4139> アオタテハモドキ(足立区生物園)

2014-09-15撮影

アオタテハモドキ♀は、地味な配色と思い込んでいたら、後翅表面が青い個体がいました。

アオタテハモドキ♀-OMD06937

アオタテハモドキ♀-OMD06944

アオタテハモドキ蛹-OMD06839


スポンサーサイト

4138> サトキマダラヒカゲ卵(戸塚区)

2014-09-14撮影

「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんが見つけてくれました。
アズマネザサの葉裏に2卵。
サトキマダラヒカゲ卵-OMD06834

産卵から6日後の9/20孵化しました。孵化直後の幼虫は体長3mmほど。
サトキマダラヒカゲ幼虫3mm-OMD07660

4137> クロコノマチョウ幼虫(栄区)

2014-09-14撮影

ススキの葉表に大木のがいました。
60mmありました。
クロコノマチョウ幼虫60mm-OMD06725

クロコノマチョウ幼虫60mm-OMD06740



4136> ゴマシジミ幼虫(山梨県>飼育)

2014-09-13撮影

飼育中のゴマシジミ幼虫を撮らせてもらった。
体長4mmほど。
この後、山梨のフィールドに返すそうだ。
ゴマシジミ幼虫4mm-OMD06672

4135> オナガアゲハ前蛹(戸塚区>飼育)

2014-09-13撮影

4125>で紹介済みの オナガアゲハ幼虫は、順調に育ち、この日前蛹になった。
オナガアゲハ前蛹30mm-OMD06514
ところが、蛹化中に力尽きてしまった。

4134> ゴイシシジミ(鎌倉市)

2014-09-10撮影

最初は見つからなかったが、2周目で見つかった。
その後は、次々とでてきた。
ゴイシシジミ-OMD06467

ゴイシシジミ-OMD06470

4132> ナガサキアゲハ♂(鎌倉市)

2014-09-10撮影

クサギの花に黒いアゲハが見えた。
モンキアゲハとナガサキアゲハだった。
撮れたのはナガサキだけ。
ナガサキアゲハ♂-OMD06390
ナガサキアゲハ♂-OMD06399

4131> リュウキュウアサギマダラ幼虫(東京都)

2014-09-09撮影

マダラ類の幼虫は似てますね。25mmほどありました。
リュウキュウアサギマダラ幼虫25mm-OMD06295


4130> 9月上旬の蛾(戸塚区・栄区)

2014-09-06~10撮影

96-アトキスジクルマコヤガ>20104-09-10-栄区-OMD06329 80 ヤガ科 コヤガ亜科 アトキスジクルマコヤガ (2014-09-10 栄区)
192-キイロスズメ幼虫75mm-OMD05353 69 スズメガ科 ホウジャク亜科 キイロスズメ幼虫 (2014-09-06 戸塚区)
96-カクモンヒトリ>2014-09-06-栄区-OMD05212 77 ヒトリガ科 ヒトリガ亜科 カクモンヒトリ (2014-09-06 栄区)
96-ウスアカマダラメイガ>2014-09-06-戸塚区-OMD05227 62 メイガ科 マダラメイガ亜科 ウスアカマダラメイガ (2014-09-06 戸塚区)
96-ウコンエダシャク>2014-09-06-栄区-OMD05202 74 シャクガ科 エダシャク亜科 ウコンエダシャク (2014-09-06 栄区)

4128> ベッコウガガンボ(戸塚区)

2014-09-06撮影

あまり注目しないガガンボですが........初見です。
朽木に産卵しているように見えました。
最初は蜂かなと思いました。

近づけなかったので証拠レベルですが、この写真で正体が判りました。
ベッコウガガンボ-OMD05283

4127> ダイミョウセセリ卵(戸塚区)

2014-09-06撮影

「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんが教えてくれました。

オニドコロの葉表には2つの卵がついてました。
ダイミョウセセリ卵@オニドコロ-OMD05359

ダイミョウセセリ卵@オニドコロ-OMD05357



後日、これらの卵は既に孵化したらしく、葉の形が大きく変わっていた。幼虫巣が2つできていた。
2014-09-23撮影(10/1追記)
ダイミョウセセリ幼虫巣@オニドコロ-2014-09-23-OMD07932

