★2015年のふりかえり

今年もあと僅か。あっという間に1年が過ぎてしまったと感じるが、振り返ってみると沢山の嬉しい出会いが蘇る。

<チョウについての総括>
 今年は、♂♀裏表卵・幼虫・蛹の撮影、そして、それをまとめた図鑑作成に多くの時間を費やした。その影響もあってBLOGの投稿が滞ってしました。
 今年の初撮りは僅か4種。飼育個体も含めて日本産チョウ255種になった。しかし、これまでの画像を整理してみると、普通種を含めて♂♀裏表の画像があまり揃っていないことが判った。今年は意識的に撮影を試みたが、日本産255種×各種4枚(計1,020枚)必要なところ、現在874枚である。これには♂♀判定できることが必要であるが、写真から判定するのは易しくない。これまでに腹部・腹端によって、ある程度同定できるようになったが、いくつかの特定種ではまだよく判らない。
 卵・幼虫・蛹については、主に卵や幼虫を採集して飼育することによって充実させてきたが、今年追加できたのは、卵18種、幼虫20種、蛹22種であり、地元の普通種でも若干の未撮がある。
 昨年の秋から、NPO日本チョウ類保全協会のツシマウラボシシジミの繁殖・飼育メンバーに加わっている。この経験により、飼育のスキルが向上したと思う。
 今年の主な遠征は、迷蝶狙いの沖縄(5月)、ベニモンカラス狙いの長野(6月)、キマダラルリツバメ狙いの福島(6月)、タカネヒカゲ狙いの北アルプス白馬山系(7月)、タイワンツバメシジミ狙いの九州(9月)。サツマシジミ・ヤクシマルリシジミ・ムシャクロツバメシジミ狙いの近畿(11月)など。初撮りは、ベニモンカラスシジミ、タカネヒカゲ、タイワンツバメシジミ、ムシャクロツバメシジミの4種に終わった。残るは、ヒョウモンモドキと小笠原固有種とハマヤマトシジミ(南大東島など)、および迷蝶である。迷蝶については、八重山に行っても空振りが続いている。何度も通う必要がありそうだ。

<2015年の主なトピックス>
★2月:札幌に帰省。オジロワシ、キレンジャク、ベニヒワ、エゾフクロウ、クマゲラ、ヤマゲラ、ウミアイサなどを撮影した。
96-オジロワシ-IMG_7549 192-キレンジャク北海道 96-ベニヒワ♂-IMG_8470 96-エゾフクロウ-7D2_0955 96-クマゲラ-IMG_9862 96-ヤマゲラ♂-7D2_0576 96-ウミアイサ♂-IMG_9012

★3月:今年も地元の仲間たち4人と一緒に写真展を開いた。来年もほぼ同じ時期(3/12~21)に開催する予定。
ふりかえり-★はがき-メール添付用

★4月
以前から探していたイボタガとの出会いがあった。長野県でヒメギフチョウの撮影を楽しむ。未撮だった卵・幼虫・蛹を撮影(左から順に、ヒメギフチョウ卵、ギンイチモンジセセリ卵・初齢幼虫、ウスバシロチョウ幼虫・蛹)。
490-イボタガ-OMD08374 384-ヒメギフチョウ♂表-7D2_4728 192-ヒメギフチョウ9卵-OMD00270 192-ギンイチモンジセセリ卵-OMD00765 384-ギンイチモンジセセリ幼虫2_5mm-OMD02800 384-ウスバシロチョウ幼虫30mm-OMD00858 384-ウスバシロチョウ蛹15mm-2015-04-26-OMD01871

★5月
未撮の卵・幼虫・蛹を撮影。左からウスバシロチョウ卵、ギフチョウ幼虫、ツバメシジミ幼虫、コジャノメ卵、ツマキチョウ蛹。沖縄遠征では、ウスコモンマダラ♂1頭見つけただけで、初撮りはゼロに終わったが、卵の撮影ができた(左からアオタテハモドキ、ナミエシロチョウ、ウスキシロチョウ、オオシロモンセセリ、リュウキュウヒメジャノメ)。近頃♀の産卵行動を追跡する習慣が見についてきた。
384-ウスバシロチョウ卵-OMD00381 384-ギフチョウ幼虫4mm-OMD00387 384-ツバメシジミ幼虫8mm-2015-09-08-OMD02985 192-コジャノメ卵2-2015-05-10能見堂-OMD01610 384-ツマキチョウ蛹22mm-2015-05-10-OMD02073 384-ウスコモンマダラ♂裏-2015-05-14与那国-7D2_8106 192-アオタテハモドキ卵-2015-05-17与那国-OMD03084 192-ナミエシロチョウ卵-2015-05-17与那国-OMD03094 192-ウスキシロチョウ卵-2015-05-18竹富-OMD03131 192-オオシロモンセセリ卵-2015-05-20石垣-OMD03229 192-リュウキュウヒメジャノメ卵-2015-05-20石垣-OMD03271

