4407> 身近な水鳥(金沢区)

2015-03-23撮影

近所の川に20羽ほどの水鳥が浮かんでいる。距離が近いのでお散歩カメラ(Olympus OM-D+150mmZoom)でも十分。

キンクロハジロ♀。ちょっと目が怖いけれど、小さくて可愛い。
キンクロハジロ♀-OMD06938
キンクロハジロ♂。そういえば、こんな髪型流行っていたなあ。
キンクロハジロ♂-OMD06934
スポンサーサイト

4406> ベニシジミが前蛹化(戸塚区から持ち帰り)

2015-03-12撮影
飼育中のベニシジミがこの日前蛹になった。
ベニシジミ前蛹12mm-OMD06287

そして、2015-03-15ケース内のスイバの葉の上で蛹化した。
ベニシジミ蛹11mm@スイバ-OMD06360
ベニシジミ蛹11mm(背面)-OMD06366
ベニシジミ蛹11mm(側面)-OMD06369
ベニシジミ蛹11mm(腹面)-OMD06373

4405> ヒカゲチョウ幼虫32mm(緑区から持ち帰り)

2015-03-12撮影
昨年持ち帰った幼虫が動き出した。
猫のような顔を眺めていると写真を撮りたくなった。
目の位置に3つか4つの黒い点がある。
目なのだろうか?
ヒカゲチョウ幼虫32mm-OMD06298

4403> シメちゃん(戸塚区)

2015-03-12撮影

ちょっと怖い顔だけど、愛嬌がある。
シメ-7D2_3524
シメ-7D2_3531
シメ-7D2_3539

4402> コジュケイ(戸塚区)

2015-03-12撮影

コジュケイのファミリーが藪から次々とでてきた。その数7羽。
コジュケイ-OMD06246

4401> ホシヒメヨコバイ(戸塚区)

2015-03-06撮影

3mmほどの小さな虫。
模様が面白い。ホシヒメヨコバイだそうだ。
ホシヒメヨコバイ-OMD05704

4400> コゲラ(戸塚区)

2015-03-12撮影

何ともチャーミングなコゲラ。
ついついカメラを向けてしまう。
この個体、サービス満点。じっくり撮影させてくれた。
赤いリボンをつけているので♂ですね。
コゲラ♂-OMD05910
コゲラ♂-OMD05999
コゲラ♂-OMD06034
コゲラ♂-OMD06077
コゲラ♂-OMD06087

4395> テングチョウ(栄区)

2015-03-05撮影
気温が上がったかなと思ったら、テングチョウが多数見られた。
テングチョウ-OMD05553

4394> キタテハも飛び出す(戸塚区)

2015-03-05撮影
暖かさに誘われ、チョウが飛び始める。
キタテハ-OMD05532

4393> キタキチョウが飛びだした(栄区)

2015-03-05撮影

この日は気温が上がり、越冬キタキチョウが飛び出してきた。
一歩一歩春になってくる。
キタキチョウ-OMD05684

4392> モンキチョウ初見(港北区)

2015-03-04撮影
今年の第1号の新生チョウは「モンキチョウ」となった。
いよいよ春だと思うと嬉しくなる。
ここは、鶴見川の河川敷。
地元よりも春の到来が早い。
モンキチョウ初見-OMD05496
この日、第2号もここで「ベニシジミ」を見つけた(写真は省略)。
実はこの日の目的は、フチグロトゲエダシャクだった(別途掲載)。

4391> ホオジロ(磯子区)

