FC2ブログ

2561> シャクガ科>エダシャク亜科>クロスジフユエダシャク(戸塚区)

近場を散策 2012-12-23

手摺りに時々フユシャクが見つかります。

(1)この日は直ぐに見つかりました。♀です。体長10mmほどでした。
ところが帰宅後、写真を拡大してみると、触覚が櫛形になっている。ってことは♂でしょうか?
推測ですが、この個体は羽化したばかりで、まだ翅が伸びていなかったようです。
通常、フユシャク♀は1,2時間同じ場所にいることが多いですが、30分ごには姿がなかったのです。
きっと飛んで行ったと思います。この写真から種名判定は難しいですが、僅かに見える翅の模様からクロスジとしました。どうでしょう?
クロスジフユエダシャク-R0016115

(2)別の個体。パールの光沢が綺麗でした。
クロスジフユエダシャク-R0016117

64-クロスジフユエダシャク♀
次の日(2012-12-24)、♀が見つかりました。
(3)体長11mmほどでした。
クロスジフユエダシャク♀-R0016174
(4)
クロスジフユエダシャク♀-R0016178

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックをお願いします。
ブログランキングの中に興味深いサイトが見つかることもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

羽化途中か羽化不全のオスですね。発生時期も盛りをすぎると羽化不全の個体を
多く見かけるようになります。オスメスともに小さい固体も増えます。
クロスジフユエダシャクに似ていますね。

ぽん太さんへ> Re: こんにちは

> 羽化途中か羽化不全のオスですね。発生時期も盛りをすぎると羽化不全の個体を
> 多く見かけるようになります。オスメスともに小さい固体も増えます。
> クロスジフユエダシャクに似ていますね。

コメントありがとうございます。
クロスジと言っていただけた!良かった(^_^)/
今日もフユシャクを探してきましたが、見つけたのはナミスジ♂とウスバ♂の2頭だけでした(^_^;)
ちょっと不発。それに継続観察中のウラギンシジミがまた1つ減って、残り1頭になりました。残念です。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.2版):掲載写真枚数:3,804枚。成チョウ:309種、卵:175種、幼虫:186種、蛹:161種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示