4126> ナガサキアゲハ4齢幼虫(戸塚区)

2014-09-06撮影
いつものカラタチにナガサキ4齢幼虫がいた。
ナガサキアゲハ幼虫25mm-OMD05236


4125> オナガアゲハ幼虫(戸塚区)

2014-09-06撮影

9/3夜、4齢幼虫が脱皮して終齢になった。
オナガアゲハ幼虫34mm-OMD05196

オナガアゲハ幼虫34mm-OMD05201

4124> カブトムシ(戸塚区)

2014-09-04撮影
全長70mmもある立派な♂だった。
カブトムシ♂70mm-OMD05179

2014-09-06撮影
カブトムシ♀
カブトムシ♀-OMD05312

4123> ハンミョウ(栄区)

2014-09-03撮影

沢沿いの道を進んでいくと、足もとから次々と虫が飛び出す。
いつものハンミョウである。
ゆっくり近づいて接写を試みた。
ハンミョウ-OMD04923

ハンミョウ-OMD04938

ハンミョウ-OMD04941

ハンミョウ-OMD04945

4122> オナガアゲハ幼虫(戸塚区)

2014-09-03撮影

いつものコースを散策。
いつものカラタチにアゲハ類の幼虫がいないか探す。
ナガサキアゲハ、アゲハの幼虫がぽつぽつ見つかる。

そのうち見慣れない幼虫25mmを見つけた!
ナガサキに似ているが、後ろ側が白っぽい。
早速、携帯していたNEXSUSで調べる。
見つかった。
オナガアゲハ4齢幼虫のようだ。
初撮りである!
オナガアゲハ幼虫25mm-OMD05041
オナガアゲハの食草といえば、コクサギとカラスザンショウと思っていたが、最近カラタチも食草であることを知ったばかり。

4121> カバタテハ(東京都)

2014-09-02撮影

久しぶりに足立区の生物園に行ってきました。
ここでは、沖縄では近年見られなくなったカバタテハが見られます。
沢山いました。
カバタテハ-OMD04834

カバタテハ-OMD04844

カバタテハ-OMD04854

カバタテハ-OMD04889
やっぱり自然の中で見たいものです。

4120> 9月上旬、横浜で見つけた蛾(戸塚区・栄区)

2014-09-03~04撮影

96-アカハラゴマダラヒトリ?>20104-09-04-戸塚区-OMD05134 77 ヒトリガ科 ヒトリガ亜科 アカハラゴマダラヒトリ?>20104-09-04-戸塚区-OMD05134 (2014-09-04 戸塚区)
96-オオミズアオ-OMD05080 67 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 オオミズアオ>20104-09-04-栄区-OMD05080 (2014-09-04 栄区)
96-オビヒトリ>20104-09-04-戸塚区-OMD05167 77 ヒトリガ科 ヒトリガ亜科 オビヒトリ>20104-09-04-戸塚区-OMD05167 (2014-09-04 戸塚区)
96-クロスジチビコケガ>20104-09-04-栄区-OMD05092 77 ヒトリガ科 コケガ亜科 クロスジチビコケガ>20104-09-04-栄区-OMD05092 (2014-09-04 栄区)
96-サビイロコヤガ>2014-09-04-栄区-OMD05073 80 ヤガ科 コヤガ亜科 サビイロコヤガ>2014-09-04-栄区-OMD05073 (2014-09-04 栄区)
96-シロオビノメイガ>20104-09-04-栄区-OMD05158 63 ツトガ科 ノメイガ亜科 シロオビノメイガ>20104-09-04-栄区-OMD05158 (2014-09-04 栄区)
96-シロスジアツバ-OMD05084 80 ヤガ科 クルマアツバ亜科 シロスジアツバ>20104-09-04-栄区-OMD05084 (2014-09-04 栄区)
192-ヒメクロイラガ幼虫>20104-09-04-戸塚区-OMD05099 46 イラガ科 イラガ亜科 ヒメクロイラガ幼虫>20104-09-04-戸塚区-OMD05099 (2014-09-04 戸塚区)
96-フタクロボシキバガ>20104-09-04-戸塚区-OMD05137 35 ヒゲナガキバガ科 ヒロバヒゲナガキバガ亜科 フタクロボシキバガ>20104-09-04-戸塚区-OMD05137 (2014-09-04 戸塚区)
96-ホソオビアシブトクチバ>20104-09-04-栄区-OMD05118 80 ヤガ科 シタバガ亜科 ホソオビアシブトクチバ>20104-09-04-栄区-OMD05118 (2014-09-04 栄区)
96-ヤママユ>20104-09-04-栄区-OMD05066 67 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 ヤママユ>20104-09-04-栄区-OMD05066 (2014-09-04 栄区)
96-蛾>未同定>20104-09-04-戸塚区-OMD05109 99 ☆ ☆ ☆蛾>未同定>20104-09-04-戸塚区-OMD05109 (2014-09-04 戸塚区)
96-蛾>未同定>20104-09-04-戸塚区-OMD05120 99 ☆ ☆ ☆蛾>未同定>20104-09-04-戸塚区-OMD05120 (2014-09-04 戸塚区)

