4263> ノスリ(栄区)

2014-12-13撮影

ノスリがカラスに絡まれている。
被写体を視野に入れて連写する。

ピンが来ていない(^_^;)
ノスリ・ハシブトガラス-IMG_2477
カラスは諦めたようだ。
ノスリ-IMG_2493
別の場所でもノスリが見られた。右翼に欠損があるので上と同じ個体かもしれない。
ノスリ-IMG_2767
スポンサーサイト

4262> クロジ(栄区)

2014-12-13撮影

もう暗くなりかけていた。
駐車場に戻る途中でこれが現れた。逃げない。距離は近かったが、手振れと被写体ブレ(^_^;)
クロジ-IMG_2754

4260> 12月に撮った蛾(神奈川県)

2014-12-02~30撮影

96-ナニワクビグロクチバ-OMD02826 80 ヤガ科 シタバガ亜科 ナニワクビグロクチバ-OMD02826 (2014-12-02-戸塚区)
96-ヨスジノコメキリガ-OMD02824 80 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ヨスジノコメキリガ-OMD02824 (2014-12-02-戸塚区)
96-蛾>未同定-2014-12-02-OMD02827 99 ☆ ☆ ☆蛾>未同定-OMD02827 (2014-12-02-戸塚区)
96-ミドリアキナミシャク-OMD03039 74 シャクガ科 ナミシャク亜科 ミドリアキナミシャク-OMD03039 (2014-12-23-平塚市)
96-ヤマノモンキリガ-OMD03046 80 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ヤマノモンキリガ-OMD03043 (2014-12-23-平塚市)
96-チャバネフユエダシャク♂-IMG_4414 74 シャクガ科 エダシャク亜科 チャバネフユエダシャク-IMG_4414 (2014-12-26-栄区)
96-蛾>未同定-2014-12-26-IMG_4408 99 ☆ ☆ ☆蛾>未同定-IMG_4408 (2014-12-26-戸塚区)
192-シンジュサン繭@ゴンズイ-OMD03213 67 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 シンジュサン(繭) (2014-12-30-青葉区)

4259> アオゲラくんが2度現れる(栄区)

2014-12-13撮影

ヌルデの木にルリビタキが来るのを待っていると、大きめの鳥がやってきた。アオゲラ...だった。
アオゲラ-IMG_2614
枝が被って、なかなか思うように撮れない。
アオゲラ-IMG_2624
暫くして、また近くに現れた。これまたアオゲラだった。
アオゲラ-IMG_2746

4258> ムラサキツバメの越冬集団(横浜市)

2014-12-12撮影

継続観察中のムラサキツバメの塒。この日は以下の通りだった。

シュロAに10頭。
ムラサキツバメ塒@シュロA-IMG_2336
シロダモに19頭。
ムラサキツバメ塒@シロダモ-IMG_2340
シュロBい28頭。
ムラサキツバメ塒シュロB-IMG_2347
アオキに14頭。
ムラサキツバメ塒@アオキ-ふるさと村-IMG_2019
シュロCに6頭。
ムラサキツバメ塒@シュロ-ふるさと村-OMD02988

4257> スズメくんたち(戸塚区)

2014-12-12撮影

スズメが減っているといわれているが、舞岡ではそうは思わない。
スズメ-IMG_2029

スズメ-IMG_2041

スズメ-IMG_2043

スズメ-IMG_2051

4256> シジュウカラくん(戸塚区)

2014-12-12撮影

なかなか綺麗で可愛らしいシジュウカラだけど、カメラマンにはあまり人気がない。
何故かな?
シジュウカラ-IMG_2105

シジュウカラ-IMG_2121

シジュウカラ-IMG_2167

シジュウカラ-IMG_2080

シジュウカラ-IMG_2097

4255> エナガは可愛い(戸塚区)

2014-12-12撮影

エナガはめちゃ可愛いけれど、なかなか撮らせてくれない。この時もまともに撮れなかった。
エナガ-IMG_2126

4254> アオジくん(戸塚区)

2014-12-12撮影

アオジは、人懐っこい。近くまでやってくる。
アオジ-IMG_2165

アオジ-IMG_2211

4253> ヒヨくん(金沢区)

2014-12-09撮影
ヒヨドリ-OMD02984
ヒヨドリ-OMD02985
ヒヨくんだって、可愛いでしょ。

2015-01-02撮影
ヒヨドリ-IMG_5342

4252> イタチくん(金沢区)

2014-12-09撮影

この日の嬉しいサプライズ!
どうにか撮影できました。
愛嬌がある。野生なのか、ペットだったのか?
イタチ-OMD02968
イタチ-OMD02972

4251> 亜種オオアカハラ(金沢区)

2014-12-09撮影

黒っぽい頭部に胸元が赤茶色。
アカハラ(亜種オオアカハラ)-OMD02943

4250> ヒカゲチョウ幼虫だった(緑区)

2014-12-08撮影

クロヒカゲの幼虫を探しに、緑区の公園に出かけた。
なかなか見つからない。
やっと見つけた幼虫。

クマザサにつけられた怪しい食痕。下側に幼虫が見える。
ヒカゲチョウ幼虫15㎜@クマザサ-OMD02916

体長15mmほど。
ヒカゲチョウ幼虫15mm-OMD02907

なんとなくヒカゲチョウのようにも思えたが、持ち帰り。
帰宅後、調べてたら、やはりヒカゲチョウのようだ。
既に越冬に入っていた(^_^;)

5249> 継続観察中のムラサキツバメ(横浜市)

