3713> センダイムシクイ(磯子区)

2014-05-01撮影

チャンスは、一瞬だけでした。
センダイムシクイ-IMG_2037
スポンサーサイト

3712> ウグイス(戸塚区)

2014-04-29撮影

久し振りにウグイスが近くで鳴いていました。
ウグイス-OMD53730

3710> ジャコウアゲハ(戸塚区)

2014-04-29撮影

ジャコウアゲハ♀、大根の花で吸蜜。
ジャコウアゲハ♀-OMD53701
ウマノスズクサの周りをゆったり飛ぶ。産卵にきているようだ。
ジャコウアゲハ♀産卵-OMD53748
ウマノスズクサ。
ジャコウアゲハ食草@ウマノススクサ-OMD53775
葉裏を調べて見ると、10個ほどの卵があった。まず上面から。
ジャコウアゲハ卵@ウマノスズクサ-OMD53772
側面からも。
ジャコウアゲハ卵@ウマノスズクサ-OMD53774

3709> ハンミョウ(磯子区)

2014-04-29撮影
この谷戸の木道を進んでいくと、地面から黒っぽい虫が飛んでまた先に停まる。
そおまま通り過ぎずに、その虫を観察して欲しい。
こんな綺麗な虫だ。
ハンミョウ-IMG_1896
沢山いるが、撮ろうとして近づくとすぐに飛ぶ(^_^;)
撮影に協力的な個体に出会えれば、撮影も容易だが......。


2014-05-01撮影
~ 再トライ ~
ハンミョウ-IMG_2101



2014-05-03撮影
~ 再再トライ ~
ハンミョウ-OMD04290
やはり地面じゃなくて、緑背景がいい。
ハンミョウ-OMD04300
何故か上体を起こした。
ハンミョウ-OMD04309
飛ばないので、そっと横からも。
ハンミョウ-OMD04314

3708> オオルリ(磯子区)

2014-04-29撮影

オオルリの囀りは最高。

ここでは、この時期、オオルリの声が鳴り響く。
声の方を探すと、高い木の先端付近に停まっているのが見える。
この時は、幸運にもかなり低い位置に停まってくれた。
蝶撮用のレンズでは、これが精一杯(^_^;)

谷戸を見回すとアゲハ類が多数飛び、春本番を感じる。
オオルリ♂-IMG_1972

3707> ビロウドコガネ(戸塚区)

2014-04-28撮影

体長9mmほどのコガネムシ。光沢が無いので独特。時々みかける。
黒い虫は上手く撮れない。
ビロウドコガネ-OMD53623

3706> ヒメクロオトシブミ(戸塚区)

2014-04-28撮影

小さいけれど格好いい虫だ。
ヒメクロオトシブミ-OMD53622

3705> ムーアシロホシテントウ(戸塚区)

2014-04-28撮影

最近は、甲虫類の撮影機会が増えてきた。
Olympusを持ち歩くようになったのも要因だ。
ムーアシロホシテントウ-OMD53614

3704> ヒメクロトラカミキリ(横浜市緑区)

2014-04-26撮影

帰ろうと思って車に戻ると、フロントガラスに小さな虫。
ヒメクロトラカミキリ-OMD53555

3700> 横浜で見つけた蛾(横浜市)

2014-04-23~29撮影
~ イモムシ花盛り ~ 

名前の判らないイモムシは殆どですが、順次調べていきます。イモムシハンドブック1~3
イモムシハンドブック 3イモムシハンドブック 3
(2014/04/18)
安田 守