96-ウラキトガリエダシャク>2014-09-03-栄区-OMD04949 74 シャクガ科 エダシャク亜科 ウラキトガリエダシャク>2014-09-03-栄区-OMD04949 (2014-09-03 栄区)
96-ゴマフボクトウ>2014-09-03-栄区-IMG_9249 50 ボクトウガ科 ゴマフボクトウ亜科 ゴマフボクトウ>2014-09-03-栄区-IMG_9249 (2014-09-03 栄区)
96-ヘリジロキンノメイガ>2014-09-03-栄区-OMD04959 63 ツトガ科 ノメイガ亜科 ヘリジロキンノメイガ>2014-09-03-栄区-OMD04959 (2014-09-03 栄区)
96-ミスジキンモンホソガ>2014-09-03-戸塚区-OMD05005 15 ホソガ科 キンモンホソガ亜科 ミスジキンモンホソガ>2014-09-03-戸塚区-OMD05005 (2014-09-03 戸塚区)
96-ヨモギネムシガ>2014-09-03-栄区-OMD04985 51 ハマキガ科 ヒメハマキガ亜科 ヨモギネムシガ>2014-09-03-栄区-OMD04985 (2014-09-03 栄区)
96-蛾>未同定>2014-09-03-栄区-OMD04957 99 ☆ ☆ ☆蛾>未同定>2014-09-03-栄区-OMD04957 (2014-09-03 栄区)

4119> ヒメウラナミジャノメ(戸塚区)

2014年8月6日に横浜で産卵された卵は、8月7日孵化。その後順調に育ち、
9月2日朝、前蛹になり、
ヒメウラナミジャノメ前蛹-2014-09-02-OMD04826

同夜19:16、何やら動いていると思ったら、脱皮が始まっていた。
ヒメウラナミジャノメ蛹化1-OMD04895
その1分後には、脱皮が完了していた。脱皮直後は白かったが、
ヒメウラナミジャノメ蛹化2-OMD04899
3時間後には色がついてきた。
ヒメウラナミジャノメ蛹11mm-OMD04921


その後、蛹は9月10日朝には更に黒っぽくなり、前翅の眼状紋が透けて見えてきた。腹部の関節も伸びてきて羽化を待つばかりになった。
ヒメウラナミジャノメ蛹(羽化直前)-OMD06314
その日の16:00ころ、外出から戻りと、羽化していた。
ヒメウラナミジャノメ羽化直後-OMD06486

卵期間は4日、幼虫期間は26日、蛹期間は8日だった。
幼虫図鑑によると、幼虫は24mmくらいになるとあったが、この個体の場合は最長で20mm程度だった。

4116> ムラサキシジミ幼虫・卵(戸塚区)