★6月
上旬には念願のベニモンカラスシジミを撮影。下旬には山形・福島に遠征し、チョウセンアカシジミとキマダラルリツバメを撮影。野鳥ではサンコウチョウ♂♀が撮影できた。
ベニモンカラスシジミ♀裏-2015-06-02南信-7D2_5100 384-チョウセンアカシジミ♀表-2015-06-19-7D2_7415 384-キマダラルリツバメ♂裏-2015-06-20-OMD05636 384-キマダラルリツバメ♂表-2015-06-20-OMD05739 96-サンコウチョウ♂-7D2_6755 96-サンコウチョウ♀-7D2_6797

★7月
これも念願のタカネヒカゲ撮影のため、軟弱な体に鞭打って白馬岳の途中(標高2700m超)まで登り、苦戦の末♂を撮影。ライチョウ、イワヒバリにも会えた。
タカネヒカゲ?裏-2015-07-22小蓮華-7D2_0313 96-ライチョウ-2015-07-22小蓮華-7D2_0108 96-イワヒバリ-2015-07-22-7D2_0281

★8月
狭山丘陵でスミナガシ幼虫を捕獲。終齢になった幼虫の角に感動。蛹も撮影できた。
384-スミナガシ幼虫26mm(顔)-2015-08-23-OMD01344 384-スミナガシ幼虫26mm-2015-08-23武蔵村山-OMD01364 384-スミナガシ蛹24mm(側)-2015-08-29-OMD01835

★9月
タイワンツバメシジミの撮影のため九州に遠征。ついでに立ち寄った場所でツマグロキチョウ♀を発見。追跡して産卵を確認。卵を持ち帰って飼育した。
タイワンツバメシジミ♂裏-OMD01881 384-タイワンツバメシジミ♂表-2015-09-01-OMD02288 384-タイワンツバメシジミ♀裏-2015-09-01-OMD02100 384-タイワンツバメシジミ♀表-2015-09-01-OMD02168 384-ツマグロキチョウ♂表-2015-09-02-P1190566 192-ツマグロキチョウ卵-2015-09-02長崎-OMD02519 384-ツマグロキチョウ幼虫17mm-2015-09-13-OMD03569 384-ツマグロキチョウ蛹(側)-2015-09-17-OMD03902

★11月
サツマシジミ、ヤクシマルリシジミの撮影のため、近畿に遠征(ヤクシマルリシジミは卵・幼虫を持ち帰って飼育したため、卵・幼虫・蛹が撮影できた)。帰りに名古屋に立寄り、ムシャクロツバメシジミを撮影。地元ではアケビコノハの羽化直個体に出会った。
サツマシジミ♂表-201511-03和歌山-OMD07319 ヤクシマルリシジミ♀表-2015-11-03和歌山-OMD07426 192-ヤクシマルリシジミ卵テリハノイバラ-2015-11-03和歌山-OMD07767 384-ヤクシマルリシジミ幼虫3mm(2齢)-2015-11-12-OMD08249 384-ヤクシマルリシジミ蛹8mm側-2015-11-10-OMD08169 ムシャクロツバメシジミ♀裏-2015-11-04名古屋-OMD07979 490-アケビコノハ-2015-11-12-OMD08325


★来年の目標は、上記「♂♀裏表」、「卵・幼虫・蛹」の100枚初撮りの達成である。しかし、徐々に難度が増してくるので易しくない(ちなみに今年も昨年も100枚に若干届かなかった)。



スポンサーサイト

4513> 再びムラサキツバメ(神奈川県)

ムラサキツバメの状況を確認したく思い、神奈川県内の某所にも行ってきた。

その数日前に集団を確認したハクモクレンの葉は既に落下。近くの実績のある場所も探したが見つからず。
もしかして!と思った場所をみると! 見つかりました。19頭かな。
ムラサキツバメ-2015-12-15-P1210824

次にGarudaさんに教えていただいた場所に移動。
この辺だよなぁ~と思いながら行ったり来たり。
そして見つかりました。こんなに目立つのに、目は節穴か!
ここが今季最大の40頭を越えの集団がシラカシの隣接する2枚の葉にいました。。
ムラサキツバメ-2015-12-15-OMD00648

次は前回確認した場所。4頭だけ......随分減ってる。
移動先を探すも見つからない。
ちょっと寂しい(写真なし)。

更にGarudaさんが確認したという場所を探す。
見つからない(^_^;) 引き返そうとしたとき目に入った。
ムラサキツバメ-2015-12-15-OMD00656
この日は曇り空で塒からでてくる個体は殆ど無し。

