FC2ブログ

[002] アオスジアゲハ(大船)

虫撮りを始めてまだ1ヶ月。捕虫網で採るより、遥かに難しいことを痛感。
悪戦苦闘中です。

アオスジアゲハは、横浜のどこに行っても、沢山見かける蝶ですが、写真に撮るとなると結構難しい。飛ぶ経路がランダムに変わるし、なかなか止まらない。止まっても一瞬で、チャンスも一瞬。やっと止まったと思ったら、羽を開いてくれない(^_^;)
花に来たアオスジを見つけたので、高速連写(毎秒13.5コマ)を試してみた。撮影距離は1m程度。フォーカスは1枚目で合わせて固定になる。一気に20枚ほど撮影。何度かのトライの末、ピンは甘いが、飛び立つ瞬間が撮れました。Exif情報によると、シャッターは1/1600、焦点距離は300mm(35mm換算)あたりでした。


アニメGifにしてみました(2008/08/15 鎌倉市大船)。各フレーム表示時間を1.5秒に設定(撮影間隔は75msくらいなので、実際の時間の20倍)。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

アオスジアゲハは北海道には分布していないと聞いて驚きました。
それもそのはずです。
食餌植物であるクスノキ科の植物が生育していないからです。
南方系のクスノキ科は寒さが苦手のようです。
それでもタブノキは青森県深浦に生育しているので,
そこではアオスジアゲハが見られるそうです。

itotonbosanさんへ>

> アオスジアゲハは北海道には分布していないと聞いて驚きました。
> それもそのはずです。
> 食餌植物であるクスノキ科の植物が生育していないからです。
> 南方系のクスノキ科は寒さが苦手のようです。
> それでもタブノキは青森県深浦に生育しているので,
> そこではアオスジアゲハが見られるそうです。

コメントありがとうございます。
なるほどです。
アオスジアゲハが青森でも見られるとは意外でした。
ありがとうございました。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示