2014-08-31撮影

久しぶりにムラサキシジミの幼虫を探してみた。

シラカシの新芽に食痕。葉裏を調べると、蟻に囲まれた幼虫17mmがいた。
ムラサキシジミ幼虫17mm@シラカシ-OMD04732

周りを調べて見ると、綺麗な卵もあった。
ムラサキシジミ卵@シラカシ新芽-OMD04739

4115> マネグモ(栄区)

2014-08-31撮影

これは................
マネキグモ-OMD04692

少し待っていると、動き出した。蜘蛛でした。
マネキグモ-OMD04706

4114> ツマグロオオヨコバイ(戸塚区)

2014-08-31撮影

普段は撮らないが、拡大して見ると結構魅力的。
ツマグロオオヨコバイ>2014-08-31-栄区-OMD04594

4113> スズメバチの巣(戸塚区)

2014-08-31撮影

ここは横浜市の公園。少し涼しくなっていたが、最近よく蜂を目にする。

この日も、散策から見上げると蜂の巣があった。キイロスズメバチだろうか?
スズメバチの巣1-OMD04547

こちらは、散策路の直ぐ上。良く見えないので何か判らないが、これもスズメバチの一種に見える。
スズメバチの巣2-OMD04554

4112> ジャノメチョウの産卵(栄区)

2014-08-31撮影

ジャノメチョウは、卵を食草などに産み付けるのではなく、産み落とすという、特異な性質を持つ。
これを観察したくて、近ごろジャノメチョウ♀を追いかけてきた。
しかし、なかなか産卵の場面に出会えずこの日まできた。

今日もまた、ジャノメチョウを見つけると後をつけ、停まったところにゆっくり近づいて産卵を待つ。
地面から10cmほどの草に停まったジャノメチョウ♀は特に動きが無くかったが、待っていると翅を開いた。
その時、白いものが下に落ちたような気がした。産み落としたのかもしれない。
ジャノメチョウ♀-OMD04503
母チョウが移動した後、真下を調べて見ると白い点があった。
ジャノメチョウ卵-OMD04509
拡大してみるて、歪な球形の卵だった。
ジャノメチョウ卵-OMD04507
探し始めて3週間、やっとみつけたジャノメチョウの卵だ。
(残念ながら産卵の瞬間は撮影できなかったが、次回の課題としたい。)

(この記事は、日本チョウ類保全協会のBLOGに掲載した記事とほぼ同じです)



4111> ヤサイゾウムシ(戸塚区)

2014-08-31撮影

クズの葉にいたゾウムシ。ヤサイゾウムシというそうだ。
ヤサイゾウムシ-OMD04687


4109> キアゲハ蛹(戸塚区)

2014-08-31撮影

蛹化脱皮中の個体を見つけた。
な~んだ、キアゲハか!
と思ったが、後でキアゲハの蛹は撮影していないことに気がついた。

一回りしてから、撮影。距離もあって上手く撮れなかったが、証拠は確保。
キアゲハ蛹-OMD04786

翌日にでも、撮りなおそうと思っていたが、........
次に行ったときは、鳥?にやられた後だった(^_^;)。

4108> ツマグロスケバ(戸塚区)

2014-08-26撮影

ヨコバイの仲間、ツマグロスケバ
ツマグロスケバ-OMD04356

4107> キタキチョウ幼虫(戸塚区)

2014-08-26撮影

ネムノキの幼木にキタキチョウの幼虫がいた。体長33mm。白い側線が特徴的。
キタキチョウ幼虫33mm@ネムノキ-OMD04358
顔を拡大して見たが、どこに目があるのか判らない。
キタキチョウ幼虫33mm頭部@ネムノキ-OMD04360

2014-08-31撮影
ネムノキに卵が沢山。
「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんに教えていただきました。
キタキチョウ卵@ネムノキ-OMD04742

4106> 名前の判らないオトシブミ(山梨県)

2014-08-24撮影

赤い体に黒くて長い首。格好いい!(クリックで拡大します)
96-未同定のオトシブミ-OMD04166

4105> ジャノメチョウ交尾(山梨県)

