[1022] オジロビタキ、初撮り(千葉県)

2011-01-29 千葉県(その2)


キガシラシトドのポイントの近くに、オジロビタキも居ると聞いていました。
一応、キガシラの写真が撮れたので、オジロのポイントへ。
ポイントに着くと、早速顔を見せてくれました。
木に停まったり、地面に降りたり、空中で虫を食べたり、大サービスです。

(1)枝に停まってくれました。連写です。
オジロビタキ-Im2_0590

(2)直後のコマには飛び出しが写ってました。
オジロビタキ-Im2_0591

(3)これも偶然撮れていた別の飛び出しの瞬間です。
オジロビタキ-Im2_0661

(4)石に停まってくれました。
オジロビタキ-Im2_0715


(5)そして、尾羽を上げてくれました。で可愛い(^^)。
オジロビタキ-Im2_0720
スポンサーサイト

[1017] トラフズク(東京都大田区)

2011-01-20 東京のトラフズクのポイント

皇居でのヨシガモとミコアイサに時間がかかったので、現地到着は15:30ころになりました。
すぐにこの場所が判りました。

ここも枝被りは避けられませんが、葉っぱがないので嬉しくなりました。
十分楽しめました。
前回のトラフズクは、葉っぱの密集した中でしたから…。

この日は、4羽確認しました。
皆さん寝ているのです。このチャンスは数秒でした。
トラフズク-Im1_9467

たまに目を開けるときがありました。
トラフズク-Im1_9513

でも、いかにも眠そうです。
トラフズク-Im1_9522
お目めを開くのをひたすら待ちましたが、暗くなってきたので諦めました。

◆このポイントは、s-takeさんから教えていただきました。ありがたい情報に感謝です!

[1021] 珍鳥キガシラシトド(千葉県)

2011-01-29 千葉県(その1)
◆珍しく早めのBlogアップです(番号が飛びます)◆

野鳥の先輩から、前日撮ってきたとのお話を聞きました。
千葉なら行けない場所ではない。
Soccer-Boyさんにも声を掛け、早速翌日行ってきました。

始発電車に乗って、現地到着7:00でした。
既にカメラマンが多数。
既に撮ったという方もいましたが、殆どの方はまだ。

20分後、ちらっと現れて藪の中に消えました。
撮れませんでした。確認もできず。

その10分後にまた現れて、見える所に停まりました。
皆さん必死。私も証拠写真確保しました。ほっとしますね。

◆一度隠れましたが、今度はまずまずの場所に停まってくれました。
藪の隙間からなので、AFは使えません。
見えている限り必死で撮り続けました(^_^;)
キガシラシトド-Im2_0517

キガシラシトド-Im2_0531

キガシラシトド-Im2_0832

100枚ほど撮りました。帰宅後調べてみたらピンボケばかり...。
合ピンが数枚ありました。ほっとしますね(^_^;)

名前も聞いたことのない珍鳥「キガシラシトド」。
手持ちの図鑑には、載っていませんでした。

◆現地では、蝶鳥ウォッチングのYODAさんとも合流、楽しい観鳥会になりました。()

[1018] ヨシガモ(東京都千代田区)

2011-01-20 東京都千代田区(皇居)

この一週間前にも覗きに行ったのですが駄目でした。
ネット検索したら、元旦に20羽ほど確認されている方がいる!!
そこで、再トライしました。

平日ですが、所用のついでです。
まず、地下鉄半蔵門下車。

半蔵門に到着して左側の半蔵濠を覗きました。殆ど水鳥はいません。

右側、お目当ての桜田濠を散策します。まず、キンクロの群がお濠に浮いています。途中カワラヒワの小群。駄目かなぁと思いながらも桜田門方面へと探索を進めます。

地下鉄桜田門駅に近づくと道が緩やかに左に曲がります。植栽が途切れてお濠や手前の斜面が見やすくなります。カイツブリやオオバンが見えました。少し先に20羽ほどのカモの群が見えました。
もしやと思いながら近づいてみると、それがヨシガモでした。去年から探していたので感激でした。(実際、去年の敗因は、桜田濠を調べなかったためでした)

