[1055] アカウソ、感動!(栄区)

2011-02-13 横浜自然観察の森(その1)
~ ウソ・アカウソを求めて ~
<アカウソ(後半)>

(1)アカウソ♂。桜の木に群れが上がってしまった。木の上に停まると観察は容易ですが、お腹ばかりで上手く顔が撮れません。
アカウソ-Im2_5147

(2)アカウソ♂。暫く待っていると、数羽が下の空木に移動しました。そして、他の個体も次々と空木に移動しました。こうして感動のショーが始まりました。このふっくらした感じが大好きです。
アカウソ-Im2_5217

(3)アカウソ♂4羽。1ヶ所に集まりました。右の個体も♂です。
アカウソ4♂-Img_5224

(4)アカウソ♂3羽。
アカウソ-Im2_5240

(5)アカウソ♂2羽
アカウソ-Im2_5247

(6)アカウソ♂3羽
アカウソ-Im2_5261

(7)アカウソ?♀
アカウソ-Im2_5333

後で数えたところ、♂が4羽で、全てアカウソのようでした。
そして、♀が6羽、計10羽と思われます。♀のウソ/アカウソの違いが判りませんが、全てアカウソなのかも知れません。
気がついてみたら、♀の写真は僅かで、比較検討の材料があまりありません。
スポンサーサイト

[1054] アカウソ、最高!(栄区)

2011-02-13 横浜自然観察の森(その1)
~ ウソ・アカウソを求めて ~
<アカウソ(前半)>

前週に続いて自然観察の森へ。
現地でAkakokkoさんと合流し、一緒に探索しました。
最初は出が悪く、いやな予感もしました。

しかし、昼前ころから出始めました。
この日の撮影枚数は1245枚。
ウソだけでも1000枚くらい撮りました。

(1)
アカウソ-Im2_4788

(2)
アカウソ-Im2_4837

(3)随分スリムです。
アカウソ-Im2_4924

(4)びろ~んと伸びますね。
アカウソ-Im2_4927

(5)ウソのこの姿勢、結構好きです。
アカウソ-Im2_4978

(6)この個体は「ウソ」かと思いましたが、同一個体の(7)枚目の胸の淡いピンク色を見ると「アカウソ」に思えます。実は(6)と(7)はほぼノートリ。食事に夢中だったため、近づいても逃げませんでした。
アカウソ-Im2_5065


(7)上の(6)枚目と同一個体。
アカウソ-Im2_5081

◆こんなに撮らせてもらったのは初めてです。アカウソは後半に続きます。

[1065] カラフトムシクイ(千葉県)

【速報版】2011-02-26 千葉県遠征(その1)

蝶鳥ウォッチングのYODAさんから声がかかり、先週に続いて、始発電車。
なぜかちゃんと目が醒める。電車で寝ていけるので、車でいくよりもずっと楽です。

現地には7:20に到着。既に2人の方が。
どうやら、ここがポイントらしい。

◆8:08突然最初のショーが始まりました。
体長10cm、メジロより小さい黄緑色が動き回ります。
枝に掴まりながら動きまわり、視野に入れたと思った瞬間に次の枝にジャンプ。
小枝や照葉樹の中に入り込むのでAFは無理。MFでの勝負になります。
皆さんも照準が定まらないようで、ショーが始まっても一斉写撃が始まりません。
周りにはエナガ、メジロ、シジュウカラが多数いることもあり、目を離すとすぐに判らなくなります。
一度見失い、ほかの方と離れた位置で探していた自分の目の前5mに現れました。ただし密集した枝の中、必死に狙いますが、数発連写しただけで見失いました。結局、酷いピンボケの写真とお尻だけの写真で第1ステージは終わりました。自分の無力を痛感しました。

◆第2ステージの始まりを待っていると、YODA氏が到着されました。このころになると、観客も20人くらいになっていました。人数が多いのは考えものですが、今回の場合、目の数が増えたことで随分助けられました。