2014-08-24撮影

これも「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさん「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんが見つけてくれました。
ジャノメチョウ交尾-OMD04160

そういえば、今年の課題:ジャノメチョウの産卵の観察できないなぁ~。卵も撮りたいけれど........。
来年かな。

4104> 奇怪なキノコ(山梨県)

2014-08-24撮影

「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんが見つけた奇怪なキノコ。
未同定のキノコ-OMD04175

どうやらキノコにカビが生えていると思われます。(9/18追記)

4103> ヒメシロチョウ(山梨県)

2014-08-24撮影

ここでは、ヒメシロチョウ(絶滅危惧II類)が沢山見られた。

ヒメシロチョウは比較的遅いので、私でも飛翔を狙える。
まずはマニュアルフォーカス。こんな配置では、AFは使いにくい。
ヒメシロチョウ-IMG_8795
ヒメシロチョウ-IMG_8829

次に、地面で吸水する個体を狙ってみた。地面すれすれの位置でホバリングするので、AFでも十分撮影できる。
ヒメシロチョウ-IMG_9044
ヒメシロチョウ-IMG_9051
ヒメシロチョウ-IMG_9073
ヒメシロチョウ-IMG_9147
ヒメシロチョウ-IMG_9166

4102> ゴマシジミ(山梨県)

2014-08-24撮影

「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!」のAkakokkoさんからのお誘いがあって、山梨のゴマシジミを見に行ってきた。

現地について、少し探すと黒っぽい姿を見つけた。
久し振りにゴマシジミを見て嬉しくなる。
やっと停まってくれた最初の個体。
ゴマシジミ-IMG_8627
ゴマシジミ-OMD03906
ゴマシジミ-OMD03932

恐らく別の個体。近寄っても飛ばずにポーズをとってくれた。
ゴマシジミ-OMD03986
おまじないを唱えると?、開き始めた。この後、流石に飛ばれてしまった。
ゴマシジミ-OMD04014
それでも直ぐそばに、また停まりました。おまじないの効果が持続していたのか、まもなく開翅した。そして撮り放題に(^_^)/
ゴマシジミ-OMD04029
黒ゴマながら、僅かに青色(灰色)の鱗粉も見えた。
ゴマシジミ-OMD04042
ゴマシジミ-OMD04064
ゴマシジミ-OMD04113

少し移動して、産卵の場面も観察できた。
ゴマシジミ♀産卵-IMG_9195
ゴマシジミの卵は新芽の奥に産むので判りにくい。
何とか2卵見つかった。初撮り(^_^)/
ゴマシジミ卵@ワレモコウ-OMD04210
ゴマシジミ卵@ワレモコウ-OMD04216
ゴマシジミ卵@ワレモコウ-OMD04263

4101> ヨツボシオオキスイ(栄区)

2014-08-23撮影

小雨のなかちょっとひと回り。チョウの姿はない。

暫くして、茶色の蛾が飛んだ。
と思ったが、停まったところをみると、サトキマダラヒカゲだった。もう2頭見つけた。
クロコノマもいた。樹液がでていた。

見慣れない甲虫が2つ。図鑑を見て名前が判った。
96-ヨツボシオオキスイ-OMD03883

4100> 8月下旬の蛾(横浜市・山梨県)

