FC2ブログ

[1112] ハジロカイツブリの群れ

2011-03-29 葛西臨海公園(その2)

ハジロカイツブリが冬羽から夏羽に移行中で、ちょっと色がドギツイ。

(1)東西なぎさの間の水路に10羽ほどのハジロカイツブリがいました。たまたま写った水掻きが、プロペラのように見えます。潜る直前だったのかも知れません。
ハジロカイツブリ-Im3_2183

(2)西なぎさの入り江には、スズガモが沢山いました。暫く見ていると沖の方にスズガモよりも明らかに小さくて黒いものが沢山動いていました。しばらく観察して、それがハジロカイツブリだと判りました。その数、150~200羽。
ハジロカイツブリ-Im3_2586

(3)写真(2)のトリミングです。この顔がこれだけ並ぶと異様ですね。
ハジロカイツブリ-Im3_2586p

ミミカイツブリも探しましたが、発見できませんでした。
実は、シマアジが目的でした。探しましたが不発に終わりました。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

迫力ありますね。
これだけの数のカイツブリは見た事がありません。
群れるんですね。

1枚目は、葉っぱ付きの枝がお尻に刺さってしまったのかと思いました。^^;
とても脚とは思えませんね。

Akakokkoさんへ

> 迫力ありますね。
> これだけの数のカイツブリは見た事がありません。
> 群れるんですね。
>
> 1枚目は、葉っぱ付きの枝がお尻に刺さってしまったのかと思いました。^^;
> とても脚とは思えませんね。

コメント有難うございます。
私のこんな群れは初めてみました。
1枚目は良く判りませんが、潜りの上手い水鳥は足が後ろ側についていると聞きました。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示