3387> Red-vented Bulbul(Hawaii)

ハワイ(18) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(13) ~

Red-vented Bulbul(Pycnonotus Cafer)
(1)Red-vented Bulbul-IMG_5365
(2)Red-vented Bulbul-IMG_5428

(3)ホノルル空港で、Maui行の待ち時間にも
Red-vented Bulbul-IMG_6080
(4)Red-vented Bulbul-IMG_6141
スポンサーサイト

3386> Red Junglefowl(Hawaii)

ハワイ(17) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(12) ~

ニワトリ? 家禽が野生化したらしい。
Red Junglefowl-IMG_5223
Red Junglefowl-IMG_5232
Red Junglefowl-IMG_5238

3368> スズメ(戸塚区)

在庫より:2013-10-21撮影

スズメが減っているといわれているが、ここには沢山いる。
(1)丁度稲刈りが終わったところで、刈り残しの米がお目当ての様だ。
スズメ-IMG_3609
(2)田圃の側の木に集合する。
スズメ-IMG_3673
(3)モズ(右)が割り込んできたが、気にする様子はない。
スズメ-IMG_3693
(4)のどかな舞岡公園の風景。
スズメ-IMG_3712

3431> ムラサキツバメ(栄区)

舞岡周辺を歩く 2013-11-23
~ ムラサキに夢中(7) ~

(1)ムラサキツバメ♂。
ムラサキツバメ♂-7D2_8990

(2)ムラサキツバメ♂。
ムラサキツバメ♂-7D2_9005

(3)ムラサキツバメ6頭@シュロ。
ムラサキツバメ-7D2_8985

3367> シラホシスカシヨコバイ(戸塚区)

在庫より:2013-10-21撮影

珍しいかどうかは判らない。
ちょっと面白いと思って撮影。
シラホシスカシヨコバイ-7D2_7981

3366> ヤマトシジミ(戸塚区)

在庫より

2013-10-14撮影
(1)裏面の外縁付近の斑紋の色が薄い茶色。普通とは違いように感じた。♀と思ったが、表面は確認できなかった。
ヤマトシジミ-7D2_7550
(2)こちらは、普通のヤマトシジミ♀。
ヤマトシジミ-7D2_7554

2013-10-21撮影。綺麗な♂が開翅していました。
ヤマトシジミ♂-7D2_7952

3429> ムラサキシジミ(栄区)

舞岡周辺を歩く 2013-11-21 & 22
~ ムラサキに夢中(6) ~

(1)♀の上品なブルー。
ムラサキシジミ♀-7D2_8858
(2)♂は輝く濃いブルー。
ムラサキシジミ♂-7D2_8894
(3)なかなかいい角度から撮れない。
ムラサキシジミ♂-7D2_8912
(4)
ムラサキシジミ♂-7D2_8938

(5)ムラサキシジミ♀。2013-11-23撮影。
ムラサキシジミ♀-7D2_9000

3365> オシドリ♂(戸塚区)

在庫より:2013-10-11撮影

ここ舞岡でオシドリを見るのは初めて。嬉しいサプライズです。
カウガモと一緒に泳いでました。オシドリ-7D2_7261
オシドリ-7D2_7305
このオシドリ、翌日はもういませんでした。
そころがその数日後、♀が1羽確認されたそうです。
ただし、この個体も翌日にはいなくなってようです。


3364> コフキゾウムシ(戸塚区)

在庫より:2013-10-10撮影

5mmほどの小さなゾウムシですが、拡大して見ると、なかなか可愛い。
コフキゾウムシ-7D2_7223

3428> ムラサキツバメ♂(栄区)