2014-08-21~30撮影

96-クロメンガタスズメ-OMD03802 69 スズメガ科 スズメガ亜科 クロメンガタスズメ-OMD03802 (2014-08-22 金沢区)
96-ウスキヒメアオシャク-OMD03868 74 シャクガ科 アオシャク亜科 ウスキヒメアオシャク-OMD03868 (2014-08-23 栄区)
96-コクリオビクロヒメハマキ-OMD03861 51 ハマキガ科 ヒメハマキガ亜科 コクリオビクロヒメハマキ-OMD03861 (2014-08-23 栄区)
96-トビモンアツバ-OMD03859 80 ヤガ科 アツバ亜科 トビモンアツバ-OMD03859 (2014-08-23 栄区)
96-モモイロツマキリコヤガ-OMD03874 80 ヤガ科 コヤガ亜科 モモイロツマキリコヤガ-OMD03874 (2014-08-23 栄区)
96-ヒメアシブトクチバ-IMG_8885 80 ヤガ科 シタバガ亜科 ヒメアシブトクチバ-IMG_8885 (2014-08-24 山梨県)
96-キタバコガ-OMD03962 80 ヤガ科 タバコガ亜科 キタバコガ-OMD03962 (2014-08-24 山梨県)
96-ホウジャク-IMG_8753 69 スズメガ科 ホウジャク亜科 ホウジャク-IMG_8753 (2014-08-24 山梨県)
96-蛾>未同定>2014-08-24-山梨県-IMG_8683 99 ☆ ☆ ☆蛾>未同定>2014-08-24-山梨県-IMG_8683 (2014-08-24 山梨県)
96-トビモンシロヒメハマキ>2014-08-24-山梨県-OMD03945 51 ハマキガ科 ヒメハマキガ亜科 トビモンシロヒメハマキ>2014-08-24-山梨県-OMD03945 (2014-08-24 山梨県)
96-アカマダラメイガ>2014-08-24-山梨県-OMD03949 62 メイガ科 マダラメイガ亜科 アカマダラメイガ>2014-08-24-山梨県-OMD03949 (2014-08-24 山梨県)
96-ナニワクビグロクチバ-OMD04361 80 ヤガ科 シタバガ亜科 ナニワクビグロクチバ-OMD04361 (2014-08-26 戸塚区)
96-ニワトコドクガ-OMD04304 76 ドクガ科 ☆ ニワトコドクガ-OMD04304 (2014-08-26 栄区)
96-ハネナガコブノメイガ-OMD04329 63 ツトガ科 ノメイガ亜科 ハネナガコブノメイガ-OMD04329 (2014-08-26 栄区)
96-ヒロバチビトガリアツバ>2014-08-26-栄区-OMD04296 80 ヤガ科 シタバガ亜科 ヒロバチビトガリアツバ>2014-08-26-栄区-OMD04296 (2014-08-26 栄区)

96-オオトビモンアツバ>2014-08-30-栄区-OMD04390 80 ヤガ科 アツバ亜科 オオトビモンアツバ>2014-08-30-栄区-OMD04390 (2014-08-30 栄区)
96-シロモンオビヨトウ>2014-08-30-栄区-OMD04406 80 ヤガ科 ヨトウガ亜科 シロモンオビヨトウ>2014-08-30-栄区-OMD04406 (2014-08-30 栄区)
96-トビフタスジアツバ>2014-08-30-栄区-OMD04402 80 ヤガ科 シタバガ亜科 トビフタスジアツバ>2014-08-30-栄区-OMD04402 (2014-08-30 栄区)
96-ナガサキヒメシャク>2014-08-30-栄区-OMD04419 74 シャクガ科 ヒメシャク亜科 ナガサキヒメシャク>2014-08-30-栄区-OMD04419 (2014-08-30 栄区)
96-ミスジツマキリエダシャク>2014-08-30-栄区-OMD04405 74 シャクガ科 エダシャク亜科 ミスジツマキリエダシャク>2014-08-30-栄区-OMD04405 (2014-08-30 栄区)

