4506> チョウの飼育には楽しみがいっぱい

チョウは、食草さえ手に入れば、手間もお金もかからないペットです。
植木鉢に食草を植えて、あとは放っておく手もありますが、シャーレ等での飼育がお勧めです。

シャーレでの飼育は、第1に手軽に始められる。第2に観察が容易であることです。シャーレだと幼虫の居場所がすぐ判るし、糞の数も判るので健康状態や脱皮前の眠に入ったなどの変化がつかみ見やすい。こまめに観察していれば幼虫の齢数も判るはずです。

食草の確保が重要ですが、野外で採ってきた食草は濡らしたキッチンペーパーでくるんでビニールの保存袋か密閉容器に入れ、冷蔵庫の野菜室で保管します(サラダ用の葉野菜と同じ)。食草によっても違いますが、1週間くらい使える場合が多いです。与える時は、シャーレに入る大きさに切り取った餌の根元にティッシュペーパーを巻いて濡らします。

ノイバラの葉を入れたシャーレ。左側の葉に開いた窓の近くにヤクシマルリシジミの幼虫が透けて見えている。
ヤクシマルリシジミ飼育ケース-2015-11-24-OMD08942
毎朝、糞が沢山あると安心します。シジミ類は共食いするので、シャーレには1頭ずつ入れます。掃除と餌の交換は、幼虫の変化を見逃さないため毎日少なくとも1回します。もちろん成長記録も忘れません。

ノイバラの葉を摂食中のヤクシマルリシジミの終齢幼虫(9mm)。可愛いと思いませんか?
ヤクシマルリシジミ幼虫9mm-2015-11-24-OMD08945
毎日の成長が楽しみです。眺めていると、どんどん愛情が湧いてきます(^_^)/
普通種でも誕生(孵化や羽化)には感動します。
羽化した地元の個体は、自宅ベランダから、または採集した場所に連れて行って放蝶しますが、遠方から連れてきた個体は室内で生を全うしてもらいます。

今年は、色々な種類を飼育しましたが、寒くなりペットの数が3まで減少。寂しくなりました。




スポンサーサイト

4504> サプライズ+ラッキー

2015-11-12撮影

散策に出かけていたら電話が入った。
ホームフィールドの仲間からだった。

アケビコノハを見つけたのだそうだ。
急いで直行と行きたいところだが、1時間近くかかる。
それでも急いで出発。
電話から55分後に到着。まだ、みんなで撮影していた。
間に合ったらしい(^_^)/
高さ2mほどの蔓(クズ)に停まっていて、風でふらふら揺れている。
撮影は容易でない。
アケビコノハ-2015-11-12舞岡-OMD08296

みんながひと通り撮影したところで、蔓ごと下におろすことにした。緊張の作業の末、下におろすことに成功した。
みんなで取り囲んで接写する。前翅長45mmあった。
アケビコノハ-2015-11-12舞岡-OMD08394
葉っぱそっくり。第一発見者は凄い。これをアケビコノハと気がつくとは!!
アケビコノハ-2015-11-12舞岡-OMD08315
次は、後翅の黄色を撮りたい。しかし。バタバタ暴れていうことを聞いてくれない。
仕方なくサザンカの花に停まらせた。

次はやはり黄色が撮りたい。
指に乗せて、お尻をなぜていると、後翅を見せてくれた。四苦八苦しながら黄色が撮影できた。
指が写ってしまっていては良くないので、地面におろして開かせる。
上手くいった!!
アケビコノハ-2015-11-12舞岡-OMD08337
更に顔の部分を横から接写した。
アケビコノハ-2015-11-12舞岡-OMD08364

アケビコノハを満足するまで撮れたのは初めて。
素晴らしい一日になった。
仲間に感謝。

96-アケビコノハ-2015-11-12舞岡-OMD08337

◆11/13追記
殆ど飛べない個体が頭上の枯葉に停まっていたということは......あの枯葉から羽化して出てきたと考えざるを得ない。
そこで、撮影の翌日確認して見た。予想通り、枯葉を開いて見ると蛹の抜け殻があった。あんなところで蛹化するんだ!
アケビコノハ蛹の抜け殻-2015-11-13舞岡-OMD08472
クズには食草のアケビが絡んでいた。

4501> ムシャクロツバメシジミ

2015-11-04撮影(愛知県)

サツマ・ヤクルリ遠征のついでに、以前から気になっていたムシャクロツバメシジミの撮影のため名古屋で1泊。
2013年に確認されて以来、大発生の困り者と聞いていたので、沢山飛んでいるとばかり思っていた。

食草の周辺を叩きながら河川敷を歩く。
いない(^_^;) 
飛ぶのはヤマトシジミとウラナミシジミばかり。
ヤマトの♀に騙されながらも探し続ける。
捜索開始から約1時間。やっと1頭目が見つかった。
黒白が目立つので、ヤマト♀とは明確に違う(^_^;)
384-ムシャクロツバメシジミ♂裏-2015-11-04名古屋-OMD07799