結局、何度かのステージがあり、以下が精一杯の成果です。

(1)葉っぱの中から顔を出した瞬間がたまたま写っていました。どうにかピンは合っているのですが...
カラフトムシクイ-Im2_7410

(2)お腹しか見えない状態で連写した中に、顔が見えるショットも混じっていました。
カラフトムシクイ-Im2_7586

(3)ほぼ真上、葉っぱの隙間から見えた瞬間を乱写。偶然こんな写真もありました。
カラフトムシクイ-Im2_7595

(4)ピンもまずまずで全体が撮れたのですが、顔が被写体ブレでした。
カラフトムシクイ-Im2_7674

以上、感動の初撮りでした。これほど難しい野鳥は初めてです。これだけ撮れただけでも幸運だったと思います。再度リベンジに行きたいところですが、自分の技量・装備でこれ以上の写真を撮る自信がありせん。

YODAさんは飛翔まで撮ってしまっています <憎いほど素晴らしいです。いずれにしても、YODAさんからいい刺激をいただきました。

[1053] ジョウビタキ♂(東京都江戸川区)

2011-02-12 葛西臨海公園(その6/end)

いつも気さくなジョウビくん。近くで撮らせてくれました。
ジョウビタキ♂-Im2_4056

[1052] ウミアイサ♀(東京都江戸川区)

2011-02-12 葛西臨海公園(その5)

前回、酒匂川で撮った時よりは近かったけれど...(^_^;)
どんどん沖のほうに泳いでいってしまいました。
ウミアイサ♀-Im2_4208

毎度、甘い写真ですすみません...。
もう少し近くから撮らせて欲しい。

[1051] ハジロカイツブリ(東京都江戸川区)

2011-02-12 葛西臨海公園(その4)

この野鳥、意外に綺麗に撮れない。
沢山とりましたが、これくらいがベストです。
(1)
ハジロカイツブリ-Im2_4120

(2)
ハジロカイツブリ-Im2_4146

(3)
ハジロカイツブリ-Im2_4163

◆ミミカイツブリも見てみたい。

[1050] ノスリ(東京都江戸川区)

2011-02-12 葛西臨海公園(その3)

ウォッチングセンターの近くにノスリが飛んできて停まりました。
ちょっと距離もあって、なかなか綺麗には撮れませんね。
ノスリ-Im2_4010



[1049] ギンムクドリ初撮り(東京都江戸川区)

2011-02-12 葛西臨海公園(その2)

ここに行くことになった事情とは、ギンムクドリの目撃情報があったためです。
もう抜けただろうと思っていたのですが、前日の11日にも目撃されたとの情報がでました。
それなら可能性ありと判断して、急遽行くことにしました。

事前情報の通り、現地につくと目の前にいました。
普通のムクドリとは色がはっきり違うので、すぐに判りました。
地面に降りたり、枝に停まったり、大サービスしてくれました。

(1)いつもながら、初見初撮りは格別です。
ギンムクドリ-Im2_3539

(2)足は全て黄色です。
ギンムクドリ-Im2_3660

(3)
ギンムクドリ-Im2_3775

(4)
ギンムクドリ-Im2_3790

(5)偶然写ってました(^_^;)
こんな模様の羽なんですね。
ギンムクドリ-Im2_3852

[1048] トラツグミ(東京都江戸川区)

2011-02-12 葛西臨海公園(その1)

あとで出てくる事情により、急遽ここに行くことになりました。
園内に入ってまもなく、道端にトラツグミが出てきました。
トラツグミ-Im2_3528

今年はトラツグミの当たり年でしょうか?
出番が多くなっています。
昨年は随分苦労したというのに…。

[1047] チュウヒが飛んでる!(栃木県)

2011-01-29 栃木県コミミズクのポイント(その4:おまけ)

コミミのポイントに差し掛かった時、チュウヒが飛びました。
連写撮影したものを合成表示しました。
チュウヒ連写-Im2_1228~32
(画像をクリックすると拡大表示します)