2015-02-28撮影

最初、アオジかと思った。
ファインダーでみると黒白がはっきり見えた。
♂・♀いたが視野に入れるのが精一杯だった。
ホオジロ-7D2_3386

4399> 繊細なセセリチョウ

2015-04-22撮影

神奈川のギンイチモンジセセリの発生地に行ってきた。
車から降りるといきなり1頭が目の前を横切る。

河川敷に踏み込んでいくと、次々と飛び出す。
弱々しい飛び方だが、なかなか停まらない。
藪を漕いで後を追う。

最初に綺麗な♀の個体が撮影できた。
横から見ると腹部が膨らんでいるので♀と判る。
384-ギンイチモンジセセリ♀表-2015-04-22-7D2_5373 ♀表。腹部は幾分膨らんで見える。
384-ギンイチモンジセセリ♀裏-2015-04-22-7D2_5355 ♀裏。腹部を横から見ると大きく膨らんでいる。

♀が撮影できたので、♂を探す。なかなか見つからない。飛び方で♂か♀か大体判るが、やっととまって確認すると♀だったりで空振りが続く。やっと見つけても他の個体に絡まれて飛ばれ、どちらが♂か判らなくなる(^_^;)
384-ギンイチモンジセセリ♂表-2015-04-22-7D2_5289 ♂。初めのころ撮った写真のなかに♂の開翅があった。
384-ギンイチモンジセセリ♂裏-2015-04-22-7D2_5562 ♂裏。結局新鮮な個体の裏面は撮れなかった。

768-ギンイチモンジセセリ♀産卵-2015-04-22-7D2_5397 産卵しているらしい。

192-ギンイチモンジセセリ卵-OMD00765 産卵したらしい場所を確認すると、葉表に卵があった。直径1mm以上あるので見つけやすい。おへその部分がちょっと凹んだ豚マン形だ。

残る課題は、幼虫と蛹......。
撮影のため上記1卵を持ち帰った。
順調に進んだら別途ご紹介したい。

4398> お姫様と桜

桜とのコラボレーション

9:20頃到着した。桜の周りも飛ぶが、停まらない。
撮れないまま約1時間。やっと最初のチャンスが来た。♂。
ヒメギフチョウ♂-7D2_4822
同一個体。
ヒメギフチョウ♂-7D2_4830
午後になると何度か停まってくれた。お食事タイムなのだろう。♀。
ヒメギフチョウ♀-7D2_5135
♂。
ヒメギフチョウ♂-7D2_5150

4390> ツグミちゃん(戸塚区)

2015-02-27撮影
もうそろそろお帰りの時期だ。
まもなく見られなくなる、寂しくなる。
ツグミ-7D2_2943

4389> たまにはカワセミ(

普段はあまりとりませんでしたが、距離が近いとカメラを向けます。
以下は両方とも♀だった。

2015-02-27撮影(戸塚区)
カワセミ-7D2_2893

2015-02-28撮影(栄区):モエビかな?
カワセミ-7D2_3235

4388> ベニコちゃん、まだ居た(戸塚区)

年末から見られていたベニマシコだが、まだ居た。

♂もいるらしいが、現れなかった。

2015-02-25撮影:イノコヅチの実?を食べにきた。
ベニマシコ-OMD04877

ベニマシコ-OMD04906


2015-03-02撮影:セイタカアワダチソウの穂を食べに来ていた。
ベニマシコ♀-OMD05033

ベニマシコ♀-OMD05046

ベニマシコ♀-OMD05083

4387> キセキレイ(栄区)

2015-02-24撮影

久し振りに栄区の瀬上池に行ってきた。
大きな収穫はなかったが、キセキレイがサービスしてくれた。
暗かったので、被写体ブレの連続だったが、ブレの少ないショットもあった。
キセキレイ-7D2_2716
キセキレイ-7D2_2724
キセキレイ-7D2_2555
キセキレイ-7D2_2579
キセキレイ-7D2_2709

4397> お姫さまたち

2015-04-18撮影(長野県
~ 珍しく速報 ~

昨年に続いて、長野のヒメギフチョウを見に行きました。
今回の目的は、♂♀×裏表+卵の撮影です。
結果からいうと、まずまず。
多分撮れたかな?
♂と♀の同定はこれから。