陽を浴びて、頭が緑色に輝いていました。結構タイミングが難しい。
ヨシガモ-Im1_9094

間もなく手前の斜面にやってきました。何やら食べながら近づいてきます。
日陰ではしっとりとした美しさがあります。
ヨシガモ-Im1_9145

陽を受けると、長髪が輝きます。
ヨシガモ-Im1_9165

ヨシガモ-Im1_9176

本当に魅力的なカモです!
♀の写真も撮りましたが、全て♂になってしまいました。

[1019] トラツグミにも会えました(旭区)

2011-01-16 コイカルの現れた公園(その3)

コイカルを待っていると、トラツグミがいたよ、と教えていただきました。
そこに行ってみると、いました。繁みの下の暗いところに見えました。

暗い場所なので困っていると、シメがやってきてトラツグミを追い出してくれました。
トラツグミ-Im1_8997

シメが行ってしまうと、また元の場所に戻りました。そこが落ち着くのでしょうね。
トラツグミ-Im1_9017

今年は、トラツグミに出会う機会が多い。



[1009] シメくんでした(^_^;)(旭区)

2011-01-16 コイカルの現れた公園(その2)

コイカルが飛び去って暫らくすると、同じ木に何かが停まりました。
コイカルが戻ったか!と思ったのですが...。
シメ-Im1_8922

シメ-Im1_8941

[1008] コイカル、初見初撮り(旭区)

2011-01-16 コイカルの現れた公園(その1)

10日ほど前のネタが、やっと登場。
ちょっと遅すぎですかね(^^;)

Soccer-Boyさんからコイカル情報を戴きました。
朝からの出陣を予定していましたが、人の多い休日は難しいとのことで、一旦断念。
午前中用事を済ませて、さて何処へ行こう?
下見だけでもと思って、そこへ行くことにした。

現地到着するも、想定していた場所には何もいない。
カメラマンも見当たらない(^_^;)

仕方なく、自力捜索開始。
小鳥の集まる定番ポイントでカメラマン発見。
早速聞き込み開始。聞き込み4人目で有益情報。
5人目は顔見知りでした。
情報を戴いて早速ポイントへ直行です。
現地に着くと30人ほどの観衆が将に格闘中でした。

私にもやっと見えました! 数羽の群を予想していましたが1羽だけ。
黄色い嘴が特徴的。イカルとも明かに違います。
初撮りです
コイカル-Im1_8726

コイカル-Im1_8778

コイカル-Im1_8787

この木は多分エノキ。その実をこんな感じで食べてました。
コイカル-Im1_8836

50分もの間、モデルを勤めてくれました。
350枚も撮影しましたが、木が揺れる、被り枝にFocusが盗られるなど、使える写真はごく僅かでした...

Soccer-Boyさんに感謝です。

[1007] オオマシコ(山梨県)

2011-01-15 山梨県オオマシコのいる林道(その4)

今度は、オオマシコ♀です。
♀は、♂の派手さはありませんが、優しい顔をしています。
オオマシコ-Im1_8183

オオマシコ-Im1_8202

オオマシコ-Im1_8240

オオマシコ-Im1_8268

オオマシコ-Im1_8382

オオマシコ-Im1_8427

♀のモデルさんの方が、サービス精神旺盛で協力的でした。

何れもトリミングです。

★「オオマシコのいる林道」シリーズはこれでお終いです。
今回の遠征は、里山のとっとこさんからの情報のお陰で実現しました。ここで改めてお礼申し上げます。

[1006] キバシリ、初見初撮り(山梨県)

2011-01-15 山梨県オオマシコのいる林道(その3)

ゴジュウカラを見つけました。数枚撮ったところで幹の反対側へ姿を消しました。
その直後、もう1羽見えました。

逆光でよく見えませんでしたが、後で確認したら、それがこれ、キバシリでした。
全くの想定外、嬉しいサプライズになりました。
証拠写真レベルですが、初撮りにつき掲載します。
鋭い嘴が特徴です。
キバシリ-Im1_8359