数日後、友人のご案内を兼ねて再訪。
お天気も良く塒の近くを飛び回っていた。
♂の個体を見つけて、開翅を狙う。もちろん♂特有の青色を追求する。
チャンスは沢山あったが、最適な条件にはならないものだ。
この日のベストは、次の2枚。
ブルーの鮮やかさがイマイチ。もうちょっとなんだけど......。
ムラサキツバメ♂表-2015-12-19-OMD01533
まずまずの色がでた。
ムラサキツバメ♂表-2015-12-19-OMD01503
いずれにしても撮影角度、太陽の向きが思い通りにはいかない(^_^;)
この日は、ヒサカキに2つの集団が見つかった。

撮影は12/15と12/19。

4512> 懲りずにムラサキツバメ(磯子区)

久し振りに某所に行ってみました。
ムラサキツバメの集団ができていないか見回りです。

最初は、2年前に集団が居た場所。
いました。30頭くらいかな。
ムラサキツバメ@シュロ-2015-12-17氷取沢-OMD01006

更にもう1ヶ所。ここは以前数個体を確認した場所。塒を見つけたのは初めて。
アオキに2集団が並んでました。左に12頭、右に13頭でした。
ムラサキツバメ@アオキ-2015-12-17氷取沢-OMD01027

見回る場所がまた増えてしまった(嬉しい悲鳴)。

(12/17撮影)

4511> この時期の主役はムラサキツバメ(神奈川県)

何と言ってもこの時期の主役は、ムラサキツバメです。
暖かな時期はあまり見られないムラサキツバメが越冬場所に集まるため、沢山の個体が見られます。

高さ1m以下のアオキに........塒(ねぐら)がります。
ムラサキツバメ集団-2015-12-09栄区-OMD00325
上の写真の右側を拡大すると、ムラサキツバメが11頭。
ムラサキツバメ集団-2015-12-09栄区-OMD00327
左側を拡大すると......ムラサキツバメが3つ、ムラサキシジミが1つ。
ムラサキツバメ+ムラサキシジミ-2015-12-09栄区-OMD00332
頭上のアカガシを見上げると、左右に集団がみられる。
ムラサキツバメ集団-2015-12-09栄区-OMD00350
更に、ヤツデの葉にも10頭くらい。
ムラサキツバメ集団-2015-12-09栄区-OMD00356
陽射しを浴びて♀が開翅。
ムラサキツバメ♀表-2015-12-12栄区-P1210753
別の日に撮った上記2枚目の塒。20頭います(数えた時のマークがついています)
ムラサキツバメ塒20頭-2015-12-14-OMD00638

以上、12/9~12/14横浜市内で撮影。

これらの他、色々な場所を見回るのは大変(^_^;)



4510> 在庫からチョウセンアカシジミ(山形県)

もうずぅ~っと前のこと、既にBLOGアップ済と思っていたら、まだだったようです(^_^;)
今年の6月の山形遠征でのこと。

現地に着いて、食樹を探します。
すぐに見つかりました。事前調査の賜物です。
384-チョウセンアカシジミ植樹@デワノトネリコ-2015-06-19-7D2_7317
384-チョウセンアカシジミ植樹@デワノトネリコ-2015-06-19-OMD05391

デワノトネリコの周辺を探すと、いました。
葉っぱにとまっている個体をみつけました。
すぐに数頭発見!
最初は、どの個体も翅を開いてくれません。仕方なく、飛翔撮影で何とか表面を撮りました。
しかし、午後になるとショータイムになり大サービスでした。
♂裏
384-チョウセンアカシジミ♂裏-2015-06-19-7D2_7516
♂表:後翅のオレンジ部分の発達した個体で、ちょっと見♀と思いましたが、腹端を見る限り♂かと思います。
384-チョウセンアカシジミ♂表-2015-06-19-7D2_7488
♀裏
384-チョウセンアカシジミ♀裏-2015-06-19-OMD05416
♀表
384-チョウセンアカシジミ♀表-2015-06-19-7D2_7415
♀表(飛翔)
384-チョウセンアカシジミ♀表-2015-06-19-P1110003

以上6月19日撮影。



日本チョウ類保全協会の企画展 「チョウが消えてゆく」

2015年12月13日終了しました。
沢山の方々来ていただきました。
ありがとうございました。


毎年12月に開催している日本チョウ類保全協会のチョウの写真展示と講演があります。
入場無料です。是非ともご来場ください。
私も何度か行く予定です。


2015企画展はがき

企画展 「チョウが消えてゆく」 12月8~13日 新宿御苑

 毎年恒例として行ってきました、新宿御苑(東京都新宿区)での企画展を、今年度も下記の日程で開催します。
会員による見応えある生態写真や絵などの展示のほか、チョウ類の現状と保全に関するパネル展示、
チョウに関連した展示物や、ミニ講演会なども行います。
新宿駅のすぐ近くですので、ぜひご来場ください。

