21] ナミエシロチョウ(1)
[22] ヒメシルビアシジミ(9)
[23] ミナミキチョウ(1)*
[24] モンキアゲハ(4)
[25] モンシロチョウ(3)
[26] ヤマトシジミ(10)
[27] ユウレイセセリ(3)
[28] リュウキュウアサギマダラ(2) しかし撮れず
[29] リュウキュウヒメジャノメ(18)
[30] リュウキュウミスジ(25)
[31] リュウキュウムラサキ(2)
[32] ルリウラナミシジミ(25)

今回の沖縄は、僅か実質3日間の蝶索でしたが、期待通り興奮に満ちたものでした。
これには、沖縄の蝶の情報を公開されている「やんばるの風」の情報が夢と期待を膨らませ、探察ポイントの決定や遭遇種の予測にとても役にたちました。その管理人であるmhidehideさんにお礼申し上げます。

愚かにも図鑑を持たずに行き、判別できずとても困りました。
これで、一連の沖縄シリーズは終りです。
また、近いうちに行きたいです。

[932] マダラガ科>ホタルガ亜科>オキナワルリチラシ(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その29/30)

この山茶花の木の周りでは、ツマムラサキマダラが多数飛び交っていました。その中に触角の青色の蛾がいたので一応撮ったもの。もっと真面目に撮っておけばよかったと後悔しています。

mhidehideさんのサイト「やんばるの風」で同じ蛾の写真をみつけました。オキナワルリチラシというそうです。写真はほぼ黒白ですが、ネット検索してみると鮮やかな緑色と白に輝く個体もあるようです。非常に鮮やかな蛾としてサツマニシキが有名ですが、これもなかなか鮮やかな個体があるようです。(「やんばるの風」のサツマニシキを含む記事

オキナワルリチラシ-Img_7885


[931] 白いジョウビタキ(戸塚区)

2010-11-28 戸塚区

以前[860](2010-11-06)でご紹介した白いジョウビタキです。

以前より白くなったとか、逆に色が濃くなってきたとか、言われていますが、前回と比べて、あまり色の変化は無いように思いました。すっかに人に慣れ、ポーズをとってくれたり、サービス満点でした。
(でもこの程度が精一杯でしたけど^^;)。
ジョウビタキ♀白-Im0_9783

ジョウビタキ♀白-Im0_9799


[929] モズ雄くん(金沢区)

2010-11-20 金沢自然公園

いまひとつの日でしたが、この子が相手をしてくれました。
モズ-Im0_9100


[928] ハイタカ?(金沢区)

2010-11-20 金沢自然公園

いつものように突然現れました。
咄嗟に飛ぶ鳥モードに切り替えて連写しましたが、
この程度の写真にしかなりませんでした。

ハイタカ-Im0_9081

◆曇り空では色がでませんね(^_^;)
やはり青空バックで撮りたいです。

[927] オサムシの一種?(金沢区)

2010-11-20 金沢自然公園

トンネルの中の地面を歩いていました。
体長30mmほど。
ストロボ光が綺麗に反射しました。
?むし-Im0_9110

◆300mm+1.4倍テレコンで撮りました。
マクロで撮るべき写真ですが...(^_^;)

[926] ヒメホシカメムシ(金沢区)

2010-11-20 金沢自然公園

道端を歩いてました。
ヒメホシカメムシ-Im0_9012

[923] タテハモドキ、遂に会えました(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その28/30)

目玉が印象的です。
これも最終日に会えました。
幸運にも綺麗な個体、チャンスは一瞬でしたが、ちゃんと写っていました。
タテハモドキ-Im0_8974

◆沖縄シリーズは終りに近づいています。
3泊4日、実質3日間の沖縄。
沢山の初見ができ、感動の遠征になりました。
また、近いうちに行きたいものです。

[922] ウラナミシロチョウ(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その27/30)

やっと見つけました。ウラナミシロチョウです。
ウスキシロチョウの中に、ちょっと混じっているのでしょうか?
いずれにしても私には停まってくれないと判別できません。
最終日に、この2頭を見つけました。
ウラナミシロチョウ-Im0_8959

ウラナミシロチョウ-Im0_8962

[921] ユウレイセセリかな?(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その26)

同定には自信はありませんが、後翅裏面の3つ☆の斑紋からユウレイセセリかと思います。
チャバネセセリの中に時々混じっているように思います。
これも嬉しい初撮りです。

ユウレイセセリ-Im0_8857

[920] オキナワシリケンイモリ(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その25)

道端にそれらしいものがいました。
トカゲなら、一瞬で逃げていくのですが、これは逃げませんでした。
体長20cmほど。イモリの一種かと思います。
イモリ?-Im0_8824

オキナワシリケンイモリと思われます(2015-03-18記)

[919] クロサギだろうか?