[1005] コガラ(山梨県)

2011-01-15 山梨県オオマシコのいる林道(その2)

黒いベレー帽に黒い顎鬚。
これまでチャンスのなかったコガラです。
動きが素早くて苦戦しましたが、何とか写真確保できました。
コガラ-Im1_8337

コガラ-Im1_8347

★以前、北海道でハシブトガラというそっくりな野鳥を撮りました(違いは判りません)。

[1004] オオマシコ、初撮り(山梨県)

2011-01-15 山梨県オオマシコのいる林道(その1)

オオマシコを求めて、噂の林道に遠征しました。
メンバーは、midoriさんSoccer-Boyさん、ごまの3人です。
自宅を5:00前に出て、現地到着が8:40ころでした。

早速、散策開始です。
バーダーさんは沢山いますが、肝心のオオマシコは、いません。
状況をお聞きすると、少し先で見たとのこと...。
先に進んでもいません(^_^;)
少し焦り始めた10:00ころ、やっと会えました。
その後は、次々と...。
至福の時が流れました

まずは、真っ赤なオオマシコ♂から。最初の2枚は特設ステージの上です。
オオマシコ-Im1_7839

オオマシコ-Im1_7977

次の場所で数羽見つけました。撮影していると、次から次と出てきました。まるで湧き出しているようでした。恐らく30羽以上だったと思います。暫くの間、撮り続けました(^^)v
オオマシコ-Im1_8260

オオマシコ-Im1_8460

オオマシコ-Im1_8495

[1003] モズ♀(栄区)

2011-01-10 栄区の市民の森(その3)

これもトラツグミの待ち時間に現れてくれました。
モズ♀-Im1_7477

[1002] ムラサキツバメ、久し振り(栄区)

2011-01-10 栄区の市民の森(その2)

トラツグミが出てくるのを待っていると、黒い蝶が飛び出しました!
本当に久し振り。嬉しくなりました。

この場所の実際の気温は判りませんが、この日の横浜の最高気温は、7℃です。
確かに陽射はありましたが、この気温でムラサキキツバメが飛ぶとは吃驚です。

後を追うと、間もなく停まって開翅しました。
また飛びましたが、またもやすぐに開翅しました。
陽射しに体を温めようとしているように見えました。
ムラサキツバメ-Img_7455

ムラサキツバメ-Img_7463


深いの青色を出そうと、色々な角度を試しましたが、求めている色は出せませんでした。

[1001] トラツグミに会えました(栄区)

2011-01-10 栄区の市民の森(その1)

トラツグミの情報を戴いて、2度目の挑戦です。

現地に到着したとき、トラツグミが見えるところに居ました
しかし、散歩の方がやってきたので、藪の中に消えました。
一度隠れると、10分以上でてきません。

暫らくして、また出てきました。
チャンス到来と思いましたが、またもやお散歩の方...。
藪の中に消えました。こんなことの連続で...

また少し経って、
今度は、藪の中から黒猫が体を伏せるようにしながら、先ほどトラツグミがいた方に進んでいきます。明らかに何かを狙っています。大切な被写体を横取りされては大変。

呼び止めると、こちらに顔を向けました。もちろんこの後、強制的にお引取り戴きました
黒猫-Im1_7483

トラツグミとても用心深いので、少し離れた場所で待機します。
枯れ草と同じ色で、目立たないので、双眼鏡で見張りを続けます。
出てきたら、ゆっくり、静かに近づけば大丈夫のようでした。
トラツグミ-Im1_7550

マウンドの頂上に来るのを待って撮りました。チャンスは一瞬で、甘い写真になりました。
トラツグミ-Im1_7572

結構可愛い。
トラツグミ-Im1_7625

木に停まってくれました。
トラツグミ-Im1_7634

出てくる場所は、暗いところばかりなので、ピンボケ、手ブレ写真ばかりでした。

[1000] ハヤブサ(相模原市)