舞岡周辺を歩く 2013-11-21 & 22
~ ムラサキに夢中(5) ~


2013-11-21撮影
(1)ムラサキツバメ♂-7D2_8756
(2)ムラサキツバメ♂-7D2_8784
(3)ムラサキツバメ♂-7D2_8788


2013-11-22撮影
(4)ムラサキツバメ♂-7D2_8801
(5)ムラサキツバメ♂-7D2_8823
(6)シュロの葉に小集団ができてました。この他、アカガシにも3頭いました。大集団になって欲しいものです。
ムラサキツバメ@シュロ-7D2_8972
なかなか狙いの藍色にはなりません(^_^;)

3385> House Sparrow(Hawaii)

ハワイ(16) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(11) ~

(1)スズメですが、顔つきが少し違います。2013-10-26 Oahu.
日本のスズメやニュウナイスズメとは別種のようです。
House Sparrow-IMG_5373

(2)House Sparrow-IMG_5376


(3) 2013-10-30 Maui島のホテルのオープンテラスでの朝食。やってきました(^_^;)
House Sparrow-IMG_6347

3384> Hawaiian Stilt(Hawaii)

ハワイ(15) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(10) ~

セイタカシギそっくりですが、首の後ろ側が黒いところが違うようです。

(1)Hawaiian StiltHawaiian Stilt-IMG_4808

3363> カタジロゴマフカミキリ(戸塚区)

在庫より:2013-10-10撮影

道端の杭の上にいるところを発見。
カタジロゴマフカミキリ-7D2_7203

3362> オオスズメバチ(戸塚区)

在庫より:2013-10-10撮影

頭上からジョロウグモが降りてきました。
そして、登って行きました。
そこへ、オオスズメバチが飛んできました。
見ている前で、ジョロウグモにアタック。
そのまま地面に落ちました。
決着がつきました。
(恐らく、ジョロウグモは、自発的に降りてきたのではなく、オオスズメバチの攻撃を受けて落とされたのでしょう)恐る恐る近づいて撮影しました。
オオスズメバチ-7D2_7192

3426> ムラサキツバメ♂(栄区)

舞岡周辺を歩く 2013-11-19
~ ムラサキに夢中(4) ~

(1)いい色が出ました。
ムラサキツバメ♂-7D2_8621

(2)もう一息の色
ムラサキツバメ♂-7D2_8634

(3)この角度だと、茶色になってしまいます
ムラサキツバメ♂-7D2_8638


2013-11-20撮影
(4)頭上のアカガシに4頭見つけました。まだ気温が高いので、流動的です。
ムラサキツバメ@アカガシ-7D2_8703

3383> Wandering Tattler?(Hawaii)

ハワイ(14) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(9) ~

公園の池の岸には、キアシシギ風の鳥。
違うかもしれませんが、Wandering Tattler(メリケンキアシシギ)としました。
Wandering Tattler?-IMG_4755

3360> モンシロチョウ卵(磯子区)

在庫より:2013-10-09撮影

畑にさしかかった時、モンシロチョウが産卵しているようでした。
確かめてみると卵がありました。
道端に座り込んで何とか撮影しました。
結構大変(^_^;)

モンシロチョウ卵-7D2_7050

3359> ナガサキアゲハ(磯子区)

在庫より

2013-10-09撮影
ナガサキアゲハは見つけても、目の前を通過するだけのことが多いので撮影できなことが多い。
チャンスがあれば必ず撮影にトライする。
(1)ナガサキアゲハ♂-IMG_3199
(2)ナガサキアゲハ♂-IMG_3215

(3)2013-10-21撮影。寒くなってきたがまだ居た。これが今年最後かも知れない。
ナガサキアゲハ♂-IMG_4322

3424> ムラサキツバメ(栄区)