今回は、カタクリ+姫


ヒメギフチョウ-7D2_4691

ヒメギフチョウ-7D2_4728
♀(たまたま飛んだところが写った)
ヒメギフチョウ-7D2_4854

ヒメギフチョウ-7D2_4898

ヒメギフチョウ-7D2_4968
♀裏
ヒメギフチョウ♀裏-7D2_5057
上と同一個体の♀表側。この個体は後翅の赤斑が発達している。
ヒメギフチョウ♀表-7D2_5073

ヒメギフチョウ-7D2_5004

<追記>
書き忘れてましたが、現地到着すると、知ってる顔が!
daronさん、浜松のKさんご兄弟、cactussさん でした。
思いがけないサプライズに嬉しくなりました。
久しぶりにお話もでき、いい一日になりました。



4385> ムラサキツバメ(栄区)

2015-02-23撮影
気温が上昇して越冬中の個体が塒から出てきた。
ムラサキツバメ♀-OMD04651
ムラサキツバメ♂+ムラサキシジミ-OMD04732
ムラサキツバメ♂-OMD04718
ムラサキツバメ♂-OMD04778

2015-03-05撮影
ムラサキツバメ♀-OMD05619
ムラサキツバメ♀-OMD05633
ムラサキツバメ♂-OMD05643

4384> クロコノマチョウ(栄区)

2015-02-23撮影

足もとから飛びだした。
気温が上がったせいだろうか。
クロコノマチョウ-OMD04760

4383> ベニシジミの幼虫(戸塚区)

2015-02-23撮影
ベニシジミの幼虫の時期になりました。
そろそろ中齢~終齢になる時期です。
体長4mm。まだ若齢ですね(^_^;)
ベニシジミ幼虫4mm-OMD04814


2015-03-05撮影
酷く食われたスイバ。
ベニシジミ食痕@スイバ-OMD05513
食痕(拡大)。透き通った部分は典型的なベニシジミの食痕。
ベニシジミ食痕@スイバ-OMD05514
幼虫を探していると、幼虫が丸まって転がった。体長15mmほどの終齢幼虫。
ベニシジミ幼虫15mm-OMD05523

4382> ミサゴ(金沢区)

2015-02-22撮影

海鳥を期待して、海岸に行ってみた。
もう1カ月ほど前にウミスズメの情報があったからだ。
護岸に沿って2kmほど散策したが、確認できたのはカンムリカイツブリの群だけ。
1度だけだが、頭上をミサゴが飛んだ。やはり猛禽は格好いい。
ミサゴ-7D2_2272
ミサゴ-7D2_2283
ミサゴ-7D2_2293
ミサゴ-7D2_2310

4381> アオゲラくん再び(戸塚区)

2015-02-22撮影
何時もの場所。
ヒヨドリとは違う鳥が飛んできた。
アオゲラだった!
アオゲラ-7D2_2350
アオゲラ-7D2_2435
アオゲラ-7D2_2513

4380> 2月に見つけた蛾(戸塚区)

2015-02撮影
96-シロフフユエダシャク?-OMD03776 74 シャクガ科 エダシャク亜科 シロフフユエダシャク?-OMD03776 (2015-02-19-戸塚区)
96-クロテンフユシャク-OMD04803 74 シャクガ科 フユシャク亜科 クロテンフユシャク?-OMD04803 (2015-02-23-戸塚区)
96-スモモキリガ-OMD04829 80 ヤガ科 ヨトウガ亜科 スモモキリガ-OMD04829 (2015-02-25-戸塚区)
96-ホソバキリガ-OMD04831 80 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ホソバキリガ-OMD04831 (2015-02-25-戸塚区)

4378> タシギくんが羽を広げた(戸塚区)

2015-02-21撮影
この日は、タシギくんの万歳ポーズを狙ってみた。1時間くらい待って何とか。なかなか協力してくれない(^_^;)
タシギ-7D2_1944
タシギ-7D2_1981
タシギ-7D2_1988
タシギ-7D2_2034
タシギ-7D2_2102
タシギ-7D2_2120
タシギ-7D2_2121
タシギ-7D2_2161
タシギ-7D2_2100