2011-01-09 相模原市(その6)

なかなか機会に恵まれなかったハヤブサですが、思いがけずチャンスがきました。

探鳥遠征の帰り道のできごと。
助手席のmidoriさんが、「木の上に何かいた! カメラを構えている人がいた!」
半信半疑ながら、車をUターンして、その場所に戻りました。
まだ、いるようでした。これが大正解。

木の天辺に停まってたのは、このハヤブサでした。
お目めパッチリ、可愛い。
ハヤブサ-Im1_7276

ちょうど、西陽があたって、目が光りました。
ハヤブサ-Im1_7288

モデルさんは、顔の向きを変えてポーズをとってくれました。
ハヤブサ-Im1_7336



[999] ルリビタキ♀(相模原市)

2011-01-09 相模原市(その5)

なかなか好条件では撮らせてもらえませんでした。
何とか1枚だけ。
ルリビタキ♀-Im1_7208



[998] マヒワ♀♂(相模原市)

2011-01-09 相模原市(その4)

この日は、マヒワに何度か出会いました。
今季は、マヒワが多いように思います。
マヒワ♀-Im1_7169

マヒワ♂-Im1_7185

[997] シロハラ(相模原市)

2011-01-09 相模原市(その3)

野鳥の少ない日もありますね。
シロハラ-Im1_7139

期待していたベニマシコ、ウソ/アカウソには会えませんでした。

[996] ハギマシコが近い(相模原市)

2011-01-09 相模原市(その2)

ひと回りして戻ってくると、ハギマシコが下に降りて、何かを啄ばんでいました。

草に隠れてなかなか全身が写りません。全身が見えるタイミングが難しい。
ハギマシコ-Im1_6866

餌を食べながら斜面を登ってきます。
ハギマシコ-Im1_7065

なかなかの美鳥です。
ハギマシコ-Im1_7098

ハギマシコ-Im1_7105

[995] ホオジロ(相模原市)

2011-01-09 相模原市(その1)

ハギマシコを求めて、今季2度目。
ハギマシコはいるものの、遠い。
そこで暫らく周囲を散策することに。

ススキ原に小鳥が多数見えました。
ホオジロでした。
ホオジロ-Im1_6817

ホオジロ-Im1_6834

[994] ノスリが飛ぶ(栄区)

2011-01-08 栄区横浜自然観察の森

この日もお約束どおり姿を見せてくれました。
ついついカメラを向けてしまします。

ノスリ-Im1_6681

ノスリ-Im1_6720


[993] シメくんたち(栄区)

2011-01-08 栄区横浜自然観察の森

散策道を歩いていくと頭上に飛んできました。
久し振りに掲載します。

これが♀
シメ-Im1_6660

こっちが♂
シメ-Im1_6670

[992] いつも気さくなモズ子ちゃん(磯子区)

2011-01-08 氷取沢

車を降りると、モズ子ちゃんのお出迎え。
楽しい1日を予感させてくれました。
モズ-Im1_6646

[991] ヒメアマツバメは速い(栄区)

2011-01-03 横浜自然観察の森

鷹の登場を待っていると、何やらアマツバメ風が飛んでいます。
兎に角速い。方向転換も急激です。
視野にやっと入れ連写・連写。しかし、それを視野にキープできません。
何か機関銃攻撃をしているような状況になります。
随分沢山撮りました。恐らく200枚~300枚。
しかし、この程度の写真しか撮れませんでした。
修行が足りませんね(^_^;)

Canon 7D, EF300mmF4+1.4倍, シャッター優先ss1/2000(1/2000でもブレます)。
曇り空だったので、露出補正は+2~+3。
ヒメアマツバメ-Im1_6454

ヒメアマツバメ-Im1_6591

◆次回は、Av優先で絞り開放(少しでも速いSSに)にするつもりです。


[990] ハイタカが飛ぶ(栄区)