[1046] カワアイサ(厚木市)

2011-02-06 厚木市

実は、アイサの一団を見つけた直後、後を追いかけました。
どれがコウライアイサかを識別できていればよかったのですが...。
結局、コウライかもしれないと思って撮っていたのは、カワアイサの♀でした
頭と首の色がはっきり別れています。喉(嘴の付け根)のところが白くなっています。
相当慌てていたこともあり、とんだ間抜けでした。

という訳で、カワアイサです。距離は最初に見つけたときよりもかなり接近しましたが、それでもまだ約100mありました。この時点では、2羽しか見当たりませんでした。

(1)
カワアイサ-Im2_3482


[1045] 珍鳥コウライアイサ(厚木市)

2011-02-06 厚木市

もう諦めようと思っていました。既に空振り三振でしたから。
ケリ・タゲリの帰り道だったので寄って見ることにしました。
出没推定ポイントを一通り見終り、今日もダメと思いました。

引き返す前にちょっと下流側を双眼鏡でみると、白と黒のはっきりした水鳥が浮いています。それも沢山います。やりました、カワアイサの一団です。この中に珍鳥コウライアイサがいる!いるかもしれない? 一気に興奮状態になりました。

(1)まず証拠写真を撮る。推定距離は約150mです。後で確認した結果、この写真の右から、カワアイサ♂、♀、コウライアイサ♀、カワアイサ♀、♂、♀、♂と思われます(飛んでいるのはちがいます)。
コウライアイサ-Im2_3467

(2)上とは別のコマの拡大です。一番左がコウライアイサ♀です。ちょっと怪しいですが、①カワアイサに比べてひと回り小さい、②嘴がまっすぐ、③首の色がなだらかに変化している、④髪の毛の寝ぐせが著しい、⑤喉もとが白くない(カワアイサ♀は喉が白い)などの特徴からコウライアイサだと思います。
コウライアイサ-Im2_3472

◆結局、距離150mからの証拠写真だけに終わりました。この後、別の場所から大砲で撮影された方の鮮明な写真を見せていただき、コウライアイサであることを確認しました。4回目にしてやっと会えました。こんなダメ写真でも大満足です。

◆このアイサの一団は、カワアイサ♂4、カワアイサ♀4、コウライアイサ♀1の9羽でした。

[1044] タゲリが飛んだ(平塚市)

2011-02-06 平塚市

時々タゲリやケリが飛び上がり、また近くに舞い降ります。
その度ごとにカメラを向けますが、私の腕ではなかなか思うように撮れません。
それでもちょっぴり上手くいくときもありました。

(1)
タゲリ-Im2_3381

(2)2羽に見えますが、時間的に連続する2枚の写真を合成しています。
タゲリ-Im2_3415~16

(3)
タゲリ-Im2_3439

(4)
タゲリ-Im2_3441

[1043] タゲリ(平塚市)

2011-02-06 平塚市

魅力的な野鳥です。
センスのいい制服に可愛いクリクリ目玉。
そして一番のチャームポイントは頭の上の冠羽。

(1)耕運機(車輪が写ってます)で作業中。しかし近づいても逃げません。ご馳走が次々と出てくるからでしょう。
タゲリ-Im2_3407

(2)耕運機(赤色)からの距離は2~3mです。
タゲリ-Im2_3410

(3)こんなに近くからは撮れたのは、この場所だけでした。
タゲリ-Im2_3433

★ご紹介いただいたdaronさんのお陰です。

[1042] ケリに接近できた!(平塚市)

2011-02-06 平塚市

なかなか接近できずに苦労しましたが、上手くいきました。

(1)毛羽立っているのでちょっと雰囲気が違います。
ケリ-Im2_3226

(2)尾羽が綺麗です。
ケリ-Im2_3252

(3)タゲリと並んでくれました。
ケリ-Im2_3341

(4)これが一番ケリらしさがでているような気がする。足は全て黄色い。
ケリ-Im2_3355

[1041] ケリの飛び立ち(平塚市)

2011-02-06 平塚市

daronさんから、ケリの情報をいただいてミニ遠征しました。
そこにはタゲリもいるということでした。

この日は、タゲリを見たいという女房も同行。
教えていただいたポイントには11:00前に到着。
車を降りるとすごそこに、タゲリが数羽いました。
ふと、横を見るとdaronさんが自転車に乗ってました。
わざわざ来てくれたんだ~。感激!