舞岡周辺を歩く 
~ ムラサキに夢中(3) ~

まえにも書きましたが、この時期の楽しみは、ムラサキツバメ。
特にムラサキツバメ♂の藍色に拘っています。

(1)ムラサキツバメ♂。2013-11-17撮影。いい色が出ました。
ムラサキツバメ♂-7D2_8437

その翌日~
(2)ムラサキツバメ♂。2013-11-18撮影。これもいい色が出ました。
ムラサキツバメ♂-7D2_8457
(3)ムラサキツバメ♂。2013-11-18撮影。少し茶色が残ってしまった。もう少し右から撮りたかった。
ムラサキツバメ♂-7D2_8505
(4)裏面も。多分♂。
ムラサキツバメ♂-7D2_8527
(5)アオキに5頭の塒をを見つけました。小規模ですが。今後が楽しみと思っていましたが、翌日には姿はありませんでした。まだ、気温が高いので流動的なようです。
ムラサキツバメ@アオキ-7D2_8494

3382> Rock Pigeon?(Hawaii)

ハワイ(13) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(8) ~

公園にいるハトは、ドバトとは少し違うような気もするがよく判らない。

(1)Rock Pigeon-IMG_4369
(2)Rock Pigeon-IMG_4381
(3)Rock Pigeon-IMG_4388



3357> ツマグロヒョウモン(戸塚区)

在庫より

ツマグロヒョウモンが目立つようになりました。
産卵の現場と卵の撮影を目論んでいますが、なかなか思うようにいきません。
この時期がチャンスなのですが....。

(1)<2013-10-06撮影>ツマグロヒョウモン求愛
ツマグロヒョウモン-7D2_6400

(2)<2013-10-08撮影>ツマグロヒョウモン求愛
ツマグロヒョウモン-7D2_6776
(3)ツマグロヒョウモン求愛
ツマグロヒョウモン-7D2_6777
(4)ツマグロヒョウモン求愛
ツマグロヒョウモン-7D2_6778
(5)ツマグロヒョウモン♂
ツマグロヒョウモン-7D2_6800
(6)ツマグロヒョウモン♂
ツマグロヒョウモン-7D2_6852
(7)ツマグロヒョウモン♀
ツマグロヒョウモン-7D2_6910
(8)ツマグロヒョウモン♀
ツマグロヒョウモン-7D2_7025

このツマグロヒョウモン♀は、このあと産卵してましたが、踏み込めない場所で距離もあったので撮影できませんでした。

3356> ウラギンシジミ(戸塚区)

在庫より:2013-10-06撮影

ウラギンシジミ♂が開翅。前翅が鋭く尖っている。このまま越冬するのだろうか?
ウラギンシジミ♂-7D2_6442

3423> ムラサキシジミ♀(栄区)

舞岡周辺を歩く 2013-11-17
~ ムラサキに夢中(2) ~

綺麗な♀だった。昨年は、ムラサキシジミが沢山いたが、今年はあまり多くない。この日も2~3頭。
ムラサキシジミ♀-7D2_8404

3419> ムラサキツバメ♀(栄区)

舞岡周辺を歩く 2013-11-13
~ ムラサキに夢中(1) ~

この時期の一番の楽しみは、ムラサキツバメです。
このムラサキが堪りません。
ムラサキツバメ♀-7D2_8317
ムラサキツバメ♀-7D2_8334

3381> Java Sparrow(Hawaii)

ハワイ(12) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(7) ~

綺麗な鳥がいました。図鑑を調べてみると、Java Sparrow.
ジャワ雀です。何処かで見たことあると思ったら、文鳥かな?


2013-10-25 Ala Moana
アラモアナはショッピング街。
(1)女房らが買い物をしている間、公園で鳥探し(^_^;)
Java Sparrow-IMG_4752
(2)2013-10-29 Maui島でも
Java Sparrow-IMG_6157

3354> キタテハ幼虫

在庫より:2013-10-03撮影

カナムグラに25mmほどのキタテハの幼虫がいました。
目立つはずですが、なかなか見つからないものです。
キタテハ幼虫25mm-7D2_6284

3318> オオゴマダラ(八重山)

八重山を歩く(68) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

ホウライカガミの花にやってくるオオゴマダラ。
オオゴマダラ-IMG_3034
オオゴマダラ-IMG_3060
やっぱりオオゴマダラは、マダラ蝶の王様。

3317> カバマダラ産卵(八重山)