2011-01-03 横浜自然観察の森

やっぱり格好いい。こちらを見ています。
ハイタカ-Im1_6270

◆写真が甘いので、これ以上拡大できません。

[989] オオヒシクイ(千葉県)

2011-01-02 千葉遠征(その7)

白鳥の世話をされている方から、ヒシクイが1羽いると聞きました。
夕方になれば必ず戻ってくるとのこと。
待ちました。

◆15:48、十数羽のコハクチョウの中に少し小型の黒いのが混じっていました。
来ました。ヒシクイです。(YODAさんからコメントを戴き、オオヒシクイに変更しました)
オオヒシクイ-Im1_5950

◆頭上を旋回しました。
オオヒシクイ-Im1_5956

◆着水して動き回っていました。夕日を浴びるとオレンジ色がかって見えます。
オオヒシクイ-Im1_6201

◆これが本来の色でしょうか。
オオヒシクイ-Im1_6241

[988] コハクチョウの飛翔に感動(千葉県)

2011-01-02 千葉遠征(その6)

朝多数いた白鳥は、2羽~15羽くらいの小グループ毎に何処かへ行ってしまいます。
それが、15:30ころになるとまた餌場である休耕田の池に戻ってきます。

遠くに群が見えます。その群が真直ぐこちらに向かって飛んできます。
多くの場合、池の上で1,2回旋回してから着水します。

その姿が何とも美しく感動的でした。
コハクチョウ-Im1_5241

コハクチョウ-Im1_5182

コハクチョウ-Im1_5884

コハクチョウ-Im1_5838

コハクチョウ-Im1_5641

コハクチョウ-Im1_5148

◆もう少し短いレンズが欲しかったです。

[987] オナガガモの飛翔(千葉県)

2011-01-02 千葉遠征(その5)

白鳥と一緒にいたオナガガモの群が一斉に飛び立ちました。
その数、恐らく300~400羽。
これだけの数が一斉に飛ぶとは、驚きました。
何があったかは判りません。
オナガガモ-Im1_5690

オナガガモ-Im1_5697

オナガガモ-Im1_5713



[986] アメリカコハクチョウ(千葉県)

2011-01-02 千葉遠征(その4)

見つけるのに苦労しました。一番奥のほうにいました。
嘴の黄色部分が非常に小さいか、無いのが特徴です。
コハクチョウの中に3羽見つけました。

◆右がアメリカコハクチョウです。左はコハクチョウの幼鳥、真ん中は嘴に泥がついていてはっきりしません(オオハクチョウだったような気も)。
アメリカコハクチョウ-Im1_5501

◆上と同じ個体です。
アメリカコハクチョウ-Im1_5545

[985] オオハクチョウも見つけました(千葉県)

2011-01-02 千葉遠征(その3)

中央で羽を広げているのがオオハクチョウです。
オオハクチョウは、コハクチョウよりもひと回り大き目で、嘴の黄色部分が嘴のほうに伸びているのが特徴です。
オオハクチョウ-Im1_5491

オオハクチョウ-Im1_5492

オオハクチョウ-Im1_5495


[984] コハクチョウ(千葉県)

2011-01-02 千葉遠征(その2)

次のターゲットは白鳥。車で移動です。
現地につくと、もう白鳥の鳴き声が凄い。兎に角、白鳥で一杯。
印西市のサイトには、2010年末時点で420羽とありました。

長いレンズしか持ってなかったため、その全貌をお見せできません。
コハクチョウ-Im1_5094

少し離れた所にもいました。
コハクチョウ-Im1_5829

◆白い鳥は、ほぼ全てコハクチョウ。少し灰色がかっているのはコハクチョウの幼鳥らしいです。
他の種類を必死に探した結果、オオハクチョウが4羽、アメリカコハクチョウが3羽でした。
カモも300羽?くらいいましたが、全てオナガガモのようでした。

[983] 迷鳥サバクヒタキ、初見初撮りに感動(千葉県)

2011-01-02 千葉遠征(その1)