しかも事前にケリを見つけてくれてました。感謝!
早速そちらへ移動します。居ました!
距離はあるけど、まずは証拠写真。
近づくと飛ぶ。また、近づくと飛ぶ。
延べ1kmくらい追い回しました。
何といっても、daronさんの自転車が大活躍でした。
次々と着地先を見つけてくれました…。
私は後から、のそのそと追いかけます。
苦戦しましたが、結局はちゃんと撮れました。

(1)追跡中に撮った飛び立ちの連写合成を掲載します。
連写合成の技はAkakokkoさんに教えていただきました。初トライとしては自己満足です。

ケリ飛び立ち640-Im2_3148~52
(画像をクリックすると1750×700に拡大します)

随分撮ったのですが、お見せできるのはコレだけです。
停まっていると地味な鳥ですが、飛んでいるところはご覧の通りです。
飛んでいると配色がタゲリと良く似ていますが、ケリのほうが白が多い感じがします。


[1040] アカウソ♀が6羽(栄区)

2011-02-05 栄区横浜自然観察の森(その6)

アカウソ♂を撮影中、♀たちが次々にやってきたようでした。
人が近くを通りましたが、幸いすぐ横の空木に移動しただけでした。
結局、♀が6羽いました。ウソ♀とアカウソ♀の識別が判りません。
ここでは取りあえずアカウソ♀ということにします。

(1)ウソのこの形、メタボな感じが好きです。
ウソ♀-Im2_2939

(2)
ウソ♀-Im2_2967

(3)
ウソ♀-Im2_2980

(4)
ウソ♀-Im2_3068

◆昨シーズン、殆どダメだったウソですが、今年はまずまず大丈夫そうです。
♂を撮りにまた出かけるつもりです。

[1039] アカウソ♂を見つけた(栄区)

2011-02-05 栄区横浜自然観察の森(その5)

前にも書いた通り、この日の目的はウソです。

というわけで、ルリビを撮った後、ウソの第2ポイントに戻りました。
見当たりません。ダメか~と思いつつ探索をお続けると、空木の葛の中に何かが見えました。
双眼鏡で覗くとピンク色が見えました
AFが使えそうにないのでMFで撮りました。
甘いですが、何とかゲット。
アカウソ-Im2_2914

◆この後、どこかに行ってしまいました。
また、撮りなおしたいです。

[1038] イカルが来た(栄区)

2011-02-05 栄区横浜自然観察の森(その4)

ここでは、イカルを見たことがありませんでした。
ルリビタキを一緒に撮っていた方が、イカルを待っていると聞いて驚きました。
暫らくするとやってきました。2羽でした。
黄色い嘴と、紺色の羽が綺麗です。
入り組んだ枝の間に停まりましたが、何とか抜ける角度を見つけました。
肉眼では手前にかなり目障りな枝があるのですが、写真では完全にボケているので気になりませんね。
イカル-Im2_2784

◆先日撮ったコイカルとは、確かに違う。

[1037] シジュウカラも(栄区)

2011-02-05 栄区横浜自然観察の森(その3)

シジュウカラもヌルデの実を食べにたってきました。
いつでも撮れる野鳥ですが、なかなかシャープに撮れることはあまりありません。
今回は、まずまず満足。
(1)
シジュウカラ-Im2_2626

(2)
シジュウカラ-Im2_2631


◆このほか、ここのヌルデには、ヒヨドリ、シロハラ、メジロ、ルリビ、イカルが現れました。

[1036] ルリビタキくん大サービス[2](栄区)