八重山を歩く(67) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

極端に小さなカバマダラがいました。
大きさを示すのは難しいですが、普通の半分くらい。
とてもカバマダラとは思えない大きさでした。

(1)観察していると、産卵しているようでした。
カバマダラ産卵-IMG_3017

(2)止まっていたところを調べてみると、卵がありました。
カバマダラ卵-7D2_6098

3380> Common Waxbill(Hawaii)

ハワイ(11) 2013-10/26~11/1
~ 公園で見かけた野鳥(6) ~

小さい!
最初見た時は吃驚した。
この体型で10㎝しかない。感動しました。
公園の芝生に群がっていました。

2013-10-25 Ala Moana
(1)
Common Waxbill-IMG_4681
(2)
Common Waxbill-IMG_4703
(3)
Common Waxbill-IMG_4722

(4)2013-10-26 別の場所でも
Common Waxbill-IMG_5334

3353> オオウラギンスジヒョウモン(戸塚区)

久し振りの嬉しい出会い

~ 舞岡公園2013-10-03 ~
舞岡公園では2年振り。
オオウラギンスジヒョウモンに出会いました。

(1)オオウラギンスジヒョウモン♀@ヒヨドリバナ。
オオウラギンスジヒョウモン♀-7D2_6238
(2)上と同一個体。
オオウラギンスジヒョウモン♀-7D2_6242
(3)オオウラギンスジヒョウモン♀@セイタカアワダチソウ。3日後に再確認。上と同じ個体かも知れません。この日は、もう1頭、♂も見つけました。
オオウラギンスジヒョウモン♀-7D2_6502

3316> イシガケチョウ(八重山)

八重山を歩く(66) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

たびたび見かけました....
ホウライカガミの花の蜜が目的の様でした。
イシガケチョウ-IMG_3080

3315> コノハチョウ(八重山)

八重山を歩く(65) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

ヤエヤマウラナミジャノメを見つけた林道で突然現れました。
今回唯一のコノハチョウです。
コノハチョウ-IMG_2968
擦れた個体でしたが、コノハの威厳を感じました。

3352> コンボウヤセバチ(戸塚区

在庫より:2013-09-21撮影

不思議な形です。
コンボウヤセバチ-7D2_5149
なかなか静止してくれないのです。

3314> ウラナミシロチョウ(八重山)

八重山を歩く(64) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

飛んでいると、ウスキシロチョウと区別できません。
今回はここで確認した2頭だけでした。
ウラナミシロチョウ-IMG_3013
ウラナミシロチョウ-IMG_3109

3313> サシバ(八重山)

八重山を歩く(63) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

頭上を猛禽が旋回。
慌ててカメラを向ける。
サシバと思われます。
サシバ-IMG_2760

3351> アカボシゴマダラ(戸塚区)

在庫より:2013-09-21撮影

柿の実が大好きです。
アカボシゴマダラ-7D2_5176
アカボシゴマダラ-7D2_5183

3312> タイワンアオバセセリ(八重山)

八重山を歩く(62) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

ちょっと飛んだと思ったら、木の葉の裏に止まります。
何だか蛾のようにも見えました。

(1)暗いのでストロボ使用。目玉が光ってしまいます。
タイワンアオバセセリ-IMG_2656
(2)クリクリ目玉が可愛い。
タイワンアオバセセリ-IMG_2711

3311> マサキウラナミジャノメ(八重山)

八重山を歩く(61) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

道端に飛び出した小さなジャノメ。
ヤエヤマウラナミジャノメかと思って緊張が走りました。
路上に止まったところを確認すると、マサキウラナミジャノメでした(^_^;)
マサキウラナミジャノメ-IMG_2862

★端境期のためか、マサキウラナミジャノメは唯一コレだけでした。

3310> ヒメウラナミシジミ(八重山)