○日時:2015年12月8日~13日(火~日) 9:00 ~ 16:30(最終日は15:00まで)
○会場:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)・アートギャラリー

      https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/
      https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/3_event/201512.html

    入場無料/JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10 分

○ミニ講演会:12 ~ 13 日(土・日)に開催
 12 日(土) 1 回目 11:00 ~ 11:30 2 回目 13:00 ~ 13:30 3 回目 15:00 ~ 15:30
 13 日(日) 1 回目 11:00 ~ 11:30 2 回目 13:30 ~ 14:00
 
 ミニ講演会の内容:
※12日(土)
1回目 11:00 ~ 11:30
 「絶滅の危機にあるチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会)
2回目 13:00 ~ 13:30
 「日本の里山の原風景を見る~極東ロシアの自然と動植物~」 
                             永幡嘉之(自然写真家)
3回目 15:00 ~ 15:30
 「チョウの知識 ウソ・ホント」 井上A.尚(農業生物資源研究所研究員)

※13日(日)
1回目 11:00 ~ 11:30
 「絶滅の危機にあるチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会)
2回目 13:30 ~ 14:00
 「日本の里山の原風景を見る~極東ロシアの自然と動植物~」
                             永幡嘉之(自然写真家)






4509> やっぱりムラサキツバメ♂は美しい

2015-12-05撮影

ムラサキツバメ♂の藍色に魅せられきたものの、なかなか思うような色が出せなかったが、今回がこれまでのベストだろう。

塒の横に停まって開翅したのはほぼ新鮮な個体。しかもこの絶妙の角度でとまってくれるとは奇跡だ。撮影角度と露出を変えながら撮影した。ちょっと大袈裟と思うかもしれないが、こんなチャンスは滅多にない。左側がムラサキツバメの塒。数頭が確認できる。
ムラサキツバメ塒と♂開翅-2015-12-05ふるさと村-OMD00261

同じ写真のトリミング。後翅のテカリが少し気になるが贅沢は言えない。
ムラサキツバメ♂表-2015-12-05ふるさと村-OMD00261

12月に入り、ムラサキツバメが越冬場所に集まってきている。まだ大集団はできていないが、今日の確認個体数は2ヵ所の合計で約90頭。今後の大集団形成を期待したい。




4508> ムラサキツバメ塒3態

2015-12-02撮影

藤沢のムラサキツバメの状況を見にいってきた。
3ヶ所で確認できた。

ハクモクレンの集団。見やすいところに10数頭。いずれは葉が落ちてしまう。
ムラサキツバメ@ハクモクレン-2015-12-02藤沢-OMD00016

アカガシの集団。これも10数頭。
ムラサキツバメ@アカガシ-2015-12-02藤沢-OMD00026

アオキの小集団。
ムラサキツバメ@アオキ-2015-12-02藤沢-P1210615

寒さに耐えて、冬を乗り切って欲しい。

4507> 楽しみな季節(横浜市)

寒くなってくるとチョウの姿はぐっと減るが、増えてくる種類もいる。
ムラサキツバメです。11月上旬までは、あまり見かけないが、11月下旬になると越冬場所に集まってきます。
越冬場所さえ知っていれば、撮り放題になります。

午前中~13:30ころまでは、陽射しがあると塒から降りてきて開翅。
撮影チャンスになる。

♀の開翅。ムラサキシジミと比べて大型であるだけでなく、紫色が微妙に違うので飛んでいてもだいた判る。
ムラサキツバメ♀-2015-11-28-OMD09294
ムラサキツバメ♀-2015-12-01横浜-OMD09747

♂の開翅。翅の向き、太陽の位置、カメラの向きによって、なかなか藍色~紫色が出ない。
ムラサキツバメ♂-2015-11-28-OMD09362
ムラサキツバメ♂-2015-12-01横浜-OMD09789
ムラサキツバメ♂-2015-11-27-OMD09120

14:00を過ぎると、遊びにでていた個体が塒に戻ってくる。
ムラサキツバメ塒-2015-11-27-OMD09180
ムラサキツバメ塒-2015-12-01ふ-アオキB-OMD00045

最近、塒が次々と見つかる。某公園では、まだ大集団は形成されていないが、塒が8ヵ所、合計55頭になった。例年通りなら、あと2週間ほどは個体数の増加と塒の統合が進むと思われる。

(写真は11月27日~12月1日横浜市内で撮影)



プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示