2011-02-05 栄区横浜自然観察の森(その2)

ルリビタキの続きです。

(1)この♂の青が最高に綺麗でした。ちょっとピンが甘い
ルリビタキ♂-Im2_2486

(2)この♂は少し若いのでしょうか。
ルリビタキ♂-Im2_2524


(3)上の(2)と同じ個体です。
ルリビタキ♂-Im2_2529

(4)これも同じ個体です。
ルリビタキ♂-Im2_2609

[1035] ルリビタキくん大サービス[1](栄区)

2011-02-05 栄区横浜自然観察の森(その1)

前週は、千葉のキガシラシトドや栃木のコミミズクの大フィーバー。
ちょっとゆっくりしたい気持ちもあった。

ウソを見てないので、行先を自然観察の森にした。
2009年には20羽ほど確認したが、昨シーズンは殆どダメで写真が撮れなかった。
今年の状況は判らない。もし、ダメでもルリビタキが撮れるかも...。

という訳で、お目当ての第1ポイントに到着。
双眼鏡で木の枝をスキャンするが何もいない。
前方からレンジャーの女性。状況を聞いてみた。
今年は10羽位確認されているとのこと
場所も例年見られる第2ポイントだという。ちょっと期待が高まる。

早速そちらへ。知り合いがウソを待っていました。
状況を聞きますと、今日はまだ見かけないとのこと。
少し待ったが、声も聞こえない

仕方なく、ルリビタキのポイントに移動。
最初に出てきたのは、♀のルリ美ちゃん
色々なポーズで大サービス。最高!
以下、悪乗りの8枚です。

(1)♀?ルリ美ちゃん。尾羽だけでなく風切りにも青みがある。
ルリビタキ-Im2_2291

(2)注文どおりに、背景の抜けた場所に停まってくれた。
ルリビタキ-Im2_2384

(3)何か叫んでいる。
ルリビタキ-Im2_2415

(4)飛び立つ直前のポーズ。ファインダー越しに、それが判るようになればいいが・・・。
ルリビタキ-Im2_2547

(5)上の(4)の直後のショット。この次のショットは、空中に浮いているショットでしたが画面からはみだしました。
ルリビタキ-Im2_2548

(6)これが一番好きかも。
ルリビタキ-Im2_2561

(7)ホバリングしながら、実を嘴に挟んだ写真が撮りたかった。これが将に狙いのショットだったが、満足とは程遠い。残念ながらピン甘&露出不足。シャープネス&明るさ補正を掛けたが、誤魔化せない。
ルリビタキ-Im2_2562

(8)地面に落ちたヌルデの実を食べる。こちらの方が断然食べ易い。
ルリビタキ-Im2_2873

闇雲に随分連写しましたが、狙いのショットは撮れませんでした。
それでも大満足です。

[1034] コイカル(旭区)

2011-01-30 旭区の公園

15時近く、ついにコイカルがやってきました。
ただし、高い木の上のほう。
逆光でよく見えませんでしたが、一応証拠写真ゲット。

しかし、撮影に適した場所に降りてくることはなく、まもなく飛び去ってしまいました。残念
遠方からYODAさんにお越しいただいたのに...。
コイカル-Im2_2232

[1031] クロジが3羽(旭区)

2011-01-30 旭区の公園

水場のポイントにクロジを見に行きました。
ちょうど居ました。3羽が水場の横の地面で盛んに啄ばんでいました。
暗かったので、SSが1/30~1/125、被写体ブレ、手ブレ多発でした。

(1)
クロジ-Im2_2205

(2)後ろの個体の顔が見えないのが残念。
クロジ-Im2_2174

みんな♂でしょうか。

[1030] カケスの声がする!(旭区)

2011-01-30 旭区の公園

コイカルを待っている間、すぐ近くで何度かカケスの声がしました。
みんなで必死に探します。隙間から、どうにか確認できました。
見つけたものの込み入った枝の中。
顔の見える位置を見つけてようやく撮りました。勿論MFです。
カケス-Im2_2114