八重山を歩く(60) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

今回みつけたヒメウラナミシジミはこれだけ。
特に探したわけではありませんが、この場所で2頭見つけたのが全てです。
ヒメウラナミシジミ-IMG_2744

3309> イリオモテバッタ(八重山)

八重山を歩く(59) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

バッタはあまり撮りませんが、これは特別。いえ気まぐれ。
イリオモテモリバッタ-IMG_2878

3349> ルリシジミ卵(戸塚区)

在庫より:2013-09-20撮影

小さいので、撮影には苦労する。
(100mm Macroで撮影)
ルリシジミ卵-7D2_5015

3308> クロイワカワトンボ(八重山)

八重山を歩く(58) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

ヤエヤマウラナミジャノメを求めて、薄暗い道を進むと、見慣れないトンボがとまった。
クロイワカワトンボ-IMG_2886


★クロイワカワトンボの名前は、以下の図鑑で見つけた。
西表島フィールド図鑑 [改訂新版]西表島フィールド図鑑 [改訂新版]
(2011/08/18)
横塚 眞己人

商品詳細を見る

3307> ヤエヤマウラナミジャノメ(八重山)

八重山を歩く(57) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/29撮影) ~

ヤエヤマウラナミジャノメは、2011年に擦れた個体を撮っただけ。しかも同定にも自信がなかった。
そんな訳で、ヤエヤマウラナミジャノメの撮影は今回の遠征の目的のひとつだった。

すでに石垣島の数ヶ所で探したが、それまで見つからなかった。
この場所は、2011年と同じ場所であり、一番当てにしていた場所でもある。

現地について、林道を1往復したが手ごたえ無し。
ところが車を停めたすぐそばで1頭目が現れた。
証拠写真は撮れたものの、間もなく見失った。

その後、周囲を徹底調査した結果、4頭見つかった。
暗い場所であり、なかなか近くに止まってくれず、辛うじて撮れたのが次の2ショット。
ヤエヤマウラナミジャノメ-IMG_2917
ヤエヤマウラナミジャノメ-IMG_2919


3348> ヒメウラナミジャノメ(戸塚区)


在庫より:2013-09-20~21撮影

ヒメウラナミジャノメの後翅の斑紋は変化に富む。
通常、後翅表面の斑紋は2つだが、1つ、3つ、4つ、5つなど色々だ。
以下の個体もそんな例のひとつ。


<1頭目> 擦れた個体でした......
ヒメウラナミジャノメ1b-7D2_4977
同表面:2つの蛇の目のほかに、小さな蛇の目が3つ。
ヒメウラナミジャノメ1a-7D2_4979

<2頭目> 上の個体と同じところにもう1頭。これも......
ヒメウラナミジャノメ2b-7D2_4990
同表面:2つの蛇の目の他にもうひとつ小さな蛇の目があった。
ヒメウラナミジャノメ2a-7D2_5001

<3頭目> 裏面は撮れなかったので、表面だけ:2つの蛇の目の他に小さな蛇の目が2つあった。
ヒメウラナミジャノメ-7D2_5163

3306> ヤエヤマカラスアゲハ(八重山)

八重山を歩く(56) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/28撮影) ~

夕方17:00過ぎ、お休みモードのようでした。

(1)ヤエヤマカラスアゲハ♂
ヤエヤマカラスアゲハ♂-IMG_2648
(2)ヤエヤマカラスアゲハ♂
ヤエヤマカラスアゲハ♂-7D2_6092

~ 石垣島(9/29撮影) ~
(3)ヤエヤマカラスアゲハ♀
ヤエヤマカラスアゲハ♀-IMG_2930

3305> オオシロモンセセリ(八重山)

八重山を歩く(55) ― 2013/9/23 ~ 9/29 ―
~ 石垣島(9/28撮影) ~

(1)オオシロモンセセリ-IMG_2387

(2)手乗り(^_^)/
オオシロモンセセリ-7D2_6048
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示