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その24)

白いサギが2羽、海岸を飛んでました。
暫らくすると近くの海岸に降りました。
コサギだと思うところですが、見ると一部に黒い毛が入ってます。
遠目には黒く見えていた嘴は、黒ではありませんでした。
足も黒ではありません。
自信はありませんが、クロサギではないかと...。
これとは別に黒いサギも1羽飛んでいました。
(ご意見いただければ嬉しいです)
クロサギ?-Im0_8680

[918] アオタテハモドキ、遂に会えた!

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その23)

この日は、曇り空。散策を開始するも何もでてこない。

ところが何かが目に入った。
タテハか?
もしや!と思った。
ベージュ色の蝶が停まった。そして開翅!
何と!ずっと探していた蝶。
アオタテハモドキ♂では。
沖縄最終日にやっと会えました。

裏面は地味ですが...(この写真は、ごまの女房が撮りました)。
アオタテハモドキ-Pb180397

停まるとすぐに開翅。近づきすぎて飛んでも、また近くに停まってくれました。
羽化したてなのか青い色が素晴らしく鮮やか。感動の初見初撮りです。
アオタテハモドキ-Im0_8774

アオタテハモドキ-Im0_8776

その2時間後、周辺で♀の個体を見つけました。
アオタテハモドキ-Im0_8896
破損が目立たない写真を選びましたが、よく見るとかなり破損していることが判ります。

◆結局この場所で、♂4頭、♀1頭を確認しました。
またもや感動。


[917] シロオビアゲハ(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その22)

ちょっと時期が遅かったようですが、多数飛んでました。
ナガサキアゲハやモンキアゲハに比べると、ひと回り小型です。
シロオビアゲハ-Im0_8211

シロオビアゲハ-Im0_8969


[916] クロボシセセリだ(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その21)

何とか見つけました。
小さくて早いので、すぐに見失います。
これも女房殿が見つけてくれました
今回は随分活躍してくれました。
クロボシセセリ-Im0_8252

クロボシセセリ-Im0_8260

何だか、翅に穴が開いているようにも見えます。
今回見つけたのは、この1個体だけでした。

[915] ヒメシルビアシジミらしい(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その20)

見た感じはヤマトシジミですが、明かに小さい。
ヤマトシジミと一緒に飛んでいましたが、大きさが明確に異なるため別種に違いないと思いました。このような小型のシジミの候補としては、①ヤマトシジミの小型の個体、②ヒメシルビアシジミ(以前はシルビアシジミの亜種とされたいた)、③ハマヤマトシジミ、④ホリイコシジミがありますが、結局、詳しい方に教えていただき、斑紋の配置などからヒメシルビアとなりました(初撮り)。

ヒメシルビアシジミ-Im0_7602
寒冷期型のため斑紋が不鮮明です。実際、殆ど斑紋の見えない個体もありました

ヒメシルビアシジミ-Im0_7802
後翅裏面6室にある微かな斑紋の位置がシルビア風です。

ヒメシルビアシジミ-Im0_8852
この写真では、後翅裏面の6室の斑紋が見えています。

◆同定が難しいので、もっと色々な状況の写真を撮るべきでした。
・前翅裏面の中室内側の斑紋を確認したい。
・後翅裏面の6室の斑紋(ヤマトとシルビアの判別に有効)が不明確。
・表面と裏面の両方を確認したい。

◆本シリーズも2/3を過ぎました。
もう少しで最終日の写真にはります。

[914] オオゴマダラが飛んでる!(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その19)

オオゴマダラは、今回是非とも見たかった蝶です。
学生時代、与論島の民宿の庭先にふわぁ~と飛んできたのが、今でも夢のように思い出します。

1頭目は、少し早いスピードで高いところを飛んでいました。
追いかけましたが、高いフェンスを越えて行ってしまいました

2頭目の個体は、目の前をふわぁ~と通り過ぎました。
当然、あとを追いました。
止まる様子がないので、飛翔撮影になります。
MFに切り替えて、連写、連写。
ピンが合わない…。
感動の初撮りがコレです
オオゴマダラ-Im0_8490
証拠写真確保で一安心です。

更に捜し歩いていると、居ました!
数頭が吸蜜していました。
オオゴマダラ-Im0_8508

オオゴマダラ-Im0_8525

オオゴマダラ-Im0_8531

オオゴマダラ-Im0_8540

オオゴマダラ-Im0_8569



[913] カバマダラが飛んでる(沖縄県)

2010-11-15~18 沖縄シリーズ(その18)

天気が良くなってきて、蝶たちの動きが活発になってきました。
カバマダラか!と思ったら、ツマグロヒョウモン♀でした。

その直後、こんどは本物のカバマダラでした。
今年10月には、三浦半島でもカバマダラが多数確認され、私も撮影に行ってきました[837]。
カバマダラ-Im0_8206

カバマダラ-Im0_8467
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示