[1029] トラツグミ(旭区)

2011-01-30 旭区の公園

YODAさんがコイカルを撮りたいといわれるので、舞岡で知人から情報を仕入れて、旭区の公園に移動。
撮れないかもしれないことを覚悟の上であるが、何とか写真を撮ってもらいたい。

コイカルポイントに現地に到着したが、もう去った後だという。
仕方なく付近を散策。YODAさんがトラツグミを見つけてくれました。

人馴れしているようで、あまり逃げない。
っていうか、近づいてくる(^_^;)
SSが遅いのでブレてますが、画面いっぱいまで寄ってくれました。

(1)ノートリミングです。
トラツグミ-Im2_2093

(2)そのトリミングです。
トラツグミ-Im2_2093part

今年は、トラツグミの遭遇機会が多い。

[1028] コハクチョウが7羽、上空を行く(戸塚区)

2011-01-30 戸塚区舞岡公園
~ 珍しい訪問者 ~

ヤマシギのポイントで空を見上げると、白い鳥が行く。
咄嗟に飛ぶ鳥モードに切替えて連写したが、逆光でないことに気がついた。露出オーバー(^^;)
慌てて露出補正を-1/3にして再び連写した。
なんとコハクチョウ7羽だった。
ここで見るのは勿論初めて。感動の一瞬だった。
コハクチョウ-Im2_1862

拡大してみると、嘴の黄色がコハクチョウのようだった。

[1020] ヤマシギくん(戸塚区)

2011-01-30 戸塚区舞岡公園(その1)

前日、栃木を案内していただいたYODAさんが横浜へ来られることに...。

途中ガソリンを入れたので、約束の8:00にちょっと遅れて到着。
幸いお客様はまだ来られていない。

早速、ご要望のヤマシギのポイントに急ぐ。
既に何人かのバーダーさんが居る。
ってことは、すでにヤマシギがでているようだ。

居ました。それも2羽。
遠くから来ていただいたのに、空振りでは申し訳ない。
早速電話する。幸いYODAさんはすぐ近くまできている模様。

自分にとっても、これまでで一番良い条件で撮影できました。
ヤマシギ-Im2_1811

ヤマシギ-Im2_1837

ヤマシギ-Im2_1842

◆撮影が一段落して、何処にいったかな?と思ったら、水場に移動していた。
そして羽繕いを始めていた。またとないチャンスだ。
ヤマシギ-Im2_1875

ヤマシギ-Im2_1896etc


[1032] コミミズク(栃木県)

2011-01-29 栃木県コミミズクのポイント
~ コミミズク(後半) ~

(1)上空が騒がしい。カラスがまた意地悪をしている。
どうやら被害者はコミミくん。本当にお気の毒。
コミミズク&カラス-Im2_1509

(2)
コミミズク&カラス-Im2_1542

(3)
コミミズク&カラス-Im2_1571


◆地上のコミミくんが、低空で飛んで、止まり木に停まる。その瞬間を狙ってみた。
幸運にもピンが合った。以下、連続の4枚。

(4)1枚目は着枝寸前で、枝に足がとどいていない。精一杯羽を広げている。
目が写っていないのが残念だが、停まり木を見ているためだろう。
コミミズク-Im2_1690

(5)2枚目は着枝の瞬間。目が写った。
コミミズク-Im2_1691

(6)羽をたたんだ。
コミミズク-Im2_1692

(7)これで着枝完了だ。
コミミズク-Im2_1693

★本当に魅力的。感動しました。
こんなに早く、この場面が見られたのは、YODAさんのお陰です。

[1031] コミミズク、初見初撮り(栃木県)

2011-01-29 栃木県コミミズクのポイント(その2)
~ コミミズク(前半) ~

15:00前、YODAさんのご案内でポイントに到着しました。
既に止まり木に待機中でした。まもなく、飛翔ショーの始まりです。
低くゆったり飛ぶ姿は感動的でした。
この写真でそれが伝わればいいのですが...。

