FC2ブログ

[152] ミヤマチャバネセセリ(相模川河川敷)

相模川河川敷(その1)

ギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリが目的。5月中旬にもこの近くをアタックしましたが、空振りに終わっています(多分時期遅れ)。
そこで今回、1日だけの夏休みをとって、リベンジという訳です。Goo地図の航空写真で目星をつけた初めての場所。

現地に11:00前に到着。河川敷に入って歩き始める。
100mほど歩いて、やっとセセリを見つけましたが、イチモンジセセリでした。11:30ころ、蝶が何頭か目に入りました。その中に初めて見るミヤマチャバネセセリがいました。「やった!」と思わず独り言がでました(^^;)。

(a)ミヤマチャバネセセリ(2009-08-24 相模川河川敷)



(b)ミヤマチャバネセセリ(2009-08-24 相模川河川敷)



(c)ミヤマチャバネセセリ(2009-08-24 相模川河川敷)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ミヤマチャバネセセリ

ミヤマチャバネのほうが少し大きく、色は少し淡色という印象です。

裏面の模様が少し賑やかですから、判別は容易です。裏面が見えないと区別できませんけど…(^^;)

さっきまで、画像の貼り付けが出来ずに格闘していました。やっと3枚貼れました(原因不明)

Unknown

光に透けて白い斑紋が輝いているようで奇麗ですね。
セセリ科の蝶も追いかける価値ありですよね。
翅を広げられるとイチモンジセセリと間違えそうな感じもしますが、実際の見た感じはどうなんでしょうか?
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.7版):掲載写真枚数:3,954枚。成チョウ:309種、卵:179種、幼虫:192種、蛹:169種、食草・食樹:342種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示