商品詳細を見る

が活躍しそうです。

192-☆イモムシ40mm-OMD53631 0 ☆ ☆ ☆イモムシ40mm-OMD53631 (2014-04-29 磯子区)
192-☆イモムシ35mm-OMD53780 0 ☆ ☆ ☆イモムシ35mm-OMD53780 (2014-04-29 戸塚区)
192-☆イモムシ25mm-OMD53783 0 ☆ ☆ ☆イモムシ25mm-OMD53783 (2014-04-29 戸塚区)
192-☆イモムシ40mm-OMD53784 0 ☆ ☆ ☆イモムシ40mm-OMD53784 (2014-04-29 戸塚区)
192-☆イモムシ25mm-OMD53787 0 ☆ ☆ ☆イモムシ25mm-OMD53787 (2014-04-29 戸塚区)
192-☆イモムシ20mm-OMD53797 0 ☆ ☆ ☆イモムシ20mm-OMD53797 (2014-04-29 戸塚区)
192-☆イモムシ14mm-OMD53801 47 マダラガ科 マダラガ亜科 ミノウスバ幼虫14mm-OMD53801 (2014-04-29 戸塚区)
192-☆イモムシ30mm-OMD53803 0 ☆ ☆ ☆イモムシ30mm-OMD53803 (2014-04-29 戸塚区)
192-☆イモムシ30mm-OMD53805 0 ☆ ☆ ☆イモムシ30mm-OMD53805 (2014-04-29 戸塚区)
96-ホソバハラアカアオシャク-OMD53640 74 シャクガ科 アオシャク亜科 ホソバハラアカアオシャク (2014-04-29 栄区)
192-ヒメヤママユ幼虫18mm-OMD53612 67 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 ヒメヤママユ幼虫 (2014-04-28 戸塚区)
96-ホソオビヒゲナガ-OMD53523 7 ヒゲナガガ科 ☆ ホソオビヒゲナガ (2014-04-26 緑区)
96-イボタガ卵-OMD53449 68 イボタガ科 ☆ イボタガ卵 (2014-04-26 緑区)
96-フタモンクロナミシャク>2014-04-25-OMD53365 74 シャクガ科 ナミシャク亜科 フタモンクロナミシャク>2014-04-25-OMD53365 (2014-04-25 栄区)
192-ニトベエダシャク25mm-OMD53371 74 シャクガ科 エダシャク亜科 ニトベエダシャク幼虫 (2014-04-25 戸塚区)
96-モンシロツマキリエダシャク-OMD53368 74 シャクガ科 エダシャク亜科 モンシロツマキリエダシャク (2014-04-25 栄区)
96-ナミホソハマキモドキ-OMD53290 20 ホソハマキモドキガ科 ホソハマキモドキガ亜科 ナミホソハマキモドキ (2014-04-23 戸塚区)
96-☆未同定>2014-04-23-OMD53277 0 ☆ ☆ ☆未同定>2014-04-23-OMD53277 (2014-04-23 戸塚区)
96-マダラマドガ-OMD53193 61 マドガ科 マダラマドガ亜科 マダラマドガ (2014-04-23 磯子区)

3697> オオミドリシジミ幼虫(戸塚区)

2014-04-28撮影

友人から電話が入った。
オオミドリの幼虫を見つけたそうだ。
↑(有難いことだ(^_^)/

まずコナラにつけられた食痕。
オオミドリシジミ食痕-OMD53582

幼虫の体長は18mm。蛹化も近い。
オオミドリシジミ幼虫18mm-OMD53570

オオミドリシジミ幼虫18mm-OMD53573


3696> カラスアゲハ(磯子区)

2014-04-28撮影

この時期、磯子区の谷戸は最高に時期を迎えます。
ジャコウアゲハ、オナガアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、アオスジアゲハなど多数のアゲハ類が見られるからです。

今年初見のカラスアゲハ。ハルジオンも咲いていましたが、タンポポの方がお好みのようでした。
カラスアゲハ♂-IMG_1488

カラスアゲハ♂-IMG_1555

3695> ツマキチョウ♀、産卵中(横浜市緑区)

2014-04-26撮影

ツマキチョウ♀が産卵中だった。
ツマキチョウ♀-IMG_1152
ツマキチョウ♀-IMG_1195
ツマキチョウ♀-IMG_1204

3693> アゲハ♀産卵中(横浜市緑区)