(1)
コミミズク-Im2_1315

(2):(1)の直後のカットです。
コミミズク-Im2_1316

(3)
コミミズク-Im2_1336

(4):(3)の直後のカットです。
コミミズク-Im2_1337

(5)
コミミズク-Im2_1457

(6)
コミミズク-Im2_1487

(7)
コミミズク-Im2_1490

(8)
コミミズク-Im2_1586

(8)枚目は、仲良く飛んでいるようにしか見えませんが、既にバトルは始まっていました。この直後、激しくぶつかり合いましたが、私には撮れませんでした。

◇前半のここまでで、300枚以上撮影していました。
やった!という感触もあったのですが、実際はピンボケ写真のゴミ山でした(^_^;)

◆更にサプライズ!
ここで、YODAさんが紹介してくれた方が何と!風任せ自由人のmaximiechanさんでした。まさかお会いできるとは思ってもみませんでしたから、初対面に感動しました。想像していたよりもずっとお若い。同じ場面を3人で競写。結果を見せあってワクワク・ドキドキ。面白い体験でした。

(コミミズクは後半に続きます)

[1027] ベニマシコ、可愛く撮れた(栃木県)

2011-01-29 栃木県(その1)

前述の通り、珍鳥キガシラシトドの撮影でYODAさんと現地で合流し、感動の時間を共有することができた。
午前中に撮影が終りYODAさんはお帰りとのことでお別れした。

ところが5分後、YODAさんから電話が。栃木への同行のお誘いだった。
目的はコミミズク。是非とも行ってみたいと思っていた場所。断るはずがない。

という訳で、昼過ぎには栃木県にいました。
コミミズクには時間が早いので、YODAさんのご案内で付近を散策。
最初の歓迎は、8羽ほどのベニマシコだった。

近い距離から十分サービスしてくれた。
これまで満足に撮れていなかったので、まずはシャープ可愛らしく撮ることに主眼をおいた。
この点では大満足の写真が撮れました。

◆良くわからないが、これは♀だろうか?
ベニマシコ-Im2_1058

◆これ以降は♂かな?
ベニマシコ-Im2_1085

ベニマシコ-Im2_1116

ベニマシコ-Im2_1124

◆個人的には、この表情が一番可愛らしく、今回のベスト。
ベニマシコ-Im2_1157

こんなにじっくり撮らせてもらったのは初めて。
これまで、なかなか可愛らしいベニにはならなかったが、今回は自己満足である。

[1026] 久し振りのアリスイ(千葉県)

2011-01-29 千葉県(その4/end)

滅多に会えないアリスイですが、オジロビタキを撮影中、突然現れて木に停まりました。
ただし、残念ながらちょと距離がありました。
アリスイ-Im2_0690

◆このあと、栃木県まで行くとことになるとは、考えてもいませんでした。
(千葉が終わって、栃木へつづきます)

[1025] シジュウカラ(金沢区)

2011-01-28 長浜公園(その2)

クロジが数羽来ているとの情報で、見に行きました。
結局、確認できたのは、アオジ数羽、マヒワ15羽、そしてシジュウカラでした。
シジュウカラ-Im2_0381

シジュウカラ-Im2_0389

[1024] アカハラ(金沢区)

2011-01-28 長浜公園(その1)

所用で仕事を休みました。ついでにちょっと散策。
実はホオジロガモの情報があったので、気になっていました。
見えるカモは全部チェックしましたが、見つかりませんでした。

アカハラが、写真を撮らせてくれました。
アカハラ-Im2_0178

アカハラ-Im2_0198

[1010] カルガモ(厚木市)

2011-01-23 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その6/end)
~ 翌日の再挑戦 ~