4377> 動きについていけない(^_^;)(戸塚区・磯子区)

ウグイスは鳴き声は良く聞く。
この時期は藪の中で動き回っているのでなかなか撮れない(^_^;)

2015-02-21撮影(戸塚区):藪の隙間から。
ウグイス-7D2_2224
ウグイス-7D2_2235

2015-02-24撮影(磯子区):一瞬だけコクサギに停まった。
ウグイス-7D2_2545

ウグイス色
クレヨンにウグイス色というのがあったのを思い出した。くすんだ緑色だったと思う。もしかして、メジロと混同したのかと思った。Wikipediaを調べてみたら、以下の記載があった。
「鶯色(うぐいすいろ)とは灰色がかった緑褐色を言う。また、抹茶色に近い柔らかな黄緑色を連想する人もいる。
前者はウグイスの羽に忠実に取材した色であり、英語のオリーヴグリーン(olive-green未成熟のオリーブの果実の色)に近いが、後者はウグイスと同じく春先によく見かけられる野鳥のメジロの羽の色と混同されている。」

4379> 冬眠中のウラギンシジミ(戸塚区)

じっと春を待っているウラギンくん。
この日も健在だった。
寒くなると心配になる(^_^;)
ウラギンシジミ越冬中-7D2_2264

4376> ヒガラ(北海道)

北海道(その23/end)
2015-02-16撮影
小さくて可愛いヒガラ。雪の降る中、姿を見せてくれた。
ヒガラ-7D2_1492
これで北海道シリーズはお終いです。


4375> ミヤマカケス:痛恨のトラブル(北海道)

北海道(その22)
2015-02-14撮影

この日も雪が積もった。
6時半から朝食まで雪かき(^_^;)
朝食後、雪かきの第2ラウンド。

10:30ころからスノーシューを履いて近所を散策。
最初に現れたのはエゾアカゲラ。
ヒガラ、ハシブトガラも。

昼食にもどる途中、ミヤマカケスが現れた。やった!と思ったが......。
レンズが曇っている。外側だけなら何とかなるが、内側も(^_^;)
距離は近いがAFが効かない。
マニュアルフォーカスで撮った写真は、白っぽくコントラストに欠けていた。
明るさとコントラストの補正を試みたが.....、鮮やかさのないこんな写真になってしまった。
ミヤマカケス-7D2_1350

ミヤマカケス-7D2_1376

ミヤマカケス-7D2_1425
残念(^_^;)

4374> 亜種エゾフクロウ(北海道)

北海道(その21)
2015-02-12撮影
従兄のS氏の案内でフクロウを見に行った。
現地に到着すると、カメラマンが一人だけ。
関東では考えられない。
幸運にも目の前に2羽並んでいた。
2羽出ていることは少ないそうだ。
2羽は目を閉じたまま。

時々もぞもぞ動く。
エゾフクロウ-7D2_0813
1時間ほど待っていると、ちょっとだけ目を開けてくれた。
エゾフクロウ-7D2_0875
何だかラブラブ。
エゾフクロウ-7D2_0901
また目をつぶってしまうが、時々目を開く。
エゾフクロウ-7D2_0955

2015-02-17
別の場所でもフクロウに出会った。ここにも2羽いるらしいが、出ていたのは1羽だけ。もう一羽は洞の中らしい。
ここでもカメラマンは1名だけ。暫くすると2~3人がやってきた。


★エゾフクロウは、今回の2週間の最大の収穫。2回も出会いがあるとは思っても見なかった。

4373> エゾリス(北海道)

北海道(その20)
2015-02-11撮影
エゾシマリスが居た場所の近くに、エゾリスも現れた。
耳の毛が長いのが特徴。
エゾリス-7D2_0122
エゾリス-7D2_0125
エゾリス-7D2_0133
エゾリス-7D2_0135


