4491> ミヤマカラスシジミ(山梨県)

ベニモンカラスシジミの次は、ミヤマカラスシジミにしました。
これまで表面を撮影していないので、表面の撮影が課題です。

2015-08-02撮影
この日は朝からクロツバラの周りを盛んにとんでいた。
と言ってもなかなか良い場所に停まってくれず、苦戦。

道端の低い位置に1頭みつけた。大人しい感じからその場では♀だろうと思った。
384-ミヤマカラスシジミ♂裏-2015-08-02本栖-P1120813
飛翔にトライ。
384-ミヤマカラスシジミ♂表-2015-08-02本栖-P1120814
♀と思っていたが、前翅に性標がある。♂でした。


2015-08-16撮影
この日は♀表を狙う。
この日は随分個体数が少なかった。
最初に見つけた個体が幸運にも♀だった。
384-ミヤマカラスシジミ♀裏-2015-08-16本栖-P1170378
384-ミヤマカラスシジミ♀表-2015-08-16本栖-P1170389


スポンサーサイト

4490>ベニモンカラスシジミ(長野県)

2015-06-02撮影

かなり時間が経ってしまいましたが、未掲載だったベニモンカラスシジミの話題です。

ベニモンカララスシジミは、今年の最重要の撮影対象でした。これまで、本種の生息場所の情報はなかなか得られず。
遠征の計画すら立てられませんでした。
それでも今年こそは撮影したいと、長野の当てのない生息場所に出かけることにしました。
幸運にもSさんのご厚意で生息地の情報をいただき、ここに感動の写真をご紹介することができます。

6/1横浜のTさんと共に出かけました。
まずは、第1ポイント。10時過ぎから探索開始。
良いポイントです。ワクワクしながら1時間ほど。

しかし、見つからず。第2ポイントに移動。
第2ポイントも雰囲気は素晴らしいが、結局は全く見つからず。
次に当りをつけておいた場所に転戦。更に別の場所へと移動しますが、結局なんら収穫の無いままこの日は終わりました(T_T)

2日目も早朝から探索。というか朝の散歩。
朝食を済ませて、前日の場所2ヵ所を再チェック。
10時半の時点で全くダメ。また来年と思い始めていました。
現地でお会いしたHさんもまだ見つからないそうでした。

この日2度目のポイントに戻ってくると、黒い小さなチョウがいます。
一見、カラスシジミ。
これだ!
384-ベニモンカラスシジミ♂裏-2015-06-02南信-7D2_4826

撮影開始。Tさんを呼びます。Hさんを呼ぼうとしますが距離があります。
こちらを向くのを待って手を振ろう思いましたが、こちらを見てくれません(^_^;)

一体何枚撮ったでしょう。興奮のため手が震えたのかピンボケばかり。
辛うじて幾分まともなショットも(^_^;)
飛んだ時にベニ紋が見えました。♂のようです。
長い時間サービスしてくれましたが、そのうち姿を消しました。

Hさんにこのことを伝え、再び探索していると、Hさんが手を振っています。
急いで行ってみると、ベニモン♀でした。
384-ベニモンカラスシジミ♀裏-2015-06-02南信-7D2_5100

この個体はサービス満点でした。飛ばせて表面の撮影にもトライできました。
暗かったのと技術不足でイマイチですが、表面も撮れました。
384-ベニモンカラスシジミ表-2015-06-02-P1100701

こうして今年の最大の課題が達成できました。

なお、今年の2つ目の課題は、ヒョウモンモドキでしたが、スケジュール的に行けませんでした。
3つ目の課題は掲載済みのタカネヒカゲでした。




4489> ネコ顔のイモムシ(戸塚区)

体調を崩したわけでもないし、撮影にも出かけているいが、最近の投稿は気まぐれモードに入っている。
これまで毎日投稿を続けてきたが、手が回らなくなってきたのが理由だ。
一度、習慣が壊れると戻せなくなってきた。

さて......
随分前のことだが、HFを散策中ヒメジャノメらしいチョウが道端に停まったのが見えた。
直ぐに飛びたったが、産卵したように見えた。
調べて見ると1卵あった。
192-ヒメジャノメ?卵-2015-07-28-OMD09161

既撮のコジャノメだったかもしれないと思いつつも、その卵を持ち帰った(7/26)。

4日後(7/30)孵化。体長4mm。短い耳?がある。
384-ヒメジャノメ?幼虫孵化4_5mm-2015-07-30-OMD09266

その後は順調に体長15.5mmになった。ねこ顔が可愛い。背中の縞模様はコジャノメではなく、ヒメジャノメに間違いなさそう(^_^)/
192-ヒメジャノメ?幼虫15_5mm(顔)-2015-08-07-OMD09517384-ヒメジャノメ?幼虫15_5mm-2015-08-07-OMD09515

その後も順調と思っていた。
しかし、8/12シャーレの蓋についたまま動かない。糞もなし。
翌日も動かない。眠に入ったと思いつつも気温が高いので心配になる。
夜帰宅すると脱皮していた(多分4眠起)。
しかし動かない。まだ心配......。

翌日8/14、移動していた。糞もすこし。体長30mm(8/15撮影)。
192-ヒメジャノメ幼虫30mm(顔)-2015-08-15舞岡産-OMD00787384-ヒメジャノメ幼虫30mm側-2015-08-15-OMD00791
もう大丈夫かな。

あと数日で未撮の蛹が撮影できる。



4488> キイトトンボ(戸塚区)

2015-07-28 舞岡公園

地元の舞岡で初めてキイトトンボを見た。
幸いにも接写できた。

これまで出会いが無かったのは、あまり探していないからかもしれない。
キイトトンボ-2015-07-28舞岡-OMD09229

キイトトンボ-2015-07-28舞岡-OMD09230

4487> ヤマキチョウ出ました(山梨県)

2015-08-02撮影

ヤマキチョウが見たくて、富士山麓に出かけた。

辛うじて新鮮な♂を1頭見つけた。停まる場所は葉裏ばかり。
近づくと飛ぶ。
追跡するも足場が悪い。
約15分の追跡の末、カワラナデシコに停まって吸蜜してくれた。
ヤマキチョウ♂-2015-08-02-7D2_2083
ヤマキチョウ♂-2015-08-02-7D2_2051

近年、ヤマキチョウは空振り続き。
夢中になって追いかけてしまった。

今思うと、炎天下で頭がボーっとしていたのか、こんな写真しか撮ってない。
飛翔写真や草原の雰囲気を写真にしておきたかった(^_^;)

<おまけ> 他のチョウ
ゴマシジミが出てました。
キマダラモドキは1頭だけ。
ホシチャバネセセリは、数頭確認。
ホソバセセリも数頭。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示