記念すべき1000番目の記事ですが、カルガモです。
最近はカメラを向けることも少なくなりました。

(1)コウライアイサかもしれないと思うと、飛んでるものには何でもカメラを向けました。
カルガモ-Im1_9970

(2)大胆にトリミング。
カルガモ-Im1_9973

(3)見慣れた顔ですが、格好いいじゃないですか?
カルガモ-Im2_0113

◆今年は幸運続きでしたが、結局2日連続の空振りに終わりました。
また探しにいくか、諦めるか...。

[1011] イカルチドリ(厚木市)

2011-01-23 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その5)
~ 翌日の再挑戦 ~

コウライアイサを待っていると、コチドリイカルチドリが慰めにやってきてくれました。
コチドリ-Im2_0022

冬羽のコチドリは、イカルチドリと似ています。
この個体は、嘴のすぐ上に黒い毛が見えるのでコチドリでしょう。


2016-04-04訂正
とおりすがりさんから、「イカルチドリ」とのご指摘いただきました。
ご指摘の通り「イカルチドリ」に訂正します。
とおりすがりさん、ありがとうございました。

[1012] カシラダカ(厚木市)

2011-01-23 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その5)
~ 翌日の再挑戦 ~

次は、カシラダカでした。
カシラダカ-Im1_9846

◆目的のコウライアイサは現れません(T_T)

[1013] カワラヒワ(厚木市)

2011-01-23 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その4)
~ 翌日の再挑戦 ~

最初のコウライアイサ探索は空振りに終わりましたが、その翌日再挑戦です。
まず出てきたのは、カワラヒワでした。
カワラヒワ-Im1_9831

カワラヒワ-Im1_9940

カワラヒワ-Im1_9946


[1014] イカルチドリらしい(厚木市)

2011-01-22 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その3)

イカルチドリの同定に迷うことはない筈ですが、ちょっと自信なし。
アイリングが白いこと、嘴の根元が黒くないことが判定根拠です。
大きさがイカルのサイズだったかは良く憶えていません。
イカルチドリIm1_9729

[1015] チョウゲンボウがモビング(厚木市)

2011-01-22 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その2)

チョウゲンボウがノスリの近くで盛んにホバリングしてました。恐らくモビングだったのでしょう。
どうやらチョウゲンボウの巣があるらしく、近くに停まったノスリを追い払いたかったようでした。

沢山撮った割には、イマイチの写真になりました(^_^;)
チョウゲンボウ-Im1_9641

この写真は露出補正を間違いました。
チョウゲンボウ-Im1_9703

[1016] ノスリくん(厚木市)

2011-01-22 コウライアイサ情報を聞いて厚木へ(その1)

コウライアイサが目撃されている。
何処に現れるかは判らないながらもSoccer-Boyさんと探しに行きました。

そろそろ諦めかけたところで、ノスリがでました。
ノスリ-Im1_9631

ノスリ-Im1_9632

◆このノスリ、チョウゲンボウにちょっかいをかけていたようで、モビングを受けていました。

[1023] オジロビタキの飛翔(千葉県)

2011-01-29 千葉県(その3)
<オジロビタキの続き>

オジロビタキが枝に停まるのを待っている私の隣で、YODAさんがオジロビタキの飛翔に猛アタック中でした。この人、狙ってるものが違いますね(^_^;)

ん~な訳で私も挑戦。殆どファインダー視野に入れることが出来ませんでしたが、たまたま撮れた中に合ピンのショットがありました(AFモード:AIサーボ)。腕は悪くてもこんなショットが撮れるとは意外でした。CanonのAFはたいしたものです。以下は、秒8コマで連写した中の連続の5枚です。

(1)これが一番の合ピン。目の前に虫が見えます。良く見ると口の中にも。
オジロビタキ飛翔-Im2_0741

(2)虫に近づきました。
オジロビタキ飛翔-Im2_0742

(3)虫は口の中でしょうか?
オジロビタキ飛翔-Im2_0743

(4)この姿勢、好きです。
オジロビタキ飛翔-Im2_0744

(5)ちっとボケてます。
オジロビタキ飛翔-Im2_0745

◆YODAさんにいい刺激を戴きました。感謝。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示