4372> エゾシマリス(北海道)

北海道(その19)
2015-02-11撮影
市街地の近くにこんな野生動物がいるというのは嬉しい。
本来は越冬するのだそうだが、餌をもらっているので冬でも姿がみられるそうだ。
エゾシマリス-7D2_0595
エゾシマリス-7D2_0592

4371> 亜種エゾアカゲラ(北海道)

北海道(その18)
2015-02-11撮影
赤・黒・白の配色が美しい。
撮影チャンス何度もあったが、これが一番長いチャンスだった。
エゾアカゲラ♀-7D2_0311
エゾアカゲラ♀-7D2_0384
エゾアカゲラ♀-7D2_0446
エゾアカゲラ♀-7D2_0454

2015-02-12撮影
白樺の木を登って行き、頭を右に向けたので連写。
亜種エゾアカゲラ♀-7D2_1161
1枚だけ飛翔が撮れた。
亜種エゾアカゲラ♀-7D2_1162

4370> 苦戦の連続:ヤマゲラ(北海道)

北海道(その17)
2015-02-09撮影
是非とも撮りなおしたいと思っていたヤマゲラ。
遭遇機会はあるものの撮影は苦戦の連続(^_^;)
声が聞こえたら、声のする方を探す。見つけたが枝が被って撮れない。
足が雪に埋まって、進めない。
ヤマゲラ♂-IMG_9554

2015-02-11撮影
別の場所。雪の斜面で鳴き声が聞こえた。やっと見つけたが雪に埋まって動けない。以下は同じ個体。
ヤマゲラ♂-7D2_0543
ヤマゲラ♂-7D2_0576
頭が赤いので、両方とも♂だろう。

4369> ハシブトガラ(北海道)

北海道(その16)
2015-02-09撮影
正直に言うと、コガラとハシブトガラの違いがよく判らない。
写真はハシブトガラかと思うが、自信なし。
ハシブトガラ-IMG_9929

4368> 亜種シロハラゴジュウカラ(北海道)

北海道(その15)
2015-02-09撮影
ゴジュウカラは日本に3亜種いて、北海道のものは、亜種シロハラゴジュウカラだそうだ。
名前の通り、下面が白い。
シロハラゴジュウカラ-IMG_9935
沢山いるが動き回るので、なかなか思い通りに撮れない(^_^;)

2015-02-12撮影
シロハラゴジュウカラ-7D2_1117

4367> 邪魔をしたのはハイタカ(北海道)

北海道(その14)
2015-02-09撮影

クマゲラの撮影を邪魔していたのは、ハイタカだった。
クマゲラを追い払うたびに、近くに止まった。
上手く絡んだところを撮影したかったが、ブレ・ボケの写真にしかならなかった。
ハイタカ-IMG_9710

ハイタカ-IMG_9771

ハイタカ-IMG_9853

4366> 朝の散歩で黒い野鳥(北海道)

北海道(その13)
2015-02-09撮影

朝食前のお散歩。
雪が降ったので歩きにくい。
ヤマゲラやアカゲラが現れたが、満足に撮影できない(^_^;)

なにやら鳴き声がする。
積もった雪を漕いで鳴き声の方に進むと、黒い野鳥が目に入った。
大きいがカラスではない。
もう一羽、色っぽい野鳥も絡んでいる。
クマゲラでした。枝被りでなかなか思うようにならなかったが、何とか証拠を確保。
クマゲラ-IMG_9720

クマゲラ-IMG_9857

クマゲラ-IMG_9862
撮影しようとすると、もう一羽の白っぽい野鳥に絡まれて、別の幹に移動する。こんな繰り返しが数回。
最後は、川の対岸にいってしまってお終いになった(^_^;)

4365> シノリガモ(北海道)