2014-12-07撮影

シュロAに10頭、
ムラサキツバメ塒@シュロA-IMG_1737
シロダモに25頭、
ムラサキツバメ塒@シロダモ-IMG_1758
シュロBに26頭、
ムラサキツバメ塒@シュロB-IMG_1739
アオキに14頭、
ムラサキツバメ塒@アオキ-ふるさと村-IMG_1860
シュロCに5頭。
ムラサキツバメ塒@シュロC-ふるさと村-OMD02905

4248> タシギくん今季初(戸塚区)

2014-12-07撮影
この日、今季初めてタシギが姿を見せてくれた。
タシギ-IMG_1683
タシギ-IMG_1697


2014-12-12撮影
タシギ-IMG_2328


4247> ジャノメチョウが孵化

2014-12-04撮影

8月31日に産卵を確認して持ち帰った卵がこの日孵化した。
卵期は2ヵ月程度と思っていたが、95日だった。
もうダメだと思っていたので、少し待って廃棄するつもりだった。

この日、卵を入れていた小さなシャーレを覗くと、卵が空になっていた。
ジャノメチョウ卵(抜け殻)-OMD02849
更に探すと、体長2.5mmほどの幼虫がいた。
ジャノメチョウ初齢幼虫2_5mm-OMD02872
慌ててススキを採りにいてきたが、餌を食べる様子はなく、糞も見当たらない。結局そのまま越冬に入ったようだ。無事に越冬できるか心配だ。






4246> ヒカゲチョウが蛹化

2014-12-04撮影

飼育中のヒカゲチョウ幼虫が12/3蛹になった。

側面。
ヒカゲチョウ蛹(側面)-OMD02858
背面。
ヒカゲチョウ蛹(背面)-OMD02859
腹面。
ヒカゲチョウ蛹(腹面)-OMD02865

4245> トビ(横須賀市)

2014-12-03撮影

空は快晴。風は強いが、トビが気持ちよさそうに浮かんでいる。
トビ-IMG_1446
トビ-IMG_1472

4244> カシラダカ(横須賀市)

2014-12-03撮影

クリクリ目玉が可愛い。
カシラダカ-IMG_1424

4243> ムラサキツバメの継続調査(横浜市)

2014-12-02撮影

シュロAに9頭。
ムラサキツバメ塒シュロA-IMG_1370
シロダモに23頭。
ムラサキツバメ塒シロダモ-IMG_1351
シュロBに28頭。
ムラサキツバメ塒シュロB-IMG_1335
アオキAに6頭。
ムラサキツバメ塒@アオキA-ふるさと村-IMG_1389
アオキBに7頭。この集団は、後日アオキAに統合されることになる。
ムラサキツバメ塒@アオキB-ふるさと村-IMG_1396
シュロCに6頭。
ムラサキツバメ塒@シュロ-ふるさと村-OMD02831

4242> ムラサキシジミ(栄区)

2014-11-30撮影

陽だまりにムラサキシジミが現れて開翅しました。嬉しい出来事です。
ムラサキシジミ-IMG_1199

4241> ムラサキツバメの継続調査(横浜市)

2014-11-30撮影

陽射しがあたって暖かくなると塒から出てきます。ムラサキツバメ♂。
ムラサキツバメ♂-IMG_1213
ムラサキツバメ♀。
ムラサキツバメ♀-IMG_1268
ムラサキツバメのシュロAの塒に6頭。その後8頭に増えた。
ムラサキツバメ塒@シュロA-IMG_1208
シロダモに19頭。
ムラサキツバメ塒@シロダモ-IMG_1283
シュロBに19頭。これ以外にヤツデとシュロに1頭ずつ見つけたが、いずれは上記の塒に入ると思われる。
ムラサキツバメ塒@シュロB-IMG_1285
別の場所のアオキBに13頭。
ムラサキツバメ塒@アオキB-ふるさと村-IMG_1313
もう1ヶ所あるシュロCの塒は確認に行かなかった。

4240> ヒヨドリ(茨城県)

2014-11-29撮影

ヒヨドリが騒がしい。
2羽が地面を転がるように取っ組み合いを始めた。
ヒヨドリ-IMG_1141
ヒヨドリ-IMG_1144
ヒヨドリ-IMG_1149
この後、決着がついたのか2羽とも何処かへ飛んで行った。

4239> ユリカモメが目の前を飛んで行く(茨城県)

2014-11-29撮影

慌ててカメラを向けた。
ユリカモメ-IMG_0696
やっぱり野鳥は飛んでいる時の方が魅力的だ。

4238> マガモ(茨城県)

2014-11-29撮影

水面にはマガモが無数に浮かんでいました。
しかし、近づこうとすると直ぐに飛んでしまう。
チャンスは、この時だけ。奥の方にいるのはヒドリガモか。
マガモ-IMG_0920

4237> ハクセキレイ(茨城県)

2014-11-29撮影

この子は、逃げないで撮らせてくれた。
ハクセキレイ-IMG_0945
ハクセキレイ-IMG_1060

4236> カワウ(茨城県)

2014-11-29撮影

珍しくカワウを撮った。
背景に気を使ってみた。
カワウ-IMG_1106

4235> お正月は鷹:ミサゴ(茨城県)

2014-11-28撮影

頭上をミサゴが通過した。魚を掴んでいる。
間もなくとまった。あいにく距離がある。
ミサゴ-IMG_0826

4234> お正月は鷹:チュウヒ(茨城県)

2014-11-28撮影

葦原を見渡すと、遠くでチュウヒが飛んでいる。対岸の街並みも写った。
チュウヒ-IMG_0629

おまけ:湘南国際村から富士山を望む。写真をクリックすると大きな画像が開きます。
富士山from湘南国際村-OMD02834

謹賀新年

2015年賀(BLOG版)

湘南平から富士山を望む(2014-12-23撮影)。(画像をクリックすると1920サイズの画像が開きます)
1920-OMD03052.jpg
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示