Akakokkoさんからのお誘い、midoriさんの運転で千葉遠征が実現しました。

ちょっと遠い。しかし、なかなか会えない野鳥らしいので、思い切って行ってみることになりました。
もういないかもしれない? 果たして会えるのか? 実はかなり不安でした。

しかし現地に到着すると早速のお出迎え。
いきなりクライマックスに突入。
十分過ぎるほどの条件で撮影ができました。
情報を提供していただいた、蝶鳥ウォッチングのYODAさんに大感謝です。

サバクヒタキ-Im1_5042

サバクヒタキ-Im1_5046

サバクヒタキ-Im1_5047

◆少し前まで、名前すら知らなかった野鳥です。
新年早々感動の一日になりました。
(つづく)

[982] ウミアイサかな?(神奈川県)

2010-12-29 神奈川県西部の河川敷(その4)

カワアイサ♀を見つけました。3羽いました。
その他に♂も1羽いました。
しかし、赤い目や首の下の模様は、カワアイサとは違うような...。
寝癖のような冠羽は少なめですが、ウミアイサでしょう?
距離があって、まともな写真にはなりませんでした。
ウミアイサ♂-Im1_4643

周りにはカワアイサの♀が3羽。彼女たちにアピールしてるのかな?
ウミアイサ♂-Im1_4708


[981] トモエガモに会えました(神奈川県)

2010-12-29 神奈川県西部の河川敷(その3)

現地に着いて最初にお話したバーダーさんから、トモエガモが1羽目撃されているとの情報を戴きました。全く予想もしていなかったチャンスなので、この後は探しながら歩きました。

かなり時間が経って、次にお話した方もトモエガモをお探しのようでした。
その方と別れて少し進むと、10羽ほどのカルガモの群がいました。
見るとその中の1羽が明らかに小さい。結局これが感動のトモエガモでした。
少し距離はありましたが、暫らくの間その場でゆっくり動いてくれたので、じっくり撮影することができました。
水面のコントラストがはっきりしているので、意外にフォーカスが難しい。
モニタで確認しますが、なかなかジャスピンになりません。
AFとMFを色々トライしました。
ここでは言えないほど沢山とりました(^_^;)
トモエガモ-Im1_4431

トモエガモ-Im1_4459

思いがけない初見初撮りになりました。

[980] ミサゴがホバリング&旋回(神奈川県)

2010-12-29 神奈川県西部の河川敷(その2)

ミサゴが大サービスしてくれました。
270枚くらい撮りましたが、この程度に終わりました。
腕が未熟(^_^;)

ミサゴ-Im1_4025

ミサゴ-Im1_4242

ミサゴ-Im1_4257

[979] カワアイサ初撮り(神奈川県)

2010-12-29 神奈川県西部の河川敷(その1)

カワアイサ♀2羽が中州でお休み中でした。
カワアイサ-Im1_3884

その間にハクセキレイが飛んできました。
カワアイサ-Im1_3889
これ以上は接近できませんでした。

少し上流に行くと、カワアイサ♂が見えました。
推定距離220m。AutoFocusではピンが甘いでのMFに切り替えて数十枚とりました。
これが一番まともなショットです(^_^;)
カワアイサ-Im1_3989


[978] ハイタカが飛ぶ(神奈川県)

2010-12-29 トラフズクの森(仮名)(おまけ)

これまた、教えていただきました。
頭上を何度か旋回。
大サービスでしたが...。
もう少し低く飛んでくれればねえ...。

当初、オオタカとしていました。2014-03-10に「あ」さんから「ハイタカです」とのコメントをいただきました。太めの体からオオタカと思っていましたが、確かに下面の横縞模様や色、顔がオオタカとは異なるため、ハイタカに訂正しました。あさん、ありがとうございました。
ハイタカ-Im1_3773


[977] トラフズク、初見初撮り(神奈川県)

2010-12-29 トラフズクの森(仮名)

情報を戴いて、Soccer-BoyさんAkakokkoさんと行ってきました。
現地に到着。あれぇ~カメラマン居ません。
自力で見つけるしかない...ちょっと不安(^_^;)

