FC2ブログ

4776> ヤマゲラくん

2018-11-22札幌市内で撮影。

アカゲラかと思ったら、緑色でした。
ヤマゲラです。アオゲラに似ていますが、ちょっと違います。
(こちらには、アオゲラはいないそうで........)

b-ヤマゲラ-2018-11-22EWD-Dscn2957

b-ヤマゲラ-2018-11-22EWD-Dscn2958

b-ヤマゲラ-2018-11-22EWD-Dscn2959

なかなか思うようには撮れません。
リベンジします。

<おまけ>
2018-11-28、買い物に行く途中、シマエナガの群れに遭遇しました。
カメラがあれば撮れたのに........(^_^;)

翌日の今日、リベンジに行きましたが返り討ち(^_^;)
先日、ヒレンジャクの小群が見られましたが、今日は何処にいったのやら。
スポンサーサイト

4775> ヤマセミくん(札幌その1)

札幌に転居して2週間が経ちましたが、事情により散策の時間がとれません。
それでも近場でヤマセミくんに出会いました。

と言っても、ここはいつものポイント。枝にとまっているヤマセミを自力で探すのは易しくありませんが、常連さんが教えてくれます。
ヤマセミ-2018-11-17札幌-M1m27692

この後、飛びました。飛び立ちも撮影しましたが、準備不良でブレブレ。
移動先は酷い枝被り。
ヤマセミ-2018-11-17札幌-M1m27823

撮影位置を変えて撮影。この日は時間切れで撤退です。
ヤマセミ-2018-11-17札幌-M1m27868



ヤマセミ撮影中にシマエナガの小群が通りかかりました。絶好のチャンスでしたが、単写モードになっていて、これまた失敗(^_^;)
シマエナガ-2018-11-17札幌-M1m27676

シマエナガ-2018-11-17札幌-M1m27678


久し振りにカメラを使って、失敗ばかり(^_^;)
また、撮りなおしたいと思います。







日本チョウ類E図鑑1.3版(11/1)

11/1に日本チョウ類E図鑑1.3版をリリースしました。
引越しなどで余裕がなく、ご紹介が遅れました。
すみません。

今回の更新では、図鑑の体裁に変化はありませんが、以下に示す画像を追加して、画像枚数が25枚増えました。

・ヒサマツミドリシジミ卵、
・サカハチチョウ卵、
・リュウキュウウラナミジャノメ幼虫、
・ヒメキマダラセセリ幼虫、
・チョウセンシロチョウ♀表・♀裏

チョウセンシロチョウ(キルギス)は、初掲載で掲載種が304種に増えました。

次回の更新時期は未定ですが、飼育中のイモムシくんたちの写真がまとまったら画像の追加更新をする予定です。
北海道のチョウの卵・幼虫・蛹を充実させたいと思っています。








4772> ヒメキマダラセセリの卵・幼虫・蛹

暫くBLOGアップしてなかった。
広告がでしまった。

私事ですが、事情により札幌に移住しました。
チョウのためではありません(^_^;)
これまで撮影できていなかった北方系の蝶の飼育ができるのも楽しみです。

今回の話題は、9月に山梨から持ち帰った、ヒメキマダラセセリ卵とその後です。
実は、母蝶の産卵を確認して、卵1つを持ち帰りましたが、母蝶の翅の破損が著しくて、ヒメキマダラセセリなのか同定に不安がありました。

卵の直径は0.9mmほど、真珠のような感じです。
192-ヒメキマダラセセリ卵t-0_9mm-2018-09-13

産卵から7日後に孵化
384-ヒメキマダラセセリ初齢幼虫2mm-2018-09-20-P1130192

更に5日後に脱皮して2齢幼虫に
384-ヒメキマダラセセリ2齢幼虫6_5mm-2018-09-27P1130292

更に5日後に脱皮して3齢幼虫に
384-ヒメキマダラセセリ3齢幼虫8_5mm-2018-10-03-P1130318

更に7日後に脱皮して4齢幼虫に
384-ヒメキマダラセセリ4齢幼虫12mm-2018-10-08-P1130511
段々大きくなりますが目立った変化はありません。

更に5日後に脱皮。5齢幼虫。頭部に模様がついてきました。
体長は18mmほどで、終齢になったと思っていました........。
384-ヒメキマダラセセリ5齢18mm-2018-10-15-P1390533

更に9日後、5回目の脱皮。6齢です。
頭の模様がはっきりでました。
e-ヒメキマダラセセリ6齢幼虫20mm頭部-P1130857 e-ヒメキマダラセセリ6齢幼虫20mm-2018-10-31-P1130850

更に20日後、蛹化しました。
e-ヒメキマダラセセリ蛹b19mm-2018-11-11-P1130893


<幼虫についての興味>
シジミチョウ科の蝶の幼虫は4齢で終齢、その他の多くの蝶の幼虫は例外はありますが5齢で終齢となります。6齢を確認したのは実は初めてです。これまでの経験では、幼虫の脱皮する周期はだいたい一定です。今回、1~4齢までは、5~7日でしたが、5齢と6齢では長くなりました。恐らく気温が下がったのが原因かと思っています。特に6齢幼虫は、2週間以上も蛹化する様子がなく、越冬に突入したと思っていました。これから先、2~3週間で羽化するのか、春まで羽化しないかは不明です。札幌に移住したので、気温が低いのでどうなるか........。









プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.1版):掲載写真枚数:3,784枚。成チョウ:309種、卵:173種、幼虫:185種、蛹:161種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示