クロツバメシジミと似ているが、斑紋が少し大きめ。
♂である。前翅右側が羽化不全だったので左側裏面だけを撮影。
直ぐに次が見つかるような気がしたので、裏面だけ撮って次を探す(撮っておくべきだったと少し後悔)。

しかし、次が見つからない(^_^;)
2頭目はその1時間半後。
YODA氏が見つけた。今度は♀。
384-ムシャクロツバメシジミ♀裏-2015-11-04名古屋-OMD07979
暫くすると、翅を開いてくれた。
384-ムシャクロツバメシジミ♀表-2015-11-04名古屋-OMD08012

その後も探し続けたが、次はなかった。
結局。5時間さがして2頭。
撮れただけでも幸運だったのかもしれない。

帰りの新幹線では爆睡。



4499> マムシくん出現!

11月6日撮影

横浜の公園にいくと。「マムシ注意」の看板をよくみかける。
しかし、かなり頻繁に公園を歩いていてもマムシに出会うことは殆ど無い。

ところが、この日出会ったのである。銭形模様に△の頭!
ちょっとビビりながらも近づいて撮影した。
嬉しいサプライズとなった。
マムシ-2015-11-06舞岡-OMD08083
マムシ-2015-11-06舞岡-OMD08084
↑トリミングです。

恐らく業者が入って藪刈りをしたためだろう。

4503> ヤクシマルリシジミも満喫

今回の一番の目的は、ヤクシマルリシジミだった。
これまで裏面の1枚だけだったからである。

時々サツマシジミに混じってみられたが、その数は1/10以下だった。
最初に見つけたのは♀。随分粘って表面も撮影できた。
384-ヤクシマルリシジミ♀裏-2015-11-03和歌山-OMD07477 384-ヤクシマルリシジミ♀表-2015-11-03和歌山-OMD07426
暫く探し回って、やっと♂を見つけた。しかし、♂の動きは俊敏。すぐに見失った。
更に探してやっと撮影。不満足ながら表面も撮影できた。
384-ヤクシマルリシジミ♂裏-2015-11-03和歌山-OMD07706 384-ヤクシマルリシジミ♂表-2015-11-03和歌山-OMD07709

昼に近づいてきた時間帯、ヤクルリ♀が何度も同じ低木にとまる。近くにある植樹のノイバラを通過してそれにとまる。あとでこれがテリハノイバラと判った。暫く観察していると産卵したようだった。卵が確認できた。更に卵の周りを調べていると8mmほどの幼虫がいた(^_^)/
192-ヤクシマルリシジミ卵テリハノイバラ-2015-11-03和歌山-OMD07767 384-ヤクシマルリシジミ幼虫8mm@テリハノイバラ-2015-11-03和歌山-OMD07775

4502> サツマシジミを満喫(^_^)/

これまで満足な写真が撮れていなかったサツマシジミ・ヤクシマルリシジミを撮影に出かけた。

「蝶鳥ウォッチング」のYODAさんも同行してくれた。初日午前中は生憎の雨模様。しかし極端に気温が低くなければ問題ない。
散策を初めて間もなく、1頭目が姿を見せた。
まだ小雨が降っていたが、時々停まっている姿が目に入る。
13:00ころになると、雨があがった。天気の割には個体数も少なくない。
結局この日は、開翅は撮れなかった。

翌日は、朝から快晴。絶好のサツマ日和。
あちらこちらでサツマシジミが乱舞。気温が上がってくると開翅撮影のチャンスがやってきた。

まずは♀の開翅・閉翅。
384-サツマシジミ♀表-2015-11-03和歌山-OMD07299 384-サツマシジミ♀裏-2015-11-03和歌山-OMD07147

♂も開翅・閉翅。
384-サツマシジミ♂表-201511-03和歌山-OMD07319 384-サツマシジミ♂裏-2015-11-03和歌山-OMD07179

この日の個体数は凄かった。産卵の場面も容易に撮れると思っていたが、全くだめ。
植樹のバクチノキ
384-サツマシジミ植樹バクチノキ-2015-11-03和歌山-OMD07169
やハマヒサカキ
384-サツマシジミ植樹ハマヒサカキ-2015-11-03和歌山-OMD07696

も調べたが卵すら発見できなかった。何れもまだ蕾にもなっていない感じであった。時期的な問題か時間的な問題かは判らない。

4498> エゾビタキ(戸塚区)

一度サボると癖になってしまう。
気がついてみると1ヶ月振りの更新になってしまった。

先月撮ったエゾビタキです。可愛い。
エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06716

エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06691

エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06652

エゾビタキ-2015-10-19舞岡-OMD06718
大サービスしてくれたので、ミラーレスでも撮影できた。
(全て同一個体)


プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Canon EOS 7Dなど
【Lens】
・Canon EF70-200mm F4L IS USM
・Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・Canon EF300mm F4L IS USMなど

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示