しかし、間もなくAkakokkoさんが1羽目を発見!
教えてもらってもなかなか発見できません。
何度も教えてもらって、やっと判りました。
確かに居ました。感激!
茂った葉っぱに囲まれた場所でした。
殆ど見えません。写真も無理。

少し経って、Akakokkoさんが別の個体を発見!
2羽目です。こんどはお腹が丸見え。障害物なしです(^_^)
何とか顔を見たいのですがダメです。
続いて3羽目もAkakokkoさんが発見。これは高くて見難い。

抜けて見える場所を探しましたが、全くダメでした。
結局、お耳とお顔の一部が見えている?ようなこの写真がベストです(^_^;)
トラフズク-Im1_3743
リベンジしなくちゃね(^_^;)


◆2011-01-01 早速リベンジを試みるも、返り討ち!(TT)
この日は2羽だけ確認。
やはり厳しい。
撮影位置を僅かずつ変えて顔が見える位置を探しました。
酷い枝被りですが、これがベストです。昼間だからお休み中ですね。
トラフズク-Im1_4718
また、機会を作ってリベンジしたいと思います。
何時になるか...。

[976] カワセミくん愛嬌があって癒されます(戸塚区)

2010-12-26 戸塚区舞岡公園

淋しい散策になりました。
野鳥が少ない。
ジョウビタキがいない、ルリビタキもいない、アオジもいない。
野鳥の状況を聞こうにも、鳥カメラマンが殆どいない。常連さんは一体何処へ行ったのだろう。

池に行ってもカワセミくんの姿がない。
カワセミくんも居ないのかなぁ~と思っていたら、
いきなり「チャポン!」 何とも愛嬌のある音だ。
カワセミくんが飛び込んだので、やっと見つけました。
そのあと暫しの間、遊び相手になってくれました。
ただし、飛翔を狙う気力も涌かず、こんな写真だけになりました。
カワセミ-Im1_3722





[975] ツグミも来ました(金沢区)

2010-12-26 金沢区のマヒワの3回目(その4)

マヒワが去った後、ツグミも数羽やってきました。
ツグミ-Im1_3496

そうこうしているうちに、また20羽ほどのマヒワの群が戻ってきました。
忙しくて、嬉しい悲鳴です。

[973] キジバトも(金沢区)

2010-12-26 金沢区のマヒワの3回目(その3)

マヒワの群が飛び去ったあと、目の前にキジバトがやってきました。
暫らく撮ったことがないような気がします。
条件が良かったのでカメラに収めました。
キジバト-Im1_3491

[972] マヒワ♀再び(金沢区)

2010-12-26 金沢区のマヒワの3回目(その2)

近距離でサービス満点でした。もっと拡大に耐えます。
マヒワ♀-Im1_3528

この子も大サービスでした。
マヒワ♀-Im1_3608

梅の木に停まってくれましたが、まだ梅は蕾です。
あと1週間いてくれればチャンスがあるかも知れません。
マヒワ-Im1_3679


[971] マヒワ♂再び(金沢区)

2010-12-26 金沢区のマヒワの3回目(その1)

もう移動してしまったと思いつつ、気になって見に行きました。

ポイントに到着するといきなり目の前に停まってました! 
ついつい嬉しくなって、Akakokkoさんに電話して、呼び出しちゃいました
云うまでもなく、1時間後には一緒に撮影してました。

マヒワ♂-Im1_3436

マヒワ-Im1_3456

マヒワ♂-Im1_3638

上の写真からの連写4コマ目にコレがありました。飛び立つ瞬間のようです。
マヒワ♂-Im1_3642
この直後のコマは、飛んで画面の端にピンボケで写ってました。


[970] ノスリ(栄区)

2010-12-25 横浜市栄区横浜自然観察の森(その2)

ノスリが何度かチャンスをくれたのですが、これが精一杯でした。
ノスリ-Im1_3225

[969] タイワンリス(栄区)

