FC2ブログ

[214] シータテハ(八ヶ岳周辺)

八ヶ岳周辺にて(その4)

ヒョウモンを追いかけていたら、自分のズボンの腿のあたりに蝶が停まりました。見ると「シータテハ!」300mmのレンズでは撮影は無理です。静かに飛び立たせると近くの葉に停まりました。なんとか証拠写真を撮ったあと、どこかに飛び去りました。もしかして、キタテハだったのかも…とも不安もありましたが、帰宅後、シータテハであることが確認できました。

(a)シータテハ(2009-10-04 山梨県北杜市)
確かにキタテハとは違います。



(b)シータテハ(2009-10-04 山梨県北杜市)



秋型のキタテハは、シータテハに良く似ていますが、前翅の下側の括れが弱く、前翅表面の真ん中あたりの小黒斑が1つないことなどがシータテハと違うようです。また、裏面も全体的にかなり違うことが判りました。

(続く)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ズボンに止まる

私も昨日ルリタテハにやられ、同じように優しく撃退し、写真に納めました
ウラギンシジミにもちょくちょくやられます。
こちらは手のひらに止まるのでもっと始末が悪いです

midoriさん

来年も是非、ツアー企画しましょう。
よろしくお願いします。

初回は4月上旬、ギフ、ミヤマセセリ、スギタニ、コツバメあたりがターゲットでしょう。その他にもサプライズを期待したい。

Akakokkoさん

すぐにコンデジ!と思ったのですが、そのときは持っていませんでした(^^;)

キタテハは、2日間で30頭くらいみましたが、クジャクチョウもシータテハも1個体づつでした。その意味では幸運です。

すごい~!?

シーズン終盤で、“クジャク”と“シー”ゲットとは恐れ入りましたm(__)m。来年は、またツアーを計画しましょうね(*^_^*)!!

Unknown

ズボンにとは凄いですね。
私だったら、コンデジを取り出してマクロモードです。

釣り針のようなC模様がクッキリですね。
クジャクチョウもシータテハも来シーズンには見てみたいです。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示