2014-04-26撮影

アゲハ♀が小さなカラスザンショウに絡みながら飛んでいた。時々停まって産卵しているようだった。
アゲハ-IMG_1223

アゲハ-IMG_1233

3691> キアゲハ(戸塚区)

2014-04-23撮影

キアゲハがキャベツの花に吸蜜にきていた。

キアゲハ Papilio machaon

キアゲハ-IMG_0099
キアゲハ-IMG_0102
キアゲハ-IMG_0115
キアゲハ-IMG_0288
キアゲハ-IMG_0315

2014-04-26撮影
キアゲハ♀。吸蜜と産卵を繰り返していました。

キアゲハ-IMG_1263

3690> ツグミ(戸塚区)

2014-04-23撮影

もうツグミは帰ったと思っていたが、まだ居た。
逃げないので、近くから撮れた。ツグミ-IMG_0030
ツグミ-IMG_0065

3689> ツバメシジミ(戸塚区)

2014-04-23撮影

ツバメシジミ♀を見つけた。春型特有の青い鱗粉が入っている。

ツバメシジミ Everes argiades

ツバメシジミ♀-IMG_0024
産卵しそうだったので、観察を続ける。カラスノエンドウの茎に産卵した。OLYMPUS OM-D E-M5に60mm Macroをつけて撮影。
ツバメシジミ卵@カラスノエンドウ-OMD53231
卵をトリミング。
96-ツバメシジミ卵@カラスノエンドウ-OMD53231



3688> オナガアゲハ(磯子区)

2014-04-23撮影

ジャコウアゲハに混じって、オナガアゲハも現れた。周りにはハルジオンの花も咲いているが、停まるのはもっぱらタンポポだった。

オナガアゲハ Papilio macilentus

オナガアゲハ♂-IMG_9924


2014-04-28撮影

オナガアゲハ♂-IMG_1636
オナガアゲハ♂-IMG_1656
オナガアゲハ♂-IMG_1717

3687> ジャコウアゲハ(磯子区)

2014-04-23撮影

黒いアゲハの季節がやってきた。


ジャコウアゲハ Atrophaneura alcinous

ジャコウアゲハ♂-IMG_9813

ジャコウアゲハ♂-IMG_9841

ジャコウアゲハ♂-IMG_9870

ジャコウアゲハ♂-IMG_9967


2014-05-01撮影
ジャコウアゲハ♀-IMG_2114

3686> リュウキュウミスジ(足立区生物園)

2014-04-22東京都足立区生物園にて撮影

生物園の最後は、リュウキュウミスジ。
羽化したての個体が眩しい。

リュウキュウミスジ Neptis hylas

コミスジに良く似ている。特に表面は明確な違いは見当たらない。
リュウキュウミスジ-OMD53148
裏面をみると、後翅外縁近くに白い斑紋が3列見える。コミスジでは2列しかないので判別できる。ただし、両者の分布には重なりがないのでフィールドで迷うことはない。
リュウキュウミスジ-OMD53151
リュウキュウミスジ-OMD53175

3685> クロテンシロチョウ(足立区生物園)

2014-04-22東京都足立区生物園にて撮影


クロテンシロチョウ Leptosia nina

(1)クロテンシロショウ-OMD53184
(2)クロテンシロショウ-OMD53191
(3)ギョボクの葉裏には卵が沢山ついていました。撮影している間にあちこち蚊に食われました。クロテンシロチョウ卵-OMD52951
(4)クロテンシロチョウ卵(拡大)-OMD52951

3684> リュウキュウアサギマダラ(足立区生物園)

2014-04-22東京都足立区生物園にて撮影


リュウキュウアサギマダラ Ideopsis similis

(1)リュウキュウアサギマダラ♀-OMD52939
(2)母蝶を追いかけてやっと撮れました。ツルモウリンカの葉裏に産み付けられた卵。リュウキュウアサギマダラ-OMD53131