2010-12-25 横浜市栄区横浜自然観察の森(その1)

お目当てはルリビタキでしたが、会えずに終わりました。
タンワンリスくんが相手をしてくれました。
タイワンリス-Im1_3151

タイワンリス-Im1_3154

この日は、真っ青な青空でしたが強い風が吹いていました。

◆観察した野鳥は、
・オオタカ1
・ノスリ2
・エナガ3
・シジュウカラ11
・ヒヨドリ29
・ハシブトガラス18
・トビ5
・コジュケイ5
何とも淋しい1日になりました。

[968] ジョウビタキ♀(相模原市)

2010-12-23 相模原市緑区(その6)

何とも出会いの少ない日でした。
ジョウビタキ2、ルリビタキ2、ベニマシコ2でした。
このうち、写真になったのは、ジョウビタキ♀だけでした。
こんな日もありますね。
ジョウビタキ-Im1_3001

◆背景ノイズが酷かったので、ソフトに暈した画像に、暈していないジョウビタキの部分を重ねて合成しました。

[967] ニホンジカ?(相模原市)

2010-12-23 相模原市緑区(その5)

話をしていたら、いきなりAkakokkoさんが見つけました。
カメラを構えたときには、川から上がるところでした。
この後、川原から森の中に姿を消しました。

サプライズは突然やってきます。
ニホンジカ-Im1_2950
◆ノートリミング(300mm+1.4倍)

[966] ハギマシコが停まった!(相模原市)

2010-12-23 相模原市緑区(その4)

比較的近いところに停まってくれました。
が...停まったところが暗い。
背景がすぐ後でAFが正常に働いていない。
数100枚撮った写真の中にシャープな写真は無し(T_T)

ハギマシコ-Im1_2362

ハギマシコ-Im1_2759

ハギマシコ-Im1_2909

[965] ハギマシコが飛ぶ(相模原市)

2010-12-23 相模原市緑区(その3)

朝8:30ころ現地についてすぐに、高速で飛んでいる小鳥の群が見えました。
もしかしてハギマシコ?(あとで確認できました)
素早い動きで、なかなか撮影は難しいです。
兎に角視野に入れて乱写、連写。
逆光、順光が頻繁に入替わる条件でしたが露出補正は諦めました。
100枚を軽く超えるボケボケの写真の中に、何とか確認できるショットが数枚(^^;)

◆朝日を背に浴びて元気一杯です。
ハギマシコ飛翔-Im1_2014

◆ハギマシコの羽の模様が確認できます。
ハギマシコ飛翔-Im1_2032

◆羽を畳んでいます。尾羽が尾鰭の形。魚に見えますね。(かなりのトリミングです)
ハギマシコ飛翔-Im1_2254

◆たまたまピンが合ってました。顔も写りました(かなりのトリミングです)
ハギマシコ飛翔-Im1_2260

◆羽を畳んでいる瞬間があることが、この写真からも明確に判ります。
少し前にマヒワを撮ったときにもこんなでした。
ハギマシコ飛翔-Im1_2281

◆ここには掲載しないピンボケ写真から、20羽の群だったことが確認できました。

一度、チョウゲンボウと一緒に飛ぶ場面がありました。私は、チョウゲンボウが襲おうとしていると思いましたが、実際はハギマシコがチョウゲンボウに威嚇したらしいです。飛翔速度が速いので、油断しないかぎり大丈夫なのかも知れません。気性が荒いようで、餌を食べているときに仲間どうしが接近すると頻繁に諍いが起きていました。

Camera: Canon7D.
Lens: 300mmF4+1.4倍テレコン.
Focus mode: ManualまたはAI servo.
SS: 1/2000.
露出補正:+0~+2.

[964] 都心が見えました(相模原市)

2010-12-23 相模原市緑区(その2)

天気予報通りスッキリ晴れました。
何と都心が見えました。
都庁や代々木のDoCoMo、そしてスカイツリーも見えました。

東京スカイツリー

300mm+1.4倍>トリミング
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示