FC2ブログ

4645> 台湾遠征(その4) マダラチョウ亜科のチョウ(その3)

ルリマダラ♂(左)・マルバネルリマダラ♂(右)
ルリマダラ・マルバネルリマダラ-2017-05-15台湾-P5157492

マサキルリマダラ♂(左)・マルバネルリマダラ♂(右)
マサキルリマダラ・マルバネルリマダラ-2017-05-14-P5145110

スポンサーサイト

4644> 台湾遠征(その3) マダラチョウ亜科のチョウ(その2)


<コモンマダラ>
♂表
384-コモンマダラ♂A-2017-05-15台湾-P5157078
♀裏
384-コモンマダラ♀B-2017-05-14台湾-P5144162

<ウスコモンマダラ>
♂表
384-ウスコモンマダラ♂A-2017-05-15台湾-P5156327

<タイワンアサギマダラ>
♂表
384-タイワンアサギマダラ♂A-2017-05-15台湾-P5157060
♂裏
384-タイワンアサギマダラ♂B-2017-05-15台湾-P5157049

これ以外にも、ツマムラサキマダラ、アサギマダラ、カバマダラ、スジグロカバマダラ、リュウキュウアサギマダラなど、台湾での期待種は全て見ることができた。



4643> 台湾遠征(その2) マダラチョウ亜科のチョウ(その1)

台湾での一番の成果は、マダラ類を撮れたこと。

南部の高雄県、北部の宜蘭県でも楽しめた。
紹介済みのマサキルリマダラのほか、マルバネルリマダラ、コモンマダラが多く見られた。ルリマダラはやや少なかった。大き目の黒っぽいマダラはマルバネかルリマダラだが、飛んでいると良くわからない。これらは、八重山でも見られるが珍蝶である。

<マルバネルリマダラ>
♂表:瑠璃色が上手くでた。
384-マルバネルリマダラ♂A-2017-05-15台湾-P5155440
♂裏
384-マルバネルリマダラ♂B-2017-05-14台湾-P5145031

<ルリマダラ>
♂表
384-ルリマダラ♂A-2017-05-15台湾-P5157493
♀表
384-ルリマダラ♀A-2017-05-11-P5111572



4642> 台湾遠征(その1)(1日目と2日目)

5/10から5/17まで、台湾に遠征した。
以下、何回かに分けて台湾のチョウをご紹介する。

今回の遠征は、与那国ホンダの西條氏のご好意で、台湾に行く機会に恵まれたからである。
石垣空港で西條氏と合流して、中華航空で台北(桃園)にむかう。

台北から新幹線で台湾南部の左営へ。
台湾新幹線-IMG_20170510_153230_20170526112756
更に車で移動して、宿に到着したのは夜だった。

2日目は朝から探チョウ。
最初のお出迎えは.....ルリマダラ。ボロの個体だっが、花に停まって吸蜜中。
一見、マルバネルリマダラだが、前翅裏面の3つの白斑が見えたのでルリマダラと判った。
証拠写真を撮影中に近づきすぎて飛ばれてしまった(^_^;)

続いて、ジャノメタテハモドキ、クロタテハモドキ、リュウキュウミスジ風、ヤエヤマ一文字風、キミスジ、ヒメキミスジなどが次々に出現。

暫く進んでいくと、数頭のマサキルリマダラ(ホリシャルリマダラ)が吸蜜に夢中。じっくり撮影できた。
マサキルリマダラは、ルリマダラやマルバネルリマダラよりも一回り小さいのですぐに分かるといわれたのものの、慣れない私には同定に苦労した(^_^;)

マサキルリマダラ-2017-05-11高雄県-P5111162
逆さまの個体は♀(交尾中)。他は全て♂のようでした。
マサキルリマダラ-2017-05-11高雄県-P5111387

マサキルリマダラ-2017-05-11高雄県-P5111438


PS.
初めての台湾。与那国ホンダの西條さんには本当にお世話になりました。
また現地では、松本さんとも合流して、楽しい探チョウになりました。
記してお二人にお礼申し上げます。

4641> アブラコウモリ

蝙蝠といえば、薄暗くなったころ飛ぶのが普通ですが、1匹だけでしたがまだ明るいのに飛んでました。
16:15ころ。
なんだか飛び方が弱々しい感じでした。
どこかに停まらないかと目で追いかけていくと....。
何と! 
低いタイサンボクの葉に停まりました。

1200-アブラコウモリ-2017-04-30長浜-P4300212
至近距離で撮れましたが、イマイチ可愛くない(^_^;)

飛び立つところは撮れませんでした。
残念(^_^;)




プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.2版):掲載写真枚数:3,804枚。成チョウ:309種、卵:175種、幼虫:186種、蛹:161種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示