北海道(その12)
2015-02-07撮影

銭函の港内に20羽ほどの群がいた。
シノリガモ-IMG_9298
シノリガモ-IMG_9325

もう少し距離を縮めたかった。

海鳥の初撮りを期待したが、時期が悪かったのか初撮りゼロに終わった。

4364> ウミウ(北海道)

北海道(その11)
2015-02-07撮影

小樽港に見切りをつけ、銭函で途中下車した。
来る途中で電車の中から海鳥がみえたからだ。
まずは、ウミウ。ちょっと距離があったが......。
ウミウ-IMG_9236
ウミウ-IMG_9411
ウミウ-IMG_9415

4363> ウミアイサ(北海道)

北海道(その10)
2015-02-07撮影
海鳥を探しに、小樽へ行った。
期待の小樽港についたが、何もいない。オオセグロカモメが数羽いるだけ。
暫く捜し歩いていると、湾内に白黒のはっきりした水鳥が見えた。
潜ったタイミングで距離を詰める。
ウミアイサ♂だった。徐々に距離を詰め、どうにか満足の写真が撮れた。
ウミアイサ♂-IMG_8939
ウミアイサ♂-IMG_8953
ウミアイサ♂-IMG_9012
♀も見つけたが、距離があった。
ウミアイサ♀-IMG_9032
ウミアイサ♀-IMG_9073
ウミアイサ♀-IMG_9095
ウミアイサ♂は近くから撮れた。

4362> マヒワ(北海道)

北海道(その9)
2015-02-06撮影
これもカラマツの実を食べにやってきた。
マヒワ♂-IMG_8430
マヒワ♂-IMG_8450
マヒワ♂-IMG_8465

4361> ベニヒワ(北海道)

北海道(その8)
2015-02-06撮影
今回、撮りなおしたいと思っていたベニヒワ。何とか♂♀とも撮影できた。
カラマツの実を食べに来ていた。
ベニヒワ♂-IMG_8597
ベニヒワ♀-IMG_8624
ベニヒワ♀-IMG_8703
ベニヒワ♂-IMG_8470
ベニヒワ♂-IMG_8530

4360> ヒヨドリ(北海道)

北海道(その7)
2015-02-06撮影
札幌市内で撮影したヒヨドリ。
少し白っぽい気もするので亜種エゾヒヨドリだろうか? 良くわからない。
ヒヨドリ-IMG_8782

2015-02-15撮影
ヒヨドリ-7D2_1479

4359> ヤマセミ(北海道)

北海道(その6)

札幌の住宅地のそばで、雪に埋まりながらやっと撮った証拠写真。
ヤマセミ-IMG_8050
この後、スノーシューを買った。

4358> ハチジョウツグミ(北海道)

北海道(その5)
2015-02-05撮影
ナナカマドには、ツグミに混じって亜種ハチジョウツグミも2羽もいた。
ハチジョウツグミ-IMG_8270
ハチジョウツグミ-IMG_7801
ハチジョウツグミ-IMG_7818
ハチジョウツグミ-IMG_8141


2015-02-06撮影:再び同じ場所で撮影
ハチジョウツグミ-IMG_8393
ハチジョウツグミ-IMG_8397
ハチジョウツグミ-IMG_8417

4357> キレンジャクの群が入った!(北海道)

北海道(その4)
2015-02-05撮影:ナナカマドは大人気、色々な野鳥がやってくる。まずは、高い木に10羽、20羽と集まってきた。
キレンジャク-IMG_8160
キレンジャク-IMG_8274
この写真から数を数えたら110ほどになった。200羽くらいただろうか? 確認したのは全てキレンジャクだった。
キレンジャク-IMG_8294
この後、一斉にナナカマドに降りたが、何かが原因で全て飛び去った(^_^;)

4356> ウソ♂が美しい(北海道)

北海道(その3)

2015-02-05撮影:ナナカマドの実を食べにやってくる。
ウソ♂-IMG_7785

2015-02-09撮影:ナナカマドの実を食べにやってくる。
ウソ♂-IMG_9578
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示