3683> オオゴマダラ(足立区生物園)

2014-04-22東京都足立区生物園にて撮影


オオゴマダラ Idea camaralzeman

オオゴマダラ-OMD53118

オオゴマダラ-OMD52908

オオゴマダラ-OMD52915

オオゴマダラ-OMD52936

3682> ツマムラサキマダラ(足立区生物園)

2014-04-22東京都足立区生物園にて撮影


ツマムラサキマダラ Euploea mulciber

ツマムラサキマダラ♂-OMD52900
ツマムラサキマダラ♂-OMD52902
ツマムラサキマダラ交尾-IMG_9720
ツマムラサキマダラ卵-OMD52983
ツマムラサキマダラ幼虫25mm-OMD53003

3681> ツマベニチョウ(足立区生物園)

2014-04-22東京都足立区生物園にて撮影

2つ目はツマベニチョウです。
フィールドは撮影に苦労しますが、ここでは個体数が多く、吸蜜源も多いので簡単に撮れます。


ツマベニチョウ Hebomoia glaucippe

ツマベニチョウ♂-OMD52867
ツマベニチョウ♂-OMD52913
ツマベニチョウ♀-OMD52872
ツマベニチョウ♀-OMD52906
ツマベニチョウ卵-OMD52993
ツマベニチョウ幼虫15mm-OMD53054

3679> カバタテハ、初撮り(東京都)

2014-04-22東京都足立区生物園にて撮影

初撮りといっても、足立区の生物園の大温室での撮影です。
ご存知のように、カバタテハは以前は八重山で見られたチョウですが、今は見られません。
チョウは、自然のフィールドでの撮影に拘ってきましたが、例外になりました。

知人のあやさんから、カバタテハ羽化の情報をいただいた。幼虫や蛹もいるという。
早速、あやさんにお願いして案内していただくことになった。

2014年4月22日に足立区生物園にお邪魔した。
到着は10:30ころ、何と16:30まで楽しみました(^_^;)
最初は、目的のカバタテハ。


カバタテハ Ariadne ariadne

(1)最初の個体。カバタテハ-OMD52826
(2)数頭の中に綺麗な個体がいました。
カバタテハ-OMD52849
(3)少し擦れがみえる個体。
カバタテハ-OMD52862
(4)午後、飼育室から大温室に移動してきた個体。
カバタテハ-OMD53142
(5)上と同じ個体。
カバタテハ-OMD53143
是非ともフィールドで撮りたいものです。

(6)大温室内のヒマの葉の表側には卵が多数。白っぽく見える点が卵。カバタテハ卵@ヒマ-OMD52917
(7)卵には無数のトゲトゲ。
カバタテハ卵-OMD52823
(8)カバタテハ卵@ヒマ-OMD53023

(9)幼虫と蛹も撮影できました。蛾の幼虫みたいですが、カバタテハ幼虫(15mmほど)。
カバタテハ幼虫15mm-OMD53029
(10)角が格好いい。
カバタテハ幼虫15mm-OMD53034
(11)蛹。
カバタテハ蛹-OMD53044



3677> ベニシジミ(戸塚区)

2014-04-20撮影

ベニシジミ-OMD52703

ベニシジミ-OMD52713

2014-04-25
ベニシジミ交尾ベニシジミ交尾-IMG_0980

3676> ナミテントウ(戸塚区)

2014-04-20撮影

ナミテントウには色々な模様のものがいる。
ナミテントウ-OMD52777

3675> キアゲハの卵(栄区)

2014-04-20撮影

セリに産み付けられた卵。キアゲハの卵だ。
キアゲハ卵-OMD52813

拡大すると。少し模様がある。Olympusの60mmマクロはなかなかいい。
96-キアゲハ卵

3674> ヨコヅナサシガメ(戸塚区)