96-ウラモンチビアツバ>2014-08-31-栄区-OMD04438 80 ヤガ科 シタバガ亜科 ウラモンチビアツバ>2014-08-31-栄区-OMD04438 (2014-08-31 栄区)
96-ハスオビヒメアツバ>2014-08-31-栄区-OMD04439 80 ヤガ科 (ミジンアツバ類) ハスオビヒメアツバ>2014-08-31-栄区-OMD04439 (2014-08-31 栄区)
96-ハナダカノメイガ>2014-08-31-栄区-OMD04444 63 ツトガ科 ノメイガ亜科 ハナダカノメイガ>2014-08-31-栄区-OMD04444 (2014-08-31 栄区)
96-ハイモンカマトリバ?>2014-08-31-栄区-OMD04457 56 トリバガ科 カマトリバガ亜科 ハイモンカマトリバ?>2014-08-31-栄区-OMD04457 (2014-08-31 栄区)
96-ホソオビキマルハキバガ >2014-08-31-栄区-OMD04495 33 マルハキバガ科 マルハキバガ亜科 ホソオビキマルハキバガ>2014-08-31-栄区-OMD04495 (2014-08-31 栄区)
192-シンジュサン幼虫45mm-戸塚区-OMD04530 67 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 シンジュサン幼虫45mm-戸塚区-OMD04530 (2014-08-31 戸塚区)
96-モンキクロノメイガ>2014-08-31-栄区-OMD04589 63 ツトガ科 ノメイガ亜科 モンキクロノメイガ>2014-08-31-栄区-OMD04589 (2014-08-31 栄区)
96-キアヤヒメノメイガ>2014-08-31-栄区-OMD04592 63 ツトガ科 ノメイガ亜科 キアヤヒメノメイガ>2014-08-31-栄区-OMD04592 (2014-08-31 栄区)
96-オドリハマキモドキ>2014-08-31-栄区-OMD04676 52 ハマキモドキガ科 ☆ オドリハマキモドキ>2014-08-31-栄区-OMD04676 (2014-08-31 栄区)
96-オオシラナミアツバ>2014-08-31-栄区-OMD04721 80 ヤガ科 クルマアツバ亜科 オオシラナミアツバ>2014-08-31-栄区-OMD04721 (2014-08-31 栄区)
96-プライヤアオシャチホコ>2014-08-31-戸塚区-OMD04730 75 シャチホコガ科 ☆ プライヤアオシャチホコ>2014-08-31-戸塚区-OMD04730 (2014-08-31 戸塚区)




4099> オオクロトビカスミカメ(戸塚区)

2014-08-20撮影

3mmほどの小さなカメムシ。
動き回ってなかなか撮らせてくれない。
オオクロトビカスミカメ-OMD03702

4098> ウズマキグモ(戸塚区)

2014-08-20撮影

蜘蛛の巣が綺麗な渦巻き模様。
ウズマキグモというそうだ。
ウズマキグモ-OMD03749

4097> アカスジキンカメムシ幼虫(戸塚区)

2014-08-20撮影アカスジキンカメムシ幼虫-OMD03705


これもアカスジキンカメムシ(幼虫)らしい。

4096> コクワガタ(戸塚区)

2014-08-18撮影

久しぶりのクワガタ。立派な角だ。
探さないからか、なかなか出会う機会はない。
コクワガタ-OMD03521

4094> ヤブヤンマ産卵(栄区)

2014-08-18撮影

薄暗い池の周りにはシオカラトンボ、コオニヤンマがいた。それに混じって、ヤブヤンマも。
どうやら産卵しているようだった。
ヤブヤンマ-OMD03492

4093> ギンヤンマが網の中(戸塚区)

2014-08-18撮影

稲穂が実ってきたので、田圃にはネットが張られている。スズメ除けだろうか?
その網の中にギンヤンマがいた。可愛そうに外に出られないのだ。
ギンヤンマ-OMD03599
この後、そっと捕まえて隙間から出してあげた。

4092> カラスアゲハがクサギの花にやってくる(戸塚区)

2014-08-18撮影

この時期、クサギがあちらこちらで咲いている。
Papilio類を撮影するチャンスが増える。
カラスアゲハ♂-OMD03528
カラスアゲハ♂-OMD03566
カラスアゲハ♂-OMD03580

4091> カブトムシ♀(栄区)

2014-08-18撮影

カブトムシを久しぶりに見た。
今年初かもしれない。
夜電灯にやってきたのだろう。
カブトムシ♀-OMD03456

4089> キンカワハゴロモ(栄区)

2014-08-17撮影

1cmほどの変な形のむし。
肩がせり出している感じは、蝙蝠を連想させる。
もしかして蛾かもしれないと思いつつ撮影。

帰宅後、正体がわかった。
アオバハゴロモの仲間らしいが、扁平な姿はアオバハゴロモとは似ていない。
キノカワハゴロモ-OMD03445
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示