2014-04-19撮影

サクラやエノキなどのあちらこちらで見かけます。
赤い個体は、黒色の越冬幼虫が脱皮したもの。
言うまでもなく絶対に触ってはいけません。左上に脱皮殻が見えます。
ヨコヅナサシガメ-OMD52552

3673> ミドリシジミ幼虫(戸塚区)

2014-04-19撮影

ミドリシジミの幼虫は順調に育っているようです。
平均的なサイズは4~6㎜。10頭くらいは直ぐに見つかります。

写真の個体は10㎜。飛びぬけて大きな個体でした。
ミドリシジミ幼虫10mm-OMD52467

3672> ビロウドツリアブ(戸塚区)

2014-04-19撮影

この時期のお馴染み、ビロウドツリアブです。

ビロウドツリアブ-OMD52500

3670> アカボシゴマダラ幼虫22mm(戸塚区)

2014-04-19撮影

越冬から明けて、脱皮した緑色の幼虫が見られましt。

写真の個体は、体長22mm。細いエノキの葉を殆ど食べ尽くしていいました。
アカボシゴマダラ幼虫22mm-OMD52539
あちこち探してみると、20頭くらい見つかりました。40mmを超える個体もいました。

3669> ツマキチョウ(戸塚区)

2014-04-19撮影
~ ツマキチョウ卵 ~

タネツケバナに産まれたツマキチョウの卵
ツマキチョウ卵-OMD52440

その拡大
96-ツマキチョウ卵-OMD52440


2014-04-20撮影
ツマキチョウ♂
ツマキチョウ♂-OMD52683
ツマキチョウ♂-OMD52685
ツマキチョウ♂-OMD52699

3668> 野菜の花(戸塚区)

2014-04-19撮影

あまりじっくり見たことがないので、こうして並べて見るのは新鮮です。

(1)大根の花
ダイコンの花-OMD52677

(2)ブロッコリの花
ブロッコリの花-OMD52729

(3)キャベツの花
キャベツの花-OMD52728

3667> ヒメウラナミジャノメ(戸塚区)

2014-04-19撮影

今季初撮りです。
毎年のことですが、初撮りはドキドキします。
綺麗な個体でした。

通常の斑紋(後翅に蛇の目が2個)を持つ個体でした。
ヒメウラナミジャノメ-OMD52473

ヒメウラナミジャノメ-OMD52478

2014-04-25撮影

今季2度目です。
ヒメウラナミジャノメ-IMG_0883
ヒメウラナミジャノメ-IMG_0888

3666> モンキチョウ卵(戸塚区)

2014-04-19撮影

田植え前の田圃には、ゲンゲの花が咲いていました。その上をモンキチョウが飛び回ります。
ゲンゲ-OMD52583

Akakokkoさんがモンキチョウの卵を見つけてくれました。
モンキチョウ卵-OMD52571

毎度のことながら、撮影には苦労します(^_^;)
モンキチョウ卵-OMD52576

拡大すると。
96-モンキチョウ卵-OMD52576

3665> 実相時の神代桜(山梨県)

2014-04-16撮影

今回、最後に訪れた山梨県北杜市にある山高神代桜(実相時)。
樹齢2000年とも言われている。
残念ながら、かなり散っていた。
実相寺の桜-OMD52352

実相寺の桜-OMD52357

南アルプスが見える。
実相寺の桜-OMD52364

風が吹くと花吹雪になった。
実相寺の桜-OMD52367

↓ごま妻が撮影した写真。桜吹雪が見事に撮れた。
実相寺の桜-R0021652

車のフロントには桜の花びら。
実相寺の桜-OMD52412

(これで甲信遠征はお終い)

3664> 高遠城址公園 の桜(長野県)

2014-04-16撮影

有名な高遠城址公園の桜。中央アルプスが見える。
高遠の桜-OMD52310

高遠城址公園の中は桜だらけ。観光客も凄い。
高遠の桜-OMD52313

ちょうど見ごろでした。
高遠の桜-OMD52329

高遠の桜-OMD52332

高遠の桜-OMD52336
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示